« 花粉症サイクリストのあがき スポーツタ・マスク | Top Page淀川・木津川試走サイクリングⅣ 2008.03.29 »

2008年3月28日 (金)

TFCC損傷の疑い

前回のサイクリングでの転倒で左手首を痛めました。

「まっ、そのうち治るだろう」と思っていたのですが、
三週間経っても、痛みが走ります。

動かさなければ大丈夫ですが、
手首の捻り方によっては、痛みと筋肉が突っ張ったような感じが、手首の小指寄りに起こります。
手の平も、手首に近く、薬指、小指寄りが痛くなります。
痛くなる捻り方は、手首を小指側に曲げる時。
本来も僅かにしか稼動しない方向の曲げ方ですが、
例えば、
左手で財布(札入れタイプ)を持って、中の小銭を取ろうとすると、必然的に左手首を小指側に曲げます。そうしないと小銭が偏ったり、落ちたりしますので。こういうときに、上記の痛みが手首に、張りが手首から小指にかけて起こります。ズキン!・・・という感じ。
また、PCのキーボードを打つときに、左手の小指でCtrlキーを押しながら、同じ左手の別の指でアルファベットをタイプすると、同じようにズキン!ときます。

痛みを無視して続けると、手のひらが痛くなり、小指や薬指が突き指したような鈍い痛みと張りが出始めます。

他にも日常生活で手首を小指側に曲げる時って頻繁に有って、その度に痛みが走りました。

あと、左手を床に付けて、起き上がろうとすると手のひらが痛いです。

少し良くなって、ついうっかり普通に動かし始めると、
また痛みが再発。

そこでネットで調べたところ、ドンズバの傷病名にぶつかりました。
それは、

「TFCC(三角繊維軟骨複合体)損傷」

詳しくは・・・
http://www.tahara-seikei.com/756.htm
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/200504221.html
http://hand.raindrop.jp/column051216.html
http://zume.blog.so-net.ne.jp/2006-01-27

腕の尺骨と手の骨の間にクッションのような役割を果たす、TFCC(三角繊維軟骨複合体)という軟骨が有るそうで、例えば転んで手を強く突くと、尺骨が正常状態に比べて相対的に長くなり、TFCCを圧迫するそうです。その結果、手首を小指側に捻ると、TFCCを尺骨が押す(TFCCに尺骨が刺さる)ような状態になり、痛みが走るそうです。
膝で言うところの、「半月板損傷」に当たるそうです。

治療法は基本的に「温存療法」。すなわち、動かさないように固定して3週間ほど安静にしておくというもの。
長い期間、痛いまま放っておくと慢性的な痛みが残り、ステロイド剤の投与や、最悪、尺骨の短縮手術になるようです。
手首~手の骨・軟骨・筋肉は複雑らしいので、直接TFCC付近そのものを手術することは殆ど無いそうです(かえって悪化することも)。

経験談として、半年間痛みが続いた人もいるみたいです。
かなり厄介な手首の怪我らしいです。
転倒当日に病院でレントゲンを撮りましたが、骨に異常はありませんでした。しかし実はTFCC損傷は通常の骨のレントゲンでは分からないそうです。

厄介なことになりそうです。
手遅れかもしれませんが、とにかく左手を酷使しないようにしたいと思います。
あまり痛みが低減しなかったら、整形外科に行かないといけないです。

 

追記>

現在は完治しております。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 花粉症サイクリストのあがき スポーツタ・マスク | Top Page淀川・木津川試走サイクリングⅣ 2008.03.29 »

 

 

Comments

左手を完全に安静にしておけば治りも早いのでしょうけどそうはいかないし…。簡易ギブスと言うのはどうなんですか?足首の靭帯を痛めたときに使用した事があるんですが、マジックテープでバリッとくっ付けたり外したりするやつです。あ、これもやっぱり整形外科へ行かないといけませんね。右手よりマシでしょうけれど、体のどこかが痛いのは辛いものですよね。腰痛に苦しみましたが現在カイロプロティックによってずい分よくなりました。その代わり財布が痛いですが…。早めの受診をオススメしたいです。

« 投稿: あさたろう  2008年3月29日 (土) 18時07分

あさたろうさん>
とりあえず、手首の稼動を制限するスポーツ系サポーターが売られているので買おうと思います。
本当は受診がいいんですけどね~。結構面倒な検査みたいで。

とにかくも、予想どうりであるとして、安静にしておきます。

« 投稿: Katze  2008年3月29日 (土) 18時47分

TFCCって自転車の部品かと思いました。
もっと重大じゃないですか。

痛みがあるのは良くないですね。
早く良くなりますように。
お大事にして下さい・・・

« 投稿: しましま  2008年3月29日 (土) 20時45分

しましまさん>
体の部品でした。

小さいながら重要な部位みたいです。

とりあえず普段は安静・・・。

« 投稿: Katze  2008年3月29日 (土) 21時25分

今、私の母が「半月板損傷」でヒアルロン酸(だったと思う)の注射治療をしています。
KatzeさんがなってしまったTFCCにはそういった治療法はないのですかね。。母は注射を打つことでだいぶ楽になってきたと行ってました。
ちょっとした動きでも痛みを感じてしまうのは辛いと思います。。
お大事になさってください。

« 投稿: nanao  2008年3月30日 (日) 15時38分

nanaoさん>
ありがとうございます。

たぶん、慢性的になったら、そういう注射治療になると思います。
それでも駄目なら骨を短くする・・・って・・・なんかそれは嫌ですが。

動かしてはいけない方向・ねじり方、痛くなる動作が分かってきましたので、少し楽できそうです。

« 投稿: Katze  2008年3月30日 (日) 18時56分

自分で、症状から病名を調べられたんですね。
初めて聞く病名です。
レントゲン検査では写らないとなると発見も
遅くなりそうですよね。
リンク先を拝見したら・・・
まさにドンピシャですね。
なるべく手首を使わないことで症状が緩和され、
あまり長引かずに完治するといいですね!

« 投稿: kgひろこ  2008年4月 8日 (火) 00時40分

kgひろこさん>
ありがとうございます。
この怪我の状況が分かってから、
なるべく左手を安静にしていたので、
今週はだいぶ調子が良くなりました。

« 投稿: Katze  2008年4月 8日 (火) 22時51分

そんな‥大変です‥
なかなか動かさないのは難しいと思いますが、
将来のためにお大事になさってくださいね。
私たちぐらいの年齢になると治りが良くないんですよね‥
私も捻挫がなかなか治らなかったです。

« 投稿: アネモネ  2008年4月10日 (木) 00時51分

アネモネさん>
そうなんですよ~。
歳を重ねると、傷や怪我って治りにくいですね~。

幸い、今週、急激に快方に向かっています。

« 投稿: Katze  2008年4月10日 (木) 20時10分

自分もTFCC損傷です。
4ヵ月たっても治らなかったので、この前病院に行ってきました。
尺骨が普通より長いと言われました。
治りにくいところだそうなので、気をつけてください。

« 投稿: ぷりん  2008年11月23日 (日) 08時22分

ぷりんさん>
ありがとうございます。
完全治癒に半年近くかかりました。今はもう大丈夫です。
ぷりんさんもお大事にしてください。

« 投稿: Katze  2008年11月23日 (日) 11時29分

TFCC損傷は装具でも治癒することが多くあります。慶応大学付属病院はサポーター型装具を、高槻赤十字病院はcuff型装具で良好な成績をあげています。cuff型なら炊事や水仕事も十分可能です。また調べてみて下さい。

« 投稿: れびん  2009年12月30日 (水) 14時08分

れびんさん>
有用な情報ありがとうございます。
事故後半年かかりましたが、幸い、既に完治しています。

« 投稿: Katze  2009年12月30日 (水) 14時49分

中学から硬式野球をやっている倅は、ボールが当たり右手中指靭帯断裂。完治したら次は顔面骨折。
そして、腰痛は1年くらい続きました。
そして、高校に入ってすぐに両足シンスプリント。
で、治ったと思ったらTFCC損傷・・・(汗)。

今回ばかりは、ちょっと参っています。
TFCCの疑いってことで整形外科で装具を作りました。
そして、1ヶ月。なにも変らない。

先週、MRIを撮りました。火曜日に病院に行き診断を受けます。

関西の方ですか?
どちらの病院に通われて完治されましたか?
差し支えなければお教え願いませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。


« 投稿: アオ・パ  2010年9月26日 (日) 13時17分

アオ・パさん>
たいへんな怪我ばかりされていますね。

僕は結局病院には行きませんでした。

すぐにスポーツ店でがっちり手首を固定できるサポーターを買って、風呂以外は付けたまま数週間くらい過ごしました。その後外しましたが、なるべく負担はかけず、完治したのは半年後でした。

それほど重症ではなかったのかもしれません。
参考にならなくてすいません。

アオ・パさんの怪我が早く治りますように・・・。

« 投稿: Katze  2010年9月26日 (日) 16時04分

ありがとうございます。
先日、MRIを撮りました。
通っている整形にはMRIがないため、吹田の済正会を紹介してもらいました。
一昨日、倅に着いて行き結果を聞かされました。
「TFCC断裂」で切れたTFCCの中に関節液が浸み込んで部分的に白く写っていました。
切除するか?縫合できるか?の判断は内視鏡で観ないとわからないとの事です。
TFCCの症例をたくさん見てきた松下記念病院の先生を紹介して頂き、来週受信いたします。

« 投稿: アオ・パ  2010年9月30日 (木) 15時07分

アオ・パさん>
すいません。怪我をされたのは息子さんだったんですね。読み落としていました。

そうとう大変なように思えますが、良い先生に巡り合えそうですね。

早く治ると良いですね。

« 投稿: Katze  2010年9月30日 (木) 18時56分

ありがとうございます。

余談ですが、うちにもインコがいます。
娘が中学生の頃ですからもう5~6年くらいになります。
迷いインコが、野鳥(カラス?)に襲われ娘に向かって落ちてきました。
塾へ向かう娘に懇願されて、家内が動物病院に連れて行きました。
頭をつつかれたのか?頭蓋骨が見えて乾いているいる状態。
血便も出ていたので『残念ですが、諦めてもらうことになります。』と云われたのですが、2日間入院。
退院してからは、娘が毎日数回、頭の消毒をしておりました。
するとだんだん傷が小さくなり、奇跡的に傷は治りました。
手のりではなかったので、はじめは落ち着きがなく、黒いものを見るとバタバタ羽ばたいて逃げようとしていました。
ベランダに出してやると 怖いのか?急に元気がなくなったり・・・。
今も手には乗りませんが、オオツムギをねだるため鳥かご越しに甘えてきたり、急に誰もいなくなると「ピヨっ!ピヨっ!」って呼びまくったり、すっかり家族になっております。
もともと何歳でうちに来たのかわからないので、何年くらい生きるのか?わかりません。
長く生きてもらいたいものです。

« 投稿: アオ・パ  2010年10月 2日 (土) 13時53分

アオ・パさん>
その迷いインコさん、ホントに良かったと思います。
インコと出会えたことは、娘さんにとっても幸せなことだと思います。

たいへんな目に遭った分、これからも末永く穏やかな日々を過ごしてもらいたいです。

« 投稿: Katze  2010年10月 3日 (日) 20時48分

 最初はただ手首を(左)小指側に手のひらを突くと痛くてそのうち前腕までも。というか私はウエイトトレーニングをしていて、約10ヶ月程前から痛みが増していきTFCCを知り、最初は膝関節の専門の整形に通いましたが、痛み止め注射も2.3日でまた痛くなるのくりかえしです。その病院から手専門の整形を紹介され先日、いってきました。X線の結果やはり尺骨突き上げによる痛みの可能性が高いとのこと。次回はMRIの撮影です。なんか順を追って最後、短縮術と頭をよぎるとため息ばかりです(;д;)。 アオ・パさんのお気持ち、すごーくわかります。

« 投稿: nori  2010年12月27日 (月) 14時43分

私もtfcc損傷になりました。4カ月くらいずっと痛みが引きません。治療のためのアドバイスがありましたらお教え下さいm(__)m

« 投稿: まー君  2012年8月10日 (金) 14時47分

まー君さん>
tfcc損傷ということが分かっていらっしゃるということは整形外科とかに行かれたのですね。ならば、医師の指示に従うべきかと・・・。
行かれていないのなら、診てもらうことを強くお勧めいたします。

私は、スポーツ店で、ギプス並みに固定してくれるサポーターを買って一ヶ月はめて何とか治りましたが・・・。真似はされないほうがよいと思います。

« 投稿: Katze  2012年8月11日 (土) 00時40分

 

この記事へのコメントは終了しました。