« 亀岡~瑠璃溪サイクリング 2005.11.19 | Top Page大阪城公園ポタリングⅡ 2005.11.27 »

2007年5月26日 (土)

日吉町・美山町サイクリング 2005.11.23

年月日/2005年11月23日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/美山町かやぶきの里まで行ってみる。

ポイント/18:00までに自宅着目標。

内容/
以前から、京都府美山町のかやぶき屋根の山里の風景を見ながら走ってみたいと思っていた。だが、車を持ってないし、輪行袋を買ったものの、電車の中でバイクを傷めないように気をつけているのが疲れそうで、自宅発自宅着に固執していたため、距離・時間的に美山町に行くのは難しいと思っていた。

20051123ride_1

先日、「Funride」を読んでいると日吉ダム~美山町~京北~日吉ダムの100km強周回サイクリングのレポが載っていて(上の写真)、快適ロードで非常にいいサイクリングコースである事が書かれていた。触発された僕は、美山町へのサイクリングを決行することにした。
数ヶ月前に日吉ダムまで往復したことがあるので、その時のことから考えると、雑誌記載コースでは京都広河原まで行き、しかも結構厳しい峠の登りもあるので、自宅発自宅着では、完全トレースは無理と判断(300kmぐらいになりそうなので・・・僕にはまだ無理)。
そこで、まず日吉ダムに向かったのち、美山町かやぶきの里を目的地とし、その後は周山街道国道162号を使ってショートカットして周山経由で日吉ダムに戻り、大阪市内に帰るルートで行くことにした。帰りの日吉ダム~大阪市内のルートは、残り体力・気力と相談して走りながら思案することにした。
今日は勤労感謝の日で休み。
夜明け前の6:00頃大阪市内の自宅を出発した。

夜明け前6:00頃自宅を出発して、いつもルートで淀川河川敷北岸を東進、土手に上がって府道15号に入る。
夜が明け始め、阪急茨木市駅前を抜けて北上、7:00ちょっと前に府道46号に入る。この前の土曜日にここを通ったばかり、あの日はダンプが多かったが今日は数台しか出くわさない。採石場は操業しているようだが、比較的静か。祭日の早朝だからか?府道46号の北上登りは比較的走り易い。前回と違って右膝はほぼ完治しているので結構楽に走れる。
亀岡市に突入して暫く進むと別院町付近のフラットからやがて下りカーブになる。途中で高槻方面からの府道6号に合流。ここから亀岡市に府道6号で下っていく。車が少なく道幅も広くて路面も概ね良好。せっかくなのでコーナリングの練習。走りは快適だが、だんだん靄が出てきた。サングラスに水滴がつき始める。指先オープンフィンガーのグローブをはめてきたので手がかじかむ。特に動かさない薬指と小指が痛い。下りが緩やかになり、集落の直線に入って更に靄が多くなってきた。
8:00頃亀岡市街地の国道9号に合流。左折して一路園部町へと向かう。
日吉ダムには亀岡市街地の中を抜けて八木町経由で行くルートも有るが、以前日吉ダムに行ったときに結構な坂が有った記憶が有る。ここでは体力温存のため、少し回り道をしてフラットな国道9号で一旦園部町に向かう。
国道9号も結構靄がかかって、水滴がつくが、車の流れが少なく(特に園部町方面は・・・)、快適に走行。亀岡~園部間の国道9号はいい道だ。
園部町に入り、暫く行くと日吉ダムに通じる府道19号に遭遇。この辺で靄は殆ど消えている。右折して府道19号に入り、日吉ダムを目指す。府道19号も殆どフラットな快適ロード、一度通ったことが有るのでどんどん進む。JR船岡駅の近くで少し登ると船岡トンネル、これを過ぎると川沿いの軽快ロード。やがて橋を渡り日吉ダム・スプリングひよし等の標識が見える。
休憩とルート確認のため、ここでちょっと府道19号をはずれて日吉ダムの前のスプリングひよし(温泉が有るそうだ)に立ち寄る。
9:15頃、スプリングひよしに到着(下の写真)。

20051123ride_2

1回走った道は地図や標識を確認しながら走らないので速く、思ったより早い時間に到着した。今朝のスプリング日吉はゲートボールと高校生の部活のランニングが見えるだけで、観光客は見当たらない。
数ヶ月前は日吉ダムが目的地とするサイクリングであったが、今日はいわばここからがメインのサイクリング。日吉ダムが出発点みたいなものだ。調子に乗ってどんどん距離が伸びている。
15分程休んで、9:30頃、美山町かやぶきの里を目指していざ出発。
9:30頃、スプリングひよしを出発して府道19号に戻る。緩やかな登りの山間ロードを暫く走る。両側林の爽快路。程なくトンネルに差し掛かり、抜けると集落が目の前に広がる。フラットで幅広い快適ロードをゆっくりと走る。チワワを散歩させているおばさんすら風景の中で味わい深い感じ(街中じゃ、そんなこと絶対思わないのにね・・・)。
今日は晴れていて少し暖かい。右手に田原川が流れ、のどかなサイクリング気分。最高だな。
やがてトンネルに出会い通過すると、程なくして府道78号への分かれ道。府道19号は左カーブの道なので左折すると、上り坂。そこそこの勾配だが苦にはならない程度。登ったところに神楽坂トンネル。
10:00ちょい過ぎに神楽坂トンネルを通過。目の前に田畑。
カーブを曲がると視界が開け、そこに美山町の集落が広がる。

20051123ride_3

緩い下りを走る(上の写真)。とうとう美山町まで来たかと一人感動。
ここも当然快適ロード。
暫く走ると、府道368号の分岐点。
左折して橋を渡ると(下の写真)、まだまだ続くフラット快適ロード。

20051123ride_4

途中林の間を走り抜けると、かやぶき屋根の家が見え始めた。

20051123ride_5

やがて美山町役場付近に到着。この辺りはおそらく町の中心地と思われ、商店が並び、少し車も増え、ちょっと道幅が狭くなる。
やがて左右に走る国道162号線(周山街道)に出会う。左へ行くと福井小浜方面。右へ行くと旧京北町方面。ここは右折する。
やがて府道38号への入り口に差し掛かる。まっすぐ行くと府道38号で、かやぶきの里につながる。右折すると赤い橋を渡ってそのまま国道162号を走ることになる。ここは予定通り府道38号へ入る(実はこの付近に「ふるさと館」というスポットが有って休憩もできるのだが、気が付かずにパスしてしまった)。
府道38号を暫く行くと、山間部の上り坂に入る。久鬼ヶ坂峠だ。
峠の手前に、紅葉の有る小さな広場が左手に見え、なんとなく寄ってみる。何か記念碑が有って近寄ってみると、どうやら昔行われた国体のロードレースの記念碑だ。

20051123ride_6

今回のサイクリングのきっかけになった雑誌の記事にも載っていた気が・・・。そうそう、ここは国体のロードレースのコースだったのだ。
広場を出て少し登ると、今度は下りに入る。今日久々の長い下り。こちらを登る方がきついかもしれない。下り切ると快適フラットロード。ところどころ集落が有り、そういう所は若干道幅が狭い。車もそこそこ多くなってきた。観光バスも走っている。
やがて、視界の向こうにかやぶき屋根の家々が・・・。

20051123ride_7

11:15頃、今回の目的地「かやぶきの里」に到着(下の写真)。

20051123ride_8

かやぶき屋根の集落が大変いい感じ。

20051123ride_9

普段大阪市内で暮らしていると、こういう世界に憧れる。こういう場所で生活したら幸せだろうな(実際にはそんな甘いものじゃないだろうけどね)。

20051123ride_10

山や空、川の風景も最高だ(上の写真)。まさに日常を忘れさせてくれる癒しの風景。本当に見に来てよかった。

20051123ride_11

観光バスが5~6台に、普通の乗用車も結構多い。観光客の集団が集落の方に見学に向っていた。結構観光スポットなのだなあと思い、自分もバイクを押して集落に向おうかともしたが、時間的にあまりのんびり出来ない。それにちょっとバイクとウェアが周りの観光客から浮いているし(視線は感じないけど)・・・。景色を眺めながら休憩だけした。それでも充分だな。
雑誌「Funride」では、この先更に東へ府道38号を進むのだが、すでに11:30を回っている。自宅からここまで5時間半。日が沈む前に自宅に戻るためには、これ以上先に進むことは時間的に(肉体的にも)無理なので、予定通りここで折り返して一旦国道162号に戻り、周山経由で帰るショートカットをすることにした。本当にショートカットになるか分からないが・・・・。

11:30をやや過ぎた頃、「かやぶきの里」をあとにして、府道38号のもと来た道を引き返す。先ほどの国道162号との合流地点に到達。左折して赤い橋を渡り、旧京北町周山を目指す。
山間部のロードで、初めは緩やかな登りだったが、杉林の中を進むに連れだんだん傾斜が急になってきた。ここは深見峠。結構きつい。久鬼ヶ坂峠よりも疲れる。さすがに周山・・・、どこから行ってもただでは中に入れてくれない。幸い車は非常に少ない。歩いている人など勿論いない。上り傾斜であること以外は快適な山間ロード。まもなく上りも終わり、深見トンネルを抜けてやがて下りに。スピードもいつもよりもアップ。
やがてフラットになり、京北町ののどかな田畑の集落を走る。ようやく先ほどのことを忘れて(無理やり忘れて)、落ち着いて走る。京北の景色がなだめてくれた感じ。
やがて府道61号と出会い、常照皇寺まで4kmの標識。常照皇寺は以前行ったことが有り、いい感じの寺だが、今日はパス。またいずれ行くとしよう。
そのまま進むと商店も見え始め、13:00ちょい過ぎに国道477号との交差点に差し掛かる。
雑誌「Funride」によるとこの付近に「サンダイコー」というスーパーが有り、土日のみのおいしいたこ焼きの露店が出るとのこと。今日は水曜なので・・・、でも祭日だし・・・ということで一応寄ってみることに。やはり残念ながらたこ焼き屋は無かった。代わりにお好み焼きの露店が出ていたので、豚玉(下の写真)を買って、昼食。

20051123ride_12

サイクリングはどうしても甘ったるいものが多くなるので、こういうものはおいしい。
ここからいよいよ本当に帰路の選択になるのだが、僕には概ね5つのルートが考えられた。

①国道162号をそのまま南下し、高雄から京都市街地を抜けて、西国街道、または御幸橋を渡って淀川河川敷南岸から帰るルート。
②一旦、日吉町に入り、府道50号から愛宕~保津峡~嵯峨嵐山を通って西国街道から帰るルート。
③一旦、日吉町に入り、八木町~亀岡市から国道9号で京都市街地に入り、西国街道を帰るルート。
④一旦、日吉町に入り、八木町~亀岡市から府道6号で高槻に抜け、一気に南下して淀川河川敷北岸に入って帰るルート。
⑤一旦、日吉町に入り、八木町~亀岡市から府道46号で茨木に入り、行きと逆方向でトレースして、淀川河川敷に入り、帰るルート。

①は、紅葉の季節の高雄に入ると車やら歩行者が多いと推測。また、ただでさえ京都市街地は車が多く大変。これを避けようと脇道に入ると迷いやすい。京都市内から大阪市内の距離はちょっと疲れる。故に却下。
②については、府道50号の愛宕付近から南は下りが続くが、路面が悪くて道幅が狭いうえに暗い。車やハイカーやらで結構ストレス溜まるし、途中で道路工事しているところはダートになってしまっている。保津峡~嵯峨嵐山は紅葉期でもあるので大変混んでいるはず。①と同様に却下。
③は、国道9号で亀岡以南を走ったことは無いが、京都市街地とを結ぶメインルートなので混みそう。しかも一旦東に向かう逆方向。したがって却下。
④については、府道6号の登りが有るが、上りきると、あとの高槻市の南下は基本的に下り。一気に淀川河川敷に出られる。府道6号の南下は以前一度やったことがあり、路面は悪くなかった。
⑤は府道46号の南下であり、先日のライドで路面の悪さにまいっているので却下。
従って④を選択。

もう13:30になっている。国道477号に入り、まずは日吉町に向かう。
13:00をまわる頃、周山の交差点から国道477号に入る。少し登ると、桂川を左手にしたフラット快走ロードが続く。

20051123ride_13

ここに来てこれはいいね~。
そう言えば9月の終わりに今と逆向きでここを通ったことが有る。思い出した。
やがて府道364号に入る。実は国道477号をそのまま進むと直接八木町に入れるのだが、その先は狭い断崖の急な登りが続く、八木町からの下りはいいが、今日の登り側は、左側ガードレール無しの崖+林。車同士のすれ違いもギリの道なので、止めたのだ。
府道364号も快適なフラットが続く。日吉町手前で右折の標識。右折すると登りが続く狭い山道に入りかける。何か不安になり地図を見ると、峠の遠回り。日吉町に入るには、桂川沿いの一般道を走るべき。
しかしここで困ったことに持ってきた地図は、「ツーリングマップル」14万分の1の縮尺のカラーコピー。一般道は等高線と区別がつかないぐらいに不鮮明。辺りを見回すと、日吉ダム方面の標識が有り、左折して入るとそこは公園で、先は何と通行止めの柵。台風による土砂崩れで来年まで全面通行止め。しかし標識はそこから先に日吉ダムが続くことを示している。
思い出した。以前日吉ダムに行ったとき、天若湖に通行止めの道が有った。そこに通じる道だ。困った。こっそりと通行止めの柵を越えて、他に道が無いか様子を探る(そんなことはしてはいけません・・・ごめんなさい)。路面には石がころころ転がっている。ちょっと進むと、桂川を挟んだ対岸に道が見える。あそこに出ればいい。ということで、引き返して道を探すと、何と、単に府道364号を右折して峠に入らずに、そのまま直進すれば良かっただけだった。とんだ時間潰しだ。すでに14:00を回ったのに・・・。15分以上うろうろしてロスした。
この桂川沿いの道はフラットで快適なロード。ちょと道幅狭めだが、眺めはいい。すると、対岸に土砂崩れの現場が見えた。

20051123ride_14

完全に道が潰れている。なかなか凄い状況。これは復旧が大変だ。
暫く進むとトンネルを抜けるT字路に出会う。
左は八木町。右は日吉ダム。
スプリング日吉でちょっと休憩しようかと思い、右へ。
これが大誤算。14:30近くになってもまだ天若湖畔を走っている。

20051123ride_15

途中で橋を渡りそこで思い直して、スプリング日吉には寄らずに府道50号に入ることにした。ここでも無駄なタイムロス。
14:30頃、天若湖沿いの府道50号に入り、暫く湖沿いに進む。車も少なくて道幅広く快走ロード。
以前通ったときもその記憶が有ったので、今回選択したのだ。が、世木橋を渡り八木町に入ると長い上り坂。ここにきて結構きつい勾配。こんな坂が有ったなんて、忘れていた。鼻と眉間に皺を寄せながら上り続ける(結果的に今日のサイクリングで一番きつかった登り)。
ヘロヘロで嵯峨越畑に到着。ここは実は京都市右京区なのだが、ここから一気に亀岡市へ下る。断崖の道で幅狭く急カーブも多い。下り側は崖の壁なので安心だが、車どうしのすれ違いが厳しく、巻き込まれて度々停止。結構車が多い。下りを抜けると視界が開け、亀岡市北部の集落。
途中で府道407号に入り、亀岡市街まで南下。ここは初めての道だが、結構走りやすいフラットロード。程なくして亀岡市街地に入ったが、府道6号への入り口が分からない。持ってきた地図の縮尺では市街地の道は簡略されていて分からない。とにかくまっすぐ進む。見覚えのある町の風景も有るが・・・。府道6号に入るためにはいずれにしても国道9号に出くわすはず。やがて左右に走る国道9号に遭遇。しかし、府道6号の入り口が左方面か右方面か分からない。車は多いが歩行者は少ないので尋ねられない。方位磁石では右が西。こちらだと信じて右折して国道9号を暫く進むと、府道6号の入り口発見。思わず「やった」と声を出してしまった。
既に16:00を回っている。何とか日の出ているうちに府道6号の登りを抜けられそうだ。府道6号の登りは意外と楽。どんどん登る。
府道46号との合流地点をパスし、やがて高槻市に入る。溝に脱輪した車を横目にどんどん進むと、杉生の集落で一旦フラット。もう一息登ると、杉生トンネルが見える。

20051123ride_16

このトンネルを抜けて、17:00ちょっと前に樫田に到着。高槻市北部の雰囲気の良い山里だ。
ここからは下りメインで一気に高槻市街地へ南下。日が落ちたのでサングラスをはずし、府道6号の下りに突入。ここは以前通ったことが有り、府道46号の南下よりも路面が良いので楽。採石場が一箇所有り、路面の状態やダンプの多さで、実はサイクリストの評判は良くないのだが、この時間は車が少ない。
がんがん飛ばして、左車線いっぱいに使ってコーナリング。前を行く車に追いつきそう。気分良く快調に飛ばす。早く帰らなくては・・・。
神峰山寺付近になると完全に日が沈み真っ暗。やがて安岡寺町付近に差し掛かり、車が増えて、信号も多くて、スピードダウン。やがて一般道に入り、JR高槻駅、阪急線高架下、国道171号横断とどんどん南下して、芥川土手に出る。ここでまた道に迷ってしまった。土手には砂利のダートが有るので、土手から降りて一般道に入ったら何処にいるのか分からなくなった。しかも夜で更に位置関係が分かりにくい。方位磁石どうりに南下すると、袋小路に辺り、東へ西へジグザクしながら少しずつ南下。こんなところで迷って焦り始めた。
そんなこんなしているうちに、芥川と淀川の合流地点の鷺打橋を発見。ここは分かる。このそばに淀川河川敷に下る入り口が有る。
18:00頃、ようやく淀川河川敷に入る。河川敷は真っ暗で、結構至近距離で車止めに気が付く。たまにジョギングをしている人や犬の散歩の人に遭遇。暗くて危ないのでポタリング走行で西進。
19:10に自宅に到着。

今回のサイクリングで京都北部の山村と快適ロードに出会えて大満足。
距離も自己最高の200kmを超えた。
今度は日の長い季節にまた行こう。
想い出に残る、本当に楽しいサイクリングだった。
 

コース概略/自宅→淀川河川敷→府道15→茨木市街地→府道46→府道6→国道9→府道19→日吉ダム→府道19→府道368→国道162→府道38→美山町かやぶきの里→府道38→国道162→周山→国道477→府道364→天若湖→府道50→府道477→府道405→亀岡市街地→府道6→樫田→府道6→高槻市街地→鷺打橋→淀川河川敷→自宅

走行距離/228.54km(自己最長距離・道に迷わなければ5~10kmぐらい短かったかも)
走行時間/11hr31min
平均速度/19.85km/hr
最高速度/49.76km/hr
Road Bike積算距離/2129km
全Bike積算距離/3419km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 亀岡~瑠璃溪サイクリング 2005.11.19 | Top Page大阪城公園ポタリングⅡ 2005.11.27 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15221368

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉町・美山町サイクリング 2005.11.23: