« サイクリングで事故・落車・負傷・破損で中止 2006.09.03 | Top Page柳生・笠置サイクリング 2006.09.23 »

2007年6月 2日 (土)

淀川河川敷試走ポタリングX 2006.09.16

年月日/2006年9月16日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/ロードバイク修理調整後の試走。

ポイント/①怪我の回復具合もチェック,②体調と天候に相談して走れるところまで走る,③淀川沿いを過ぎそうになったら八幡木津サイクリングロードに入るつもりで走る。

内容/
2週間ほど前の衝突事故(「サイクリングで事故・落車・負傷・破損で中止 2006.09.03」参照)でいろいろ痛めたロードバイクだったが、9月16日早朝に修理を終えた。しかし、実際に試走して負荷をかけて色々確認しないと終了とは言えない。
だが、自分の体の怪我は完治していない。左足首の捻挫についてはまだきちんと歩けない。ビッコ気味で庇いながらゆっくり。さっさと歩こうとすると、或るポイントで痛みのためにガクッと崩れる。下り階段も苦痛。右手人差し指と親指・手首の打撲についても、力の入れ方と強さによっては痛みがはしる。握力もまだまだ回復していない。事故当日に比べれば随分とマシになったが・・・。

その一方、この三連休の大阪・近畿は全般的に雨模様だが土曜日の午前中は何とか曇りでおさまりそう。乗るなら土曜の午前中しかない。
自転車に乗る上で必要な動作はなんとか注意して庇えばOKみたいな感じ。よって、淀川沿いの南岸の河川敷・土手を中心に試走してロードバイクのチェックをすることにした。体調と天候に相談して走れるところまで走って、最長でも八幡木津サイクリングロード止まりで引き返す計画。午前中には自宅に戻るつもり。
あえて前回の事故の時と同じ服装にした(厄払い)。

自宅を7:15頃出発。雨は降っていない曇り空。
淀川南岸を走る。天気が怪しいので人はいつもより少ない。途中で、前回の事故の原因となったMTBライダーと同じような外見の自転車乗り(たるんだ中年太りで運動不足っぽいがヘルメットだけはきちんと被り有名メーカーのMTBに乗っている人間)とすれ違うたびにちょっとムカッとしたりして・・・トラウマになってる。いかん、いかん。
走りながら体の調子をチェック。単にペダルを回している動作では特に問題無し。最近びっこを引いて歩いていたので、左右対称の姿勢が崩れていないかとか、がに股開きになっていないか心配していたが、フォームは大丈夫そう(自分の意識では)。
しかしそれ以外に多々問題点が有る。問題点とその解決方法(庇い方)は以下の通り(問題点→解決方法)。

①止まる時に左足のクリートを上死点で外すと足首に痛み。
 → 下死点で外すと痛み無し。
②止まる時に左足を普通に着くと痛み。
 → とにかくそっと足を着く。
③発進の際に自転車を跨ぐと、軸になる左足首がねじれて痛い。
 → つま先荷重で回転しつつそっと跨ぐ。
④ブレーキレバー、シフトダウンで右手人指し指に力が入らない。
 → 中指を使い、人指し指は添えるだけ。
⑤段差越えのときにフロント・アップしようとすると右手首がかなり痛み、力が出ない。
 → ハンドルバーの水平部分を握ってフロント・アップすれば少し痛みは和らぐ。体重移動中心にして何とか対応。
⑥利き手の右手でボトルを押して握れないのでドリンクを飲めない。
 → 飲む時は止まって左手を使う(実は走りながら左手でボトルを使うのが不安定でとても苦手)。
⑦階段の上り下り(土手の上り下りに一箇所有る階段)で自転車を担ぐ時に右手だけで持ち上げられないし、足首も痛い。
 → 両手でしっかり持ってそっと歩く。

結局、庇いながらの走りなので無理をせず枚方・楠葉辺りまで行って引き返すことにした。ここで悪化させたら馬鹿みたいだし、大人なんだから(大人なら今日乗らないかな?)。

枚方付近に到達してから雨が降り始めて段々強くなってきた。
枚方河川敷公園を過ぎてそれより東は道幅が広く、人もグッと少ないのでここで本格的にシフトチェンジのテスト。いろいろ変えて走った。ちょっと最重ギアの組み合わせの際に何となくコツコツとした振動を足に受ける気がするが、それ以外は完璧。まあ、最重ギアの組み合わせはまず使わない(脚力不足で回しきれない)ので、いじらずにそのままにすることにした。坂道途中でのシフトチェンジも問題無し。その他、ブレーキやホイールも問題無さそう。バーテープもしっかり巻かれたまま。

テストを行ううちに雨脚が強くなり、大木の下でしばし雨宿り。だが雨はやみそうにないし庇いながらの走りは危険なので、楠葉の手前のここで帰路につくことにした(下の写真)。

060916ride_1

時刻は8:30頃。枚方河川敷公園に戻ると雨は殆ど止んだ。でも素直に帰ろうと思った。
枚方河川敷公園でちょっと休憩。

060916ride_2

060916ride_3

枚方河川敷公園で写真を撮るのは久しぶり。

再出発してから自宅まで雨は殆どふらなかった。10:00頃に無事自宅に到着。
自転車は問題無し。怪我も悪化はしていないみたい。

ここのところ淀川は単に移動のための通過地点で何の感情も持たずに走っていた。いや、むしろ飽き飽きした面倒で苦痛な道と思っていた。最近は100km越えなど当たり前で、淀川にしても木津川にしてもそこを走る楽しさというか喜びというか、そういう感情をすっかり忘れていた。でも昨年初めてロードバイクに乗った時、枚方河川敷公園に到達してとてもうれしかった。こんなに速く簡単にこんな所まで走れるのか、ってロードバイクの走りに感動したものだった。少しその頃を思い出した。
臭い言い方だが、今日は反省の意味を込めて、走っている道全てに気持ちをこめたい・・・走る喜びを常に感じていたいと思い直した日だった。
三連休の雨は逆に僕の走りたい気持ちを抑えるのにちょうど良いかも。怪我を直してまた遠くまで走りたい。
 

コース概略/自宅→豊里大橋→淀川土手・河川敷→楠葉→淀川土手・河川敷→豊里大橋→自宅

走行距離/42.22km
走行時間/2hr20min
平均速度/18.15km/hr
最高速度/36.96km/hr
Road Bike積算距離/4809km
全Bike積算距離/7764km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« サイクリングで事故・落車・負傷・破損で中止 2006.09.03 | Top Page柳生・笠置サイクリング 2006.09.23 »