« コンパニオンバードNo.10 購入 | Top Pageと・・・届かない »

2008年11月15日 (土)

亀岡~京北町サイクリングⅡ 2008.11.09

年月日/2008年11月9日

バイク/PINARELLO F3:13 Road Bike

目的/京都府亀岡市~南丹市~京都市右京区(旧京北町)界隈の山間部を巡る。

ポイント/①往復自走,②幾つかの場所でコースを臨機応変に変更すること,③ただし、なるべく未走の道や写真撮影(ブログで紹介)をしたことが無い道を選択する。

内容/
この日、日曜日の近畿の天気は曇り。所により小雨、という前日午前の雨を引きずっていまいちの天気だったが、サイクリングに出かけることにした。前回の記事「淀川河川敷試走ポタリングXIII 2008.11.08」で書いたように、前日に足慣らしをしたのは、翌日ロングライドに出かけるつもりだったわけで、逆に出かけないと「足慣らし」をした意味が無い。
ロングライドということで距離は長いが、ただ始終めちゃめちゃ厳しいコースというわけでは無く、半分くらいが緩めの山間部のコース。半分が比較的フラット&一部サイクリングロードを使う・・・という感じ。大雑把に示すと、下の青い色のコースだ。北摂越えから始まる周回コース。
(詳しい地図はこれ→クリックしてください

Map_sub081109

大阪市内から茨城市経由で北摂山系を越え、亀岡市、日吉ダム・天若湖近くの南丹市の東端を進み、折り返して京都市右京区の旧京北町・周山~越畑・樒原~保津峡・嵯峨野嵐山を経由、桂川沿いの嵐山~八幡サイクリングロード、最後は淀川沿いに大阪市内に戻るという、縦長な周回コース。
これを計画した理由は、

①今年は近畿南部に力を入れていたため、北摂越えは「大阪~天橋立サイクリング 2008.05.04」のまだ1回のみ。久しぶりに行ってみたい。
②北摂越え北上ルートの一番楽な道の大阪府道46号は、日曜日だと採石場・工事現場が休みなので、大型車の交通量が著しく少なくなる。週1回、日曜日のみのチャンス。
③気になっていた「紅葉峠」に行ってみたい(asyuuさんの「亀岡・和(やわ)らぎの道を経て紅葉峠、日吉ダムを走る。」に触発)。
④南丹市界隈に気になる未走のルートが有ることと、以前走ったが、夜が暗くて写真撮影が出来なかった道が残っているので、今度は写真を撮っておきたいから。
⑤京都の越畑~保津峡~嵯峨野嵐山を結ぶ府道50号は、以前一度南下したことが有るが、ブログ開設前であったこともあり、写真を全く撮っていない(開設前のサイクリングとして記事にしたが→「京都日吉町サイクリング 2005.10.01」)。なかなか興味深い道(ローディーさんも多い・・・あの「六丁峠」の有る道)なので、今回は撮り直しに行きたい。
⑥輪行専用ロードバイク MARIN VENEZIA が未だメンテ中なので、自走コースになる。

といったところ。

自走なので必然的に距離が長くなる。話は冒頭の文に戻るが、ロードバイクに乗るのが久しぶりだったので、前日「淀川河川敷試走ポタリングXIII 2008.11.08」で足慣らしをしておいたわけだ。

ところで、初めから上の地図の青色のルートを完全に決めてあるように書いてきたが、実際には、スタート前にもう少し柔軟なルートの選択肢を持っていた。
要所要所でその時の体力・時刻・道路状況・・・等々を考えて選択することにしていた。結果的に上の地図の青色のルートを採った次第。その選択肢はここでは書かずに、本文で、その時点で判断の模様を書くことにする。

自転車は勿論前日に使った PINARELLO F3:13。

5:40頃に出発。
日の出前の淀川北岸の土手・河川敷を東進。まだ真っ暗。
摂津市に入り、鳥飼仁和寺大橋北端で淀川を離れて北上。府道15号を中心に走って摂津市から茨城市市街地を抜け(茨木市市街地では雨がポツポツ)、今日の北摂越えのメイン・ロードの府道46号に入る頃には夜が明けた。でも曇りなので薄暗い朝(山間部に入ると雨は降っていなかった)。
この日の府道46号は、日曜日なので採石場も工事現場も休みだし、時刻も早いのでダンプの様な大型車は全く通らず、自家用車がチラホラ程度。
↓順調に進んで、採石場の手前、茨木市の北端近くで、この日最初の撮影。
↓何となく、いつもここで撮影しちゃう。
↓時刻は6:50頃。

20081109ride_1

左が安威川の渓流。ここから先は、もう登りらしい登りは無い。

Map1r46 今、この辺。→

府道46号の茨木市部分は先にも書いた通り、3ヶ所の採石所が有り、最近は竜仙峡付近まで頭上に高架道路(?)を建設中らしく、月~土はダンプの往来が激しい。日曜日は作業が休みなので唯一走りやすい日になる。しかし、この茨木市部分でローディーを見かけることは極めて稀である。路面の状態が悪く、ひび割れ、クレーターが目立つからだろう(それでも去年辺りからだいぶ補修された)。北上の登りの時はまだ良いが、南下の下りの場合はロードバイクでは結構危ない。MTBが欲しいくらいだ。それに採石場の付近は道の両端に砂利が積もっているような状態。安威川の渓流が美しい山間部の道ながら、そういうわけでローディーさんは敬遠しているのだと思う。
また、北摂界隈の道の中でも、登り勾配がとても緩いので、トレーニングにならないということも言える。だから逆に、僕は北摂越え北上の楽な道として(日曜日限定で)使い、「この道で手こずっていたら先が思いやられる」ので、その日の調子を見るために使っている(・・・で、この日は・・・まぁまぁ)。
ちなみにローディーさんを見かけないと言ったが、府道46号の東の府道115号や車作と、西の府道1号,43号辺りを結ぶために、横断するような感じでチョコっと走る・・・という位には使われているようだ。また、亀岡市別院町に入れば、採石場も無く、路面も良くなるため、ローディーさんをよく見かけるようになる。特に府道43号の清阪峠を行き来したり、府道733号を走っている人を見かける(ただし、この日は府道46号上で一人も出会わなかったが)。

↓大阪府茨木市から京都府亀岡市に入ってどんどん進むとT字路。

20081109ride_2

↑左折すると府道407号経由で穴太寺前を経、国道372号に合流するが(上の写真の左上)、ここは右折してそのまま府道46号へ。
やがて下り坂になり、途中で一瞬、大阪府高槻市に入って府道6号と合流して引き続き下り。また京都府亀岡市に入って、ウネウネ・カーブをぐんぐん下り(写真は無し・・・下りに集中したいので)、国道9号を横断して亀岡市街地に突入。
府道6号の終点から府道402号→府道405号→宇津根橋で大堰川を渡り(ここからの愛宕山方面の山の景色が良い・・・撮影していないが)→府道405号で亀岡市街地を出て・・・
(この間、ひたすら走ったので写真は無し・・・同じ道を走った「美山の里・南丹市サイクリング 2007.10.21」参照)
↓そして、「水鳥のみち」に入る。

20081109ride_3

時刻は7:45頃。だいたい予定通り。
↓左手に「平沢の池」。

20081109ride_4

写真には写っていないが、水鳥がいて静かな池だ。
朝の散策にはもってこいの場所だろう。

20081109ride_5

↑右手には三郎ヶ岳。
ここで補給食をウィダー・イン・ゼリー一袋しか持ってきていないことに気がつく。
パワーバーを忘れてきた。
朝もウィダー・イン・ゼリー二袋を食べただけだし、空腹気味。とりあえず、その一袋を食べ(吸って)、これで補給食ゼロ。
この先のルート上、コンビニは無いし、食事処も殆ど無い、ドリンクの自販機ですらなかなかお目にかからない(補給食を忘れたことが今後のルート選択に大きく影響することになる)。
・・・ま、何にしても、ここまで走りに集中してきたが、ここからはいつもの「写真撮りまくり&のんびり走行」スタイルにチェンジ。ここまでで平均速度22km/hrを示しているが、ここからどんどん落ちていくだろう。

↓再出発。「水鳥のみち」を北上。

20081109ride_6

快走路~~♪

20081109ride_7

田畑と山の景色がいい。この道は好きだ~~♡

20081109ride_8_2

↓程なくして、国道477号にぶつかる。

20081109ride_9

↑ちょっとだけ国道477号に入り、すぐに左折して府道408号へ。
↓左折してすぐの橋の上からまっすぐな道が伸びている。

20081109ride_10

↓橋の左手・・・川は干上がっているが、土手を散策したくなりますな。

20081109ride_11

でも、先に進む。
集落の間を抜けていく。
↓程なくして目の前に南丹市との市境(木々の間辺り)。

20081109ride_12

↓左手に旧八木町の田畑。

20081109ride_13

↓右手にも田畑と山。いいですな~。

20081109ride_14

南丹市に突入し、暫くすると、と或る十字路にさしかかる。↓

20081109ride_15

↑上の写真の左上は、十字路の前で振り返って撮影。亀岡市方面。
↑右上は、十字路の左手。目的のルートと反対方向。
↑左下が、府道408号の続き。
↑そして右下が、目的の「紅葉峠」への道。
黄色い矢印のように右折する。
↓十字路のところに近畿自然歩道の案内板が立っている。これが十字路の目印。

20081109ride_16

↑自然歩道となっているが、サイクリングにもいいのでは?
↓で、右折して少し登っていく。

20081109ride_17

↓右手に「泰宏牧場」。牛が皆、僕をガン見。

20081109ride_18

↓牧場を過ぎて緩い坂を登っていくと、その先はT字路。

20081109ride_19

↓左折すると、人口の池「富栄池」だ。

20081109ride_20

池・・・ではあるが、これも一応ダム湖。
上の写真の左のコンクリートの斜面がダムなんです。古川に作られたアース式ダム。180,000㎥の貯水量。
↓池の前に記念碑が立っている。この辺りを「氷室の里」というようだ。

20081109ride_21

湖畔の木々がちょっと色づいていて良い感じの池ですな~。

20081109ride_22

富栄池をあとにして先に進む。

20081109ride_23

右が崖、左が杉林という、山の斜面に沿った登り坂に変わる。

20081109ride_24

勾配はそれほど辛くは無い。路面は良好。ウネウネと登っていく。
落石しやすい箇所は網で補修されている。一応、路面に落石は殆ど見られない。
自動車はたま~に通る。

20081109ride_25

多少色づいている木々も有るが、杉の緑色のほうが面積で打ち勝っている状態が暫く続く。

20081109ride_26

暫くは崖と木々に阻まれて、見晴らしの良くない所が続く。

20081109ride_27

徐々に登っていくと、開けた所がたまに。

20081109ride_28

↓木々の隙間から、南丹市八木町の田畑と集落が垣間見れる。

20081109ride_29

八木町の田畑って意外と上から見下ろしたことってないな~。
この辺りの山間部ロードは杉林の中を走っていることが多いので、展望を期待できる道は少ない。斜面沿いに作られて道は少なく、この紅葉峠への道はその数少ない道の一つかもしれない。

20081109ride_30

まだ、もう少し登るようですな。でも、勾配はちょっと緩くなってきた感じ。

20081109ride_31

所々で紅葉している木を見かける。
京都の紅葉って、まだこの日ではちょっと早いくらいで、この記事を投稿した頃から12月初め頃が見頃なんですな。

20081109ride_32

やがて展望台に到着。時刻は8:40頃。
↓展望台は峠に有るわけではなく、まだ登っていく途中に有る。

20081109ride_33

先客で、ローディさんが二人いらっしゃってご挨拶。
日吉ダムのほうから来られたそうだ。僕とは逆のほうから登ってこられたんだな。
↓展望台から見事に広がる南丹市の田園風景が見れる。

20081109ride_34

↓正面。山が、田園の上に浮かぶ島の様だ。

20081109ride_35

↓右手。畦道が綺麗だな。碁盤の目のようになっている。

20081109ride_36

↓左手。亀岡方面だろう。

20081109ride_37

お二人に失礼して先へ。
紅葉峠まではまだちょっと登る。

20081109ride_38

登っても、展望が良いところには出くわさない。先ほどの展望台が一番良好な所の様だ。

20081109ride_39

やがてフラットな道に変わる。
そのフラットな区間のどこかが「紅葉峠」なのだろうが、はっきり分からない。紅葉峠は、はっきりとしたピークが有る所ではない。
↓とりあえず、近畿自然歩道の道標の前で撮影。

20081109ride_40

結局、紅葉峠とは言っても、たくさんの紅葉が見事な峠・・・というわけではなく、かと言って、無いわけでなく・・・悪いけど、普通の色づいた山の森って感じだ。
まぁ、あんまり紅葉だらけよりも、たまに有るほうが目立つし、そんなに紅葉の名所だったら、人の往来が多くなってあんまり嬉しくない・・・なのでこの位でOKです。
ただ、先ほどの展望台からの眺めや、道の状況・交通状況からして、サイクリング的にはGoodな道、峠ですな~。

20081109ride_41

Map2 で、今この辺。→
もう結構走っちゃいましたな。
1/3は終わったんじゃぁないの??

紅葉峠付近で写真を撮っていると、日吉ダム方面からローディーさん5, 6人の集団が走ってこられて、ご挨拶。
この道、ローディーさんの定番ルートなんだろう。
・・・な~~んだ。知らぬは僕だけか・・・みたいな(ちょっと残念)。
ま、確かにロードバイク向きの峠越えルートだしね。

↓紅葉峠をあとにして、ちょっと進むと下りが始まる。

20081109ride_42

距離は短いが、こちらのほうが勾配が急かも・・・両方から登ってみないとホントのことは分からんけどね。
ぎゅ~~んと下る。
↓下り終えると田園の広がる山里に出る。

20081109ride_43

神吉の集落だ。
日曜午前の長閑な山里の風景だな~。

20081109ride_44

途中の道で見かけた黄色く色づいた2本の木。

20081109ride_45

2本が並んで補修の横木が架けられている。
なんかいい感じの場所ですな。

20081109ride_46

田畑の間の小道を進むと・・・。

20081109ride_47

↓正面に府道50号。

20081109ride_48

↑左折すると、天若湖・日吉ダム方面。
↑右折すると、国道477号と一旦合流して、亀岡方面か、保津峡・嵐山方面に繋がる。
府道50号のこの区間は何度か通っていて、府道側からこちらの田園をよく見ていたが、田園側から府道を見たのは初めて。府道50号が新鮮に見える。
で、ここは当然左折して、天若湖方面へ。
↓府道50号に入ると程なくして下り開始。

20081109ride_49

ぎゅ~~んと快走路の下りが伸びている。
これまで天若湖側から登ってきたことしかなく、逆に下って行くのは今回が初めてだ。

20081109ride_50

ここを下るとこんなに気持ちいいのか~~って感じ。

20081109ride_51

ウハウハです。

20081109ride_52

↑下り終えたところで振り返って撮影。
↓で、下り終えた所で、ト字路。右手の橋を渡る。

20081109ride_53

↑まっすぐ進むと天若湖南岸沿いを走って日吉ダムに繋がるのだが、今回は日吉ダムには行かない。右折して橋を渡り、いきなり桂川・宇津峡沿いに京都市右京区に入るつもり。
(京都市右京区って広いんですわ~。同じ市街地の右京区とは大違いの場所ですぞ。)
↓橋の左手に天若湖の端っこが見える。

20081109ride_54

さて、桂川沿い・宇津峡を走る。川の上流に向かっていることになる。

20081109ride_55

緑と黄と紅がまだらになった山が並ぶ。

20081109ride_56

天若湖に近いせいか、川は流れていないかのように静かだ。
川面に山が映っているくらい。

20081109ride_57

この道は何回か通っているが、ホントに気持良い。
↓「天若峡大橋」が見える。

20081109ride_58

↑ここも山が川面に映っている。

20081109ride_59

どうですか~?この快走路♪

20081109ride_60

フラットな道でノンビリと走れる。
舗装状態は良好で、たまに落石が有るのだけ注意して走れば良い。

20081109ride_61

実際に走ってみてくだされ~。

20081109ride_62

写真撮り過ぎ?
伝えたくてね~、この道を~(^^ゞ

20081109ride_63

↓少し川の流れが感じられるようになった。

20081109ride_64

さ~てそろそろ・・・。

20081109ride_65

↓「宇津峡公園」に到着。時刻は9:45頃。

20081109ride_66

↑道の左手が宇津峡公園。↓

20081109ride_67

↑バンガローが並んでいる。宿泊客もチラホラ。
さて、ここからのコースだが・・・。
幾つかの選択肢を持っていて、ここ「宇津峡公園」で休みながら考えようと思っていた。
↓当初の「欲張りコース」として、未走の府道364号の「持越峠」と、府道61号の「井戸峠」に行ってみようと思っていた。

Map23

しかし、もう腹ペコ状態・・・。補給食を持ってこなかったのが致命的。
峠越えでハンガーノックになったら怖い。しかも寒くなってきたこの時期にハンガーノックは結構ヤバい。
「宇津峡公園」の管理事務所内にお菓子類が売られているようなことが張り紙に書いてあったが・・・公園の利用客ではないので入りにくいし、外から覗くとホントに有るのか・・・あるいは「え?お菓子ってこれ??いつ製造したん??」の予感・・・。なので諦める。
そこで「欲張りコース」(紫の点線)は止めて、青色のラインの「お気楽コース」に変更(勝手にコース名を付けているし・・・)。この青色のライン上にも未走路や、既走ではあるが写真を撮っていない(夜だったので上手く写らなかった)ので撮り直したい道が有る。「それでもこの日はいいや~」ということに・・・。そうすると、「○○峠」という明らかな峠道は無くなるし、京北町周山のショッピングの中心である「サンダイコー」に昼頃には到着する。そこで食べ物にありつける(・・・てか、そこしか無いのよ・・・この界隈)。
先にサンダイコーに寄ってから「井戸峠」と「持越峠」に行くことも考えられるが、そうするとあとの、他に行きたいと思っているルートがとても採りにくくなるので、「お気楽コース」にする次第。

10:00に再出発。
宇津峡公園から桂川を「宇津峡大橋」で渡って府道364号へ。
↓橋の先に左右に走っている道が府道364号。

20081109ride_68

↓ちなみに橋の上から見た「持越峠」の有る方角。山の向こうに有るだろう。

20081109ride_69

↓で、橋から見た桂川沿いの・・・周山へ繋がる道。民家が並んでいる所がそれ。

20081109ride_70

↑「お気楽コース」だってことが分かるでしょ。

20081109ride_71

桂川沿いの快走路、府道364号を西へ。この道は既走。

20081109ride_72

↓程なくして分岐。ここで府道364号から府道365号へ左折して入る。

20081109ride_73

府道365号は「美山の里・南丹市サイクリング 2007.10.21」で走ったことが有る。今回とは逆向きに、こちらに走ってきた。その時は日没後で写真がうまく撮れず仕舞い。今回はそのやり直しというわけ。

20081109ride_74

杉並木が右手に並ぶ快走路だ。
杉並木の向こう側に明石川が走っていて、杉並木がガードレール代わりになっている感じ。
川の上流に向かっているので、登り勾配。しかし緩いので辛くは無い。ガーーンと登っていける筈だ。
路面は良好。路側も広い。
自動車は時々・・・って感じ。

20081109ride_75

↓杉の合間に紅葉も有ったりして。

20081109ride_76

↓やがて集落に出るとフラットに。

20081109ride_77

↑↓道幅は多少変わるが、フラットな快走路。

20081109ride_78

明石の集落辺りはこんな感じの農村の田畑と家々が道沿いに続く。

20081109ride_79

ここも京都市だからね~。広いね~京都市・・・。
ここ数年の市町村合併が激しかったからね~。
僕がサイクリング記事を書き始めた頃とだいぶ変わったからね~。

20081109ride_80

地名は変われど、風景は変わらず。
この長閑な田園風景は残るといいな~。

20081109ride_81

↓やがてY字路。と言うか、ここで府道365号が終わって、左右に府道443号。

20081109ride_82

↑府道443号を右に行けば、周山にすぐ着くが、そちらには行かない。
↑左の佐々江方面に向かう。右は既走だが、左は未走路だ。
↓左折して府道443号を佐々江方面に向けて北上。

20081109ride_83

田園と農家の家の間を抜けていく。未走路なのでちょっとワクワク。

20081109ride_84

↓向こうに坂が見えますな。あそこから登り坂か・・・。

20081109ride_85

緩めの登り。

20081109ride_86

特に辛くは無い。サクサク行きましょう。

20081109ride_87

↓こういう両側切り通しの所が大概はピーク。

20081109ride_88

↓ほらね。下り・・・。しかも何か快走路な感じの下り。

20081109ride_89

気持ちいい下りだな~。

20081109ride_90

↓振り返って上を撮影。

20081109ride_91

途中に紅葉している木が有ったり~。

20081109ride_92

下り終えると直角に曲がる感じで府道443号は続く。
↓そのカーブの突き当り。

20081109ride_93

↓矢代中町の、刈り取られた田んぼ。来年も実るでしょうね~。

20081109ride_94

まだ府道443号は続く。

20081109ride_95

漆谷町に入っていきます。

20081109ride_96

↓すると急に薄暗い杉林の中の幅の狭い道に変わる。登り勾配。

20081109ride_97

見事に並んだ杉・・・。その中を進んでいく。

20081109ride_98

路面は悪くない。真ん中に苔のラインが出来ているくらい。
自動車はたまに通る。勿論、自動車同士の離合は無理。

20081109ride_99

こういう道、結構好きです。・・・いや、大好きです。生理的に・・・。

20081109ride_100

↑↓そうこうしていると峠に到着(特に峠名は分からず)。
↓ここから再び南丹市に入る。

20081109ride_101

↓峠の道の脇にこのような標柱。

20081109ride_102

「従是西北園部領」「佐々江村三組」「役人」・・・。
ここから西北は園部領だぞ!ということか?
この標柱は結構昔から有ったんだろうな。園部町も今は南丹市として合併してしまったけどね~。
↓さて、今度は下り。杉林の中を気持ち良く下る。真ん中の苔に乗らなければ路面は良好。

20081109ride_103

グングン下ります。・・・って、何時そんなに登った?って感じだが。
途中でベア・ベルを付けた散歩中の地元の方(←たぶん)とすれ違って挨拶。そういうのって何か気分いい。

20081109ride_104

基本的に林に囲まれているが、開けた所も有る。↓

20081109ride_105

色付いていますな。

20081109ride_106

↓下を覗くとこの先の道が眼下に・・・。結構下るな~。

20081109ride_107

行け~~~!

20081109ride_108

↓程なくして林から抜け出て下りが終わる(下の写真の左上)。
↓左右に府道78号が走るT字路に出る(下の写真の右上)。

20081109ride_109

↑左折すると、この先で府道19号に合流して日吉ダムに戻ってしまう(上の写真の左下)。
↑右折すると、この先で国道162号に合流して周山に入れる(上の写真の右下)。
当然、右折(黄色の矢印)。ここからの府道78号も未走路。
↓少し進むと、軽いアップダウンを経て・・・。

20081109ride_110

京北田貫町に入り、ビックリする位の直線のフラット快走路が伸びている。

20081109ride_111

山と田畑と民家に挟まれた快走路だ。

20081109ride_112

すんごい直線。

20081109ride_113

↓そうこうしているうちに登り坂らしき様相。

20081109ride_114

京北田貫町から京北下中町は登り坂。な~~んか結構きつい。
途中の道の両脇に、紅葉している木々が立つ小さな公園が有る。

20081109ride_115

綺麗です。道路自体が全体として綺麗な道です。

20081109ride_116

少し休みます。腹もぺこぺこ。

20081109ride_117

周山に出入りするのって、殆どのルートで峠のアップダウンが有るな~。
名前のまんまだな~。周り山・・・って。
登り坂にこういうちょっとした紅葉のようないい景色の部分が有ると、自転車としては精神的に少し楽になる。切り通しの崖のコンクリート補修の壁だけを見ながら登ると精神的に疲れてくるからね。

20081109ride_118b

でもまぁ、全体的にこの道は自動車でのドライブ向きかな。

20081109ride_119

自動車だったら、さっと流してしまう道かも。

20081109ride_120

やがて下り坂。

20081109ride_121

京北下中町に入ってからフラットになると、道の両脇に店や集落が並び始める。

20081109ride_122

↓やがて国道162号、周山街道に行き当たる。

20081109ride_123

↑ここは右折。
国道162号のこの部分は確か「日吉町・美山町サイクリング 2005.11.23」以来だ。実に久しぶり。
国道なので自動車はよく通るが、変に飛ばし過ぎてはいない。旧美山町付近から京北周山町の国道477号との交差点まで信号が無いので、数珠繋ぎに走っているということも無い。おかげで自然と自動車が自転車を抜きやすい状態になっている。対向車が数珠繋ぎに来ないので自転車を抜き易いのだ。
京北周山町の国道477号との交差点まで殆どフラットなので、こちらも巡航速度30km/hr以上の一定速度でラインをキープすることは全然簡単。したがって自動車も綺麗に抜いてくれる。
そういうわけで写真撮影は無く、走りに集中。まあ、5km位の距離の間だし・・・。
見える景色は山間部の国道らしい感じで良いのだが、写真を撮らないと後悔するような絶景が有るわけではなく、この区間は普通に両側に民家や店舗、田畑・・・山が並ぶといった感じ。山間の谷間に作られた道。
深見トンネルを抜けてから国道477号との交差点までは、景色よりもガーーンと走って楽しむ道だと思う。
↓これが、京北周山町の国道477号との交差点で振り返って撮影した国道162号。

20081109ride_124

↓で、その交差点。ここに大事な補給所「サンダイコー」が有る。

20081109ride_125

普通の大きなスーパーマーケットなのですけどね。旧京北町の大きなスーパーってここだけなんです。
大抵、お好み焼きやたこ焼きの露店が出ているので、そこへ直行。時刻は12:10頃。

この日はお好み焼きに焼きそばが入った「モダン焼き」が有った。結構な盛況ぶりで次から次へとお客さんが来る。
ローディーさんもここに寄ってお好み焼きを食べる人が多い。この日は二人遭遇して挨拶。
人気のお好み焼きらしく、客が多いので暫く待つ必要が有ったが、ゲット。
スーパーの前のテーブルで食べる。

20081109ride_126

Map3 ↑写真では見た目がいまいちかも知れないが、とてもおいしかった~。
これが無かったら、このあと走れたかどうだか。補給食が無いのでホ~ント助かった。
ところで、このサンダイコーにはゴミ捨て場が無いので、食べ終わった後の容器を捨てられません。なので、持ち帰る必要が有り、食べた容器をそのままジャージのポケットやウェストポーチに入れると、当然ソース付着の悲劇になります。買った時にはビニールの袋に必ず入れてもらいましょう。食べ終わった容器はそのビニールの袋に入れれば、ジャージのポケットやウェストポーチに入れても大丈夫。これ大事。

今この辺。↗
時刻は12:40。そろそろ帰路モードだ。

サンダイコーから出、国道477号で弓槻の集落を目指す。
↓弓槻川を渡って、山間部の道へ。

20081109ride_127

↓ちょっとだけ桂川沿いを走る。

20081109ride_128

やがて川から離れて登り坂。山に入る。

20081109ride_129

モダン焼きを食べていなかったら、辛かったかも。
徐々に登っていく。

20081109ride_130

登り坂の距離はそれ程長くない。
↓お決まりの切り通しのピーク。ここから下り。

20081109ride_131

京北柏原町は下り坂の快走路。

20081109ride_132

そしてフラットな快走路。

20081109ride_133

山を見ながら快走~。

20081109ride_134

↓暫くすると、青色の標示板が見える。あの辺りで左折。

20081109ride_135

左折して「弓槻橋」で桂川を渡る。

20081109ride_136

ここから府道362号に入る。この道は未走路だ。だから確認したかったわけ。
そのまま国道477号で八木町まで行けるんだけど、何度か走っている既走路なので、この日は未走の府道362号を使ってみる。
・・・ま、ゆくゆくはこのあと国道477号に合流するんだけど。

20081109ride_137

弓槻橋を渡るとすぐに登り坂開始。

20081109ride_138

結構しんどい。食べていなかったらぶっ倒れているかも。

20081109ride_139

結構自動車が通る。この先、国道162号にも接続していて、しかも走りやすい道だからな。

20081109ride_140

想定外の綺麗な道だ。そして想定外の登り坂だ。
もっと谷間の狭い道でお気楽なフラットロードかと思っていたよ~。
↓「弓槻トンネル」。トンネルに来れば登りは終わりだな(いや、甘い)。

20081109ride_141

このトンネル、照明は有るがちょっと暗い。距離は短いけど・・・。
問題は、今の進行方向では、トンネル内でも登り勾配。僕の足ではたいしてスピードが出ない。一方、自動車は結構スピードを出して突っ込んでくる上に、カーブしているのでちょっと見通しが悪い(幸い、今の進行方向では右カーブなので自動車から見易いが)。
そういう理由からか、登り側の歩道はとても幅が広くなっており(反対車線の歩道は狭くて自転車は無理)、自転車も歩道を走ったほうが無難だよ~、って言われているようなもの。
↓なので、リスク回避優先で歩道にエスケープ。無理はしない。

20081109ride_142

トンネル内の歩道はとても綺麗。よくある放り投げられたゴミも無いし、路面も綺麗。漏水も無し。
↓抜けました。

20081109ride_143

普通のローディーさんなら歩道にエスケープしないだろうな~。
トンネルを出れば勿論車道(当たり前)。
↓ちょっと下ると十字路。

20081109ride_144

↓まっすぐ進むと府道363号に入り、やがて国道162号に笠峠の少し北で合流。
↓左折しても結局同じ。

20081109ride_145

↑ここでは右折する(黄色の矢印)。府道362号と府道363号の共通部分の道になる。
↓この道が大正解!細野川沿いの良い感じの道だ。

20081109ride_146

府道362号と途中で分かれて、今は府道363号の単独になっている。府道362号は舗装部分が途中で無くなってダートの山道になってしまう。こちら府道363号は細野川沿いに進んでいく。

20081109ride_147

道幅は狭いが路面は綺麗。
自動車はたま~に通る。
ここでもローディーさん二人連れとすれ違って挨拶。ここもよく使われる道なんだろうな。

20081109ride_148

川沿いのフラットな快走路だ~♪これはいい道ですな~。

20081109ride_149

杉林の間を走ったり・・・。

20081109ride_150

紅葉の下を通ったり・・・。

20081109ride_151

細野川の渓流に感涙したり(泣いていないけど)。

20081109ride_152

良い道を知りました~~。この辺りの選択肢が増えたな。

20081109ride_153

長野の集落付近で一旦道幅が広くなる。

20081109ride_154

↓まだ続くのか~、フラット快走路。

20081109ride_155

長野の集落を過ぎると杉林の中の細い道に変わる。

20081109ride_156

と思ったら、また細野川に合流。

20081109ride_157

いや~、たまりませんな~、この道♪

20081109ride_158

秋も深まった日曜の午後のサイクリングを幸せなものにしてくれた道ですわ~~。

20081109ride_159

やがて川から離れて再び林の中へ。登り坂に変わる。それ程辛くはない勾配。

20081109ride_160

どうやらもうすぐ国道477号に再合流するようですな。
林の雰囲気がこの近くを走る国道477号にとても似ている。

20081109ride_161

しっかし、見事な杉ですな。

20081109ride_162

自動車はたま~~に通る程度。

20081109ride_163

↓程なくして国道477号に合流。
↓下の写真の左上と右上が国道477号・・・府道363号と同じ景観でしょ?

20081109ride_164

↑T字路の左右に国道477号。
国道477号のこの部分は何回か走っているが、この府道363号を気に留めず、これまでスルーしていた。今後、この府道363号も選択肢に入るな。
国道に入って左折(黄色の矢印)。
↓ちょっと登ると少し下って、林の中から出る。

20081109ride_165

神吉の集落に戻ってきた。
遠くの田園の中の小道を、おそらく紅葉峠に向かうのであろうサイクリストが見えたりして~(写真には写っていない)。

20081109ride_166

さて、国道477号を進んで「廻り田池」へ。

20081109ride_167

この日の「廻り田池」は、殆ど干上がりかけていた。

20081109ride_168

↑水が一杯だと浮島になる部分が地続きになっているし~。
(ちなみに「http://katze-tasteful-life.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/070504ride1_14.jpg」を見て~。)

20081109ride_169

↑ここで府道50号と分離。左が保津峡・嵯峨野嵐山方面に向かう府道50号。右が国道477号で亀岡に繋がる。

時刻は14:20頃。ここでこの日の最終判断。
この先の府道50号は一度走っているが、ブログ開設前だったので写真を撮っていない(「京都日吉町サイクリング 2005.10.01」参照)。今回一度おさめておきたい。ただ、保津峡で「六丁峠」という結構難関な峠が有る。3年前には押し歩いてしまった、ロードバイクでの初敗北を喫した峠だ。はっきり言って今日も自信が無い。手こずることは必至。
一方、国道477号で亀岡方面に進むと・・・そのあと、亀岡市街地→府道6号で高槻市を南下して淀川へ・・・という何回も通っている道。同じ道を走るのはあまり好きではない。加えて、神峰山寺参道入り口辺りから高槻市街地、淀川河川敷まで、って結構面倒臭い。自動車と信号に気を付け、細い道に入れば自転車に気を付けて・・・ということであまり楽しく無い。淀川には早く着けるんだけど・・・。
で、前者の府道50号を選択。ちゃんと写真を撮って、六丁峠も写真に収めてしまうことに。
嵯峨野嵐山は人混みだろうが、そこまで来れば慌てる必要無く、歩いてもいい。
そのあとは嵐山~八幡のサイクリングロードに入ってしまえるし・・・。

で、再出発。府道50号へ。

20081109ride_170

越畑の集落を登って抜けていく。

20081109ride_171

終盤に来て、意外とこの辺りって疲れるんですわ~。

20081109ride_172

所々で山の景色が見れます。「三郎ヶ岳」かな?
朝は、この山の向こう側の「水鳥のみち」を走っていたんだけどね~。

20081109ride_173

まだまだタラタラと登りまする~。

20081109ride_174

↓途中で御神木。

20081109ride_175

↓見事に黄色く色付いています。

20081109ride_176

降り注ぐ黄色のシャワーって感じ。
この辺りから道幅が狭くなる。自動車の離合が困難な区間が多くなる。

20081109ride_177

↓幾つかある愛宕神社への参道の一つが有ったり。

20081109ride_178

フラット、アップダウンを織り交ぜつつ、やがて嵯峨樒原の集落に到着。

20081109ride_179

京都西山のこの辺り、越畑~樒原~水尾って、な~んか味わい深いんです。
何ていうか・・・、いい意味で暗い感じ、寒い感じっていうんだろうか。
京都市街地から離れた、狭い道が通る狭い地域の山里の集落・・・神聖な愛宕山がすぐ近くに有ることも手伝っているのか。・・・う~~ん、言葉を知らない僕には上手く表現できない。独特の「気」が有るんですわ~。
それは、ネット上の他の方のこの辺りの写真を見ても伝わってくる。この辺りだけ違うんだよな~。嵯峨野嵐山とは違う。八木町・日吉町とも違う。亀岡とも違う。不思議な「気」だ。

20081109ride_180

先に進みます。
この辺りから度々ローディーさんとすれ違うようになる。六丁峠や神明峠を練習に使う人が多い。

20081109ride_181

緩やかなアップダウンとフラットな部分が織り交ぜられながら、薄暗い林の中を進む。
↓ここは緩い登り・・・写真では伝わらんか。

20081109ride_182

路面はまあまあ。たまにひび割れが有るけど、大きな危険は無い程度。

20081109ride_183

ゆっくりとノンビリ進みます。
薄暗くて淋しいように見えるかもしれないが、そうでもない。実は結構人の気配が感じられる。嵯峨野嵐山,保津峡,愛宕山が近いので、自動車,単車,ハイカーが散見されるから。

20081109ride_184

殆どが林の中だが、一部に開けた所も有ったりして。

20081109ride_185

↓三郎ヶ岳~牛松山の間の山波が見える。

20081109ride_186

また林の中へ。
こういう道が好きなのでいいけどね。

20081109ride_187

暫くすると下りが始まり、その途中で「神明峠」。下りの途中なのに峠ですか・・・。

20081109ride_188

神明峠は特に展望無しか・・・。
この後、暫く下り~。気持ちいいよ。
でもカーブには注意だ。自動車が下から結構上がってくるからな。

20081109ride_189

ミカン畑の間を通過~。

20081109ride_190

程なくして開けた所に出た。

20081109ride_191

↓京都西山の山の斜面が見える。

20081109ride_192

ここだけ、路面が急に綺麗になっている。3年前に通った時には舗装工事中で砂利道になっていたことを思い出した

20081109ride_193

ここで後ろから自動車が来て、その後ろに付く。結構安全運転の人で、慎重に下っていく。この辺りからハイカーさんが多くなるし、また見通しが悪くて狭い道になるから。
なので、その車を盾として進む。前方の盾して使え、後方から来る車が僕を追い抜かそうと危険な接近やクラクションを鳴らしたりしなくなるからだ。注意しなければいけないのは、前方の車を見て走ったり、あまり接近すると、突然車の下からデコボコの路面が現れる可能性が有ること。接近し過ぎは禁物だ。それに今回のドライバーさんは、エンジンブレーキよりもブレーキペダルを頻繁にかけるタイプなので、気を使った。
そういうわけで走りに集中し、「保津峡橋」まで写真撮影は無い。基本的にこれまでの林の中の狭いくねくね道であった。
↓「保津峡橋」に到着。

20081109ride_194

↑「保津峡橋」は渡らない。右手にスルーして左カーブの登り坂に入る。

Map4 時刻は15:20頃。
今、この辺→

記事を書いていて気がついた。
保津峡橋からの眺めを写すべきだった。
残念・・・orz
失念していた。
なぜかと言うと、この先の「六丁峠」で頭がいっぱいだったからだ。
「大丈夫かな~・・・僕の貧脚で・・・」って状態。
ま、保津峡の写真はまた今度・・・
(あぁ、残念・・・。)

先に進む。
↓「鵜飼隧道」を抜ける。

20081109ride_195

狭いけど、自動車も通ります。

20081109ride_196

林を抜けると右手に保津峡の眺め。

20081109ride_197

20081109ride_198

この先で保津川と清滝川が合流している。

20081109ride_199

↓その合流地点。左から清滝川が流れ込んでいる。

20081109ride_200

↓その合流地点のすぐ上の「落合隧道」。ここも狭い。

20081109ride_201

↓抜け出るとすぐに赤い橋「落合橋」。

20081109ride_202

↓進行方向左手が清滝川。「落合橋」は清滝川上に架かっている。

20081109ride_203

さて、この「落合橋」からすぐに「六丁峠」。
いよいよ突入。
前回3年前は、アルミのMARIN VENEZIA。今回はフルカーボンのPINARELLO F3:13。
前回はフラットペダル。今回はビィンディング。
肝心のエンジン(人間)は・・・あまり変わらんか・・・orz。
まっ、ここをトレーニングで使っているローディーさんから見れば「六丁峠くらいで何を大袈裟な・・・。」って感じだろうが、僕にしてみれば不安いっぱい。
↓のっけから激坂クラスのヘアピン。薄暗いので写真がぼやけていますな。

20081109ride_204

↓また激坂ヘアピンだ。

20081109ride_205

先のほうに白いガードレール。むむむ・・・まだこの勾配か。

20081109ride_206

写真を撮るために足を着いている・・・と言うのは嘘で、足を着いて休んでいるついでに写真を撮っている・・・というのが正解(^^ゞ
はなっから一気に登れると思っていないので・・・・。
みんなここを普通に一気に登っていくんだろうな~。
↓前回はここでこと切れて、押し歩きモードに入った。今回は休みながらだが乗っていく。

20081109ride_207

↑上の写真のカーブを曲がった辺りで、
↓この案内板。嵐山まで4.2kmか。

20081109ride_208

↑この標示板から先になると、勾配は少し緩くなる。
↓この位なら、よく見かけるウネウネした峠の登り・・・でも辛いけどね。

20081109ride_209

景色よりも登りに集中・・・。

20081109ride_210

↓嘘・・・しっかり撮ってるし。

20081109ride_211

上の写真の撮影ポイントからすぐのところでピーク。
↓ここが「六丁峠」。

20081109ride_212

さすがに押し歩きはしなかったが、相変わらず足着きまくりのトロトロ登りでした~。
峠の向こうも激坂の下りが見える。

20081109ride_213

このあと、写真撮影は殆どせず、いっきに下る。
・・・てか、薄暗くて、僕のデジカメ&技術では上手く写らないんですわ~。
↓登りと同じ感じの下り~~。

20081109ride_214

一気に下ると、突然世界が変わったような観光地に降り立つ。
↓奥嵯峨野の愛宕神社参道入り口に到着。時刻は16:00頃。

20081109ride_215

↑左手から下ってきて、写真を撮っている向きの背後に進む。
奥嵯峨野の観光地。これまでのハイカー・・・山・・・とは全然違う雰囲気の人達がたくさん。

20081109ride_216

↓かやぶき屋根の店が立ち並ぶ。

20081109ride_217

綺麗ですな~。

20081109ride_218

この辺りの様子は「京都嵐山・嵯峨野ポタリング 2007.07.08」に載っているので、そちらを参照してくださいな。
嵯峨野のいい雰囲気の場所ですぞ。

20081109ride_219

ほら、これまでと全然違う雰囲気でしょ。
いきなり京都観光地に入った感じ。「どこでもドア」で抜けてきたみたい(←抜けたことあんのか?!)

20081109ride_220

嵯峨野と言えば竹細工かな~。色々お土産物屋さんが並んでいる。

20081109ride_221

嵐山に向かっていくと更に人が増え、途中でロードバイクを降りて歩くことにした。
写真撮影も無し。いい感じの竹林の中の小路は薄暗くて上手く写せなかったし・・・。
しつこく、代わりにこれを見て→「京都嵐山・嵯峨野ポタリング 2007.07.08」。季節は違うけど。
天竜寺付近も大混雑。自動車では無く、車道上の歩行者と自転車に気を付けながら進む。
↓渡月橋を渡り、嵐山公園(中ノ島公園)に到着。時刻は16:30頃。

20081109ride_222

ここから保津川は桂川と再び名前を変える。

20081109ride_223

大阪北摂を越えて、亀岡・南丹市周山から保津峡を経、今、京都嵐山にいる・・・。
何か不思議な感じ。ツーリングをするとよくそう感じるよ。朝走っていた場所からはかけ離れた全然違う別の場所にいる。今回は最後に急に人混みの観光地に出てきたからなおさらだ。
・・・で、「最後」と書いたけど、まだ最後ではない。
これから大阪市内まで50km弱を走らなければいけない(笑)。
↓嵐山からサイクリングロードで、まずは八幡市・御幸橋を目指す。

20081109ride_224

時刻は16:45頃。日没が近い。リスタート。
サイクリングロード上で日没。それ以降は安全第一、ゆっくり目の24km/hr前後で走る。
写真撮影も無し。
夜のサイクリングロードって暗くて道幅が狭く、無灯火の自転車とか急に現れるからね(夜の自転車走行の無灯火は道交法違反ですぞ)。
お気楽に帰れるのかと思っていたら、何と!「羽束師橋」~「宮前橋」間のサイクリングロードが工事中で通行止め。迂回しろって・・・。この辺りはサイクリングロード以外の道に疎いので、若干迷走(団地の中にトラップされたり、どこかの会社の敷地に入りそうになったり・・・)。それでも一応、対岸を走って宮前橋に到着。またサイクリングロードに復帰。
御幸橋付近は自動車が数珠繋ぎ状態だったが、府道13号の枚方市方面の流れは良好。ここも安全モードの25km/hr前後で走る。
枚方市に突入したのは18:00頃。
淀川南岸の河川敷・土手のサイクリングロードを走って大阪市内へ。
19:15頃に無事帰還。

そういうわけで、久しぶりの北摂越えと、旧京北町~京都西山のツーリングを楽しめた。
未走路の中にいい景色の道も見つけたし、写真を撮っていなかった道も撮り直せたし。
おかげで、また写真の多過ぎる記事になってしまった。

距離も170kmというわけで満足。
六丁峠をはじめ、部分的にはきつくて疲れたが、終わってみれば全体としてはさほど疲労感の残らないコースだった。最後の50km弱のフラットのサイクリングロードでの「流し」走行でシメたことがとても効果的だったんだろう。フラットだったらあと数十kmは楽に走れた感じ。
翌日の乳酸痛もごく僅か。出勤時の青信号点滅の横断歩道を普通にダッシュしていたし。
メカトラも事故も無く、何より。

テーマ的には比較的地味なコースだったが、満足度大のサイクリングだった。
楽しかった。
 

コース概略/自宅→淀川北岸河川敷・土手→府道15→府道46→府道6→府道402→府道405→宇津根橋→府道405→平ノ沢池→市道川東線(水鳥のみち)→国道477→府道408→氷所→近畿自然歩道→紅葉峠→近畿自然歩道→神吉→府道50→桂川沿い(宇津峡)→宇津峡公園→宇津峡大橋→府道364→府道365→府道443→府道78→国道162(周山街道)→サンダイコー→国道162→国道477→府道362→府道363→国道477→廻り田池→府道50→嵯峨野・嵐山→渡月橋→嵐山公園(中ノ島公園)→嵐山・八幡サイクリングロード→羽束師橋→桂川沿い(迷走)→府道123→府道204→宮前橋→嵐山・八幡サイクリングロード→→御幸橋→府道13→淀川南岸河川敷・土手→豊里大橋→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。青色のラインが走った所))

走行距離/172.34km
走行時間/8hr52min
平均速度/19.45km/hr
最高速度/記録エラー
PINARELLO Road Bike積算距離/1694km
全Bike積算距離/14511km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« コンパニオンバードNo.10 購入 | Top Pageと・・・届かない »

 

 

Comments

今年は紅葉が遅いとか、でもこの記事読んで紅葉を満喫させてもらいました(~o~) いつも読みながらどこで補給食食べるのか、とかご飯はどうするのだ?と考えています(余計なお世話ですが)。モダン焼きゲットできて何よりです。浮島の写真、神秘的できれいですね~。笑えたのは地図の「秘密」と牛さんの一斉ガン見!!! Katzeさんの記事には必ずちょっと笑わせてもらえる部分があるので好きです! 渡月橋。。。また一人で若かりし日の事を思い出して身悶えしてしまいました~(;´▽`lllA``  最近日に日に日の入りが早くなりますね、もう11月も半ば、あっという間に今年も終りそうです。風邪気味ですか?お大事に。

« 投稿: あさたろう  2008年11月15日 (土) 17時26分

あさたろうさん>
今年は遅いんですか~。何故でしょう。京都は来週末辺りがいいのかな~?
食べている様子が無いサイクリングですが、実際、補給食が殆どです。要は、自転車から離れて店に入るのが嫌なだけなんですけどね。
住んでいる所は「秘密」にしていますが、僕の色々なサイクリング記事をじっくり読み、距離を計算すると相当に場所が絞り込まれてしまいます。まぁ、悪いことをしていないのでいいのですが・・・(^^ゞ
牛にはガン見されたので、鳥の鳴き真似で応戦してやりました。「なんだ?あのアホ。」と思われていたかも。
渡月橋、実際に行って身悶えしてみてください~アハハ。

17時頃には暗くなってしまうので、もう春まで遠出、長距離は無くなりそうです。

風邪気味です。インフルエンザで無ければいいのですが、調子が悪くなって三日目・・・たぶん普通の風邪だろうと願っています。なにせ、大阪ではもうインフルエンザが流行っているそうで・・・。

« 投稿: Katze  2008年11月15日 (土) 17時46分

滋賀県でも学級閉鎖する学校が出始めました。来週早速予防注射予約しました。4000円也coldsweats02 病院によって値段が違う。。。って事はお医者さんの気持ち一つでどうにでもなるって事ですかね。。。かかって苦しむのもイヤなので毎年摂取してるんですが。風邪気味のときって「首」と名のつくところを暖かくするといいとか。首、手首、足首。。。 来週半ばから寒くなるとか、お互い健康には気をつけたいですね。 手荒い、うがいがかかせない季節になりました。早く良くなるといいですね。

« 投稿: あさたろう  2008年11月15日 (土) 21時34分

あさたろうさん>
ありがとうございます。
予防接種は受けたほうがいいですよね。僕も今年は受けようかな~と。その前に一応、今の風邪を治してからにします。
「首」と名のつくところを暖かくする>
やってみます。それにそこを保温すると、服の中も温かくなりそう→全身温かかも。

« 投稿: Katze  2008年11月15日 (土) 22時32分

この記事で京都の紅葉を楽しませてもらいました。
所々に見える紅葉が素敵ですね~紅葉をバッグに走ってこられた
Katzeさんがなんとも羨ましいです。
道もとても走りやすそう~~気持ちいい走りができたようですね。
途中の休憩でのお好み焼き、これ食べなかったら本当どうなってたでしょうねcoldsweats01
最後は急に観光地へと出ましたね、かぶき屋根がとっても綺麗ですhappy01

« 投稿: けめチチ  2008年11月16日 (日) 01時18分

けめチチさん>
里山に入れば普通の道でも紅葉が点在してるので、こうして楽しめました。
お好み焼きの炭水化物はエネルギーになりました。おいしかったですし。
嵯峨野のかやぶきの店はとても綺麗です。

« 投稿: Katze  2008年11月16日 (日) 08時07分

こんばんは、Katzeさん。
紅葉峠を経ての京北、50号線の詳細なレポート、興味深く拝読しました。

>京都市街地から離れた、狭い道が通る狭い地域の山里の集落・・・神聖な愛宕山がすぐ近くに有ることも手伝っているのか。・・・う~~ん、言葉を知らない僕には上手く表現できない。独特の「気」が有るんですわ~。

おっしゃるように里山独特の明るい「気」、土俗めいた「気」を感じる場所がありますね。それが里山ライドの楽しみなんでしょう。

それにしても詳細な写真、地図、いつも感嘆しております。さっそく今回の地図も保存させて頂き、私のタラタラライドにも活用させていただきます。

でも六丁峠では写真を控えて一気に登ってみてくださいませ(笑。


« 投稿: asyuu  2008年11月16日 (日) 20時19分

六丁峠はきついですよね~。
僕はいつも嵯峨野側から登ります。
嵯峨野の雰囲気が大好きです。
それにしてもいいコースですね、今度
行ってみようかなぁ。170kmはなかなか
走り応えがありそうですね。

« 投稿: soara  2008年11月16日 (日) 20時28分

asyuuさん>
紅葉峠、早くも確認してきました~(^-^;

そうですね。土俗の「気」がぴったりかも。京都西山ってそう思います。ここともう少し南のP山やT王山辺りまで同じ感じがします。

六丁峠をいっきに登るためには、六丁峠のため「だけ」に走りに行って、さらに登る前に十分に休んで行かないと僕には無理でしょう。それでもどうかだか・・・
(;´▽`A``

« 投稿: Katze  2008年11月16日 (日) 21時22分

soaraさん>
嵯峨野からの六丁峠のほうが標高差が有るでしょうから、やっぱりそちらのほうがきついんでしょうね。特に最後の登りはきつそうに見えます(下った感じでは)。

今回の距離は170kmですが、嵐山→大阪市内でフラットの50kmを使っているだけですので、soaraさんならもっと遠回りで回られてもいいと思います。花背峠経由で京都市街地に戻るというのも有りかも知れません。充実の200km越えになるかもgood

« 投稿: Katze  2008年11月16日 (日) 21時31分

紅葉が綺麗ですね~♪
こういう景色は行った甲斐がありますね。

ハンガーノックって何!どうなっちゃうの~~
って途中からお好み焼き登場までそればかり考えて読んでましたよヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

夕方の風景はなんだか温泉街とかの夜の風景みたい(*´∀`*)
満足いける内容でよかったですね♪

« 投稿: しましま  2008年11月18日 (火) 20時35分

しましまさん>
何気ない道端の紅葉を楽しめました。
京都の夕暮れっていい雰囲気ですよ~。まだ紅葉シーズンですので、京都に遊びにいらしたらどうですか~。

ハンガーノックは怖いですよ~。一度なったことが有りますが。
エネルギーが突然切れるみたいな感じです。
体に力が入らなくなって、自転車には先ず乗れません。ペダルが回せません。ウソみたいに脱力状態です。
人によっては吐き気・めまいも・・・。
そしてそのあと急激な寒気。体の震えが止まらなくなるんです。

« 投稿: Katze  2008年11月18日 (火) 21時48分

極度にお腹が減ると体だけでなく、頭も回らなくなるからきついですよね(/□≦、)
おいしいモダン焼きに出会えて良かったですね~♪
赤いモミジに黄色いイチョウ、木々の色づきがとてもキレでした(゚▽゚*)
浮島がなくなっているのにもビックリ!!
嵯峨野のお土産屋さん、中学か高校の修学旅行で行ったかも。。ものすごく見覚えがありました(笑)

« 投稿: nanao  2008年11月19日 (水) 00時48分

nanaoさん>
モダン焼きには救われました~。

あの池は水を抜いたり入れたりしているようで、浮島が見れる時はラッキーかも知れません。

嵯峨野のあの付近のお店は小奇麗で、女子のほうが喜びそうですね。

« 投稿: Katze  2008年11月19日 (水) 07時15分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/43074284

この記事へのトラックバック一覧です: 亀岡~京北町サイクリングⅡ 2008.11.09: