« カキカキ出来るかな~? | Top Pageセキセイインコ占い »

2008年1月 6日 (日)

チェロの不調と通院 2008.01.06

080106 これまでブログには書きませんでしたが、
チェロが少しずつ体調不良になっていました。

①7月頃に48g有った体重が徐々に減り続けて、現在28g。

②7月頃から糞便が異常。
薄緑色の糞で液体の尿が多く、白い粉状に尿酸が液体に混じる。
以前は濃い緑&茶色系で真ん中に白い尿酸の塊が有る、セキセイインコの典型的な健康な糞便だった。

③12月頃から、首を曲げて膨らんで寝ていることが殆どになる。放鳥しても寝ている。さえずりも殆どしなくなった。
以前は日中に寝ている姿を殆ど見たことが無かった。

④2週間前から左足の動きが悪い。
止まり木の横移動はOKだが、平らな所を真っ直ぐに歩く時に硬くつっぱった感じで動かない。左足を上げていることが多くなる。よく舐めている。
以前は、片足立ちは「お手」以外では殆どしない。

僕は、
ビタミンA不足(小松菜に含まれている)に伴う腎機能低下(チェロは小松菜を殆ど食べようとしない)、
それに伴う尿酸形成の異常・・・血中の尿酸濃度が高くなる(白い尿酸の塊がきれいに出ていないから)、
そして結果的に痛風(左足の動きが悪い・・・痛いから)、
だろうと想像しました。

動物病院に連れて行きました。
新しくネットで探した病院です。

診察(糞便検査・素嚢検査・触診・飼い主への問診等(血液検査は採取量的にたいした検査が出来ないので実施せず))の結果、
原因は特定できませんでした。
僕の意見「痛風」も、完全否定まではされませんでしたが、肯定はされず、否定的でした。
特定は出来ませんでしたが、一応薬は処方されました。

今、通院中なので、これ以上病院、獣医師のことや診察についてはブログに書きません。
また、ブログは闘病記主体にしたくないので、今後、特に経過は書きません。

しかしチェロを見てくださる方には、一度報告しておきたくて書きました。
上のことを知った上で、
最近のチェロの画像・動画を見ると納得されるかと思います。

もし、痛風であれば完治は殆ど無理なのが現状です。完治するのはごく稀です。腎臓が壊れたら戻りません。
内臓痛風の場合、診察で見つけるのはかなり難しいようです。

他の原因だったとして、もしかしたら回復するかもしれません。

いずれにしても、
チェロには負担をかけないで、運命に任せてあげたいと思います。
あの手、この手を色々試みることはしないことにしました。
生活パターンも今まで通りで、横にはチャーミーがいて・・・。
今回の病院で治療を続けようと(今は)思っています。
それは、チェロを見捨てたわけではなく・・・、いい加減に思っているわけではなく、
チャッキーの闘病・・・他のお別れした子達の経験から、それが一番いいと思います。
勿論、いろいろ手を尽くしたり、病院を探し回ったりすることを否定しません。それもまた飼い主としての立派なやり方だと思います。

チック,チャッキーと続いて、病気と無縁だったチェロまでも・・・。
お世話の仕方に問題が有って、
ここにきて次々とみんなに障害が起こり始めているのかもしれません。

ガックリもしますが、
どういう結果になろうと、それもまたインコと僕の宿命。
チャッキーの時もそうでしたが、
こういう結果も含めた覚悟の上でインコをお迎えしたのですから、
病気で辛いインコ本人に比べれば・・・。

今後のブログのインコ記事で、チェロが体調を悪そうにしている様子が見られると思いますが、そっと見守っていて頂けるとありがたいです。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« カキカキ出来るかな~? | Top Pageセキセイインコ占い »