« 奈良公園ポタリング 2006.03.17 | Top Page大阪~津・伊勢湾サイクリング 2006.04.08 »

2007年5月27日 (日)

東条湖・立杭サイクリング 2006.03.26

年月日/2006年3月26日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/東条湖と丹波立杭焼きの里を巡る。

ポイント/輪行デビュー。

内容/
今日3/26日曜日の関西は曇り気味の晴れ。関西の花粉飛散はとても多いとの予報だが、今日はサイクリングに出掛けることにした。昨日は走って無いし・・・。
何処へ行こうか朝起きてから考えたので、ずるずると8時近くになってしまった。これまで自宅発着の自走しかしたことが無いが、この時刻からだとまたお馴染みの所に近い所を走るだけになりそうだから、思い切って電車に乗って初めての輪行をすることにした。
場所は以前から気になっていた兵庫県の「東条湖」と「丹波立杭焼きの里」にした。自宅発着の完全自走も不可能ではない所だが、出発時刻が遅いので帰りは真っ暗になるだろう。それに殆どが未走の道なので時間の予測がしにくい。無理しないで輪行のほうがいい。
走行コースは概ねJR新三田駅~東条湖~立杭~JR古市駅。走行距離は短そうだが、初輪行としては余裕を持っておきたい。

8:30頃自宅を出発して最寄りの(最寄りと言っても徒歩じゃ遠い)JR駅の新大阪駅まで走り、駅前で輪行袋にパッキング。実は1週間ぐらい前に輪行袋への詰め方と自転車の組み立て方を家の中で練習しておいたので、特に問題無く速やかにパッキング出来た(よしよし)。
JR東海道線普通列車で大阪駅まで行き(乗ったら輪行の人がいて大阪駅で僕とは別の列車に乗ったか出口に向かったようだ)、JR宝塚線普通列車に乗り換え、この列車の終点、新三田駅に到着。大きな輪行袋だが列車は混んでいなかったので助かった。
20060326ride_1s 駅前でロードバイクを組み立て、11:00頃に駅前西口から出発。
出発地点から未走の道のサイクリングなのでうきうき気分。いつもスタートは淀川沿いばかりうんざり飽き飽きしていたので、とても新鮮。
県道141号で北上し、下井沢で県道316号へ左折。内神川沿いを走り、三田市から吉川町を抜けて東条町に入る。この辺りの道はアップダウンが少なく、道幅も広い快走路。三田市の駅周辺は新興住宅地になってしまったが、少し離れると畑や山などの里の雰囲気もちょっと残っている。下の写真は県道316号の上吉川幼稚園北の交差点。県道316号は右折(黄色の矢印)。全体的に県道316号は道なりに進める感じではないので要注意だ。

20060326ride_2

東条町に入って県道313号を北上すると東条湖。この日は車がなかなかの渋滞。
途中で休憩したり・・・(下の写真の場所)。

20060326ride_3

再出発・・・そしたら東条湖はすぐ近くだった。時刻は11:00頃。

20060326ride_4

遊覧船が見える。

20060326ride_5

東条湖は灌漑用に作られた人造湖で周囲は県立自然公園になっている。なかなか広い湖。

20060326ride_6

暫く進むと渋滞の理由が分かった。東条湖の西岸に東条湖おもちゃ王国が有り、春休みの日曜日の家族連れでたいへん混んでいた。

20060326ride_7

何年か前に宝塚ファミリーランドが閉園したからであろうか。凄い人。写真では人混みは分かりにくいが奥は大変な人ごみと行列。

20060326ride_8

駐車場もいっぱい。

20060326ride_9

気楽で簡単な閑散としたレジャー施設だろうと思っていて、ここに来るまでは入ってみようとも思っていたのだが。舐めていた。大盛況。従ってここはパス。東条湖を眺めながら走り、北上して社町を抜けて次の目的地の立杭に向かうことにする。
県道313号を北上。左手にも湖。

20060326ride_10

下り&フラットの快走路だ。

20060326ride_11

県道311号に入り、アップダウンを経験した後は、県道141号へと進んでやがて立杭に到着。

20060326ride_12

多くの窯元が数Kmの道沿いに並んでいて、それぞれ丹波立杭焼きの展示と販売をしている。なかなかいい雰囲気の焼き物の郷だ。

20060326ride_13

県道292号から少し離れた側道沿いに「陶(すえ)の郷」という施設が有る。入館してみる。ロードバイクを駐輪して中へ。

20060326ride_14

すばらしい丹波焼きの展示が有る(残念ながら内部写真撮影不可)。

20060326ride_15

ここでも各窯元が自身の作品の展示販売をしている。
僕も、ふくろう(レジの人は「トトロ」と言っていたが?)のお香立て、ふくろうの置物、花瓶を購入(写真は帰宅後に撮影)。

20060326ride_25

県道292号に戻って北上(下の写真・・・振り返って撮影)。

20060326ride_16

↑凄い快走路でしょ?↓

20060326ride_17

見えている田畑や山々も良い。晩春にもなれば青々とした山と田畑になるだろうな~。

20060326ride_18

まだまだ窯元の家々が建ち並んでいる。

20060326ride_19

窯だ!

20060326ride_20

近づいて・・・。

20060326ride_21

中は・・・・ほぉ~。

20060326ride_22

なかなかいい雰囲気の郷を後にして先へ(振り返って“さよなら”の撮影)。

20060326ride_23

やがて国道372号に入って東進。
程なくしてJR古市駅に到着(下の写真)。時刻は13:10頃。

20060326ride_24

時刻はまだ早く、走行距離も40Km程度。まだまだ時間も体力も有ったが、今日は初輪行だから予定通りここでやめておくことにした。この先には丹波篠山が有るし、頑張れば亀岡経由で家まで自走できるのだが、そこは次回にしよう。
駅前で輪行袋にパッキング。
14:40の大阪行き快速列車に乗り(上の写真の右下)、まずは新三田駅まで。
新三田駅で各停高槻行きに乗り換える。新三田駅から先は快速列車だと混むので、大きな輪行袋を持っている僕には空いている各停のほうが良い。乗り換えて正解。快速は混んで新三田駅を発車。各停は大阪駅まで空いていた(大阪駅で混んだけど)。
新大阪駅で下車し、駅前で自転車を組み立て、自宅まで走り、17:00頃に帰宅。

東条湖は綺麗だったし、立杭の郷もいい感じだった。走行距離は短かったが、本当に楽しいサイクリングだった。大満足。
輪行はとても有効な手段だということが良く分かった。今まで完全自走だったから、いつもの淀川や木津川沿いの走行に飽き飽きしていたし、結構その道の部分だけで距離が有って、本来の走りたい所は実際あまり走っていないことが殆ど。加えて自宅~目的地の往復なので、距離と時間と体力を計算して余力を残して折り返さなければならなかった。輪行なら出発点から終点まで楽しめる。それに行ける所まで行って、暗くなりそうな所で近くの駅から帰れる。輪行袋のバイク輸送はバイクを痛めないかとか、他の乗客に気をつけないといけなくて、そこはマイナス要素だが、それを上回るメリットがある。
これから輪行も度々やろうと思う。琵琶湖一周も日帰りで可能だ。淡路島一周も有り得る。紀州和歌山の海岸も走れる。片道のサイクリングでいいのであるから、大阪~舞鶴日本海や伊勢湾もOKだ。帰りは列車で輪行すればいい。どんどん計画が膨らむ。これからますます楽しくなりそうだ。
 

コース概略/自宅→JR新大阪駅~(輪行)~JR新三田駅→県道141→県道316→吉川町→県道316→東条町→県道316→県道313→東条湖→社町→県道313→県道311→今田町→県道141→立杭→陶(すえ)の郷→県道292→国道372→JR古市駅~(輪行)~JR新大阪駅→自宅

走行距離/45.29km
走行時間/2hr27min
平均速度/18.53km/hr
最高速度/49.68km/hr
Road Bike積算距離/2656km
全Bike積算距離/5319km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 奈良公園ポタリング 2006.03.17 | Top Page大阪~津・伊勢湾サイクリング 2006.04.08 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15221323

この記事へのトラックバック一覧です: 東条湖・立杭サイクリング 2006.03.26: