« 京都洛南・東福寺ポタリング 2008.06.28 | Top Page旧掲示板を閉鎖・新掲示板を開設 »

2008年7月 5日 (土)

チャラとチェスの通院 2008.07.05

チャラチェスの調子が悪くなったので、病院に連れて行きました。
チャラのほうが見た目酷かったです。

Challa

チャラ
1~2週間前から、鼻水,くしゃみ。
数日前から、嘔吐(吐き出してはいないが頻繁に仕草、素嚢液が口の中でゴボゴボ),食餌少なめ。

Chess

チェス
1~2週間前から、鼻水,くしゃみ。
お迎え当初から、比較的あくびが多い。

診察結果は、
トリコモナス原虫でした。
素嚢液から発見されました(糞便は異常無し)。

チェスのほうが、見た目酷そうなチャラよりも原虫数が多かったです。

僕の推察では、チェスがショップからお迎え当初からトリコモナスを持っていて、
放鳥でいつも一緒にいて、時々餌の吐き戻しをしてあげたりしてうつったと思われます。
そうやってうつることは有り得るみたいです。

チャラのほうが幼いので、症状が酷いように見えるみたいです。
獣医さんによれば、チャラはまだ生後半歳も経っていないのではないかとのこと。確かにその可能性は有ります。お迎えして2ヶ月。その前のショップでも2~3ヶ月くらいなのでしょう。
もっと幼かったら、もっと重篤な症状が出ていたかもしれないとのこと。
チェスのほうが大人で体力が有る分、原虫数が多くても症状は軽いのかもしれないとのこと。

鼻水・くしゃみも原因はこのトリコモナスです。

飲水投薬で治療です。
投薬がうまくいく(ちゃんと飲んでくれる)と、5日後には駆除できるとのこと。

しっかりと治したいと思います。
一週間後に再通院です。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 京都洛南・東福寺ポタリング 2008.06.28 | Top Page旧掲示板を閉鎖・新掲示板を開設 »

 

 

Comments

お疲れ様です。
トリコモナス心配ですね!
原因がすぐに分かったから良かったです。
  それは虫なんでしょうか?
名前だけは聞いたことありますが・・・
チャラちゃんの方が症状がしんどいんですねぇ。
駆除開始が早く出来て、ふたりとも幸いでした。
この場合だと飲水はそのまま同量で薬入れるのでしょうか。
  katzeさんも疲れませんように。

« 投稿: はな  2008年7月 5日 (土) 12時30分

はなさん>
ありがとうございます。
トリコモナスは原虫です。微生物といえばいいんでしょうかね~。
投薬量は同じです。
さっき、水を飲んでいました。
体力が有ると症状が出にくいので、早めにわかって幸いでした。

« 投稿: Katze  2008年7月 5日 (土) 12時58分

通院とあるのを見て、驚いてしまいました。投薬で治るようなので、ちょっとは安心しましたが・・・。
実は数日前、我が家のパルちゃんも、突然具合が悪くなり、死んでしまうんじゃないかと、私の寿命が縮む思いをしました。(http://blogs.yahoo.co.jp/tomo328coo/55536183.html)
2羽が早く元気になることを祈っています。

« 投稿: tomo328coo  2008年7月 5日 (土) 15時23分

飲水投薬だと保体しなくていい半面、飲んでくれてるかどうか確認出来ないのがイマイチ不安ですが。ちゃんと飲んでくれてるようでよかったです。若いし体力もあるでしょうから良くなってくれると期待します。くしゃみ、鼻水…なんとなく「風邪」というイメージを勝手に持ってしまいますがそうではないんですね。チャーミーちゃん、チョビちゃんは大丈夫なんですね(^^?)

« 投稿: あさたろう  2008年7月 5日 (土) 17時11分

tomoさん>
記事を拝見しました。そちらに投稿しようとしても、なぜか全然受け付けないので(無反応)なので、こちらへ↓
治ったみたいで良かったです(パルちゃんのこと)。元気なパルちゃんしか見たことが無いので・・・。

記事にはしませんでしたが、ちょうど同じこの頃、夜会社から帰ってきたらチャーミーがケージの底に降りて苦しそうに開口呼吸しながら羽根を半開きにしていたことがありました。大人しくそのまま寝かせて翌朝復活していました。今も元気です。突然体調不良になることってありますね。慌てちゃいますよね。

↑とコメントしたかったのですが・・・。

急激に弱っていないので、薬さえ飲んでいてくれれば大丈夫だと期待しています。一応、飲んだところを目撃しました。

« 投稿: Katze  2008年7月 5日 (土) 18時41分

あさたろうさん>
くしゃみや鼻水は、体内にいる異物への攻撃の結果ということでしょう(アレルギーも同じ)。風邪も原虫も同じです。素嚢にいるのでその付近に症状が出やすいんでしょう。

チャーミーとチョビは分かりません。
一応、チャーミーもチョビもお迎え直後にはいませんでした。病院で確認したことがあります。
でも、今は分かりません。
記事では4羽の放鳥が多いみたいに見えますが、実際はせいぜい2週間に1回10分くらいで、嘴同士の接触はこれまで邪魔してきました(皆無ではないかもしれません・・・見逃していたことがあるかもしれません)。チャーミーとチョビ、チェスとチャラの組み合わせだけ許していました。
チャーミーやチョビのケージの上に、チャラやチェスが乗っかることや近づくことも以前から許していません。それは糞を落とすと嫌だからです。昔から、インコが別のインコの糞に直接接触しないようにしています。
チャーミーとチョビのケージはチャラやチェスの上にいるので、鼻水や吐いた素嚢液が落下することは殆ど無いです。
総合すると、うつっている可能性は低いかもしれませんが、ゼロでは有りません。2羽がくしゃみを全然しないかというと、もしかしたらしているかもしれません。目の前ではっきり見たことは無い、記憶に無い・・・という少ない回数なのかもしれません。鼻水を出しているのは見たことが無いです。

« 投稿: Katze  2008年7月 5日 (土) 18時53分

 

この記事へのコメントは終了しました。