« 丹後半島サイクリング 2006.07.08 | Top Page大阪北港ポタリング 2006.07.29 »

2007年6月 1日 (金)

六甲山サイクリング 2006.07.16

年月日/2006年7月16日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/六甲山を縦走する。

ポイント/自宅から往復の自走。

内容/
三連休の真ん中。昨日の土曜日は仕事疲れも有ったし、暑かったので自宅でごろごろ。明日の近畿地方は概ね雨の予報。今日日曜日の近畿中南部は、とりあえず雨の確率は低いので、自転車に乗ることにした。
場所は、神戸の六甲山。
以前のサイクリング「有馬温泉ポタリング 2006.06.01」で、やめて帰ってきたので気になっていたし、大阪市内の自宅から普通に往復自走出来そうな距離的に近い場所みたいだから。
六甲山に登るのはきつそうなので自転車は当然ロードバイク。

自宅を8:00ちょっと前に出発。
以前の記事「神戸元町・三宮ポタリング 2006.01.15」と同じように、神崎川沿いのなにわ自転車道と高速高架下の国道43号を走って神戸・三宮に到着。
県道30号を北に走って「北野異人館(参考:「神戸元町・三宮ポタリング 2006.01.15」に入り、異人館通りを西進して諏訪山公園近くに、「再度山」経由で六甲へ繋がる道を見つけた。

060716ride_1_1

ここからが六甲への登り坂の始まり。時刻は10:00頃。ちょっと分かりにくい民家の間の狭い道。バス路線も有るのだが。
それよりも挨拶代わりにいきなりの激坂だった。
短いトンネルを抜けると少し勾配が楽になった。それでも辛い勾配が続く。

060716ride_2_1

またもやフロント30Tで休みながら汗だくで登った。路面は良好。

060716ride_3_1

自動車は普通乗用車が殆どで、たまにバスが走っていた。

060716ride_4_1

所々神戸の街を見下ろす所が有ったり、緑も綺麗だった。

060716ride_5

余裕の無い走りだったが、多少の慰めになったかも。

060716ride_6

060716ride_7

4~5kmぐらい(?)登った所で、標高390m「再度山・大龍寺」に到着。

060716ride_8

参拝はパス。

060716ride_9

この前後から下りも時折有ったりして少しは勾配も楽になった。ハイカーもちらほら。

でも登りが主体であることには変わりなく、3kmほど登った所で「神戸市立森林植物園」に到着。

060716ride_10

同時に六甲山系を東西に走る県道16号に合流。「神戸市立森林植物園」は自転車走行不可なので今日はパス。

県道16号を東に走るとやがて「六甲山牧場」に到着。

060716ride_11

ここも自転車入場不可なので今日はパス。この付近は道路を羊が横断するらしい。近くには「神戸チーズ館」も有るらしい。今日はこういった観光施設は全てパスして(自転車で入れないからな~)走りに集中。また今度ハイカーとして来よう。
この「六甲山牧場」で、休憩中のロードバイクの男女二人組みに会って軽く挨拶。僕よりも年上みたい。僕が飲料補給やら何やらしている間にいなくなっていた。
「六甲山牧場」入り口の休憩所で少し休んだあと、12:00頃に再出発。

この付近から勾配は大部緩め。アップもダウンも有った。

おしゃれな「六甲山ホテル」や「高山植物園」を通り過ぎて6kmぐらい走ると「カンツリーハウス」に到着。

060716ride_12

「カントリー」ではなくて「カンツリー」。

060716ride_13

060716ride_14

060716ride_15

更に3~4km走ると、六甲最高峰への入り口「一軒茶屋」に到着。すぐ左に登山道が有った。舗装されているが路面が良くないし、激坂だし、ハイカーもいるので押して登った。

060716ride_16

最後は短い階段を自転車を担いで上がり、ついに「六甲山最高峰」に到着。

060716ride_17

標高931m。今日の走りの標高差は約900m。
山頂にはハイカーが10人ぐらい。

上の写真を撮影中に、さっき「六甲山牧場」で出会ったロードバイクの男女二人組みが後から登ってきた。二人が「一軒茶屋」で休憩中に抜かしたみたい。
男性は僕と同じかちょっと上くらいで40~50歳ぐらい。気さくで笑顔の爽やかな人だ。よく六甲山はMTBで来るそうだが、今日のペアの女性がロードバイクで走りたいというのでロードにしたそうだ。
その女性だが、なんと!お孫さんもいるらしい。だから夫婦ではないみたい(自転車仲間かな?)。その女性は年1回ずつ六甲縦走と淡路島一周をして自分の体力を測っているらしくて今日はその日だったとのこと。
二人は垂水のほうから登ってきたらしい。ちなみに男性は黒いFELTのロードで、さすがにノーマルドライブ。女性は赤の・・・良く見えなかった。何となく知っているメーカーだったが。フロントはトリプル。

二人と別れて僕は先に下山。

そのまま県道16号を東に走り、急な下り&ヘアピンを抜けて県道82号に合流。三宮に入って甲山の西を南下し、再び国道43号に合流。そのまま往きと同じルートで自宅に15:00ごろ到着。最近にしては早い時刻の帰宅。
1時間後、雷と超激しい夕立。急いで帰ってきてよかった(ラッキー)。

六甲の県道16号についてだが、周りの景色はまあ普通の山間ロードだったけど、観光地としてケアされているのでゴミとかが落ちていないから気持ち良かった。
それよりも「一軒茶屋」から東の県道16号の下りは結構怖い。勾配やヘアピン自体は特に問題無いと思うが、路面のいたる所に自動車減速用のデコボコしたオレンジのライン(何というのかな?)が有って、これが逆に不快かつ危険。抜ける際にフォークにかなりの振動をくらう。
ブレーキレバーを握ると余計に振動が伝わるし、ブレーキをかけないで抜けると減速出来ずにコーナーに突入して危なかった。路側いっぱいまでラインが引かれているので避けられない。
或るサイクリング・ガイド本には、最後にケーブルカーで降りるコースが載っていたが、その理由も何となく分かる。
また、西宮側から六甲に登るほうが多分きついだろうなとも感じた。なのでヒルクライムの練習は西宮側から登るのがメジャーらしい。

とりあえず大阪から六甲山を走れて良かった(僕の走りは激遅・軽ギアでヒルクライムの練習にはなっていないけど・・・)。毎週ここを走っていたら結構いい練習になるだろうけど、僕はお気楽観光サイクリング派だから、毎週登っていたら自転車が嫌いになるだろうな。
まあでも、いいサイクリングでした。
(六甲の観光施設へはハイカーとして行ったほうがいいな。)

コース概略/自宅→神崎川なにわ自転車道→出来島大橋→国道43→国道2→神戸市三宮→県道30→北野町異人館通→再度山・大龍寺→再度公園→学習の森→神戸市立森林植物園→県道16→六甲牧場→県道16→カンツリーハウス→県道16→六甲山山頂→県道16→県道82→国道43→出来島大橋→神崎川なにわ自転車道→自宅

走行距離/111.15km
走行時間/5hr41min
平均速度/19.56km/hr
最高速度/58.77km/hr
Road Bike積算距離/4138km
全Bike積算距離/6946km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 丹後半島サイクリング 2006.07.08 | Top Page大阪北港ポタリング 2006.07.29 »

 

 

Comments

お孫さんがいる方が…、ひえェ~、鍛えてらっしゃるんですね~。上り坂がお好きなんでしたよね(^^?)読んでるだけで足がだる~くなります(llllll´ρ`llllll) 六高山の山頂まで行けばかなり気温も低かったのではないですか? 自転車で登る、と言うのは自分の頭の中にはない方法でした。いっつもケーブルカーですから…(ーーllllll;)

« 投稿: あさたろう  2007年6月 1日 (金) 20時17分

あさたろうさん>
おばあちゃん、すごいわ!
って感じですよね。

登りが好きでも、ここの勾配はきついです。
どこから突入しようとも、きついですね~~。
ゆえに、練習コースになるんですけどね。
でも毎週ここを練習で走る気は、僕には起こりません。

山頂は寒くはなかったと思います。
走って暑いくらいだったと思います(^^)

« 投稿: Katze  2007年6月 2日 (土) 01時48分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15276365

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山サイクリング 2006.07.16: