« ふっくら毛繕い | Top Pageインコ本の棚卸し »

2007年6月20日 (水)

インコのお世話の悩み⑥ 睡眠不足

わが家のインコのお世話の悩みの第6弾。
テーマは「睡眠不足」

うちのインコ達の睡眠時間を計算してみます。
寝るのが大体11:00から0:00の間ぐらい。
仕事から帰ったら直ぐにインコマンションのカーテンを閉めるわけにゆかず、籠を掃除して、放鳥して・・・等々しているとこんな時刻になってしまいます。
起きるのが大体6:30~7:30ぐらい。
従って睡眠時間は6.5~8.5時間。大体7~8時間ぐらいってところでしょう。
人間だったら丁度いいぐらいでしょうけれど、野生の鳥は日の出と共に起きて日の入りと共に寝るという感じで、飼鳥もそれに近い方がベストであろうから、そうなると大体12時間ぐらいの睡眠時間がいいわけです。
だから少し睡眠不足。

加えて、インコのいる部屋は、他の部屋で僕が起きていると光が差し込んだり、物音が聞こえやすいです。
インコマンション(下の写真)は遮光カーテンで囲って部屋の明かりも消しますが、全部の部屋の照明やその他光る物(PCの画面とか)を消さない限り、光は隙間からうっすらと入りますし、僕がPCの前で静かにブログをやっていても、色々と音がするので気配は感じているはずです。

1_18

ある日の夜中の2:00頃、部屋の照明を消してPCの前で画面の光だけで作業をしていた時、カーテンで囲ったインコマンションから「チャリン、チャリン」と音がしていたので、インコのいる部屋の照明だけ点け、カーテンの隙間から中の様子をうかがうと、チャッキーがはしごに登って回転ドラムのおもちゃ(下の写真左)を回して遊んでいました。

2_18

起きてはいるわけです。
だから本当の意味では睡眠時刻は僕の寝ている時間と同じで、だいたい夜中1:30~6:30で5時間といえるかもしれません。
とても短いです。

ちなみに完全に他の部屋から離れた4畳半の部屋(今は自転車とギター置き場になっている)が有って、そこなら僕が起きていても大丈夫。
しかし逆にその部屋にいると僕と接する機会が少なくなり単なる鳥小屋になってしまいます。それに、その部屋は大きな通りに面していて夜中でも車がたくさん走っていてうるさいです。
結局、今いる部屋しかないというわけです。

うちのインコはおそらく昼寝をかなりしていると思います。
平日は分からないですが、休日一日家にいて見ていると結構朝から寝ています(少なくともあまり籠の中で動き回っていないです)。
もっとも普通にインコは結構昼寝をするものですが、うちの場合はそれがトータルとして長い・・・のかな?

睡眠不足で心配しているのは、ホルモン・代謝異常への影響。
別に獣医学も生物学も医学も知らない完全ど素人の憶測ですが、チックやチャーミーの肥満も、睡眠不足が正常な代謝を狂わしているためではないかと・・・。
なお、起きているから食事をする機会が増えて太るとも言われていますが、わが家では一日の食事量は5~6gに制限していてそれ以上の餌は籠に無いです。それはうちには当てはまらないと思います。

なんにしても結論として睡眠不足はよく無いですね。
とどのつまり、僕も睡眠不足で早く寝ればいいということかも知れないのですが・・・。

3_18

夜中のブログも程々にしないといけないですな・・・(多分無理)。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« ふっくら毛繕い | Top Pageインコ本の棚卸し »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/15484947

この記事へのトラックバック一覧です: インコのお世話の悩み⑥ 睡眠不足: