« 風雲!コネタ城 | Top Pageインコ・ゲーム (リンク) »

2008年9月15日 (月)

布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13

年月日/2008年9月13日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/三重県布引山地の南半分、布引峠~桜峠周辺を走る。

ポイント/①往復輪行,②一ヶ月振りの自転車走行のため、体力をセーブ。

内容/
前回のサイクリング(「御斎峠~南山城横断林道サイクリング 2008.08.10」)以来、一ヶ月も自転車に乗っていない。此の間、チャーミーの四十九日(9月6日)が有ったり、チックの一周忌(8月16日)が有ったり、新しく購入したPCをいじり回していたり、部屋の模様替えをしたりするなど色々と用事ややりたいことがたくさん有り(週末はなんとなく天気もいまいちだったし)、週末や夏休みを殆ど家の中で過ごしていたからだ。9月中旬になってようやく週末サイクリングを再開することにした。

久し振りなので、ハードな距離やコースは避けたいし、かと言ってサイクリングロードの往復ではちょっと勿体ないので、以前から行ってみたかった、三重県に有る「布引山地」の南半分、「布引峠」と「桜峠」周辺をコースとして選択した。

布引山地は下の地図のように、三重県の北西部の伊賀市と津市の市境付近、鈴鹿山地と高見山地の間に南北に走る山地。全国的にはあまり知られていないような気がする。しかし布引山地の北半分には「青山高原」が有り、この高原の名前は良く知られているだろう(ちなみに青山高原を走った「青山高原サイクリング 2007.09.22」を参照)。南半分の様子は一般にはあまり知られていないだろう。しかしながら近畿のサイクリストにはなかなかメジャーな山間部ルートと峠が有るのだ。

080913map_1

今回はその峠、「布引峠」「桜峠」を越え、布引山地の南半分を縦断するようなコースを計画した(上と下の地図の茶色の線)。

080913map__2

伊賀市に有る近鉄線「青山町駅」をスタートし、東進して「布引山地」を目指す。山間部に入ったら南下して「布引峠」に到達(布引峠には有名なリゾート地「メナード青山リゾート」が有る)。さらに山地を縦走するように南下して「桜峠」を越え、布引山地の南端「大洞(おおぼら)山」(雄岳:標高1013m,雌岳:標高985m)の東をかすめてUターン。JR名松線「伊勢八知駅」をゴールとする。
距離は40km程と短いが、一か月ぶりのライドの「慣らし」としては、山間部コースであること、情報ではなかなかの悪路も有るとのことを考慮すれば、丁度いい距離だろう。おそらく午後の早いうちにはゴールし、往復輪行ながら日が沈む前に家に到着しているかも知れない。

往復輪行なので、自転車は輪行専用にしている「MARIN Venezia」を選択。腹痛に苦しんだあの「高見峠~千石越・飯高サイクリング 2008.07.19」以来だ。

当日9月13日(土曜日)の3:30頃に起きるとマンションの外では僅かに雨。一瞬延期しようかと思ったが、最新の天気予報を気象予報サイトで調べると、近畿中部南部の日中は一応雨の心配は無さそう。山間部なので雨が降る可能性は有るが、少なくとも一帯が一日中雨になることは無いだろう・・・と言うわけで予定通り決行。

4:30頃に出発。
最寄りの△△駅まで走り、駅でロードバイクを輪行袋にパッキング。
5:07の列車に乗り込み、乗り換えつつ、5:40頃に近鉄大阪線「上本町駅」に到着。
6:15の快速急行(鳥羽行き)に乗り込んで東進。
7:28に「青山町駅」に到着。
(ちなみに近鉄大阪線で「スルッとKANSAI」カードが使えるのは、この青山町駅まで。)

ロードバイクを組み立てて出発。時刻は7:50頃。

080913ride_1

↑駅の出口は南口のみ。駅前から南下。↓

080913ride_2

駅前からすぐ先の、東西に走る国道165号へ(下の写真の遠くの白いワゴン車の付近)。

080913ride_3

国道165号を横断して「柏尾川」を橋で渡る。
(橋を渡って振り返って撮影。↓)

080913ride_4

↓橋を渡った左手に「初瀬街道・阿保の宿」の標柱。

080913ride_5

京・大和方面と伊勢を結ぶ初瀬(はせ)街道は、現在の松阪市六軒から青山峠を越え、名張を経て奈良県の初瀬(長谷)へと至ることからその名が付いた。古くは「青山越」「阿保越」、参宮表街道、参宮北街道とも呼ばれ、古代には大海人皇子が名張に至った道であり、また斎王が伊勢へと赴いた道でもある。
現在の国道165号、あるいは近鉄大阪線に近いルートを通る全長が約14里17町ある街道。伊勢参宮や伊勢からの初瀬詣が盛んになるにつれ、伊勢本街道よりも多く利用されるようになった江戸中期から明治初期に最も賑わった。当時、大阪方面から伊勢への参宮客は初瀬で一泊し、青山峠の麓の伊勢地宿(伊賀市伊勢路)でさらに一泊、翌日は二本木(津市白山町)で昼食を取り、六軒で三泊目の片道4~5日の旅であったといわれている。
阿保(あお)宿は、伊賀上野に通じる上野街道と津市美杉町に通じる八知街道が分岐する交通の要衝。上野・名張とともに藤堂藩から伊賀の地で三ヵ所だけ許された商業の町として栄えた地域である。また、宿場町としても賑わい、今も街道沿いにはロマンを秘めた史跡や遺跡が幾つか残り、往時の面影を偲ばせている。
(「三重の歴史街道」より)

ここ青山町駅周辺は宿場町なのですな~。
確かにそれらしい古い建物が散見される(写真は無し)。

初瀬街道の始まりは、2000年前、垂仁天皇の皇女倭姫による天照大御神の鎮座の地を探す旅からである。倭姫は東大和-伊賀-近江-美濃-伊勢の行程で、現在の地に辿り着いたとされる。
(「初瀬街道」より)

↓標柱の隣に本居宣長の「菅笠日記の碑」。

080913ride_6

菅笠日記とは、江戸中期の明和9年(1772)に松阪の国学者本居宣長が、吉野へ花見旅行に出かけたときの道中日記である。
碑はこの日記のゆかりの場所として立てられたもので、阿保に訪れたときの思いが綴られている。
(青山観光協会HP「青山の歴史を訪ねて」より)

「河づらの伊賀の中山なかなかに見れば過うき岸のいはむら 宣長」
と彫られている。
伊賀の中山の風景を歌ったものであろう。

左手に柏尾(かしお)川を見ながら進む。

080913ride_7

↓いい感じの小道に入る。

080913ride_8

暫くは柏尾川沿いを上流に向かって走るのだ。

080913ride_9

小道を抜け、青山変電所の南側をスルー。
柏尾の集落を抜けていく。脇道が多いので注意が必要だ。

080913ride_10

↑柏尾川の雰囲気が良い。

柏尾川は、淀川水系一級河川。
三重県名賀郡青山町を流れる、木津川上流部の支流。
青山町奥鹿野地区の南端付近の丘陵に発し一旦北流、久昌寺付近で向きを西に転じ、伊勢路・柏尾地区の丘陵地を蛇行して流れ、青山町市街地の東のはずれの国道165号線寺脇バス停の南で木津川左岸に注ぐ。

集落を抜けると舗装林道のような幅の狭い道に入る。

080913ride_11

地元の農家の小さな軽トラぐらいまでしか通れないであろう、幅の狭い小道が続く。
実際はこのあと、この道で自動車はおろか、人すら見かけなかったのだが・・・。

080913ride_12

当然落ち枝が散乱。陥没箇所も多い。道の真ん中には苔のラインが出来上がっている。
MTBなら全く問題無いが、正直、ロードバイクで「走り抜ける」にはやや厳しい。が、走れないわけではないし、スピードを落として注意して進めば、パンクや落車などしないだろう。ま、ロードバイクのらしいスピードで走り抜けたいのなら避けたほうが無難な道と言ったところだ。
僕は「お気楽観光派」なので、スピードを出さずに注意深く走らなければならない道でも全然OK。結構好きなタイプの道だ。

080913ride_13

薄暗い杉林の中を走ったり、開けた野原の脇を走ったり。

080913ride_14

のどかでいい感じの道だ。

080913ride_15

↓丸い林。中に何が有るのか?・・・と思いたくなるような形の林。

080913ride_16

上流に向かっているので川幅も狭くなってきた。
道の勾配はゆる~~い登り勾配だが、殆どフラットに近い。
↓結構荒れた路面でしょ。

080913ride_17

途中で農道の下をくぐる(下の写真)。
農道と言っても、いわゆる舗装された道幅の広い道で、下手な県道よりも快走路が多い。現に、上の橋を自動車が結構なスピードで走り抜けている音が聞こえる。
この農道に入れる道が有ったが(下の写真の右上)、行かない。このまま進む。この農道だと走りたいコースからどんどん離れていくからだ。

080913ride_18

実は今回のサブ的な目的の一つが、柏尾川沿いのこの小道を実走することなのだ。
ネット情報で「いい道」との情報を仕入れ・・・、それはMTBでの記事だったが、ロードでもOKか確認したかったのだ。・・・ま、限定的にOKだと分かったけどね。
↓「限定的に・・・」の意味が分かる路面状況。

080913ride_19

↑写真には無いが、陥没箇所に水が溜まった箇所も有り・・・で、スリリングな一面も有る道だ。
スピードを出せないので平均速度は驚異の「12km/hr」台になっている。ロードバイクの平均速度ではないな・・・。MTBの山サイの平均速度に近づきつつあるぞ・・・。
↓でも、こんな風景も有ったりして。

080913ride_20

↑これだと、最高でしょ?トータルで考えれば、走って正解。
↓やがて右手の上に県道670号が見え、合流。

080913ride_21

↑上の写真の左手の脇道から県道670号に合流したわけ。
時刻は8:40頃。結構時間をかけたな~。
↓合流ポイントの風景。

080913ride_22

↑↓田畑が広がっていて、いい感じですな~♪

080913ride_23

ここから県道670号を使い、先ずは奥鹿野の集落に向かう。

080913ride_24

先ほどとは打って変わって綺麗な舗装路。

080913ride_25

↑↓道幅は途中で多少変わる。ごくわずかな登り勾配。

080913ride_26

自動車と出会ったのは地元らしき数台のみ。

080913ride_27

↓引き続き、右手に柏尾川が流れている
↓もちろん左車線走行なので走っている時には見えないけどね。

080913ride_28

奥鹿野(おくがの)の集落に到着。時刻は8:50頃。

080913ride_29

のどかな田園風景の集落だ。
↓で、ここで分岐。
↓下の写真の右上の表示板の黄色い矢印のように進む。

080913ride_30

引き続き県道670号で城立方面へ(ただし城立まで行くわけではないので注意)。
橋を渡って左折(上の写真の下段もしくは下の写真の上段)。
↓まずはフラットな道。

080913ride_31

↑まだ柏尾川とお付き合い。

080913ride_32

↑奥鹿野の集落の中は、のどかな道だが・・・。
↓集落の終わりから、いきなり暗い林の中へ。

080913ride_33

左手に柏尾川を見ながら、緩めの登り勾配の道を進む。
勾配は別に辛くなく、どうってこと無いのだが、どうってこと有るのが路面の状態。
落ち枝,ひび割れ,クレーター,落石,苔,路肩損傷・・・が続く。
・・・・ま、険道好き(プチ険道好き)なので、僕的にはOKだが(望んでいた(?)とも・・・)。
初めての道でもあるし、慎重に進む。そういうわけで相変わらずのスロー・スピード。
それから自動車など・・・通る筈も無し・・・。

080913ride_34

サングラスをクリアー・レンズにしてくればよかった。濃いスモーク・レンズなので路面の凹凸が見にくい。サングラスを外して進む。

080913ride_35

事前にネットで調べておいたのだが、情報通りの険道ですな。
ロードバイクでも別にOKだが、お気楽では無い路面・・・と言ったところだ。

080913ride_36

↓暗過ぎて柏尾川の渓流が上手く写らない。

080913ride_37

ストロボ使いまくりで、電池が早く無くなりそう。

080913ride_38

↓明るい所に出た。

080913ride_39

ここで写真を撮影していると、下から一人のローディーさんが登ってこられて、ご挨拶。
ここを走り慣れているようで、僕よりも全然軽快に登っていかれた。フォームもナイスでした。
↓ローディーさんの後ろ姿が小さく写っていますな。

080913ride_40

僕も先に進む。タラタラとだけど。
この辺りでちょっと雨がポツポツと・・・。林の中なので木々が傘代わりになり、雨の量は少なく感じる。直接当たっていたら割と濡れるかも知れない位の雨量。
↓まだ林の中だが、明るくなってきた。

080913ride_41

↑↓路面はだいぶマシになってきた(まだ油断できないが)。
↓でも、いい感じの林間ロードでしょ?

080913ride_42

↑写真に白い点が幾つか有るが、これが雨粒。
↓途中で、右手に「東海自然歩道」(下の写真の右上)。

080913ride_43

↑桜峠や尼ヶ岳方面に向かう予定だが、東海自然歩道はダートなので使わない。
このままアスファルト舗装路の県道を直進。
↓登り勾配が終わる辺りで、青山高原方面からの県道755号(右手)と合流。
↓これは振り返って撮影。僕は左手の道の向こうから走ってきた。

080913ride_44

ここで一旦、伊賀市から津市に突入。時刻は9:30頃。

080913ride_45

一応、峠だと思うのだが、名前は不明。
いつの間にか雨は止んだ。

080913ride_46

ここから県道670号と755号の共通部分の下り。

080913ride_47

路面は相変わらずなので(初めての道でもあるし)スピードを殺して慎重に下る。
おかげで平均速度は12km/hr台を示したまま・・・orz。
ウネウネと見通しの悪いカーブが続く。
路面を除けば、自転車に向いている道だけど~。

080913ride_48

↓林の中から抜け出ると下りが終わる。

080913ride_49

↓T字路にぶつかる。県道670号と県道755号はここで別れる。

080913ride_50

左折すると県道670号の下りで、城立方面へ。
↓布引峠へは右折して県道755号を登る。もちろん右折。

080913ride_51

結構な勾配の登り坂だ。この日初めての「マジ」の登り坂。

080913ride_52

路面は打って変わって良好で、幅も広い。
自動車は相変わらずほとんど通らない。2台だけ出くわした。1台は自衛隊関係と思われる人が乗った普通乗用車(この先に航空自衛隊白山分屯基地が有る)。もう一台は地元人らしいおじさんの軽トラ。

080913ride_53

↑↓いかにも感じなヘアピンの登り勾配だ。

080913ride_54

ま、1か月振りの自転車には丁度いい慣らし・・・練習の負荷か・・・。

080913ride_55

そんな感じの登りです~~。
ハァハァ言いながら登る。

080913ride_56

この先、布引峠まで全部この勾配だったら結構やられるな~・・・と思っていたら、ほどなくして勾配が急にフラットになる。
↓そのフラットになった部分で分岐。

080913ride_57

↑黄色い矢印のように左にカーブして林の中に入るのが県道755号。
↑右手の道は航空自衛隊の基地に入る道。
勿論県道755号を進む。

080913ride_58

先ずは、登り勾配を殆ど感じないフラットな林間ロード。
路面は急に悪くなって、落ち枝が散乱。舗装状況は悪くないけど。
道幅も急に狭くなる。
先ほどの坂の部分は、航空自衛隊の都合で結構道幅が広く整備されているのでは?と想像してしまう。その位、ここから先は「放置」に近い感じ。

080913ride_59

先ほどの出会った軽トラが止まっていてオジサンが下りて携帯メールをいじっていたので、一応道を確認してみる。

Katze「すいませ~ん。この道、メナード青山方面に向かいますか~?」
     (↑殆ど確信しているのにあえて尋ねる。)」
オジサン「こんまま行くと着くよ~。きついけどな~。」
Katze「(きつい?)あ、どうもありがとうございます~。」

・・・みたいな会話。
きつい?・・・というのが気なるが、先に進む。激坂でも有るのかな?
↓きついどころか下りのお気楽ロード。

080913ride_60

落ち枝や小石さえ踏まなければOK。舗装状態は良いし~。
悪くない道ですな~。

080913ride_61

↓そんな感じでウネウネと下っていくと、登り勾配に(振り返って撮影)。

080913ride_62

一応峠に向かっているので下りばかりではなく、アップダウンを繰り返しながら布引峠に向かっているというわけだったのか~。
今は布引山地を縦走している状態に入っているので、登り一辺倒でも、下り一辺倒でもなく、アップダウンして峠に近づいているということ。

080913ride_63

↑登りも有り。フラットも有り。↓

080913ride_64

しかしこのアップダウン状態になってから舗装状態が急に悪くなる。
ひび割れ連発。クレーターもチラホラ。落ち枝、小石も相変わらずだ。
どうやらオジサンの言う「きつい」とは、勾配のことではなくて路面のことだったのかもしれないな~。

080913ride_65

ま、路面以外は気持ちの良い林間ロードだ。
勿論、このコースに入って後悔していない。走りに来て良かった~と思っているよ。

080913ride_66

昔は舗装林道扱いだったのかもな~。林道何とか線と書かれた黄色いダイヤ型の表示板が道の脇に落ちていた。

080913ride_67

↑この辺、きつい登り。
↓今度は下り・・・まさにアップダウン。

080913ride_68

ここを走り慣れていて状況を分かっている人なら結構スピードを出して下れそう。
僕は慎重に・・・。

080913ride_69

↓いい道でしょ?

080913ride_70

↓やがて急に林の中から出たと思うと、下から上がってくる県道29号と合流。
↓黄色い矢印が僕の進行方向。

080913ride_71

↑綺麗な路面の県道29号と合流すると、ちょっと登り。
↓すると「メナード青山リゾート」に到着。時刻は10:50頃。

080913ride_72

「メナード青山リゾート」(HPはここ)は、大自然に囲まれた、「リラクゼーション」と「リフレッシュ」をテーマにした一大リゾート施設。
敷地面積は約100万坪。
温泉や、春夏秋冬それぞれ景観を変える自然を楽しめる。
洋風のホテルも和風の旅館も、コテージも有る。
ゴルフ場、テニスコート、プール、エステ施設等も有る。
(↑・・・?宣伝しているみたい)

高原に広がるハーブガーデン(4~11月)も有名で、特に6~7月頃のラベンダーは超綺麗だそうだ。
↓ちょっと道からは見えないのが残念。少しだけ断片が見えるが、丁度今が切り替わる時期かも知れないので単なる緑だけ。これから11月までセージが見頃になるそうだ。
(代わりにここを見て→http://www.menard.co.jp/resort/flower/migoro/migoro.html

080913ride_73

ま、お洒落な施設だが、汗臭い僕には無縁と言うわけで・・・スルー。
この「メナード青山リゾート」の中を抜ける県道29号上に「布引峠」が有り、ここから伊賀市に再突入。

080913ride_74

↓何故か駅の表示板風・・・。一番近いJR名松線から3km強離れているけど。

080913ride_75

↓そして、伊賀市に入る主要道に必ずと言っていいほど有るお馴染みの看板「ようこそ『伊賀の国』」。
ま、僕は伊賀市から一旦は津市に出、また突入というわけ。

080913ride_76

道すがらホテルが見える。

080913ride_77

↓何となく、関西のテレビCMで夜景のシーンを見たことが有るような気がする・・。

080913ride_78

そんな感じで、お洒落ながらそれほど人でごった返しておらず、静かで落ち着いた感じの場所だ。
夏休みも終わって丁度空いているシーズンなのかも。自動車もそんなにガンガン走っていないし。

080913ride_79

↓で、峠からちょっと進んだところで、県道29号と755号が分離する。
↓まっすぐ下ると県道29号で青山町駅へ帰る道。
↓左の登り坂。メナードCC方面への分岐が県道755号。もちろん755号へ。

080913ride_80

再び県道755号で、次は「桜峠」を目指す。
綺麗な林間部分の道だな~。

080913ride_81

↑これが続くのかと思っていたら、
↓メナードCCを通り過ぎると雰囲気が変わる。

080913ride_82

でも、こういう道のほうが好き~。
田園風景の見える長閑な道だ~。

080913ride_83

そろそろ稲の刈りいれの時期かな~?

080913ride_84

左手に黄金色の絨毯を見ながら先に進む。最高やね。

080913ride_85

古田の農村集落を過ぎると再び林の中に突入。

080913ride_86

登り勾配だが、それ程きつくない短い登りが有り、登り終えた所で「美杉村」に突入(下の写真)。時刻は11:20頃。

080913ride_87

と言いつつ、「美杉村」は2006年1月に津市に合併された。上の写真のように美杉村の表示板が残されたままになっているが・・・。
そういうわけで、また伊賀市から津市に突入・・・。と言うよりも、この布引山地を境に津市と伊賀市が分かれているので、布引山地を縦走するということは両市を行ったり来たりするようなものというわけ。
ところで、この美杉村の表示板がそのまま残されているということは、それだけ行政による保全が行き届いていない道・・・と想像できる。しっかりと管理されていれば津市の表示板に変わっているところだろう。

080913ride_88

でもこの日走ってきた道の中では、まあ走りやすい部類。落ち枝や小石も有るけど。
旧美杉村から先は下り。

080913ride_89

サイクリング的にいい道でしょ?( ̄▽ ̄)

080913ride_90

お昼の陽射しが木々に遮られて、丁度いい。
↓下り終えると「桜峠」の林の中の交差点(ちょっと崩れた交差点だが)に到着。
↓県道755号と県道39号が交差している。
↓僕は黄色い矢印のように県道755号を進むわけ。

080913ride_91

↑実際の「桜峠」はもうちょっと、県道39号・奥出方面寄りに有るらしい。
↓登り勾配になっている。しかしそちらは通行止め。

080913ride_92

9月いっぱいは工事中につき通行止めらしい。

080913ride_93

本当の「桜峠」は工事箇所よりもず~っと手前なので(その見えている登り坂の頂点付近だろう)、ちょっとくらい入り込んでもいいだろうが、まあ、止めとこう。
「この交差点=だいたい桜峠」ということで納得するか・・・。
↓で、引き続き県道755号へ。時刻は11:40頃。

080913ride_94

再び県道755号に入ると先ずは登り坂。勾配はさほどでもなし。
ただし、アスファルトにひび割れ、クレーターが目立ち始める。

080913ride_95

登り勾配は短い。やがてフラットに。

080913ride_96

急に開けたところに出た。
ただし、草に遮られて展望無し。

080913ride_97

再び林の中に。

080913ride_98

お昼の日差しが強いみたいなので、林の中のほうがいいけどね~。
(↓露光ミスで白くなっているけど、実際は暗いです・・(^_^;))

080913ride_99

登り勾配が再開。
ますます路面が悪くなる。
↓路肩はボロボロだ~。

080913ride_100

↓こんな落石もしばしば。

080913ride_101

↑こんな路面状況が続くのかと思っていたら、急に良好な舗装に!↓

080913ride_102

落ち枝や落石は有るけど、クレーターよりはましだな。
登り勾配も終わってフラットに・・・おそらくこの先また登りや下りも有り、アップダウンの道が暫く続くのだろう(実際概ねそうだった)。
しっかし、自動車は出くわさないし・・・、まるで貸し切りの林間サイクリングロードだな。
贅沢だ~。

080913ride_103

↓頭の上にこんな石が落ちてきたら死にますな。

080913ride_104

↓頭上で木が落下しそう。道の上に落ちたら車両通行止めになるな。

080913ride_105

下りが始まる。

080913ride_106

この辺りは漏水が多い。下りなので注意して通過。

080913ride_107

なんかもう路面の悪さなんて慣れてきて、気にならなくなってきた。
無意識にかわしまくって進んでいるし。

080913ride_108

↓下り終えたところでちょっと悩ましい分岐。
↓僕は下の写真の左の坂を下ってきたのだが、Uターンの下りが有る。

080913ride_109

↑しかし、この下りはコンクリート舗装。これは県道ではないと判断(もっとも県道だって勾配が急な部分はコンクリート舗装が普通だけど)。
↓それよりも目の前の悪路のアスファルトの上り坂が県道755号の続きと判断。
↓道の雰囲気からして当然の判断だろう。

080913ride_110

それに間違えても、登り坂なら引き返す時は下り。精神的に楽でしょ。
時刻は12:30頃。登る前にパワー・バー(バナナ味)を食べてちょっと休憩。
で、再スタート。

080913ride_111

しっかりとした登り勾配区間はそれほど長くなく、程なくして勾配は緩くなる。

080913ride_112

まだまだ貸切ロードは続く。人に会わないな~。

080913ride_113

途中から舗装状態が良くなる。
↓ん~~、いい感じの道。

080913ride_114

↓やがて開けたところに到着。
写真には写っていないが民家らしい建物が一軒有ったりして。

080913ride_115

振り返ると山の景色。
この日初めて展望のいい場所に出た。

080913ride_116

先に進むと、この付近で県道755号から667号に変わるらしい。
同じ道だが・・・。

080913ride_117

左手に展望のいい場所が。

080913ride_118

旧美杉村八知方面の山々だ。

080913ride_119

布引山地の東側ですな。

080913ride_120

やや白くガスっていて僕の技術では上手く写真に写せないのが残念。
肉眼ならもう少し山肌の緑が見える。

080913ride_121

右手(西)に布引山地の南端「大洞(おおぼら)山」が有るのだが、そちらは見えない。登山道が県道から伸びているようだ。
見えるのは反対の方角の山々。旧美杉村部分の県道755号で東西に布引山地の山が分かれているようだ。そういうわけで旧美杉村の西側の人の生活圏は津市ではなくて名張市側に有るようで、津市との合併の際にはちょっともめたらしい。
ま、そういう泥臭い話は抜きにして山の景色を楽しみましょう。

080913ride_122

↓眼下の谷間に八知の町が見える。この後あそこ付近でゴール予定。

080913ride_123

↓「大洞遺跡」の碑が有る。

080913ride_124

↓読んで・・・(手抜き(^_^;))

080913ride_125

ふ~~ん。
↓で、八知の町まで下りが始まる。結構な勾配だ。

080913ride_126

路面は良くなったが、激坂の下りだ。

080913ride_127

写真では分からないだろうが、止まるのがちょっと怖いくらいの激坂。
でも止まって撮影しているし。
↓こうして見ると勾配は大したことないようだが、実際はなかなか。
↓逆に登りだとかなりきつい筈。

080913ride_128

何にしても初めての道で、見通しも悪いから、もしクレーターに出くわしたら・・・と思い、ちょっと怖々下る。
やがて開けた所・・・集落に入った。
こうなると先の路面の見通しがいいので、全然楽。快適に下れる。

080913ride_129

↓ガンガン下ると(下の写真の左上)T字路にぶつかる(下の写真の右上)。
↓八知の町へは左折(下の写真の左下)。
↓ちなみに右に曲れば逢坂峠を経て国道368号(伊勢本街道)にぶつかるが・・・。

080913ride_130

ここは予定通り左折して八知の町へ。
↓民家の間の細い道の先には広い道が下り坂となって繋がる。

080913ride_131

下り終えると右手に雲出川の渓流が・・・いい眺め。

080913ride_132

雲出川沿い&JR名松線沿いに県道15号が走っていて、結構な快走路らしい。それに途中には「君ヶ野ダム」と言う名所も有るらしい。
が、ここは予定通り、サイクリング終了。「君ヶ野ダム」方面にはまた今度(勿論計画立案中)。
↓そういうわけで県道667号から県道15号に入ったところ・・・八知の町でゴール。

080913ride_133

↑両県道の合流地点付近に津市役所美杉庁舎が有るのだが、その手前を右折して脇道へ。
(上の写真の左下の左手に赤いポストが見える辺りで曲がる。・・・自転車は右折ポイントよりもちょっと行き過ぎているが・・・。だから本当は戻って左折しているんですけどね)
↓右折した(←本当は左折したんだろ)正面にJR名松線「伊勢八知駅」。
↓ここがゴール。時刻は13:30。予定通り、午後の早い時刻に終わった。

080913ride_134

↑なんとなく、民家にも見える駅舎。それがまたローカル線らしくてGOODgood
時刻表を見ると松阪方面行きの列車は13:51。それを逃すと次は2時間後だ。
急いでロードバイクをパッキング。急いだので10分後にはホームに立っている・・・。

080913ride_135

名松線の列車の外観を写し忘れたことに気がついたのが、乗ったあと・・・。
↓列車の内部。いかにもな感じのローカル・ワンマン・一車両。いいね~。

080913ride_136

実は自転車の旅も好きだけど。列車に乗るのも好き。
だから両方味わえる輪行はかなり好きなのだ~。
輪行で特急を殆ど使わないのは、混むから、かつ輪行袋を置く場所を確保しにくい・・という理由も有るが、ゆっくりと鈍行で、サイクリングの余韻に浸りながら車窓を眺めつつ、時間をかけて帰る列車の旅が好きだから。
もっとも、こういう本数の少ないローカル路線の週末の昼下がりって、休日の部活帰りの中高生と出くわして結構うるさくて落ち着かないケースが多いんだけど・・・。案の定、伊勢八知駅から暫くはガラガラだったのだが、家城(いえき)駅からにぎやかで落ち着かない中高生集団と遭遇。目の前で・・・まったくもう!・・・と言っても、落ち着きのないのは2名で(座席で寝転んだりふざけ合ったり・・・)、他6名は静か・・・やかましい仲間に注意していたり。
・・・で、JR名松線は終点「松阪駅」で近鉄大阪線と接続しているのだが、途中で最接近するのはJR「一志駅」と近鉄「川合高岡駅」。輪行袋を担いで歩けそうな?距離みたいだが実際は分からないので、わざわざ松阪駅まで乗ってしまった。どんどん大阪から離れていったが・・・、急ぐ旅でもないし。

080913ride_137 松阪駅に14:55に到着。
近鉄線に乗り換え、15:11の急行・上本町行きで大阪へ(右の写真)。
17:12に上本町駅の手前、鶴橋駅で乗り換え、地下鉄を乗り継いで最寄りの◎◎駅へ。
◎◎駅には17:47に到着。
ロードバイクを組み立て、短い距離を走って18:10頃に帰宅。明るいうちに帰宅出来た。

そういうわけで、一か月ぶりのサイクリングを終えたが、林間ロードをなかなか楽しめた。

気になっていた布引山地の南半分、布引峠と桜峠を走れたし、その周辺の県道ならぬプチ険道も体験できたし。
距離はわずか40km程度だが、山間部ロードなのでそれなりに負荷も有るし、「久しぶりの慣らしライド」としてはフラットなサイクリングロードを往復して100km走るよりも充実していたと思う。
コースとしても、悪路が多いが、自動車とは殆ど出くわさず、信号も殆ど無く(青山町駅前と伊勢八知駅前の2か所だけ)、週末半日ぐらいでフラッと走るには丁度良いのでは?貸し切りの林間サイクリングロードと言えるだろう。

今度この付近では「君ヶ野ダム」を中心にサイクリングコースを組み立ててみたい。
ちなみに舗装林道も含めて概ね計画がfixしつつある。

距離が短かったので翌日以降の疲労感は無し。
痛い箇所も無し。よかった、よかった。

この日の久しぶりのサイクリング・・・楽しいサイクリングだった。
 

コース概略/自宅→○○線△△駅~(輪行)~■■駅~(輪行)~近鉄大阪線・上本町駅~(輪行)~青山町駅→柏尾川沿い→奥鹿野→県道670→県道755→県道29(755)→布引峠・メナード青山→県道755→桜峠→県道755→県道667→県道15→JR名松線・伊勢八知駅~(輪行)~松阪駅・近鉄山田線・大阪線~(輪行)~鶴橋駅・地下鉄▽▽線~(輪行)~●●駅・地下鉄◇◇線~(輪行)~◎◎駅→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。茶色のラインが走った所))

走行距離/45.72km (前回の1/4くらいか・・・)
走行時間/3hr25min (ま、いいか・・・)
平均速度/13.41km/hr (驚愕の遅さ!!悪路のスピードセーブか?能力か?)
最高速度/41.88km/hr (遅!下りがたくさん有っただろうに!)
MARIN Road Bike積算距離/7258km
全Bike積算距離/13993km
(↑思わずサイコンの誤動作・タイヤ周長をチェックし直したが正常だった・・・爆)

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 風雲!コネタ城 | Top Pageインコ・ゲーム (リンク) »

 

 

Comments

そう言えば久しぶりのサイクリング記事ですね~。朝3:30って。。。私なら間違いなくお昼寝がしたくなるだると思いますcoldsweats01 奥鹿野の看板、鳥さんの絵が!何の鳥だろうな~(^^?) 写ってる靴、これはサイクリング専用の靴なんですか(^^?) 「楽しい」と書いてあるサイクリング、久しぶりですかね(^^?) トラブルもなくて何よりです。これから気候も良くなるし、ガンガン走って下さいねbicycledash

« 投稿: あさたろう  2008年9月15日 (月) 18時18分

あさたろうさん>
ありがとうございます。
早起きした甲斐が有って、楽しめました。早くスタートして早くゴールするくらいが丁度いいです。
奥鹿野のトリの絵はたぶん「カワセミ」だと思います。
シューズは、SPDシューズとかビンディングシューズとか言われる自転車専用のシューズです。シューズの裏に、ペダルと固定出来るパーツ(クリートと言います)が付いているんです~。

« 投稿: Katze  2008年9月15日 (月) 19時27分

今回もものすごい色んな道を走ったんですね~・・なかなかカラっと晴れなかったから、走りにくそうな道もありましたね。
それにしても柏尾川・・・happy01綺麗ですね~♪
人のあまり通らない道をのんびり走るっていいなぁ~

« 投稿: るんるん  2008年9月15日 (月) 20時18分

るんるんさん>
日当たりの悪い林間ロードは水が乾きにくいですからね~。
柏尾川は長閑な川でしたよ~。

« 投稿: Katze  2008年9月16日 (火) 00時57分

今回はいつも以上に林道が多い気がします。
気持ちよさそうですね~。

冬は雪に埋もれるんでしょうか?
それとも冬もこんな感じなんでしょうか。
季節が違ってもまた楽しめそうな気がしますね。

« 投稿: しましま  2008年9月16日 (火) 22時00分

しましまさん>
県道とはなっていますが、多くは元林道だったんです~。
暑い日差しが遮られている分、気持ちよかったです~。

雪は山間部ですからそれなりに降るかもしれませんが、冬期通行止めの道がないので、冬枯れた道になるかもしれません。実は冬にまた行ってみたいと思っています。

« 投稿: Katze  2008年9月16日 (火) 23時33分

今回は痛いとこもなく、疲労感もなく
バッチリでしたね。
ハーブ園、綺麗でしたね。
何気に「はい!コチラを見て」なんて
katzeさんパソコン出来ていいなー・・

こちらでは、あちこちの駅を見れるのが楽しみです。
それと知ってる地名が出てくるときも。
あの大きい石・・落ちて来ないで~
「落石に注意!」ってよく書いてますよね。
   でも・・どげんして注意すっと!?

« 投稿: はな  2008年9月17日 (水) 16時34分

はなさん>
へへへ、ハーブ園は入ってもいないんですけど、HP紹介でごまかしちゃいました。でも綺麗ですよね~。

「落石・・・」は、書いておくことで責任をはたしたつもりなんでしょうね~。

« 投稿: Katze  2008年9月17日 (水) 21時27分

Katzeさんの走る道はいつも気持ちの良い風景ばかり!
見ていると和みます(◎´∀`)ノ
こういう風景に近い場所で暮らしたいなぁ。。

« 投稿: nanao  2008年9月19日 (金) 13時07分

nanaoさん>
そうですね~。僕もこういう場所で暮らしたいです。
仕事も自宅でやるような仕事がいいな~。

« 投稿: Katze  2008年9月20日 (土) 08時36分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/42472409

この記事へのトラックバック一覧です: 布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13: