« OBP・心斎橋ポタリング 2006.05.14 | Top Page神崎川・猪名川ポタリング 2006.05.28 »

2007年5月30日 (水)

琵琶湖一周サイクリング 2006.05.21

年月日/2006年5月21日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/琵琶湖一周。

ポイント/大阪~大津間は輪行。

内容/
今週末土曜日の関西の天気はあいにくだったが、5月21日(日曜日)は快晴。
そこで、以前からやろうと思っていた初めての琵琶湖一周のサイクリングをすることにした。
前日から地図ソフト「Z8」でルート検討をしたりして準備。JR大津駅まで輪行し、反時計回りに琵琶湖を巡ることにした(湖の周回は反時計回りが一般的←左車線で景色が見やすいから)。月曜日は出社だから日曜日のうちに終えないといけないし、あまり帰りも遅くなりたくない。その結果、相当朝早く起きて出発しないといけないことが分かった。

20060521ride_1s そういうわけで、夜中の3:30に起床(インコ達にも悪いがお付き合い願った)。そそくさと準備をして4:00ちょい前に自宅をスタート。まだ夜が明けていない。
4:10頃にJR吹田駅に到着して、自転車を輪行袋にパッキング。ホームで朝食&準備運動。5:07の始発電車を待つ(右の写真)。この間に夜が明けた。
やがて各駅停車京都行きが到着して終点京都駅まで乗る。次いで京都駅でJR琵琶湖線に乗り換え、JR大津駅に6:00ちょい前に到着。
自転車を組み立て、7:00前に大津駅を出発。遂にスタート(下の写真)。

20060521ride_2

一旦、初めに湖畔に出る。
いい景色。既に釣り人もたくさんいる。

20060521ride_3

なぎさ公園辺りまで湖畔をノンビリ走行。
予報どおり快晴だ。そこで日焼け止めを塗る。

20060521ride_4

公園を出、まずは「瀬田の唐橋」に向かって南下。
ほどなくして「瀬田の唐橋」に到着(下の写真)。

20060521ride_5

ネットでの下調べによると、この橋が琵琶湖の南端と思えばいいらしい。逆に言えば、ここから南が瀬田川ということ。
橋を渡って東岸に出、今度は北上開始。

近江大橋の下をくぐり抜け、「矢橋の帰帆」を通過(ここまでは以前に来たことがある→「山城・瀬田川サイクリング 2006.03.04」参照)。
さざなみ街道を走って草津市を北上し、7:30頃に市の北端「水生植物公園」に到着(下の写真)。

20060521ride_6

公園内をちょっとだけポタリング。

20060521ride_7

この辺は湖の対岸の距離が近い、細い部分なので対岸が見える(上の写真と下の写真)。

20060521ride_8

講演を出、どんどん北上。守山市を走る。
「琵琶湖大橋」が見えてきた(下の写真)。

20060521ride_9

「琵琶湖大橋」は琵琶湖のくびれに当たる所に掛けられていて、この先にはショートカット出来る橋が無い(もっともギブアップするなら湖岸にグルリとJRが走っているから何とかなるけど)。

8:00頃、中洲町を通過。

20060521ride_10

この辺りは湖岸に松並木が続いていて実に爽やか。

20060521ride_12

眺めがいいので、ここでちょっと休憩。

20060521ride_11

この辺りはサイクリングロードも走り易い。

近江八幡市に入って長命寺付近に到着。ここで痛恨のコースアウト(ノω・、)。湖岸沿いの道を走らずにうっかり長命寺川沿いに進んでしまう・・・。随分走ってから気がついた。
長命寺から小豆ヶ浜・宮ヶ浜は気持ちいい快走路と聞いていた。なんか、湖岸完全走破に泥がついた感じ。戻ろうか悩むが、既に近江八幡市を抜けてしまっていたのでそのまま進むことにする。まぁ・・・次回にやり直すことにしよう。

能登川町で再びさざなみ街道と合流。
直ぐに彦根市に入る。時刻は9:00頃。

20060521ride_14

この辺の湖岸は静かな海岸っぽい。

20060521ride_13

ホント・・・まるで海だな。

20060521ride_15

湖面が水平線になっている。

20060521ride_16

湖沿いの松並木の道を進む。

20060521ride_17

9:30頃、米原市を走行。

20060521ride_18

遠くに見えるのは竹生島か・・・(上と下の写真)。

20060521ride_19

広がる琵琶湖・・・ですね。

20060521ride_20

快調に走り続ける。

10:00頃に長浜市に突入。

20060521ride_21

広々とした湖沿いの野原だな。

20060521ride_22

先へ・・・。

20060521ride_24

繰り返しになるが・・・海みたい。

20060521ride_23

そう思いませんか?

20060521ride_25

やがて長浜市街地に入り、10:30頃に湖岸の「豊公園」に到着。

20060521ride_26

「長浜城」が見える。

20060521ride_27

「長浜城」は豊臣秀吉の信長家臣時代の城だが、今の「長浜城」天守閣は昭和58年に再建。数年前に中の博物館に入ったことが有る。勿論今日はパス。丁度今、大河ドラマの舞台になっているから観光客も多そうだし。でも長浜観光はちょっとおススメだけど。

20060521ride_28

公園内をちょっとポタリング。

20060521ride_29

先へ・・・。
びわ町に入り、姉川を通過。下の写真は左手の湖側。

20060521ride_30

下の写真は反対側。上流方面だ。

20060521ride_31

びわ町付近で頻繁にロードバイクに出くわす。殆どが対向車線の南下。時計回りに回っている。
「竹生島」がだいぶ近くに見えるようになる(下の写真)。

20060521ride_33

「竹生島」には2回ほど言ったことが有る(勿論自転車をフェリーに乗せて渡ったわけではない)。その時は西国三十三ヶ所の札所「宝巌寺」が有るので渡った。

時刻は11:00ちょい過ぎ。びわ町を抜けると、いよいよ湖北らしい景色が見えてくる。

20060521ride_34

山が湖に迫ってきている風景だ。これまで湖岸は広い平野だったので、それとは違ってくる筈だ。

20060521ride_36

湖北町に入る。

20060521ride_36_2

先にも書いたように、これまでの遠くまで広がる湖面という景色から、湖岸まで山が迫ってくる風景に変わってくるのが分かるだろう。

20060521ride_38

集落の家々も狭い湖岸に並んで建っている(下の写真)。

20060521ride_37

道が山に向かって伸びている(下の写真)。ここから暫く、山間部はサイクリングロードらしいサイクリングロードは無くなる。

20060521ride_40

高月町に入ると一旦湖岸沿いの道は無くなる。代わりに左手には「余呉川」(下の写真の右手の川)。

20060521ride_43

余呉川沿いを走行。道の両側には田畑が見える。

20060521ride_42

11:30頃、木之本町に入って国道8号(303号でもある)に合流して左折。
賤ヶ岳トンネルを抜ける(下の写真)。

20060521ride_46

山沿いの快走路からきれいな琵琶湖が見える。

20060521ride_44

20060521ride_45

快走路を進みながら湖と山を眺める。

20060521ride_49

20060521ride_48

20060521ride_51

20060521ride_50

いいね~。

20060521ride_52

12:00頃、西浅井町に入って塩津浜の「水の駅」で昼食&休憩(下の写真)。そこそこ観光客がいる。

20060521ride_54

ここまでで走行距離は約100km。半分ぐらいまで来たというわけ。時刻・距離とも計画通りのペースで順調だ。
この先が楽しみにしている「奥琵琶湖パークウェイ」。初めは山の登坂となるだろう。休んで充電したいが、余り長く休むと逆にスタートが難しくなるので、早々に出発。

国道303号から離れて県道512号の坂を登り始める。すると直ぐにとんでもない表示板が見えた。
「大浦方面、土砂崩れのため通行禁止」
まさか(↑これが想定外)。それはこれから行こうとする道ではないか?しかし僕の後ろからオートバイや自動車が登っていくし、逆に降りてくるオートバイや自動車もいる。ならば、とにかく行ってみようと思い再スタート。
結構登りが続いてきつい。だが登るに連れて琵琶湖を見る目線も高くなってくる。

20060521ride_55

20060521ride_56

う~~む、良い眺めだ~。

20060521ride_58

狭い湖岸の中でも、少しでも広い所を見つけて、田畑を広げている(上の写真)。

20060521ride_59

木々のすき間から湖とその湖岸沿いを見降ろし・・・そして横に流しながら走る。

20060521ride_60

どんどん目線が高くなってきたな~。

20060521ride_61

こりゃ、いいわ~。

20060521ride_63

登りは辛いが景色はすばらしい。

20060521ride_64

似たような景色をちょくちょく撮ってしまう(^^ゞ

20060521ride_62

そんな中、途中で痛恨のチェーンはずれ。フロント(トリプルタイプ)をインナー30Tに落とそうとした際にペダルを踏み込んでいるところでシフトチェンジをしたので、さらに内側にチェーンが落ちてしまったのだ。登りで踏み込んでいてもこういう時はフッと力を抜かないといけない。登りでのシフトチェンジのミスとしてよく知られているパターンだが、自分でやったのは初めて(失敗して逆にコツが分かったが)。最悪なことにチェーンがチェーンリングとチェーンステーの間に噛みこんでしまっている。軽くクランクを叩きながらそっと逆に回してはずすと、チェーンステーの塗装が剥がれてアルミの地金が見えてしまっている。ショック。チェーンも痛めただろう。チェーンのほうは交換用のピンや駒,工具は持ってきてはいるが、今日一日は切れずに持ちこたえて欲しい。
気を取り直し、チェーンを掛け直して再出発。

20060521ride_66

まだまだ続くよい景色♪

20060521ride_65

まだまだ続く、いい景色。

20060521ride_67

たまりませんな。流石、奥琵琶湖。

20060521ride_69

13:00頃「つづら尾崎」に到着。

20060521ride_70

なぜ、恐竜?(下の写真)

20060521ride_71

この辺りで登りが緩くなり、ここが峠かなと思って先に進もうとすると、「土砂崩れのため通行禁止の表示」。道がしっかりとフェンスで閉ざされていた。もう先には進めないのだ。
この「つづら尾崎」は展望台になっていてたくさんのオートバイがずらり。みんなここまでの展望を楽しむために登り、また降りて引き返すようだ。

20060521ride_76

案内板を見ても途中まで戻るしか手は無いようだ。ここまで来ながら残念だ。

20060521ride_75

確かに・・・良い眺めだ。
いい眺めだけど、ちょっと凹(凹気分だったから通行止めのフェンスの写真を撮り忘れた)。

20060521ride_73

でも折角だからしっかりと眺めておこう。

20060521ride_74

さて・・・ここで一旦国道303号に戻って迂回することにする。

元来た道を引き返す。
今度は下りが主体なのでだいぶ楽。暫く走ると左手に脇道へと繋がる短いトンネルに出くわした(実は登りの時にも気がついていた)。地図で確認すると国道303号に繋がっていそうなので進んでみることにした。するといい感じの下り&急カーブが続く。路面も悪くない。しかし、ここからは暫く琵琶湖を見れなくなった。
やがて国道303号に合流。まだまだ下っていく。途中で、通行止めになっている部分に続くだろう県道557号に出くわしたが、中途半端にうろうろ走るのはやめて、そのまま国道303号を進んだ。この付近の湖岸はまた今度走り直せばいい。
マキノ町との境が近づくに連れて登り気味。
「奥琵琶トンネル」を通過(下の写真)。

20060521ride_78

結構長いトンネル。1km以上有る。西浅井町側からは軽い登りでスピードもそんなに出ず、カーブしているのでちょっと怖い(←僕はトンネル恐怖症のへたれです)。でも照明が明るいから路面状況が見やすいのと、道幅が広いので助かった。
さて、ここから下り。

20060521ride_77

トンネルを抜けたあと、マキノ町に入って国道161号に合流。時刻は14:00ちょい過ぎ。
マキノ町では概ね下りの快走路だが琵琶湖はまだ見えない。
マキノ追坂峠を抜けてようやく再び琵琶湖が見えた。ここからまたフラットな道が始まる。

14:30頃、旧マキノ町(現高島市)の湖岸に出て(下の写真)、再び琵琶湖沿いを走り始める。

20060521ride_79

20060521ride_81

マキノサニービーチから、北東の「海津大崎」が見える(下の写真)。

20060521ride_80

20060521ride_82

「風車街道」と名付けられた県道54号~県道333号を走り続る。
今津の湖岸の眺めがいい。

20060521ride_85

奥琵琶湖の山も見え・・・(下の写真)。

20060521ride_84

湖が水平線を作っている(下の写真)。竹生島が見える。

20060521ride_83

15:00頃に「しんあさひ風車村」に差し掛かる(下の写真)。綺麗な外観のレジャー施設だったが、走りに集中することにして今日はスルー。

20060521ride_86

この付近のサイクリングロードは走り易いな。

20060521ride_87

湖を左に流しながら走り続ける。

20060521ride_88

15:30ちょい前に安曇川を通過(下の写真)。

20060521ride_89

この辺の近江白浜~萩の浜~白ひげ浜は、湖西の中でもいい感じの湖岸だ。

20060521ride_91

20060521ride_92

20060521ride_93

この辺りから湖岸沿いの道は国道161号になっている。

20060521ride_94

途中、湖岸沿いの遊歩道で撮影をしつつ、景色を眺める。

20060521ride_95

16:00頃に旧高島町の「白髭神社」に到着(下の写真)。

20060521ride_96

湖面に鳥居が建っている。「近畿の厳島」とも呼ばれている。ここは近江最古の神社といわれている。鳥居に向かって、無事にゴール出来ることを祈願。

20060521ride_97

鳥居の向かいに国道161号を挟んで社殿が有る(上の写真)。重要文化財で、今の社殿は慶長8年(1603)に豊臣秀頼が再建したものらしい。

志賀町に入ってからはJR湖西線が湖岸近くを走っていて、その高架下付近の道を走るのがメイン。サイクリングロードは殆ど歩道みたいなものなのでロードバイクでは走りにくい。車道を走ることにする(写真は無し)。

16:20頃に月見浜に到着。

20060521ride_98

相変わらず、海の様な湖・・・。

20060521ride_99

20060521ride_100

湖岸の民家の迫る道をポタリング気味で走行。

20060521ride_101

湖を眺めつつ…。

20060521ride_103

先の方に見える町へ(下の写真)。

20060521ride_102

JR蓬莱駅付近で再び国道161号に合流。いっきに大津市内に向かう。
堅田付近から国道161号は自動車が渋滞気味(以降大津市中心部までそんな感じ)。幸い、自転車がすり抜けられる状態なので助かる。

堅田では「浮御堂」に寄る(下の写真)。

20060521ride_108

17:10頃なので拝観時間は終わっていて、脇から写真撮影。

20060521ride_104

あそこに参拝できないとは・・・ちょっと残念。

20060521ride_105

湖も見ておこう。

20060521ride_106

以降、湖岸沿いのすぐ傍をまっすぐ走り抜ける道は無い。国道161号をひた走る。
時折、湖岸が見える(上と下の写真)。

20060521ride_107

そして・・・18:00頃「なぎさ公園」に到着!!。
朝出発した湖岸のスタート地点に戻ってきた。ついに琵琶湖を一周し終えた。なんか感無量。達成感に満足。
スタートと同じ場所で写真撮影。

20060521ride_109

朝は湖側に太陽が有って逆光だったが、今は夕日が背中に当たっている。一人で心の中で感動。

20060521ride_112

公園内をちょっとポタリング。

20060521ride_111

走行距離214km。自宅からJR吹田駅までの距離を引けば琵琶湖周回は約210km。久しぶりの200km越えになった。自己2番目の距離。その一方、琵琶湖周回ルートは奥琵琶湖を除けば殆どフラットなので、景色の良さも手伝って、辛さの無いリラックスツーリングだと思う。

20060521ride_110

最後の締めとして「なぎさ公園」を背にして坂を上がってJR大津駅前に到着。

20060521ride_114

小声で「やった」とつぶやいてしまった。

20060521ride_113

少し休んだ後で自転車を輪行袋にパッキング。18:44の電車で大阪に向かう(下の写真)。

20060521ride_115s 19:45頃に吹田駅に到着。
自転車を組み立てて自宅まで走行。20:15頃自宅に無事到着。

是非とも走っておきたい琵琶湖一周を無事終えることが出来た。奥琵琶湖の通行止めや長命寺付近のコースアウトなどで完全湖岸沿いは出来なかったが、通行止めが解除されたら是非やり直そう。奥琵琶湖はこのコースのメインディッシュみたいなものだから。
「奥琵琶湖パークウェイ」の通行止めは、土砂崩れや事故で度々起こるようだ。夜間と冬季も通行止めである。土砂崩れによる通行止めも、この辺を走り慣れている人なら想定内なのであろう。次回はよく情報収集しておこう。

或る意味、この日は琵琶湖一周を達成したというより「琵琶湖デビュー」をしたと言ったほうがいいのかもしれない。これからも走るだろう。年1回は走りたい。その都度走り方を変えてもいいだろう。観光中心に一泊二日にしてもいいし、ストイックに自己タイムをを注視した走りをしてもいい。いろいろ楽しみ方が有るだろう。
間もなく今の自転車生活が一年になろうとしている。その節目にふさわしい、最高に楽しく想い出に残るサイクリングだった。
 

コース概略/自宅→JR吹田駅~輪行~JR大津駅→なぎさ公園→県道18→県道102→国道422→瀬田の唐橋→県道559(さざなみ街道)→水生植物公園→県道559(さざなみ街道)→県道25→水車橋→県道25→県道2(さざなみ街道)→長浜城豊公園→県道44→県道331(さざなみ街道)→県道44→片山トンネル→県道44→国道8→賤ヶ岳トンネル→国道8→県道336→国道8→国道303→水の駅→国道303→県道512(奥琵琶湖パークウェイ)→つづら尾展望台→県道512→八田部→国道303→奥琵琶トンネル→国道161→県道54(風車街道)→県道333→しんあさひ風車村→県道333→県道304→国道161→白髭神社→国道161→県道307→国道161→浮御堂→国道161→県道18→なぎさ公園→JR大津駅~輪行~JR吹田駅→自宅
(湖岸に近い舗装路を走り、上記の国道や県道から度々外れた)
(地図→クリックしてください (拡大可。茶色のラインが走った所))

走行距離/221.79km(琵琶湖一周分約210km)
走行時間/10hr05min
平均速度/21.98km/hr
最高速度/記録エラー
Road Bike積算距離/3602km
全Bike積算距離/6337km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« OBP・心斎橋ポタリング 2006.05.14 | Top Page神崎川・猪名川ポタリング 2006.05.28 »

 

 

Comments

ちょうど一年前なんですね。大津駅前、今は大分変わって綺麗になりましたよ(~o~) なぎさ公園あたりまでは私の「庭」ですが…(;´▽`) また来て下さいね~、琵琶湖! ここに住んで10年、湖北へは行った事がないあさたろうです。普段はなぎさ公園あたりを徘徊しています…。

« 投稿: あさたろう  2007年5月30日 (水) 06時18分

あさたろうさん>
一年前のことを記事を入れ直しながら懐かしく思い出しました。
琵琶湖一周は何度でもやってみたいと思いますので、
またいずれ走りたいです。
湖北はいいですよ~。
電車でも行ってみてください。

« 投稿: Katze  2007年5月30日 (水) 06時47分

琵琶湖周りは、憧れますね。

まだ「本気モード」ではないですが、その前の…「どんなんかな〜モード」でも…やっぱりとても参考になります。…(^^)

« 投稿: ひたやん  2009年6月 4日 (木) 15時21分

ひたやんさん>
是非とも早いチャレンジを。
距離の割には意外と疲れないですよ。

« 投稿: Katze  2009年6月 5日 (金) 07時49分

同世代の方が楽しんでおられるのに共感しましたので、ちょっと書き込ませて頂きます。

先月奥琵琶湖パークウェイに行ってきましたので報告です。

現在は大浦・菅浦~塩津間開通していますがまだ工事中の為、大浦⇒塩津への一方通行になっています。

琵琶湖畔を反時計回りだと塩津側から逆行となります。
自転車は逆行でも通行可能ですが・・・・

自転車の逆行がちょっとマナー悪いのではと問題なっているようです。 何より道交法違反?
コース設定を考えた方がいいようです。

木ノ本の賤ヶ岳トンネルですが、国道8号線を走るのは危険です。
地元の者はトンネル東側の大音交差点より北側の側道を伊香具小学校に向かい旧賤ヶ岳トンネルを越えますよ。

次回、行かれる際はご利用下さい。

« 投稿: にも  2010年7月28日 (水) 11時19分

にもさん>
初めまして書き込みありがとうございます。

現在は大浦・菅浦~塩津間開通していますがまだ工事中の為、大浦⇒塩津への一方通行になっています。>
情報ありがとうございます。
このサイクリング記事はもう4年前のものになりますが、検索で読みに来てくださる方がいて、そういう方がコメを読んでくれるといいな、と思います。

琵琶湖畔を反時計回りだと塩津側から逆行となります。・・・コース設定を考えた方がいいようです。>
たいていの一方通行は自転車・歩行者に対して“左側走行をしていれば”逆行可の標示板が有りますが、一時的な措置ものはどうなんでしょうかね~?まぁ、危ういコースは回避すべきですが(僕でしたら回避します)。

木ノ本の賤ヶ岳トンネルですが・・・旧賤ヶ岳トンネルを越えますよ。>
情報ありがとうございます。当時は自転車歴1年の「道交法上問題無ければ、堂々と走ればいい」と思っていた怖いもの知らずで(笑)、かつ怖いトンネルである情報を事前に仕入れずに、賤ヶ岳トンネルを通りましたが、その後色々と怖い目や腹の立つことを経験していますので、今でしたら、“絶対に”賤ヶ岳トンネルは通らないでしょうね(行けと言われても否)。当然旧トンネルを使うでしょう。今思うと、当時恐怖感無く、よく普通に通った思います。

久しぶりにこの記事を読み直しましたが、本文に年1回行きたいと書いておきながら、4年間行っていないですね(^^ゞ

« 投稿: Katze  2010年7月28日 (水) 19時44分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15251603

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖一周サイクリング 2006.05.21: