« 大阪~舞鶴・日本海サイクリング 2006.04.29 | Top Page大阪・歴史上方文化ポタリング 2006.05.06 »

2007年5月28日 (月)

名張川~香落渓サイクリング 2006.05.03

年月日/2006年5月3日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/南山城から月ヶ瀬を経て名張・香落渓を巡るサイクリング

ポイント/帰路は輪行の片道サイクリング

内容/

ゴールデンウィーク後半の5/3(水)は全国的に快晴。勿論関西も快晴。ただしちょっと気温は低め。
行楽で各地の道路は混んでいる。主に高速道路が渋滞なのだが主要国道も結構混んでいるみたいだ。自転車なら渋滞は関係無さそうだが、流れている車と一緒に走ることに比べて停まって数珠繋ぎの車の横を抜ける場合はスピードも出せないし、道路脇はパンクや衝撃・転倒を引き起こす危険な物が多い。渋滞は影響大だ。
何処へ行くかを前日までに決められず、当日朝になって決めた。
渋滞とは無関係なサイクリングロードをメインにして出来る限り遠くに行き、そこからどこか楽しめそうな所を検討した結果、京都南山城村から月ヶ瀬を抜けて三重県名張の「香落渓」まで走ってみることにした。南山城村までは木津川沿いにサイクリングロードと国道163号を使う。帰りは近鉄名張駅から輪行するという計画。

自宅を7:30頃出発。
淀川沿い~府道13号~八幡・木津サイクリングロードを走って10:00頃にサイクリングロードの終点・泉大橋に到着。サイクリングロードの八幡付近での路面工事が終わっていた。ロードレーサーが相変わらず多く、皆速い。途中で食事を持ってくることを忘れたことに気付いた。当日朝に準備すると忘れ物をしやすい。途中で買わないと。
国道24号と163号の合流道路の京都方面は大渋滞。そこで、国道163号の代わりに対岸の府道47号で木津川沿いを暫く走った。こちらは空いていた。対岸の国道163号を見ると流れは悪くない。泉大橋で混んでいたのは宇治方面へ向かう国道24号みたいだ。

途中で木津川を渡って国道163号に移り、月ヶ瀬口付近まで走る。
南山城村に到着して大河原大橋を渡って府道82号に入った。この辺りは最近「木津川・月ヶ瀬サイクリング 2006.02.25」で走行済み。

060503ride_1

府道82号の沿いの景色はいい。

060503ride_2

高山ダムを通過。

060503ride_3

前回「木津川・月ヶ瀬サイクリング 2006.02.25」では高山ダムの上を渡って月ヶ瀬梅渓に行ったが、今日は月ケ瀬梅渓に寄らないので(梅の花の季節でないし)そのまま府道82号を進んだ。高山ダムから先の府道82号を前回は月ヶ瀬からの帰りに走っている。今日は逆向き。

060503ride_4

名張川沿いの高山大橋。

060503ride_5

調子良く走っていたが、工事中片側1車線に規制中の箇所に出くわす。そこを抜けたところで突然前輪が横滑りし、あっという間に僕はバイクもろとも地面に叩きつけられた。
転倒でまずは腰に痛み。左腰の骨盤の出ている所を打ったようだ。ちょうど月ヶ瀬方面からの自動車が停まって
「大丈夫か?」
と中からおじさんが顔を出して声をかけてくださった。
「あ~イタタタ、大丈夫そうです。」
「どうした?(どうしてこうなった?)」
「何か、段差が有ったみたいです(←実はちょっと違う)。」
僕が立ち上がりかけたので立ち去った。
転倒の本当の原因は分からないが、見ると、後ろの方に工事の道路規制用の信号が置いてあり、その太い配線コードが道路を横断していた。工事現場を横目で見た時に見落としていた。おそらく進行方向やや斜めに渡っていて、僕がその上に前輪を乗せたので越えられずに前輪が滑って転倒したのだろう。気がついていたら、前輪の加重を抜きつつコードとは垂直に進入したのに~。でも、工事関係者もいたのだから、倒れている僕にちょっとぐらい声を掛けてくれてもいいじゃん!(声には出さないよ)。
左側に転倒したようだ。近くのスペースに入って確認・点検。

060503ride_6

1.僕の負傷箇所
①左骨盤上打撲(多分骨に異常無し、翌日も押すと少し痛い)
②右手人差し指・中指擦傷(絆創膏で止血←たいしたこと無し)&人差し指を軽く突き指(多分骨に異常無し、翌日も突き指はちょっと痛い)(何故左に倒れて右手を怪我したのか不明)
③左腕打撲&擦り傷(長袖の下でも結構擦れていた)
④左上腕打撲(たいしたことは無い)
2.ウェアの損傷
⑤ヘルメット(左側頭部を中心の頭頂部・右側まで表面に擦傷&歪み←お気に入りなのでショック)(土台は無事みたい)(ヘルメットをしていて本当に良かった)
⑥長袖厚手ジャージ左腕擦傷(これもショック)(長袖を着ていて良かった)
3.バイクの損傷(これが大事!!)
⑦ステムがズレ(その場でフォークとのジョイントを修正して対応)
⑧左ブラケットズレ(その場でとりあえず修正)
⑨左側バーテープ裂傷&ハンドル擦傷(テープは後日取替え予定)
⑩両ブラケット上擦傷(とりあえず稼動はするからそのまま傷は諦めるしかない)
⑪前ブレーキセンターズレ(その場でセンター出し直し)
⑫前ホイール振れ(この日はとりあえず問題無く走れそうだが、翌日振れ取りで、今作業中。)
フレームと本体に歪みは無さそう。表面の傷もなさそう。左に倒れたのでディレイラー部分は損傷無し。
直せる所だけ直して走れるようにした(赤丸修正部分,青丸そのまま)。

060503ride_7

時間は12:00に近くなっている。少し走って府道4号に入れば、月ヶ瀬のお土産&休憩所が道沿いに有った筈なのでとりあえず向かった。
何か体が重い。こういうことになると一気に疲労感が増す。バイク自体、走行Checkではまあ大丈夫そう。
お土産・休憩所に到着。蓬草もちを買って昼食。全部食べてしまった。

060503ride_8

このあとどうするか?

①引き返して自走で帰る
②近場の柳生・笠置をポタして終わり
③予定通りに名張・香落渓に向かう。

①は転倒しただけで今日を終える不快なパターン。往復160km走ってこれだけ・・は嫌なので却下。
②はまあまあだが、結局往復自走。今日のこの状態では疲れる。
③でも行けない事は無さそう。帰りは輪行なので、実際これが一番距離が短くて満足度も有りそう。
従って、予定通り③に決定。

13:00頃再出発。結構休んでしまった。

府道4号の名張川沿いを走る。快走路。

060503ride_9

川と断崖に挟まれた超快走路。

060503ride_10

060503ride_11

こりゃ~~いい~。

060503ride_12

国道25号の下を抜けて県道80号に入った。名張川から離れて暫く登坂が有るが、再び名張川沿いに出た。いい景色。

060503ride_13

たまりませんな。

060503ride_14

三重県に入るまでこんな感じ~。

060503ride_15

暫くすると奈良県から三重県名張市に入った。

060503ride_16

060503ride_17

060503ride_18

再び景色のいいフラットロード。ちょっと道幅が狭いけど。

060503ride_19

やがて名張市街地に突入。
近鉄名張駅の前の鉄道高架下をすり抜け、やがて県道81号に入った。県道81号は青蓮寺川沿いを走っている。
ちなみに青蓮寺川を初め幾つかの川が名張市街地で合流して名張川となる。名張川は木津川とも合流して最後は淀川になるというわけ。
暫く登りが続いたが、青蓮寺ダムに到着。

060503ride_21

ダムの上から名張市街地が見えた。

060503ride_20

ここから先は殆どフラット。いい景色が暫く続く。

060503ride_22

湖沿いの快走路だ~。

060503ride_23

060503ride_24

日本じゃないみたいな風景も有るな。

060503ride_25

060503ride_26

いい場所だ~。

060503ride_27

ダムの上流側付近の川の流れは穏やか。

060503ride_28

この後、川と反対側には大きな奇岩が幾つか並ぶ。
快走路は相変わらず。

060503ride_29

060503ride_30

「羅漢岩」は真下過ぎて見えなかった。
すぐ横に「羅漢滝」。

060503ride_31

細い滝なので写真では木々の葉に隠れて分かりにくい。

暫く走ると・・・。

060503ride_32

「天馬嶺」。

060503ride_33

060503ride_34

川の様子がダムの近くとは違ってきている。

060503ride_35

上流に近づく渓谷沿いの道。

060503ride_36

いいね~。

060503ride_37

次は「夫婦滝」に到着。

060503ride_38

「雨宿り岩」に到着。

060503ride_39

その名の通りだ。

060503ride_40

「小太郎岩」に到着。振り返ると、でっかい岩山。

060503ride_41

高さも凄い。大きすぎて写真に収まりきらない。

一応、「香落渓」のメイン部分は終わりだが、その先に「奥香落」が有る。少し進んでみた。
三重県から再び奈良県曽爾村に入った。
「鎧岳」が見えた。標高894m。

060503ride_43

上の景色の見える「巾着山公園」までで終わりにすることにした。

060503ride_44

この先も道は続いて県道784号に合流する。県道784号は「鎧岳」の向こうを走っていて、北上すれば「赤目百名滝」も有り、そのまま名張市街地に戻れるのだが、峠越えも有りそうだし、時刻も16:00を回っている。「赤目百名滝」はまたいずれのお楽しみに取っておくことにして、県道81号を引き返すことにした。ここまでの走行距離125kmぐらい。
いい景色を左右に流しながら気持ち良く県道81号を走り抜けた。楽しい超快走。
16:30ちょい過ぎに近鉄名張駅に到着。

060503ride_45

駅前で輪行袋にパッキングして、17:30頃電車に乗り込んで大阪市内へ帰った。

060503ride_46 大阪市内で地下鉄に乗り継ぎ、最寄り駅に到着。駅前でバイクを組み立てて自宅まで走り、20:30頃到着。

この日は転倒という事故に遭ってしまったし、怪我もした。幸い大事は無さそうだし、バイクも元に戻せそう。とにかく路面には注意。最近慣れてきて油断していた。ダンプや大型トラックがびゅんびゅん走る横で転倒していたらと思うとゾッとする。大げさかもしれないが人生最後のサイクリングになることも有り得る。
これまでMTBだと山で転倒を何回かしていたが、ロードバイクでは、クリート初練習で転倒して以来。その時は殆ど止まっている時なので別に激しくない。今回のように走っていて転倒するととても痛い。30km/hrぐらいでこれだから、写真で見るプロの60km/hr以上の走行での転倒は相当だと思う。
ホイールの振れ取り作業は時間がかかる。大体いい感じになってきたようだが・・・振れ取り台やセンター確認の器具が無いと厳しい。ショップに行ってもいいが、自分でも購入したい。

そんなこんなだったが「香落渓」はとてもいいツーリングロードだった。転倒して引き返さなくて良かった。転倒の凹気分を凸に戻してくれた感じ。

いろんな意味で想い出に残るサイクリングだった。
さ~、また振れ取り作業を続けるか・・・。

コース概略/自宅→豊里大橋→淀川土手・河川敷→楠葉→府道13→八幡木津サイクリングロード→国道24→府道47→恭仁大橋→国道163→大河原大橋→府道82→府道4→県道80→県道57→国道165→県道81→青蓮寺ダム→県道81→香落渓→県道81→曽爾村巾着山公園→県道81→国道165→県道57→近鉄名張駅~輪行~日本橋駅~輪行~○○駅→自宅

走行距離/147.02km
走行時間/6hr46min
平均速度/21.73km/hr
最高速度/52.03km/hr
Road Bike積算距離/3280km
全Bike積算距離/5943km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 大阪~舞鶴・日本海サイクリング 2006.04.29 | Top Page大阪・歴史上方文化ポタリング 2006.05.06 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15227689

この記事へのトラックバック一覧です: 名張川~香落渓サイクリング 2006.05.03: