« 柳生・笠置サイクリング 2006.09.23 | Top Page淀川・木津川試走サイクリングⅡ 2006.10.09 »

2007年6月 2日 (土)

堺ポタリング 2006.09.30

年月日/2006年9月30日

バイク/Louis Garneau DW3 Cross Bike (Dual Wheel Bike)

目的/堺の街をノンビリとポタリング

内容/

9月30日(土曜日)の関西は晴れ。翌日曜日の天気が悪そうなので土曜日にサイクリングに出かけることにした。

で、先週末に乗ったロードバイクのクリーニングをしている時間がなかなか無くて、金曜日の夜中になってようやくきれいに出来た。きれいにしたばかりでまた乗って汚れるのがちょっと嫌だったので(←そういうものじゃないだろ!)他の自転車で出掛けようと思い、久しぶりにクロスバイクのLouis Garneau DW3 を引っ張り出すことにした。

このクロスバイクで走るのにふさわしい所はどこか考えた。とりあえず街乗りがいいだろう。
思いついたのが「堺」。
堺の街をブラブラ・ポタリングしてみることにした。
夜に用が有ったので早めに帰宅出来る近場のほうがいいし。

出発間際に自転車を点検してみるとちょっとリアディレイラーの調子が今ひとつ。調整しなおしたりしているうちに時間がたち、結局9:00頃に自宅を出発。

大阪市市街地を上町台地方面から南下して抜け、大和川を渡って堺市に突入。
少し西に走って、南海本線「堺駅」前に到着。時刻は10:30。

060930ride_1

さあいよいよここからというところで地図をポケットから出そうとすると、・・・無い。
途中で落としたようだ。
サイクリング本からコピーしてきた地図なので無くしても今後は困らないが、この日のサイクリングには困る。堺は不案内なので地図が無いとよく分からない。
すると駅ビルに観光案内所を発見。入り口の前まで行くと堺の観光ガイドブックや地図が有ったので地図をサッと取ってポケットに突っ込み、まずは当初予定していた「旧堺港」に向けて出発。

途中で先ほどの地図を出して道を確認しようとしたら、漢字がおかしい。
何とどうやら中国語!よく確認せずに中国人観光客向けの地図を取ってしまったのだ(←アホ)。まあでも雰囲気で分かるのでわざわざ戻らすにこの地図を使うことにした。

「旧堺港」の河口付近の「大浜北公園」に到着。

060930ride_2

060930ride_3

像は堺市街地側を見ている。堺を見守る観音像というところだろうか?

「堅川水門」(下の写真)を横目に橋を渡って川を挟んで対岸の「大浜公園」に行く。

060930ride_4

「大浜公園」に到着。

060930ride_5

公園の突端にちょっと感じのいい「灯台」が有るらしいのだが、上を走る阪神高速の複雑なランプのおかげで地図を見ても実際の道が分からず「灯台」に行くのを諦めた。
何となく今日はグダグダのサイクリングだな。

「大浜公園」を出て「御陵通り」を東に走る。

060930ride_6

堺には時々堀のような水郷に出くわす。
戦国時代の自由都市の頃の名残らしい。堀で堺を外から隔てていたようだ。

程なくして「大仙公園」に到着。

060930ride_7

上の写真の石碑は、昭和61年の全国植樹祭を記念して立てられた与謝野晶子の記念碑。

060930ride_8

公園内を少しポタリング。

敷地内には「自転車博物館」が有る(下の写真の左)。

060930ride_9

開館は1992年4月。自転車部品メーカーの(株)シマノが設立した財団法人シマノ・サイクル開発センターが管理。 (株)シマノの本社があり、自転車が地場産業であることなどから、堺市に建設された。
今年の春に入館したことが有る。
自転車好きなら楽しめると思う。まだ足で地面を蹴って進む時代の自転車から始まる自転車の歴史とか、ランス・アームストロングを初めとする有名選手のロードバイクやMTBも展示されている。ブレーキや変速の体験コーナーも有ったりする。

堺市博物館」も有る(下の写真の上段)。

060930ride_10

堺市の歴史、美術、考古、民俗に関する博物館。仁徳天皇稜に関するもの、戦国時代の自由都市時代の歴史と文化、地場産業等が展示されている。
「茶室」も有る(上の写真の下段)。

千利休像の前で写真撮影。

060930ride_11

ついで「大仙公園」の御陵通を挟んで北に有名な「仁徳天皇稜」が有り、行ってみる。
正面の参拝所。

060930ride_12

写真の自転車の置いてある場所から先は自転車の乗り入れは禁止。

060930ride_13

古墳の周りを巡る堀に沿って周回できる。
歩行者もいるのでスピードの出し過ぎには注意。

060930ride_14

「仁徳天皇稜」は日本最大の前方後円墳。全体の面積は約47万㎡(甲子園球場十二個分)。エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵とともに、世界の三大墳墓とされている。
墳丘の長さ 486m 後円部の高さ  35m 前方部の幅 305m  全体の周囲 2718km。
30,000個もの埴輪が並べられているらしい。

060930ride_15

中の森みたいな所はどうなっているのだろうか?なにか凄いことになっていそう。

途中に万葉歌碑が有った。

060930ride_16

仁徳天皇の正妻、磐姫皇后の歌。

『ありつつも 君をば待たむ うち靡(なび)く わが黒髪に 霜の置くまでに』
(こうやって、いつづけて、あの方をお待ちしましょう。私のこの黒髪に、霜が降りたってかまいません。私は待ちつづけましょう。)

万葉集の中でも最も古い伝承歌だといわれている。
磐姫は武内宿禰の子の葛城襲津彦の娘で、臣下の出身で皇后になった最初の女性。古事記や日本書紀によると磐姫皇后はとても嫉妬深かったそうだが、それだけ情熱的で情愛の深い人だったらしい。ある時、独りになった皇后が寂しさを隠しきれなくなって仁徳天皇を待ちながら詠んだ。

060930ride_17

ノンビリとポタリング出来た。

「仁徳天皇陵」を後にして、フェニックス通りを西に走る。

060930ride_18

フェニックス通りは戦後50m道路に拡幅された堺のメインストリート。
植えられているフェニックスは昭和33年に堺ロータリークラブが創立5周年を記念して126本苗木を植えたもの。堺は、応永の乱や大阪夏の陣、更には昭和20年の戦災など度々火災で焼かれていて、その火炎の中から新たな生命を得て生まれ出る不死鳥のように焦土から力強く起ち上がることを念じて、火の鳥の樹、フェニックスが植えられたとのこと。

途中で商店街に入ると神社の鳥居が出現。入ってみた。

060930ride_19

開口神社」。「開口」は「あぐち」と読む。
別名「大寺さん」。神社なのに・・・。

神社を出て再びフェニックス通に戻り、次いで「千利休屋敷跡」に到着。

060930ride_20

う~む。本当に跡だ。井戸が見られるが、ここの井戸水を利休が茶湯に常用していたといわれている。「椿井」という名前がついている。

060930ride_21

利休は1522年(大永2年)に豪商魚屋(ととや)の長男に生まれ、17歳の時に北向道陳に茶を学び、のちに武野紹鷗に師事した。やがて織田信長、豊臣秀吉の茶頭になり、侘び茶を完成させた。1591年(天正19年)に秀吉から切腹を命じられ70歳の生涯を閉じた。

大道筋(紀州街道)を北上すると直ぐに「与謝野晶子生家跡」の碑(下の写真、左)。

060930ride_22

周りにビルしか無かった。
直ぐ隣に歌碑が有る(上の写真、右)。「海恋し 潮の遠鳴り数えつつ 少女となりし父母の家」
与謝野晶子は1878年(明治11年)に菓子匠駿河家2代目鳳宗七の三女として生まれ、23歳まで堺の実家で暮らしていたらしい。家は第二次世界大戦で焼け、その跡が道路になったので歩道の隅に碑だけが建てられている。

この道路、大道筋には、堺(浜寺駅)~大阪・天王寺(恵美須町)間の路面電車が走っている(「阪堺軌線HP」)。

060930ride_23

大阪唯一の路面電車。
阪堺線は(旧)阪堺電気軌道により1911年12月から1912年8月にかけて開業。大阪と堺の間を併走する南海鉄道と競争状態にあったが、1915年6月、南海鉄道に合併され阪堺線となった。
南海電鉄は1980年12月1日、新たに設立した100%子会社の阪堺電気軌道株式会社に両線の営業を譲渡して今に至る。

時刻は15:00過ぎ。
まだ堺には見所がたくさん有るのだが、夕方には自宅に到着していたいのでこの日はもう帰ることにした。
阪堺軌線沿いに北上して大阪市内に突入。天王寺、京橋を走り抜けて自宅に16:30頃到着。

この日は地図を落としたせいも有って、効率良く計画通りに名所・スポットを回ることが出来なくて残念。まわり残してきた所も多々有った。鉄砲鍛冶に関する名所、名刹の寺・・・。より堺らしい所がたくさん有ったのだが・・・。

あ~あ、なんとなくグダグダのサイクリングになってしまった。

コース概略/自宅→菅原大橋→城北公園→市道中津太子線→赤川3丁目→市道赤川天王寺線→府道168→京橋→上町筋→府道28(あびこ筋)→吾彦大橋→府道28→府道187→国道26→南海本線堺駅→旧堺港→大浜公園→南海本線湊駅→府道197(御陵通)→大仙公園→仁徳天皇稜→府道197(御陵通)→三条通→国道310(フェニックス通)→開口神社→千利休屋敷跡→与謝野晶子生家跡→大道筋→大和橋→府道30(あべの筋)→府道30(谷町筋)→中央大通→上町筋→寝屋川橋→府道168→市道赤川天王寺線→赤川3丁目→市道中津太子線→城北公園→菅原大橋→自宅

走行距離/72.47km
走行時間/4hr25min
平均速度/16.40km/hr
最高速度/記録エラー
Cross Bike積算距離/718km
全Bike積算距離/7998km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 柳生・笠置サイクリング 2006.09.23 | Top Page淀川・木津川試走サイクリングⅡ 2006.10.09 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15289185

この記事へのトラックバック一覧です: 堺ポタリング 2006.09.30: