« 有馬温泉ポタリング 2006.06.01 | Top Page地獄谷峠サイクリング 2006.06.24 »

2007年5月31日 (木)

高野山サイクリング 2006.06.10

年月日/2006年6月10日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/高野山を目指すサイクリング

ポイント/和歌山・橋本駅までは往復共輪行

内容/

関西の6月10日(土曜日)は晴れ時々曇り。梅雨に本格的に入る前になるべく週末は乗り回したいので今日も自転車に乗ることにした。
この日は以前から行ってみようと思っていた、和歌山の高野山を目的地にする事にした。高野山は空海・弘法大師が開いた真言密教の巨大聖地。自転車ではないがこれまで5~6回は行っていると思う。是非自転車でも、ということで目的地に選択した。
予定のコースは、和歌山の橋本駅まで輪行してそこから高野山に上る。橋本から登るルートは概ね3つ4つ有る。東西に長い高野山の西端に「大門」が有って入り口みたいなもので、逆に東端が「奥の院」で終点的な感じがする。入り口の「大門」から入って「奥の院」で終わりたいので、東から登る国道371号は帰りの下りに使う事にする。登りは、国道370号がメジャーのようで南海高野線沿いに渓谷を走る景色のいい道のようだが結構交通量が多いらしい。その西を走る県道109号は特に情報無し。更に西から登る国道480号はわりと交通量が少ないらしい。ただし遠回り。結局今回は、遠回りながらぐるっと回って国道480号から登ることにした。高野山をポタリングして国道371号から降り、橋本駅から輪行して帰るという計画にした。
自転車は勿論ロードバイク。

まだ暗い4:30頃に自宅を出発。
最寄りの阪急の駅で輪行袋に自転車をパッキングし、阪急~地下鉄堺筋線を経由。天下茶屋駅で南海高野線に乗り換えて7:00ちょい前に和歌山県の橋本駅に到着。
バイクを組み立てて7:00過ぎに出発。

060610ride1_1

国道24号から、奈良~和歌山を流れる紀ノ川を渡った。

060610ride1_2

紀ノ川沿いもいつかサイクリングしてみたい。

060610ride1_3

上の写真の山の向こうに高野山が有る。
紀ノ川南岸に移って国道370号を西進。九度山町に入って県道13号に移った。
途中、世界遺産に認定されている「慈尊院」に立ち寄ってみた。

060610ride1_4

060610ride1_5

「慈尊院」はもともと、弘法大師が高野山上に修禅道場を開設するにあたり、紀ノ川の水運を利用した物資の調達や運搬の拠点。816年に創建された。のちに弘法大師の年老いた母が郷里の讃岐の国からこの寺院に住まいを移し、弘法大師が月に九度、母に会うために下山したとされ、九度山の地名がおこったといわれている。本尊には弥勒菩薩(国宝)を祀る。当時、女人の高野参りは「慈尊院」までだったので、現在でも安産、育児、授乳を願い、乳房型絵馬が奉納される。写真では分かりにくいが賽銭箱近くの左右の柱に乳房型絵馬がたくさんぶら下がっていた。

「慈尊院」を出て再び県道13号に戻って西進。かつらぎ町で国道480号に入った。ここから初め南進して高野山に上る。
国道480号沿いの景色は悪くない。交通量もそんなに多くなく、路面もまあまま。道幅は狭い所も有るが、殆どは充分に広かった。肝心の勾配については、またフロント30Tを使ってしまったので星山や市峠あたりまでは楽だった。途中、フラット部分や下りも有ったのでやっつけられるという程ではなかった。

060610ride1_6

志賀の集落を抜けてから、かつらぎ町から高野町に入るまでの梨子ノ木峠の登りが結構きつかった。

060610ride1_7

ゆるい所でも勾配は右の写真ぐらい。左の写真のカーブを抜けると高野町に入って、今度は峠の下り坂。
下り切ると高野町の花坂の集落に着いた。

060610ride1_8

この辺りは美味しい焼餅の店が数件有るのだが、どこかに寄ろうかどうしようかと思って走っているうちに食べ損なった。
花坂から高野山まではゆるい登りが10Kmぐらい続く。快調に登れるくらいの勾配。

060610ride1_9

060610ride1_10

景色はいい。途中で展望台も有った。

060610ride1_11

10:00ちょい過ぎに、高野山霊場に入った。

高野山霊場は、標高約900mの高さのところに位置する東西6km、南北3km、周囲15kmの盆地に有る。117ヶ寺の寺院が建ち並ぶ中に、民家のほか、役場・警察署・消防署・病院・学校・大学・商店・はたまたバーまで有り、一つの町になっている。弘法大師こと空海が、承和2年(835)に入定して一大聖地になって今に至っている。

↓西の端に有る「大門」。

060610ride2_1_2

060610ride2_2

大きいですね。宝永2年(1705)の再建。

「壇上伽藍」に入ります。

060610ride2_3

「奥之院」に並ぶ高野山の聖地で、比較的新しい再建の建物がたくさん建ち並んでいます。
↓まずは「金堂」。

060610ride2_4

弘法大師が講堂として使用。

↓次いで「根本大塔」。

060610ride2_5

今の塔は昭和12年の再建。高さ約50m。四方約24㎡。中には大きな大日如来が鎮座しています。

↓「御影堂」。

060610ride2_6

↓「准胝堂」。

2006_0610ride0072

↓「孔雀堂」。

2006_0610ride0073

↓「西塔」。

2006_0610ride0076

↓「愛染堂」。

2006_0610ride0078

↓「不動堂」。比較的新しい再建の建物が多い中、一番古い再建。建久9年(1175)再建。

060610ride2_8

↓少しずつ敷地の東に行くと、「大会堂」。

2006_0610ride0081

↓「三昧堂」。

2006_0610ride0082

↓「東塔」。

2006_0610ride0084

「壇上伽藍」は広くて綺麗。

2006_0610ride0086

060610ride2_10

この伽藍を出て、次は高野山真言宗の総本山「金剛峰寺」に入った。

060610ride3_1

060610ride3_2

060610ride3_3

文禄2年(1593)に豊臣秀吉が母の菩提のために建立。文久3年(1863)に再建された大主殿を中心としている。中の拝観は是非お薦めですな。書院・茶室・襖絵・石庭・・・見所は多い。お茶とお菓子も頂けます。

↓近くには「大師教会本部」が有る。法話と授戒式が行われる。

060610ride3_4

中の大講堂には、弘法大師の唐へ渡航から高野山の開山を経て、大師の一生が分かる絵が掲げられている。授戒式は受けられます。

060610ride3_5

↓他に近くに「霊宝館」という宝物館が有る。
寺宝がたくさん展示して有るので、是非ともお薦め。素晴らしい展示物がたくさん。

060610ride3_6

展示物は展示替えを行いながら順次公開されている。中でも西遊記に出てくる沙悟浄のモデルになった「深沙大将」の像は素晴らしい。

↓ちょっと離れた所に「女人堂」も有る。

060610ride3_7

明治5年(1872)に女人禁制が解かれるまでは女性の参篭所だった。
昔は高野山に入る道7箇所に有ったのだが、今は一つしかないらしい。ケーブルカー~路線バスから高野山に入る人は一番初めにここを通り過ぎる事になる。

高野山の西半分はたくさんの塔頭が有り(117ヶ寺らしい)、その間に商店や民家が点在している。

060610ride3_8

060610ride3_9

次いで東に進んで「奥之院」方面に向かった。
高野山の東半分は、長い参道が有り、その先に「奥之院」が有る。
↓参道の西端「一の橋」。

060610ride4_1

ここから先は自転車進入禁止。乗りて押しても駄目。ここから先は聖域だからね。

参道の途中半分までは国道371号と並行して走るので、国道371号を進んで「中の橋」に自転車を停めて参道に入った。

060610ride4_2

参道の両端には歴史上の人物の墓碑がたくさん並んでいる。織田信長・豊臣家・明智光秀・石田光成・武田信玄・武田勝頼・徳川吉宗・島津家・毛利家・前田家・市川団十郎・曽我兄弟・・・・すごいです。中に企業の社葬用の墓なども並んでいる。

参道の端に「奥之院」。弘法大師が葬られている。
ここから先は写真撮影禁止。写真撮影してもいいだろう所だけ写真撮影。

060610ride4_3

左上の写真の先が「奥之院」。行かないとね。でも参拝者が凄い大勢。西半分が観光地ならば、東のここ「奥之院」は信仰地だね。

↓自転車を停めてある「中の橋」までの途中に「英霊殿」が有る。

060610ride4_4

060610ride4_5

6月なのに紅葉しています。

060610ride4_6

一旦、商店が並んでいる辺りまで戻り、遅めの昼食として「焼餅」を買った。

060610ride4_7

あんこが入っていて美味しかったです。

時刻は14:00ちょい過ぎ。ちょっと早いが帰路につくこととし、高野山をあとにして国道371号を走って橋本駅まで戻ることにした。
高野山「中の橋」から少し登ると、後はヘアピンカーブの下り。下り坂なのでスピードが出るが、路面が最悪。油断するとハマって転倒しそうな溝がそこらじゅうに有る。路面が悪いせいか自動車もバイクも通行が少ない。これで交通量が多かったら路面の悪い所を避けるのは難しかっただろう。時折立て看板が立っていて国道371号の路面改善を訴えていた。そりゃそうだろう。
下りのあとは概ねフラットで快走路。路面は大部良くなってきた。ただ、道幅も狭い所が有ったり、ガードレールが無くて下が川原で落ちたらタダでは済まない所も多かった。

060610ride5_1

060610ride5_2

しかし景色は清川沿いでとても良かった。

060610ride5_3

060610ride5_4

060610ride5_5

これは快走路だ~。

060610ride5_6

060610ride5_7

国城山付近で今度は登り。それを過ぎるとまた下り。
14:30頃に橋本駅に戻ってきた。

060610ride5_8

↑朝には気がつかなかったが、駅前になぜ「まことちゃん」の像が?

060610ride5_9 自転車を輪行袋にパッキング。15:00ちょい過ぎに南海高野線に乗って帰った。
この時間帯は夜難波で遊ぶために出掛ける人が多く、途中から混んできた。自転車を守るために神経を使って疲れた。まあ、でかい荷物で迷惑をかけているのは僕だから仕方がないけどね。行けるところまで走っても良かったかな?何にしても休日の夕方少し前の輪行は避けるべきだな。
自宅近くの最寄の駅で降りて自転車を組み立て、17:00前に自宅に到着。

高野山に自転車で行けたことで満足したサイクリングだった。
今度は高野山から南下して龍神方面に行ってみたいと思う。

コース概略/自宅→阪急○○駅~(輪行)~地下鉄堺筋線天下茶屋駅・南海高野線天下茶屋~(輪行)~南海高野線橋本駅→国道24→橋本橋→国道370→県道13→国道480→高野山→国道371→橋本橋→国道24→南海高野線橋本駅~(輪行)~南海高野線天下茶屋・地下鉄堺筋線天下茶屋駅~(輪行)~阪急△△駅→自宅

走行距離/75.04km
走行時間/4hr51min
平均速度/15.49km/hr
最高速度/48.70km/hr
Road Bike積算距離/3779km
全Bike積算距離/6587km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 有馬温泉ポタリング 2006.06.01 | Top Page地獄谷峠サイクリング 2006.06.24 »

 

 

Comments

高野山は小学校の林間学校で行ったことがありますが、ほとんど記憶がないので改めて行ったような気分になりました。さすが高野山!ウフフ、何故かワンちゃんの写真が…、動物好きが出てますね~。早朝に出かけても帰りの電車の中で居眠りなんかしないんですね…。

« 投稿: あさたろう  2007年5月31日 (木) 21時57分

あさたろうさん>
京阪神方面から行くとなると軽くちょっと、というわけには行かないぐらいの距離で、
小学校の林間学校だったら、ちょうどいい距離なんでしょうね。
高野山って比叡山と違う、という雰囲気も伝わったでしょうか?

犬がいるとつい撮っちゃいます(^^ゞ

他の乗客から自転車を守るためには、
うかつに寝ていられないんです。
特に南海線は・・・。

« 投稿: Katze  2007年5月31日 (木) 23時53分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15261876

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山サイクリング 2006.06.10: