« 冒険娘チャラ | Top Pageインコ会議できるかな~? »

2008年8月 1日 (金)

「酷道をゆく」「酷道をゆく2」

買ってしまいました。

080801

『酷道をゆく』

国道の概念を根底から覆す、個性豊かな「酷道」たち
松波成行,渡辺郁麻,金町ゴールデン,大山顕,dark-RX,brix,池渕隆三,本名荒井,古澤誠一郎/執筆・写真
イカロス出版(株)
2008年3月初版
¥1500 + 税

『酷道をゆく2』

日本全国の「酷い国道」をまだまだ走る!!
松波成行,渡辺郁麻,坂下雅司,平沼義之,大山顕,松本泰生,森賢治,fookey,古澤誠一郎,鼠入昌史/執筆・写真
イカロス出版(株)
2008年8月初版
¥1600 + 税

酷道のサイトはよく見かけるが、本としてはほぼ初めてだろう。

廃道国道 R418
転落の恐怖と闘う R425
元祖酷道 R439
石畳酷道 R308
コンクリートゲートの洗礼 R421
渡河国道 R157
開かずの国道,階段国道,商店街国道,登山道国道・・・
奈落の底へ真っ逆さま R488
軒先国道 R365
百億円酷道 R327
トイレを通り抜ける国道,ハシゴ国道・・・

・・・凄いですね~。

僕は、
道幅が広くて、流れの速い国道よりも、
交通量が少なくて、車の速度が遅くて、周りに自然が多くて空気の良い酷道のほうが好きです。
路面の状態よりも、上の点を重視しています。
「自動車の酷道」≠「自転車の酷道」という場合も多いので、自転車にとっては快適だったりすることもあります。
(両者共通して嫌な点は、落石だと思います。また、自転車がより嫌がるのは路面の陥没やひび割れですね。自動車よりもシビアです。)
そういう意味で、サイクリング・ルートの計画の際に、酷道には注目しています。
酷道よりも、実際には険道(県道)や舗装林道のほうにもっと注目していますけど。

こういう所にわざわざ行くことに否定的な方もいらっしゃると思いますが、
僕は肯定も否定もしません。
何故行くのか(あるいは行かないのか)、自身が理由やポリシーをしっかり持っていればいいのかな~と。
(行く人それぞれに違った理由や考えが有るでしょうね。)

そして、無事に走るためには何をどう気をつけるのか、どうすればいいのかを考えている、知っていることが大事かな~と思います。
上の本は単なる酷道紹介だけではなく、それらを考える手助けになるかと思います。

何か有ったら自分の責任というのは当然で、色々な人に何らかの迷惑がかかるでしょう。
それでも、行きますか?ということかな~と思います。

僕の場合は、その理由は、
(僕にとっての)サイクリングに向いている道が多いから・・・です。
そして「社会にいる限り、人間は人に迷惑を掛けないで生きることは出来ない。お互いに迷惑を掛けていながら、それで支え合っている」という考えを持っていますので、それをベースにした上で(承知の上で)、(事故って人に迷惑をかけるかもしれない)サイクリングにも出掛けますし、こういう酷道にも入ります。

そうでなければ、普通にサイクリングしてても危ないことはいっぱい有りますし、
登山をする人を否定することになりますし、
極論を言えば、家から一歩も出るな、ということになると思います。

逆に、「だからこそ注意して走ろう」という意識を持てるのだと思っています。

本の紹介のつもりが、僕の能書きが多くなりましたね。

まあ、酷道マニアでも、酷道に興味が無くても、なかなか面白い本だと思います。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 冒険娘チャラ | Top Pageインコ会議できるかな~? »

 

 

Comments

「酷道」・・・上手い表現ですね。執筆者はいろんな酷道に行ってみてこれを書かれたのですか。知らず知らずに人に迷惑をかけているであろう日々ですが、それを最小限に留める努力はしたいです。ダムマニアというのもありましたよね、酷道マニアもあるんですね。私は・・・水着マニアでしょうか。変な意味でなくてまずは格好から、のポリシーで(;´▽`lllA`` 速そうに見える、が基準です(ちっちぇえなあ~)

« 投稿: あさたろう  2008年8月 1日 (金) 06時12分

私も酷道っていう表現が面白いと思いました。
katzeさんの紹介が無かったら、ずっと知らなかったと思います!
>開かずの国道,階段国道,商店街国道,登山道国道・・・
奈落の底へ真っ逆さま ‥の辺りはワクワクするタイトルですね♪

« 投稿: アネモネ  2008年8月 1日 (金) 19時54分

あさたろうさん>
そういえば、
レイザー・レーサーを買わないんですか~?

« 投稿: Katze  2008年8月 2日 (土) 12時04分

アネモネさん>
僕も酷道の存在は自転車に乗り始めてから知りました。
タイトルだけでも、ひき付けられそうです。

« 投稿: Katze  2008年8月 2日 (土) 12時08分

あれは・・・ロングタイプだと1着7万円ほどするんですよ!それに一人では着られないほどぴっちぴちだとか。オリンピック選手は3人がかりで着せてもらう、と聞きました。それに・・・アレ着て速くならなかったら・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ちゃんとトレーニング積んで一定以上の速さの選手には効果的なんでしょう。もし絶対に速くなるとしても1着7万はいくらなんでも・・・

« 投稿: あさたろう  2008年8月 2日 (土) 17時23分

あさたろうさん>
高いですね~!!
まず、着るときに他人がいるのが、ヤダな~。

« 投稿: Katze  2008年8月 2日 (土) 23時11分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/42017271

この記事へのトラックバック一覧です: 「酷道をゆく」「酷道をゆく2」:

» 道好きの人に必見!!「酷道をゆく」 [気になったから書いてみた IT blog]
皆さんは「国道」と聞いてどんなイメージの道路を思い浮かべますか? "広い"、"走りやすい"、"きれいに舗装されている"・・・そんな回答が返ってきそうです。 今回紹介するこの「酷道をゆく」という本は、「国道」と「酷道」をかけています。 つまり、酷い道の国道に....... [続きを読む]

受信: 2008年8月 5日 (火) 01時23分