« 府道2号線リハビリ・ポタリング 2005.11.12 | Top Page亀岡~瑠璃溪サイクリング 2005.11.19 »

2007年5月26日 (土)

木津川~加茂町サイクリング 2005.11.13

年月日/2005年11月13日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/右膝痛の治癒具合の長距離走行での確認。

ポイント/①20km/hr付近で走行すること,②登りは極力回避(特に山間部突入は不可),③右膝痛が悪化したら即帰路,④基本的に最終ゴールは木津川サイクリングロード終点泉大橋とし、調子が良ければ木津~加茂ポタ,⑤18:00までに帰宅。

内容/
前日のリハビリポタから一夜明けての今朝、右膝屈伸時にまだ軽い痛みがあったが、悪化はしていなかったので、今日も出かけることにした。
車重の軽いロードバイクを選択した。ロードバイクだとついつい速くなるが、コースはとりあえず慣れた木津川サイクリングロードで、流して楽しむ程度にするつもり(その自ら課したルールは後で破られてしまうが・・・)。
セキセイインコ達をベランダで日光浴させて、一緒に準備のストレッチ。

9:00ちょい過ぎに自宅を出発。いつもより遅い出発になってしまった。
豊里大橋を渡って淀川南岸へ。いつもは河川敷に降りるのだが、既にこの時間だと河川敷は遊ぶ人で道路も混んでいるから、今日は淀川土手を走ることにした。土手の上は一部舗装の悪いところも有ったが、結構快適だった。これからここを利用しよう(ただ夜暗くなると路面の悪いところではロードだとうっかり衝撃をくらいそう)。今日は何かマラソンのイベントをしていたらしく、枚方に近づくと河川敷は人と車でいっぱいだった。土手を選択して正解。枚方河川敷公園の上の土手を過ぎてから河川敷に降り、一気に楠葉まで走る。この間20km/hrそこそこで走っていたので随分ロードレーサーに抜かされた。まあ、僕が体調万全でもどのみち抜かされちゃうけど・・・。
ここまで膝痛は有るが悪化していない模様なので、府道13号に入って一気に御幸橋入り口まで走った。府道13号は秋に入って側道の草が刈り取られて、非常に走りやすく快適。車と走るとついつい流れでこちらもスピードアップ。いつの間にか25km/hrペースになっていた。信号待ち後のスタートもついついダンシング。
10:30頃、御幸橋に差し掛かったところで、木津川サイクリングロードに突入。京都南部・滋賀・三重方面へ行く際の南下用の私の安全ロード。流れ橋,山城大橋,玉水橋・・・等、行き先によって途中で向こう岸へ渡るのだが、今日はとにかく終点の泉大橋を目指した。ここから20km/hrペースに戻した。久しぶりに周りの景色を眺めながら走った。いつもただの通り道として速く抜けることばかりしてきたが、今日は最初にここを走ったときと同じ気持ちで、のどかな風景を楽しんだ。淀川河川敷と違って車止めが殆ど無いので快適。つい休憩無しで走りきってしまった。
12:00ちょい過ぎに泉大橋に到着。

20051113ride_1

膝は少し痛みが増えたような気もした。悪化したのか、回復できる疲労がプラスされたのか分からない。少なくとも調子が良いわけではない。予定ではここで止めて帰路に着くことにしていのだが・・・・。木津川サイクリングロードの終点泉大橋の所で悩む。この膝で更に走るか?予定通りこのまま帰るか?このまま帰ると何度か通っているサイクリングロードを走っただけで休日がもったいない感じがし、少し更に走ることにした。現在12:00ちょい過ぎ。ここまで3時間ぐらいかかっているので、17:00ぐらいに家に着いているためには、14:00に再びサイクリングロードに入りたい。すなわち、あと2時間ぐらい、片道1時間ぐらいで行ける所は?ということで、木津から加茂町に向かうことにした。以前、自転車に乗る前は寺社巡りを散々していたが、5年ぐらい前に岩船寺~浄瑠璃寺の当尾石仏巡りをしたことがある。もうすっかりどんな所だったか記憶は無いが、だからこそ行ってみることにした。ただし、だいたい寺は山に入ったところにあるので、岩船寺あたりも多分そのはず。今回のサイクリングでは、上り坂回避のマイ・ルールを課していたが、やばそうだったら止めるつもりで、岩船寺に向けて出発した。

国道24号線からJR木津駅前に来た。今回昼食を持参してなかったので、コンビニを探したが見当たらず。食堂や喫茶店が有ったかもしれないが、バイクからあまり離れていたくないので、とりあえず岩船寺に向かった。さすがに一軒ぐらいコンビニに出くわすだろうと思って・・・。
府道47号を快適に走行。走り易い道だ。時折、左手に木津川と国道163号が見える。緑も多い。アップダウン殆ど無しのフラットな快走路。路面も良好。車も少なく、道幅も程々で車も避けてくれ易そう。加茂町までだったら、国道163号を走るよりもこっちの方が○。JR加茂駅前に到着したが、コンビニが見当たらず、また府道47号を進む。途中、常念寺・岩船寺への道と、浄瑠璃寺への分かれ道のT字路にぶつかる。岩船寺のほうが近いことと、常念寺の名前は聞いたことが無かったので行ってみようと、左折して常念寺・岩船寺方面へ。

ごく短い登りが所々有ったが、常念寺に到着。天台宗の寺らしい。本道に向けて石段をバイクを担いで登った。

20051113ride_2

たいへんきれいな境内だったが、拝観するような観光スポットではないらしく、散策しているおじさん一人とすれ違っただけ。結局、トイレを拝借しただけで、パス。

ここから岩船寺に向かう。途中、結構な登りが見えて止めようかと思ったが、それは奈良方面への道であって、岩船寺は横の緩やかな下り坂から入る府道47号の続き。そのまま進むことにした。やがて、程々の登り坂の山間部山里突入の雰囲気。いつもなら、「お~し、行ったろうじゃないの」って感じの楽しめるぐらいの勾配に見えたが、今日は膝が心配。とりあえず行ってみて辛かったら引き返そうというつもりで突入。
道自体は、緑有りの如何にも山間部快適ロード。楽しめる登り坂。車も少なく、道幅もいい塩梅。ただし、これは通常の体調だったらの話。やっぱり膝にダメージきそう。シッティングのみではちょっと辛いのでダンシングを多用。こちらの方が膝は楽な感じ。カーブが見える度に、「ここを曲がってまた登りだったら引き返そう」と思いつつも結局止めずにどんどん登ってしまった。途中で数台のロードバイクのサイクリングの方々とすれ違う。カジュアルウエアと、バイクにフロントバックでいい感じ。本当はサイクリングするならああいう服装の方が○だな。こっちはまるでヒルクライムのトレーニング中みたい・・・。
やがてハイカーもちらほら出くわすようになると、岩船寺まで600mのところ、右手に浄瑠璃寺方面の下り坂が見えた。当然近い岩船寺に向かう。だんだん思い出してきた。岩船寺と浄瑠璃寺の間の道に石仏が点在していて、それを楽しむ観光スポットだった。ここまで一体も石仏を見なかったのはそのせいか・・・。既に時刻は13:00になっていて、帰りの時間を考えると石仏巡り+浄瑠璃寺は無理。石仏が有る道もハイカーの方々が歩いていたり、もっとすごい登り坂や、未舗装路が有ったかもしれないし・・・。というわけで、岩船寺で打ち止めということにした。山門の下まで来ると、そこそこの観光客。駐車場にはロードバイクやクロスバイクのサイクリング集団5~6人が休憩中。山門の階段をバイクを担いで上りかけたが、山門前に拝観受付を発見。多分バイクを持ったまま入れてくれそうにないだろうし、そこら辺に駐輪するのも、ちょっと人や車が多くて心配。中に入るのを諦めた。僕の場合、もともとサイクリングは走っている間の景色や雰囲気を楽しむのが主。そこに溶け込んでライディングするのが快感なので、観光スポット巡りに重きをおいていない。それに(忘れはしたが)以前拝観したので・・・。

20051113ride_3

一応、山門下で写真撮影(上の写真)。岩船寺かどこだか分からない写真になってしまった・・・。お土産屋が有り、美味そうな餡入り草もちを発見。2個一袋で300円。結局、コンビニを見かけなかったので、ここで草もちを購入。食べる場所を探したが、サイクリング集団が休憩している駐車場隅ぐらいしかなく、遠慮して、ここで食べるのを諦め、帰り道のJ加茂駅前の公園で食べることした。背中のポケットを草もちで膨らませて、自宅に向けて出発。
13:15分頃、岩船寺を出発して帰路につく。府道47号は暫く下りのみ。ペダルを回さずに進む。結構長く距離下りが続く、逆に意外と長い距離を登ってきたのだなあと思う。スタート時の取り決め「登りはしない」は全くもって破られている。結局JR加茂駅前まで、殆ど下り主体だった。
20051113ride_4 13:30頃JR加茂駅前に到着、東口付近の公園で、岩船寺で買った草もちをパクつく。これは美味い。中の餡は程良い甘さで、小豆の皮の残り具合も絶妙な食感。外側のもちも粘りすぎず硬すぎず、程良い粘りで餡とからむ。香りもいい。1個食べたところで写真撮影(右の写真)。もう一袋買えばよかったと思う。
13:45頃JR加茂駅から再び府道47号に入り、今度はJR木津駅を目指す。行きと同じ道をたどって快適走行。14:00過ぎぐらいにJR木津駅前到着。そのまま国道24号に突入。奈良方面の車線は渋滞気味。こちらの山城方面の流れはスムーズ。車につられて泉大橋手前まで30km/hrを越える走行。もはや、20km/hr走行の取り決めは完全無視。
泉大橋手前から木津川サイクリングロードに入る。サイクリングコースそのものではなく、暫く土手の車道で進み、途中で合流。スピードは23~25km/hrで休憩無しにいっきに突破。
15:30頃、御幸橋手前に到着。府道13号に入り、ここでまたスピードアップの30km/hr走行。膝痛よりも早く帰りたい気持ちの方が強い。
15:45頃、葛葉の淀川河川敷ロードとの合流地点に到着。淀川河川敷に入り、このあとに来る枚方河川敷公園から後のルートについて思案しながら走行。この時間帯は、河川敷から引き上げる人と、まだ道路上で遊んでいる人がごった返しそうな感。いつもは河川敷を走って、ボールをぶつけられそうになったり、テニスの壁打ちを止めてくれなくてむかついたりと、不愉快なことが多い。今日は土手で行くことにする。
枚方大橋をくぐって、土手へあがる。結構快適。車も意外と少ない。この季節は皆早めに帰るようだ。やがて鳥飼大橋に到着。今日はこの橋を渡って淀川北岸に渡る。淀川北岸の土手は砂利道の部分が多いので、河川敷に降りる。そのまま西進して17:00過ぎに自宅に到着。

結局右膝の痛みは増してしまった。翌日も痛いが、先週の今頃よりはまし、ってところ。まったく、お菓子を食べ過ぎてお腹が痛くなった子供と同じで、自制の無い40男って感じ。とりあえず、関節炎対策としてグルコサミン錠を暫く飲み続けることにする。サポーターも装着。
リハビリどころか逆に悪化させてしまったが、楽しいサイクリングだった。当尾石仏巡りと浄瑠璃寺のポタリングをしなかったのは心残りだが、逆にまた次の楽しみが出来た。今度行くときは7:00ぐらいに自宅を出発すればまわれるだろう。
いいサイクリングだった。
 

コース概略/自宅→豊里大橋→淀川土手→枚方河川敷公園→淀川河川敷→楠葉→府道13→木津川サイクリングロード→国道24→JR木津駅→府道47→常念寺→府道47→岩船寺→府道47→JR加茂駅→府道47→JR木津駅→国道24→木津川サイクリングロード→府道13→楠葉→淀川河川敷→枚方河川敷公園→淀川土手→鳥飼大橋→淀川河川敷→自宅

走行距離/133.72km
走行時間/7hr15min
平均速度/18.42km/hr
最高速度/記録エラー
Road Bike積算距離/1778km
全Bike積算距離/3068km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 府道2号線リハビリ・ポタリング 2005.11.12 | Top Page亀岡~瑠璃溪サイクリング 2005.11.19 »