« TFCC損傷の疑い | Top PageThou shalt Destroy Everything »

2008年3月29日 (土)

淀川・木津川試走サイクリングⅣ 2008.03.29

年月日/2008年3月29日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/4ヶ月ぶりのロードバイクで慣らし走行

ポイント/①負傷している左手首に負担をかけない腕~手のフォームを探る,②余力が有っても無理しない,③花粉症対策「スポーツタ・マスク」装着。

内容/
前回のサイクリング「兵庫北摂・山道廃線跡サイクリング 2008.03.08」において、情けない転倒をしてしまい、左手首を痛めてしまった。
この日で3週間経つのだが、まだ手首の動かし方によっては痛みが走る。なかなか治らない。
ネットで調べたところによるとどうやら「TFCC損傷」という結構面倒な部位の怪我の疑いがある。長引きそうだ(「TFCC損傷の疑い」参照)。
かと言って、痛みが取れるまで自転車に乗らないのは我慢出来ないし、もともとの貧脚が更に貧脚になりそう。

と言うわけで、今週末は3週間ぶりに自転車に乗ることにした。
ただし、無理はせずにサイクリングロードを往復するだけにした。
どのみち今週末は春休み&桜の開花がぼちぼち・・・の週末で、子供を連れて自動車で・・・という感じで恐らく道は混んでいそう。。

話は変わるようだが、MTBの山サイも僕的にはシーズン・オフ。
これからは舗装路中心のサイクリングに戻ろうと思う。
そうなるとロードバイク中心になるのだが、ロードバイクには4ヶ月乗っていない。
最後に乗ったのは昨年の「京都井手町~和束町サイクリングⅡ 2007.11.23」だ。
最近まで、26×2.00のブロックタイヤで安定感が有り、スピードも出ず、サスペンジョンが有ることをいいことに舗装路ではさほど路面をケアせず、歩きや担ぎも多くて走り続けることの少ないMTBに乗っていたので、700C×23で、スピードも出て、長い距離を走り続け(あっ・・・僕は頻繁に停まります)、路面を気にしないといけないロードバイクに乗って、いきなり遠出というのもちょっと不安。
それに左手首が自転車に乗っていて痛くなることが有るかもしれない。
そういう意味でも、ロードバイクの思い出しと、左手首を痛めない、腕~手のフォーム・握りを探り、左のブレーキやシフトチェンジで痛みが有るか確認する目的で、フラットで集中力が車道程ではない(それでも油断大敵だが・・・過去のMTB突っ込み事故の件も有るし)、サイクリングロードが丁度良い。
距離的にも、自宅~泉大橋を淀川と木津川のサイクリングロードで繋げば、往復で約100kmということで、ロードバイクで流すのに丁度良い。
峠の登りで、手が痛くてハンドルを握れなかったらきついし。

ロードバイクは MARIN Venezia を使用。
通常は輪行用にしているロードバイクだが、Pinarello F3:13よりも少し重いので負荷として今回は丁度良い。それに安価なので、安心して乗れる。乗っている回数も断然多いし。
ところで、この MARIN Venezia は昨年のサイクリング「美山の里・南丹市サイクリング 2007.10.21」で、日吉ダムでの闇夜の両輪連続リム打ちパンクをやらかしてしまった自転車。その後ホイールの振れ取りをしているので、ちょっと試走させたいという理由も有る。
また、次のサイクリングでは輪行をするかも知れないし、サイクリングロード走行くらいならそれほど掃除しまくらなくても次に使えるし・・・という理由も有る。

それから、スギ花粉はピークを過ぎたものの、これからヒノキの花粉の飛散が始まるし、まだまだ、ノー・マスクで外出できないので、今回、今年初の「スポーツタ・マスク」着用(「花粉症サイクリストのあがき スポーツタ・マスク」参照)。昨年はなかなかの効果を示してくれた。

前置きが長くなったが、
自宅を6:45に出発。

淀川南岸の土手を中心に東進。
MTBと違って軽い。簡単に30km/hrに到達できるな~、と久しぶりのロードバイクにウキウキ。

枚方市と八幡市の境(大阪府と京都府の県境・・・府境か?)で府道13号に入り、引き続き淀川沿い(本当はもう桂川)を東進。
この時刻の府道13号は、京都方面も大阪方面もそれほど自動車が多くなく、いつもの週末と同じ状況(この朝の早い時刻では・・・ということだったことが後で分かる)。

080329ride_1

久しぶりにしてはここまでいいペースで、巡航速度 30km/hr をキープ。

御幸橋の手前から八幡木津サイクリングロードに入り、ひたすら南下。
ここからペースダウンさせて 25~30km/hrの巡航速度で流す。
結構、ロードバイクに出くわさないな~、と思いつつ、逆に、なかなかの数の原チャリが走行禁止部分を平気で走行してくるのでちょっとangry
それとも時間によって走行可だったけ?

↓流れ橋付近を通過。時刻は8:00頃。ここに来るとつい写真を撮っちゃう。

080329ride_2

ここで初めて、マスクを外してドリンクを飲む。マスクをしていると、口から水分が蒸発していかないので喉の渇きを殆ど感じないからだ。
それに、走ったままマスクを外して、ドリンクを飲んで、またマスクを付けるためには、両手放しが出来ないと無理(「花粉症サイクリストのあがき スポーツタ・マスク」参照)。僕は恥ずかしいけど、ロードバイクで両手放しが出来ませんcoldsweats01 「じゃ、MTBなら出来るのか?」って?ヒヤヒヤしながら短い距離を一応出来ます・・・coldsweats01 しかし何か手を動かして別の作業をしながら(ウェアを脱いだり着たり)は無理です・・・つまり実用性の無い、意味の無い両手放し。

ひたすら南下して、サイクリングロードの終点(起点でもある)「泉大橋」手前に到着。
時刻は8:50頃。

080329ride_3

↑そしていつも写真を撮る。同じアングルで、これまで何枚撮ったことか・・・。

ここから「岩船寺」あたりに行って、途中の坂で少し登りを試してみようかな~・・・と暫し悩んだが、やめておくことにした。
計画以上のことをやると、余りろくな目に遭ったことが無いので・・・。

で、来た道を全く同じようにトレースして変える。
帰りの木津八幡サイクリングロードはお決まりの向かい風。きつい。
それから、往きには5~6台しか遭遇しなかったロードバイクが、帰りでは凄い数出くわす。
20人以上の大集団走行とすれ違ったり・・・威圧感有るな~。怖いよ~。

御幸橋手前で府道13号に入ったが、京都方面に向かう車線が大渋滞。全然自動車が動いていない。どんどん数珠繋ぎ。この道でこんなに混んでいるのを見たのは初めて。一体何で?って感じ。逆に僕の走っている大阪方面は全然流れが良い。結構空いている。

080329ride_4 10:00ちょい過ぎに大阪府枚方市に入り、同時に府道13号から淀川沿いのサイクリングロード(本当はサイクリングロードをメインにうたっていないと思うけど)に入る。

あとは淀川沿いを、少しペースダウンして西進。
大阪市内を目指す。
途中の寝屋川市~門真市あたりでポツポツと雨。
大阪市内に入ると晴れていて、ホッcatface
11:30頃自宅に到着。

午前中のライドで終わってしまった。
おかげで「ちりとてちん」の最終回を見ることが出来た(爆)。

そんなわけでこの日は、ロードバイクの思い出し、並びに左手の痛みの自転車走行への影響確認と対策の模索・・・という目的で乗ったわけだが、目的はほぼ果たせた。

ロードバイクの思い出しについては・・・
特に違和感無く安定して乗れた。

左手の痛みについて・・・
痛くなるのはハンドルの水平部分を握った時。手首が痛くなる。
さほど小指側に捻っていないのだが。キツイ登りの時は水平部分を握れないかも。そうなったら下ハンで登るか・・・。あっ!下ハンの場合を確認し忘れた。
ブラケットを握るポジションは模索した結果、ブラケットをやや外から握って、小指側に手首を曲げないように肘を軽く曲げつつ、ハンドルを押す感じで握れば、手首は痛くならなかった。
ただ、ブラケットを外から握るフォームは一般に「悪い握り方」の例になるが・・・。
ハンドルを押すというイメージは、引き足を意識させるので、逆に良い効果が有るような気がした。ただ、引く場合がいい局面も有るわけで、その時ちょっと辛いかも。
シフトチェンジはあまり痛くないので大丈夫そう。そもそも左手はフロントなので、チェンジの頻度は少ないが。
ブレーキは強く握れない。手首というより手の平が痛くなる。もっとも左手はリアブレーキなので、そんなに握れなくてもいい。逆に、必然的に当て効き程度になるので良いかも。
全体的には、手首よりも手の平のほうに負担を感じ、ちょっと痛みが出た。
家に到着後、数時間したらおさまったのでホッ。

まあ、そんなこんなで、思わぬハンディを暫く背負いそうだが、レース志向ではないので、無理しないサイクリングを暫く続けようと思う。
次辺りからそろそろ一般道メイン、峠越えで手首の調子を確認してみるか・・・。
 

コース概略/自宅→豊里大橋→淀川南岸土手・河川敷→京都府八幡市→府道13→八幡木津サイクリングロード→泉大橋→八幡木津サイクリングロード→府道13→大阪府枚方市→淀川南岸土手・河川敷→豊里大橋→自宅

走行距離/104.96km
走行時間/4hr32min
平均速度/23.19km/hr
最高速度/40.37km/hr
MARIN Road Bike積算距離/6583km
全Bike積算距離/12777km

 

僕にしては、今回写真が少ないな~。
相変わらず、文字数は多いが。「サイクリングロードを流してきた・・・」くらいで、普通数行で終わるな。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« TFCC損傷の疑い | Top PageThou shalt Destroy Everything »

 

 

Comments

前の記事を先に見たので、大丈夫かな???
と思ったけどやっぱり控えめに走ったのですね。

怪我に負担をかけない程度に楽しんでサイクリングできるといいですね(*´∀`*)

« 投稿: しましま  2008年3月29日 (土) 20時48分

両手離して乗るなんて考えた事もまかったです、片手離すだけでも不安なので・・・←運チ   今日は…39日???

« 投稿: あさたろう  2008年3月29日 (土) 21時08分

しましまさん>
恐る恐る、って感じでした。
なにか急に危険回避しなければいけない時に、力を入れようとしたら痛みが走って、回避できず・・・というのが怖いので、安全走行でした。

余り無理せずに、暫くは、こんな感じのサイクリングだと思います。

« 投稿: Katze  2008年3月29日 (土) 21時27分

あさたろうさん>
教えてくださってありがとうございます。
直しました。

両手放しは、仮に出来ても、普通の人が普通の道ではやらないようにしましょう。危険走行と思われます。
確実に、ブレーキをかけるのが遅くなります。
片手放しは必要なんです。右折する、とかの手信号は後ろの自動車に対してたいてい出しています。普通のドライバーはそれを見たら、無理な接近はしないですしね。

« 投稿: Katze  2008年3月29日 (土) 21時30分

1つ前の記事で左手首の怪我のことを読んでいたので、ドキドキでしたsweat01
無理をなさらずにサイクリングを楽しんでくださいね~。

« 投稿: nanao  2008年3月30日 (日) 15時57分

nanaoさん>
はい。
暫くこういう感じのサイクリングになりそうです。

チャレンジングなサイクリングは自重です。

« 投稿: Katze  2008年3月30日 (日) 18時57分

急に3月半ばから忙しくなり始めて何処にも行けません。
そろそろ春の暖かい中サイクリングに出かけたいのですけどね~。もうしばらくは我慢が続きます。

かる~く走って100km 平均23kmはホントロードはすごいですね。うちにあるマシンたちはすべて巡航速度15km未満の奴らばかりですbearing

それ以上出すと乗ってる奴がオバーヒートになります。
平均23km維持できればもう少し行動範囲も広げれるんですけどね・・・峠などある場合はいつも13km前後の平均スピードで計算してコース決めていますcoldsweats01

怪我を悪化させないように無理せずサイクリング楽しんで下さい。

« 投稿: よしぞう  2008年4月 2日 (水) 00時56分

よしぞうさん>
ありがとうございます。
MTBだとロードよりもよりも10km/hrは全体的に落ちますね。MTBで平均23km/hrで100km走ったら、膝を痛めそうです。
そこら辺にいるローディーさん達は、フラット100kmくらいなら平均28km/hrくらいはいくかな~と。ぼくは今以上に平均速度を上げようとすると、写真など撮らずに、スポーツのつもりになって真剣に取り組まないといけなくなりますが、そこまでは・・・。

お仕事忙しいみたいですね。僕もそうです。休日はホントは寝ていたいくらい。

« 投稿: Katze  2008年4月 2日 (水) 07時40分

私の自転車の乗り方はkatzeさんと同じで無理したハードな乗り方は好みません。まったりノンビリ景色など眺めて走ったり、寄り道したりするのが好きです。
もし、自転車がハードな乗り方しか出来ない乗り物だったら100%自転車には乗らなかったでしょうね。

そろそろ山サイも終わって仕事が一段落したらBDを輪行してどこかに行こうと思ってますがいつ落ち着くのか・・・ お互いに無理せず頑張りましょうscissors

« 投稿: よしぞう  2008年4月 2日 (水) 15時16分

よしぞうさん>
フォームやらペダリングやらは、雑誌とか見て大いに参考にして、実際にサイクリング中に試して練習してみます。速く楽に走れれば、それだけ遠くに行けて、たくさんのものを見れますからね。
でも同じ所だけを毎週走る反復トレーニングは嫌です。
同じ所はなるべく走りたくない、みたいな。

よしぞうさんが、どこに行かれるのか楽しみです。
予告しないで出掛けて、記事にして驚かしてくださいね。

« 投稿: Katze  2008年4月 2日 (水) 22時30分

手首の怪我の具合をみながらのサイクリングだったのですね。
やはり痛みを感じる場面がありましたかbearing

Katzeさんのことだから無理はされないと思うけど、
これからのサイクリング、お気をつけ下さいね!

ちりとてちん・・・
ずっと見てたのに、多忙でラスト1週間ぐらいは
ほとんど見れなかったです。
最終回もweep

« 投稿: kgひろこ  2008年4月 8日 (火) 00時56分

kgひろこさん>
ありがとうございます。
先週末はサイクリングを休んで自重しました。

ちりとてちんは
途中からはまってしまいました。

« 投稿: Katze  2008年4月 8日 (火) 22時52分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/40677766

この記事へのトラックバック一覧です: 淀川・木津川試走サイクリングⅣ 2008.03.29: