« Δ Force | Top PageLove of Pain »

2008年1月20日 (日)

京都山城町・不動川砂防歴史公園ポタリング 2008.01.14

年月日/2008年1月14日

バイク/Trek Fuel Ex7 MTB (Full Sus.)

目的/京都府南部の木津川市、旧山城町の道を巡る。

ポイント/①本格的な山サイはしない,②旧山城町の山間部の道の様子と、今後のサイクリングの足がかりになりそうな箇所の確認。

内容/
この週末は三連休だったのだが、土日に用が有ってサイクリングに出かけられず、最終日の月曜日祝日(成人の日)にようやく一日空きが出来たので出かけることにした。
で、どこを走るかだが、

①自転車について:
ロードバイクは否応無しに春夏秋にメインで乗りまくることになるので、今は乗りたくない。
クロスバイクを出すと僕の場合どうしても街乗りがメインになる。だが、連休で混んだ街を走りたくない。
小径車は距離をあまり稼げない。
必然的にやっぱりMTB

②場所について:
街は前述の理由で嫌だ。
先週末に輪行&マジな山サイをしたので、2週連続の輪行はかったるい。自走往復できる範囲にしたい(MTBで)。
マジな山サイはしたくない。担ぎ上げとかしないで、気楽に走れるダブトラやお気楽なシングルトラックをちょこっと、というくらいでいい。
サイクリングロードの往復のみというのは退屈なので嫌。それに休日祝日は混む。サイクリングロードは、信号や自動車等に対して注意を払う労力から解放されることがメリットの、エスケープ的な道。

③使うエネルギー:
翌日は出勤なので疲れたくない。流してダラダラ走る程度にしたい。
ストイックに鍛えるつもりも、体力的にチャレンジングなコースや距離を走るつもりも無し(それはロードバイクで走る時にやればいい)。

この条件を満たすサイクリングとして思いついたのが、
京都府南部の旧山城町(現在は合併して木津川市)に、舗装路なのかダートなのか、林道なのか一般道なのか(府道○○号というのは付いていない)、地図上では分からない道が山の中に伸びていて、それがその付近の山サイの起点(山道への入り口)になるか、はたまたロードバイクで走るような所なのか、単に確認だけをしにいくことにした。
山の近くは通るだろうが、登頂ルートには入らないつもり。入口の目星だけ付けるだけ。今後の山サイのルートのヒントにするのみ。あるいは舗装路だったら、この付近をロードバイクで通過する際のルートになるか確認するだけ。
舗装路なのか、途中にダートが有るかは分からないので、自転車はMTBを使用。あえて久しぶりにロードバイクを引っ張り出すまでも無い。舗装路メインの往復100kmくらいの距離だし、MTBでも自走範囲。
大阪市内と旧山城町の往復には、淀川や木津川沿いのサイクリングロードを(移動用として)使う。サイクリングロードなので多少気が抜ける(油断すると歩行者や自転車同士の衝突も充分有り得るが・・・)。体力温存でダラダラ走れる。
・・・以上の計画なら、前述の条件を満たしているだろう・・・・フフフ。

自宅を9:30頃に出発(←遅い!)。
淀川沿いのサイクリングロード、府道13号、八幡木津サイクリングロード・・・とお決まりのルートを多少飽き飽きしながら、速いローディーさんや、MTBを見て挑発的な追い抜きをしてくるママチャリやクロスバイクを、お先にどうぞという感じで受け流しつつ、巡航速度17km/hrキープでのんびりダラダラと走行。

ようやく旧山城町近くで木津川を渡る「玉水橋」に到着。
時刻は12:00を回っている。
 

080114ride_1

昼食にしたいところだが食事は無し。
この日は何も補給食を持ってきておらず、途中にコンビニも無いので(寄り道すればどこかにあるだろうが面倒)、自販機で買ったドリンク3本がこの日の補給源。
出発前の朝7:00にメロンパンを一個食べただけの状態で、この日の往復100kmをMTBで走ろうという、相変わらずの飢餓サイクリング。
まあ、ハンガーノックにまではならんだろう。そんなに頑張るつもりは無いし・・・。そんな厳しいルートでもないだろう。

で、「玉水橋」を渡る。

080114ride_2

橋の向こう、右手に見える山付近に有る道を探りにいくわけ~。

木津川の東岸に出、玉川沿いから府道70号に入ってちょっと南下。
今度は天神川沿いに東の上流方面に曲がると、すぐに「蟹満寺」前。
下の写真の右手に「蟹満寺」が有るのだが、立ち寄らない。有名な古刹で、参詣したことがあるが、この日はスルー。

080114ride_3

天神川沿いの道を上流に向かって東進。
登り基調。

080114ride_4

京都府南部らしい、竹林の間を進む道。いい感じ。
自動車が数台登っていった。 地元竹林業だろう軽トラとか・・・。

080114ride_5

結構勾配がきつい箇所が有る。ロードバイクだったら問題無い勾配だろう。
フルサスMTBだと重い。サスをロックしてもやっぱりペダリングロスは有るし・・・。ハードテイルMTBにすれば良かった。
上の写真辺りは自動車一台分がやっとの道幅。上から自動車が降りてくる可能性が有るので、見通しの悪いカーブでは要注意だ。

080114ride_6

なかなかきついが、押し歩きなんかしない。
確かにこの日はきついことはしないつもりだったが、MTBだからって、そうそうダラけていたらクセになって、ロードバイクに乗った時にも心が折れやすくなる。
まあそれに、写真を撮るために止まってMTBを降りているので、結局休んでいるようなものだから・・・。
逆に、止まってはリスタートの繰り返しのほうが疲れるか・・・?(どっちだ!)
↓左手に天神川。川幅が細くなり、水源に近づいていることが分かる。

080114ride_7

腹減った~。ドリンクを飲んで我慢しながら登る。

080114ride_8

下の写真のように、道の途中に、竹林の中へ伸びるダートの入口が何箇所か有った。

080114ride_9

この日は山サイをしないつもりだし、するにしても、この竹林はモロに個人所有の土地だし、何箇所かは立ち入り禁止のロープが張られていたり、看板が置かれている。実際に作業しているらしき音?も・・・。
今後も入らないほうがいいな。
ここのダートを走るくらいなら、近くの「有王山」「三上山」に登るべきだ(後日、最近の自転車雑誌に「三上山」がお薦めMTBコースとして実名で紹介されていたことを知る)。山吹MTBフェスタで使われているロング・ダブトラだって近くに有るし。
↓登りが終わったと思ったら、交差点に出た(下の写真の左上)。

080114ride_10

先ほども書いたが、最近発売された自転車雑誌に、まさに山城町のこの界隈がお気楽なお薦めMTBコースとして掲載されていて、この交差点の東に「三上山」という山が有るのだが、そこへの登頂山サイ・ルートが紹介されていた。
『山城町森林公園→三上山→この交差点経由→僕が登ってきた天神川沿いの道を下る→蟹満寺』というルートだった。
僕がその自転車雑誌を本屋で立ち読みしたのが((^^ゞ)このサイクリングの数日後。先に読んでいたら、この日のサイクリングはしなかった。たぶん、その記事の通りに走っていただろう。早く読んでおけばよかった(←買え!!)。損した~。
で、この交差点、直進すると(上の写真の右上)、おそらく途中からダートで、三上山方面に登っていくようだ。この日は山サイで登頂はしないつもりなので、そこには行かない(雑誌では、向こうから降りてくるかたち)。雑誌を読んでいなくても、明らかに山に入りそうな匂いが漂っているので分かる。この日はその匂いを感じるだけでいい。
左折の道は(上の写真の左下)、綺麗な新しい舗装路だが、ちょっと前の地図では存在しない。昔の地図では、山のふもとからこの近くまで行きどまりの道が延びていたが、それが繋がったのか?それとも繋がっておらずに行きどまりか?いずれにしても方角は西にあたり、木津川方面に降りてしまうので行かない。
右折の道も(上の写真の右下)きれいな舗装路。この道はこの先どうなっているのか想像がつかない。こんなところに場違いな綺麗過ぎる道。行ってみることにする。

最初にちょっとフラット。次いで直線的な下り。
途中にダートの入り口が幾つか見られたが、ここもフェンスで立ち入り禁止にされていたり、進入禁止の看板が置かれていたり・・・。竹を伐採しているような作業音も聞こえる。
旧山城町の作業用や巡視用の「何気ない」シングルトラックは、こういうパターンが多いな。

080114ride_11

↑話はそれていったが、そんなわけで、この先あまり期待出来ないな~と諦めて下っていくと、左手に「不動川砂防歴史公園」の入り口が見える。
せっかくなので、行ってみることにする。
この日はこういう風に気が向くまま、ちょくちょく寄り道しながらの山城町のポタリングになっちゃうな。・・・・だったら、「蟹満寺」にも立ち寄れば良かったか・・・。

↓先に進んでいくと、砂防ダムが見えた。

080114ride_12

訪れる人が殆どいない(と思われる)ような公園だ。
でもそういう場所こそ、自転車でブラブラしているポタリングでは寄ってみるのが良い。
そうでもない限り、寄ってみることって無いから。
公園への道もいい感じ。

080114ride_13

公園に到着。時刻は13:00ちょい過ぎ

080114ride_14

↓目の前にはダムによって出来た大きな池。

080114ride_15

↓池から砂防ダムの下に流れていく不動川の様子。

080114ride_16

↓不動川は西に流れ、やがて木津川に合流することになる。

080114ride_17

先に進む。
のんびり気分ですな。

080114ride_18

↓上流のほうに向かうと、川は二手に分かれている。
↓手前の流れと、ベンチの有る部分の向こうに溝みたいなものが見えると思うが、そこも川。

080114ride_19

↓二股の間の部分に渡る。
川はちょろちょろと流れる細~い小川で、途中に何箇所か有る堰を渡れば、濡れなくても跨いで渡れる。

080114ride_20

↓先ほどの大きな池の方角を反対側から見る。

080114ride_21

もうちょっと上流のほうへ行ってみようと、上流に向かって左手のほうへ行く。
↓砂防ダムが有る。写真では見えないが、あの堰の上からチョロチョロと水が下に流れ落ちている。写真で見えないのは、滝と違って、僅かの量の水が壁を伝わるように流れているから。

080114ride_22

そう言えば、こういう公園の土の上をダラダラ走るって殆ど無いな~。
よく、公園で自転車を練習している小さい子供を見かけるが、こんな気分なんだろ~な~、と思う。
こういうのもいいな~。極めて狭い所をぐるぐる回る、みたいな(←、って、ここまで往復で100kmなんだけど)。
↓下流側の眺め。

080114ride_23

銅像が有る。外人だ。
この京都の片田舎に「欧米か!」って感じだが。

080114ride_24

この像は、ヨハネス・デ・レーケ(J.de.Rijke(1842~1913))の像。
オランダ人。

明治6年に政府の招きにより来日したオランダ人工師ヨハネス・デ・レーケは日本の治水事業の発展の基礎を築いた人物。
その中でも、この不動川上流に数多く築かれた石積堰堤は日本で最初に築かれたもので、100年以上経った現在もこのように姿を残している。
この地域一体はデ・レーケによってヨーロッパ式の近代砂防技術が日本にはじめて導入された記念すべき地として、京都府によりこの様な砂防歴史公園として整備され、一帯は府の史跡に指定されている。
平成12年には日蘭400周年を記念し、公園内にこのデ・レーケの銅像が設置された。

(上述、京都府木津川市/公式HPより抜粋)

080114ride_25

デ・レーケ略歴
1842年 生誕 オランダ王国ゼーラント州コリンスプラート
明治 6年 来日 大阪に滞在 淀川上流を視察
明治 8年 淀川修築工事着工及び淀川水系山城町不動川に砂防堰堤施工
明治11年 淀川水系大津市田上にオランダ堰堤施工
明治12年 基礎三川改修計画立案に関連して木曽川水系南木曽町に砂防堰堤施工
明治14年 砂防工事の重要性を政府に上申
  〃    利根川水系吉岡町滝ノ沢に砂防堰堤施工
明治19年 吉野川水系脇町大谷川堰堤施工
明治21年 木曽川水系南濃町羽根沢巨石積堰堤施工
明治36年 オランダへ帰国。日本政府から勲二等瑞宝章に叙せられる
明治44年 オランダ国王より獅子勲章に叙せられる
大正 2年 オランダのアムステルダムで永眠(71才)
平成12年 生誕地コリンスプラートに、これと同一の胸像を「木村基金」により設置

デ・レーケの係わった砂防事業は、現在も次の所に残っている。
群馬県 吉岡町  滝ノ沢堰堤
      樺東村  栗ノ木沢堰堤
       箕郷町  唐沢堰堤
長野県 南木曾町 大崖砂防堰堤
富山県 大山町  常願寺川上流視察
岐阜県 南濃町  羽根沢巨石積堰堤
       養老町  巨石堰堤
       加子母村 石積堰堤
       岐阜市  巨石積床固工群
愛知県 瀬戸市  庄内川水系堰堤
       春日井市 庄内川水系堰堤
三重県 菰野町  猫谷堰堤
滋賀県 大津市  鎧堰堤
京都府 山城町  淀川水系堰堤
徳島県 脇町    大谷川堰堤
長崎県 長崎市   中島川堰堤、溜池工事

(上述、京都技術サークル/HPより抜粋)

↓像の近くに丸太階段。遊ばせてもらいました(久しぶりに・・・(^^ゞ)。

080114ride_26

↓階段の上の休憩所に不動川と砂防ダムの模型が置いてある。

080114ride_27

砂防ダム付近の地形が分かるだろう。
二つの流れが合流している。
↓模型の公園のほうが人が多いな(笑)。今この公園には僕しかいない。

080114ride_28

左手の上流のほうに行ってみる。

080114ride_29

この公園、こう見ると意外と長いな。
↓うねり具合が美しい。

080114ride_30

↓行きどまりの堰の左手に砂利道が伸びている。行ってみる。

080114ride_31

少しだけ上り勾配。

080114ride_32

すぐにベンチの有る休憩所に出て、一応行きどまり。

080114ride_33

「一応」というのは・・・。
↓この先は藪。かろうじて藪の中に進めそうな跡が有る。

080114ride_34

MTBを置いて、奥へ少し歩いて入ってみたが、すぐに進めそうな跡は見えなくり、思いっきり藪って感じ。
この日は、藪をかき分けて進む探検的な山サイをするつもりはないので、引き返す。
↓今度は上流に向かって右側の流れのほうに進む。

080114ride_35

こちらも砂防ダムで行き止まり。
ダムの下のほうからチョロチョロと水が出ている。

080114ride_36

↓砂防ダムの左手の土手に伸びていく上り坂が有る。行ってみる。

080114ride_37

登るといい感じの散策路風。

080114ride_38

↓少し行くと下り。ここから先は公園の散策路では無い感じ。何だろ~?

080114ride_39

降りていくと、小川沿いのシングルトラック!!
この日は山サイをするつもりはないが、この位なら進んでみようと思う。

080114ride_40

いい感じのシングルトラック。
公園の散策路ではなく、ハイカーの道でもなく、何らかの作業用の道みたい。
頭上を電線が並行して走っていて、ところどころに細い電柱が立っている。

080114ride_41

思わぬシングルトラックを楽しむ。
概ねフラット。時々短いアップダウン、って感じの道。
↓丸太を組んだ橋で川を渡ったり。

080114ride_42

いいね~。ガンガン行けますな~。

080114ride_43

ずっとこんなお気楽シングルトラックだったら最高なのだが。

080114ride_44

↓暫くすると、青いビニールシートが見える。

080114ride_45

↓ここでお気軽シングルトラックは終わり。Y字路。

080114ride_46

↓左手は農作業でよく見かける、運搬用のレール。
ここをMTBを担いでたどっていくのは、やめておこう。
使っていないとは思うが、もし何か運ばれてきたところに出くわしたら止めてしまいそう。
そうでなくても、・・・・たとえるのなら、畑の中に入り込んでいくのと同じような罪悪感・・・。

080114ride_47

↓右手は、写真では分かりにくいが、急なV字谷の登り。担いで上がるようなところ。
こうなるとマジな山サイになってしまうので、・・・・この日は行かない。
またいずれ。

080114ride_48

公園までシングルトラックを快適に引き返し、公園を抜けて、元の舗装路の下り坂に戻る。
時刻は14:20。そろそろ帰る方向に進んでいくことにする。
そのまま下っていく。

080114ride_49

↓ガンガン下ると分岐。
↓左手の登りは山城町森林公園方面への道だと思う。
↓右手は不動川沿いに下り、やがて木津川沿いに出られる筈。

080114ride_50

もう帰るつもりなので、右手の下りへ。
左の登りはまた今度。ロードバイクで登ってみよう。

不動川沿いに下っていく。
↓不動川らしく、途中に「不動尊」のお寺が有る。

080114ride_51

「谷山不動尊」か・・・・。
↓石段が伸びている。写真は無いが、階段の上のほうが見えないくらいに長~~い石段だ。とてもMTBを担いで登る気になれないし。石段の下に置いて、登って行く気も起きない。
スルーする。

080114ride_52

不動川沿いの快適な道だ。
ロードバイクだったらいい感じで走り抜けられそう。

080114ride_53

この付近は結構舗装路が多いみたいだから、色々繋げるとロードバイクで結構楽しめそう。
例えば、時間が無くて遠出が出来ず、木津川のサイクリングロードの往復ぐらいになりそうな時に、この付近を組み込んで飽きないようにする、みたいな。

080114ride_54

↓程なくして山から出きって、開けた所に出た。左手の川は不動川。

080114ride_55

このあと国道24号まで出、「開橋」で木津川西岸へ渡る。

080114ride_56

↓「開橋」から見た南の方角の木津川。
(正確に言うとこの橋は「開橋」に並行する歩行者・自転車用の側橋。)

080114ride_57

このあとサイクリングロードに戻って北上。
御幸橋の手前で府道13号に入って西進。
大阪府枚方市に入ったところで淀川河川敷ロードに降り、また西進。
途中で日没を迎えつつ、ドリンク3本のみ、昼食抜きのサイクリングだったので、はらぺこ状態で自宅に18:10に到着。

そんなこんなで、この日は適当に旧山城町を走ったわけだが、もし、このサイクリングの前にあの自転車雑誌の記事を見ていたら、わざわざ行く必要も無かったし、やや無駄骨の感。
わざわざMTBで100km走って、しかも単にサイクリングロードが殆どだし・・・。
タイトルも「不動川砂防歴史公園ポタリング」として、不動川砂防公園内のポタリング目的みたいになっているが、ほかにタイトルを付けようが無く、こうなった次第。まあ公園内のポタリング自体は悪くなかったけど。
三上山へは自転車雑誌の記事とほぼ同じルートで行ってみよう。もう一度立ち読みして、確認しておこう((^^ゞ←買え!!)。
あとネット情報によれば、旧山城町には僕の知らない隠れたダブトラ林道が結構有るようだ。旧加茂町まで範囲を広げれば20%の激坂の峠(舗装路)も有るらしいので、こちらはロードバイクで探索してみたい。
この日はしょぼい探索ポタリングになったが、今後も気が向いたらこの周辺の探索ポタリングに出かけてみよう。

まあ、そんな感じのサイクリングだったので、次回はもう少し楽しめる所がいいな~。
 

コース概略/自宅→淀川北岸河川敷・土手→枚方大橋→淀川南岸河川敷→府道13→八幡・木津サイクリングロード→玉水橋→府道65→玉川土手→府道70→山城町→天神川沿い一般道→不動川砂防歴史公園・不動川砂防ダム→不動川沿い一般道→国道24→開橋→八幡・木津サイクリングロード→府道13→淀川南岸河川敷→枚方大橋→淀川北岸河川敷・土手→自宅

走行距離/106.81km
走行時間/6hr51min
平均速度/15.60km/hr
最高速度/47.28km/hr
MTB(Full Sus.)積算距離/2006km
全Bike積算距離/12267km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« Δ Force | Top PageLove of Pain »

 

 

Comments

私からみればKatzeさんは十分ストイックなんですけど~(llll ̄~ ̄;lll) 丸太橋で何して遊んだんですか~? 記事を読み進んで行くうちにだんだんと空腹が心配になりました。夜は目一杯食べました??? あの~、ちょっとお聞きしたいんですが…数年前にコ○コーラ社の製品に付いてるシールを集めて応募したらポルシェのMTB(真っ赤~)が当たってだ~れも乗らないのでオークションで即決5万円で出したら5分もしないうちに売れました。これって・・・値段設定低すぎなんですかね???値打ちのわからないasatarouです・・・

« 投稿: あさたろう  2008年1月20日 (日) 20時01分

あさたろうさん>
遊んだのは丸太「階段」のほうで・・・、
MTBに乗って階段を下りました。
ハイカーの山道ではまずやらないんですけど、以前は公園の階段で乗って降りる練習をしました。体幹という筋肉の一群の使い方を良くするために、よくやられる練習なんです。随分やっていなかったので、短い階段でしたし、ちょっと確認してみたかったんです(^^ゞ
ポルシェのMTBってよく知りませんでしたが、例えばこんな↓
http://www.cycle-yoshida.com/motocross/porsche_menu.htm
MTBは同一のメーカーのなかでもピンからキリまで有るので分かりませんが・・・。
ネットでそのMTBの相場を調べておいたほうが良かったかも。

« 投稿: Katze  2008年1月20日 (日) 20時31分

楽しそうに見えますがいまいちだったのですね。
リベンジ、頑張ってくださいっ!

何だか寒くってついつい外に出ないでコトラとだらだら~
って考えちゃいますが
Katzeさんの記事見ると出かけたい~って思います。

でもお腹ぺこぺこはイヤかもι( ´Д`υ)

« 投稿: しましま  2008年1月20日 (日) 22時14分

先に雑誌を見ていたら…ヾ(≧∇≦)〃
無駄骨になってしまったんですか~(^^;)100キロの距離って凄いですよね。
公園って凄く広いですね~それなのに人が全然いないとは…

私もランチ抜きは辛いです~しかも夕方までなんて(>_<)

« 投稿: けめチチ  2008年1月21日 (月) 00時24分

ほえぇ~っ、なかなか結構なお値段の物もあるんですね。あくる年には同じ懸賞でBMWのMTBが当たり、またまたオークションで売った次第です。今度当たったらKatzeさん、ご入用なら言って下さいね~。

« 投稿: あさたろう  2008年1月21日 (月) 06時12分

しましまさん>
部分的には楽しい所も有ったのですが、
全体として、また、走った意味として、今一でした。

腹ペコは良くないです。
しましまさんはおいしいものを食べ歩いて紹介してください。東京に行ったら、寄ってみます。

« 投稿: Katze  2008年1月21日 (月) 21時24分

けめチチさん>
かなりノンビリなので、100kmでも問題無しでした~。
普通の公園と違って、何をしても遊べるっていう雰囲気・地形ではないので、誰も来ないんでしょうね。

食事は3度摂りましょう。(←説得力無し)

« 投稿: Katze  2008年1月21日 (月) 21時28分

あさたろうさん>
え!!何でそんなに当たるんですか!!
いいな~~。

僕としては、
今度当たったら、あさたろうさん自身が乗ることをお薦めしたいです。
比良山系の山サイ・・・いいと思いますよ。

« 投稿: Katze  2008年1月21日 (月) 21時30分

Katzeさん、ちゃんとご飯食べないと~~(笑)
公園を独り占めって贅沢ですね~!
風景の中に水が出てくると、何となく和みます(*^-^*)

« 投稿: nanao  2008年1月23日 (水) 15時25分

公園、僕のほかに誰もいない!・・・ぷぷ!
ほんとだ~~模型にはたくさんの人々が~(笑
静かで暖かそうな公園、今はテーマパークや
大きなデパートなどが、人でいっぱいですね。
公園の維持費もかかってるだろうに。
芝生がきれいに短く刈ってあって。定期的にだれか
メンテしてるんだ。

こうしてみると未開拓の場所が結構あるんですね?
突き当たると、その中に分け入って探検したくなる!
あんまり藪でさすがのkatzeさんも
引き返しましたね(笑
季節的には、ツツガムシが出るので(近所で2人被害)
医者が見間違うと死に繋がる・・(脅すはな!ヒヒ・・
藪には気をつけるべし!うん!

二股道に出た時迷わないんですか?
行く道はだいたい決めているんですね?
私など、方向音痴でもとに戻れないことよくありますが
とんでもない所に出てしまった!ここはどこ?
みたいなこと!ないよねぇ・・・(^_^;)
katzeさんは!

« 投稿: はな  2008年1月24日 (木) 14時58分

nanaoさん>
誰か弁当を作ってくれる人がいればいいんですが・・・orz

公園の貸切状態でした。
ここでお昼を食べるのが良かったんですが~。

« 投稿: Katze  2008年1月25日 (金) 19時00分

はなさん>
たぶん、ここは市が管理しているんだと思います。
それに、訪れる人は殆どいないでしょうし。
ある意味、何も遊ぶものは無い・・・って公園ですので~~。

さすがに藪はやめときました。
抜けられる感じがするのなら突入するのですが、
たぶんより深みにはまりそうな気がしましたので。
虫・蛇が大ッ嫌いなので、冬にしかこういう所は入らないようにしています。
春夏秋は舗装路専門です~。
逆に冬でないと、こういう所に入れないんです~。

一応、コンパスと地図が有るので、大抵大丈夫です。
それでも迷う時も有りますが、まあ、勘が当たります。
ホントにヤバそうな時は引き返すことが鉄則ですな~。

« 投稿: Katze  2008年1月25日 (金) 19時06分

メロンパン1個とドリンクだけで100kmの走行とは!
ストイックですね~~

ひと気の無い公園に浮かび上がるように立つ
デ・レーケさんの銅像・・・立派なんですけど
あまり回りに調和してないように見えて(浮いてる?)
ちょっと笑えました( *´艸`)クスッ♪

katzeさんは、いつもは自転車雑誌、講読されてるんですよね?

« 投稿: kgひろこ  2008年1月26日 (土) 01時22分

kgひろこさん>
デ・レーケ像は公園のど真ん中に立っているので、
余計に異彩を放っていました。

僕は、
自転車雑誌は3種類毎月講読しています。
ブログに書いてある記事が載っていた自転車雑誌は、
たま~~にしか買わない奴だったので、
見逃していました(-_-;)

« 投稿: Katze  2008年1月26日 (土) 22時53分

Katzeさん
はじめまして。偶然たどりつきました。すごい体力ですね。
砂防歴史公園は、5月から夏場はけっこう人が来ますよ。僕も、木津に住んでいたころ、子供やその友人達を連れてディキャンプに何回か行きました。緑が綺麗です。おじゃましました。

« 投稿: しげどん  2008年5月19日 (月) 17時00分

しげどんさん>
初めまして。
ご訪問、コメント、ありがとうございます。

皆さん、いい場所はご存知と言うことですね~(^^)
先日、この近くの山城町森林公園に行きましたが、
そちらはまさにディキャンプらしい人達で賑わっていました。
いい所ですね。

また覘きにいらしてください。

« 投稿: Katze  2008年5月21日 (水) 09時49分

Katzeさん

そうですね。こんなところ誰も居ないだろうと思っても、賑わっていたりしますからね。
森林公園の方はちゃんと泊まれるキャンプ場でしたね。
途中の小川は、川底の砂がきれいで、木漏れ日があたってキラキラと光り輝いていました。

また良いとこがあったら教えて下さい。

« 投稿: しげどん  2008年5月28日 (水) 14時45分

しげどんさん>
サイクリング記事ではありますが、
普通の観光場所・遊び場所、ドライブのヒントになったらいいな~、と思って書いております。

どうぞ、またいらしてください。

« 投稿: Katze  2008年5月29日 (木) 01時03分

 

この記事へのコメントは終了しました。