« 高野山サイクリング 2006.06.10 | Top Page丹後半島サイクリング 2006.07.08 »

2007年6月 1日 (金)

地獄谷峠サイクリング 2006.06.24

年月日/2006年6月24日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/地獄谷峠を越えて高槻市北東部の山間部の舗装林道を巡る。

内容/

この日の大阪の天気は予報では曇りだが雨は大丈夫とのこと(実際には晴天だったが)。先週末は雨で自転車に乗らなかったので、是非とも乗っておこうと思った。
目的地は「地獄谷峠」。
取って付けたような名前の峠が大阪高槻市中部の山間部に有る。
名前を聞くとちょっと琴線に触れるような峠だ。以前、「茨木~高槻林道・山道サイクリング 2005.12.01」で書いたように、MTBで高槻の林道や山道を探していてこの峠の登りに差し掛かったのだが、あまりの激坂に耐えられずにMTBを降りてしまい、途中で横道の楽な林道に逃げてしまった。
この峠は、摂津峡の近くを走る大阪府道115号線を北上して途中から林道になった先に有るのだが、舗装林道のようなのでロードバイクでも行けそう。前回はフルサスMTB&ブロックタイヤで完敗したので、今回は軽いロードバイクで「地獄谷峠」に再挑戦することにした。

自宅を8:00に出発。
淀川沿いを走り、高槻市を北上して少々迷いながらも府道115号に入った。府道115号自体もなかなかの勾配なのでしんどい。進み続けると段々と山間部の集落になって、府道とは思えないほど狭くて勾配が激しくなってきた。
府道115号としては終わりに差し掛かった頃、ついに力尽きて足を着いてしまった。

060624ride_1

写真よりも実際はもっと急勾配に感じる。地獄谷峠はまだこの先なのだが再出発しようにも体力・気力湧かず。しかも曇りどころかこの日の大阪は最高気温31℃で晴れ。暑さにも少々やられ気味。結局また敗北の押し歩きをしてしまった。今回も駄目だった。
暫く登ると路面状況は悪くなった。ロードじゃちょっと走りにくそう。

060624ride_2_1 

一方勾配は少々緩くなった。程なくして林道の入り口に差し掛かった。

060624ride_3

ここからの勾配は全然緩いのでまた乗り始めた。しかしロードバイクが走るには路面が悪くてスピードを出すと転倒しそう。

060624ride_4

ゆっくり目に注意して走行。多量の砂利がまかれている所も有って、うかつに入るとタイヤが沈みそう。MTBで走ったほうがいいような道がちょっとの間続いた。景色は林に囲まれていて気持ちいいが。
程なくして「地獄谷峠」の標示。

060624ride_5

060624ride_6

ここからは路面がとても良くなった。

060624ride_7

木々に囲まれた快走舗装林道。

060624ride_8

僕以外に誰もいないのでまるで貸切状態。

060624ride_9

この林道は尾根伝いに北上して北摂を走っている。多少アップダウンも有るが、さっきの「地獄谷峠」の登りに比べればフラットも同然。

060624ride_10

気持ち良く走る続けると素晴らしい展望の開けた所に出た。

060624ride_11

(進行方向は自転車の向きと逆)

060624ride_12

遠くに見えるのはポンポン山だろうか。

060624ride_13

060624ride_14_1 

いい眺め。

060624ride_15_1 

更に先に進むと三叉路に出た。

060624ride_16_1

060624ride_17_1

まっすぐ進むと府道6号に出るが、左折すると高槻北東部の田能・樫田・中畑方面に出る。

ここは左折。暫くすると下り連続カーブとなり府道733号に出た。

060624ride_18

田能に入ったわけだ。

060624ride_19

060624ride_20

近くに「高槻花菖蒲園」が有って、丁度今の時期が見所で結構人が来ていた。

060624ride_21

僕はレーパンなので入ると浮いてしまいそうだからパス。ちょっと垣根の隙間から失礼して中の様子を撮影。

060624ride_22

060624ride_23

僕はこの高槻北東部・樫田の集落の雰囲気が何となく好き。通過点にもここをよく選ぶ。
まだ昼前。ちょっと気になっていた舗装林道の入り口が府道733号沿いに有るので、今回初めて入ってみることにした。舗装路が続く限り行ってみるつもり。
府道733号を少し京都方面に進んで、林道に入って北上。結構な急下り。路面はまあまあ。

060624ride_24

木々に挟まれ涼しげで気持ちいい。

060624ride_25

途中で集落に出た。

060624ride_26

山間部に人が暮らしていたのか。

060624ride_27

ちょっと秘境気分。この辺の山は熊が出るので山に入るのは危険だけど。
暫く走ると秘境気分も冷めるような綺麗で閑静な亀岡の住宅地に出た。今日はもう帰路につくこととして、帰りは府道6号を南下して再び樫田に入り、そのままどんどん南下。高槻市街地、芥川沿い、淀川沿いと走って、14:00頃に自宅に到着。

「地獄谷峠」にまたもや敗れ去ったが、走りこんでいる人ならクリア出来そう。乗って登り切れるまで何回も挑戦しよう。
一方、「地獄谷峠」の先の林道はとても景色のいい快走路だった。
梅雨の合間の晴れにふさわしいサイクリングだった。

コース概略/自宅→淀川河川敷・土手→府道19→安威川土手→府道133→府道115→林道地獄谷線→地獄谷峠→林道田能線→府道733→林道桜木線→亀岡・つつじヶ丘→国道9→府道6→芥川土手→淀川河川敷・土手→自宅

走行距離/91.54km
走行時間/4hr55min
平均速度/18.64km/hr
最高速度/50.51km/hr
Road Bike積算距離/3870km
全Bike積算距離/6678km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 高野山サイクリング 2006.06.10 | Top Page丹後半島サイクリング 2006.07.08 »