« 御斎峠~南山城横断林道サイクリング 2008.08.10 | Top Pageパッチン先生Ⅳ~チャラ、通院でお食事 2008.09.02 »

2008年9月 1日 (月)

パッチン先生Ⅲ~チャラの突然の不調で通院 2008.09.01

パッチン先生』とは・・・・
パッチン先生~インコ一家全員で通院 2008.07.26」参照

前回の通院で、
(「パッチン先生Ⅱ~インコ一家全員で通院 2008.08.09」参照)
チャラだけ、投薬(飲水投与)継続。くしゃみが止まったら投薬終了、
チョビチェスは治療終了、
となりました。

一週間ほどしたら、チャラもくしゃみが殆ど止まり、
更にもう一週間したら薬も切れたので、そのまま様子を見ることにしました。
8月30日まではそのまま何とも無く、完治したように見えました。

しかし8月31日(日)の朝、起こすと、突然嘔吐。
暫く度々嘔吐をし、餌も僅かしか食べず、やや膨らみ気味にじっとしていました。
この日は一日様子を見ていただけ。

翌朝起こすと、糞は殆ど出ておらず、膨らみ気味でじっと動かない様子。

出社しても落ち着かず、会社を早退して帰宅すると、
少しは餌を食べて、嘔吐はしていない(?)ようでしたが、
糞は、典型的な「餌を食べていない状態」の濃い緑色が少しだけ出ているだけ。

パッチン先生に診てもらいに出かけました。

結果、

Challa

チャラ
素嚢液:ばい菌が通常よりも多い。特に原虫は見当たらず。
糞便:異状無し。
その他:体重31.5gと、軽い。

ただ、極端に悪い様子は見られませんでした。
放鳥時に何か食べなかったか?と聞かれましたが、見張っていたのでそれは無し。

まずは、
病院では制吐剤を注射、流動食を流し込みました。
家では、抗生物質と消炎剤の飲水投与です。
注射した制吐剤が効けば、2時間後に普通に餌を食べ始めるだろうとのことですが、
食べなければ、また明日早い時間に通院しなければいけません。

また、通院記事が続きそうです。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 御斎峠~南山城横断林道サイクリング 2008.08.10 | Top Pageパッチン先生Ⅳ~チャラ、通院でお食事 2008.09.02 »