« 365カレンダーが届く | Top Pageインコの紹介⑧ チコ »

2008年12月 6日 (土)

井手町山吹サイクリングⅡ 2008.11.30

年月日/2008年11月30日

バイク/Trek Fuel Ex8 MTB (Full Sus.)

目的/京都府井手町の山吹ハイキング・コースと、TMSD~旧YS町KTの林道を走る。

ポイント/①新車Trek Fuel Exに慣れる,②本格的な山サイはまだ自粛しておく。

内容/
(本記事のコースは近畿のMTBerに広く知られており、MTBのイベントで使われ、かつ自転車雑誌でも実名・コース・マップ付きで度々紹介されているため、実名のまま記載しました。ただしコースから外れる場所については、ネット検索で簡単にからないように曖昧な表現をしている箇所も有ります。)

前回の記事「納車 TREK Fuel EX8 ウェルカム・サイクリング 2008.11.29」に書いた通り、前日に TREK Fuel EX8 が納車された。
早速乗ってみようというわけで、この日は初出撃をする。
場所については、
①先ずは慣れたいので、危険の低いダート林道の様なダブトラが有る場所。
②比較的長くダートを走りたい。
③登り,下り,フラットをまんべん無く走って確認したい。
④舗装路での走行も確認したい。
⑤大阪市内から往復自走可。
を満たす所がいい。
絶好の場所が有る。
京都府南部の井手町に有る、通称「山吹のコース・・・」で会話が通じるMTB走行可のハイキング・コースだ。山城フルーツライン~龍王の滝~代官屋敷跡~六体石仏~大正池~万灯呂山展望台を一周するライン。また、A山~TMSD~TJ川沿いの林道を含める場合も有る。これらを繋いだコースなら上記の①~⑤の全てが満たされる。

自宅を7:00ちょい前に出発。
淀川北岸沿いの河川敷と土手を東進。枚方大橋で南岸に渡ってまた東進。
京都府八幡市から府道13号で東進。御幸橋手前で木津川沿いのサイクリングロードに入って南下。
↓山城大橋が見える所まで来た。時刻は9:00頃。

20081130ride_1

ここまで殆どがフラットな舗装路走行。
特に問題無し。良い感じの乗り具合だ。
↓山城大橋を渡って東岸の城陽市へ。

20081130ride_2

↓山城大橋から北の木津川下流方面の眺め。

20081130ride_3

↑綺麗ですね~。
↓橋から東の方角の山々。今日はあの中に突入しま~す。

20081130ride_4

山城大橋~国道307号から最初の信号を右折して青谷川を越え、井手町に入って南下。
↓途中で左折し(ちょっと道に迷う)、程なくしてJR奈良線の線路を越える。

20081130ride_5

踏切のすぐ南に「山城多賀駅」が見える(上の写真の右)。
そのまままっすぐ進み、府道70号を横断。
民家の間の細い道をほぼ真っ直ぐに東進すると、「山城多賀フルーツライン」の巨大な立て看板に出くわす。↓

20081130ride_6

↑看板の矢印が指すほうへ。
↓すぐにY字路の分岐。

20081130ride_7

↑「万灯呂山展望台」を指すほうへ左折。
でも今日は「万灯呂山展望台」には行かないけどね。
↓登り坂が始まる。

20081130ride_8

↑朝日が当たる小さな茶畑の脇を登る。
↓次いで、薄暗いの林の中の登り坂。

20081130ride_9

サスは両方ともロック状態にして登る。思ったほど重くないな。
↓程なくして左手に「龍王の滝」への分岐。

20081130ride_10

↑今日は「龍王の滝」には行かない。
ちなみに行くにしても、MTBならば、ここで左に入って行かないほうがいい。
MTBを担いで降りるのが辛い梯子風の階段が有る。「龍王の滝」へはこの先のもう一つの分岐で行ける。
↓程なくしてまたY字路。

20081130ride_11

↑今日は「万灯呂山展望台」には行かないので左へ。
ロードバイクならば右の登り坂を進んで「万灯呂山展望台」に行くのがいいだろう。右手の登り坂ならば、展望台まで舗装路だからだ。左手の緩めの登り坂でもゆくゆくは万灯呂山に着くが、多くがダートなのでMTB向き(今日はそこを走るんだけどね)。ロードでは・・・かなりチャレンジャー・・・てか、MTBerに見られたら「何で?!わざわざ・・・。」って表情されると思う。
↓で左手を進む。登り勾配がだいぶ緩くなって、アスファルト舗装路も・・・。

20081130ride_12

↓ダートに変わる。ここからダート部分が多くなる。

20081130ride_13

↓程なくして、「龍王の滝」へのもう一つの分岐。

20081130ride_14

↑左手に丸太の下り階段が有る。
前回「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」ではここを降りて「龍王の滝」を拝んだのだが、今日はパス。滝の写真は「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」を見てくださいな。
↓そのままフラットなダートのダブトラを進む。

20081130ride_15

フラットがやがて登り勾配に変わる。
ここから暫くは、途中でフラット部分を何回か挟みながらも、おおむね登り勾配が主体になる。

20081130ride_16

登り勾配部分は、路面が崩れないように舗装されている部分が点在する。
特に勾配のきつそうな箇所は、路面が崩れないように舗装されている所が多い。
ただ、舗装路と言っても、上から湿った土や枯葉等が被さっているので、普通の町中の乾いた舗装路とは路面の状態は違う。

20081130ride_17

冒頭でお気楽なダブトラ林道のような印象をもたれたかもしれないが、路面がしっかり有るダートのダブトラ林道で、MTB初心者向けの「危険度が低いコース」ということであって、体力要らずのコースと言うわけではない。舗装路サイクリングロードをのんびりポタするつもりで入ると予想外にやっつけられるかもよ。
ダートの登りって同じ勾配の舗装路よりも全然疲れるよ~。

20081130ride_18

今回は新車の慣れと具合の確認という意味で、このやや緩めの登りのダートのコースを選んだのだが、なかなか登り易い。もっと重いかな~と思ったのだが、意外と軽く進んでくれる。

20081130ride_19

それにしても、いいね~、このダブトラ。

20081130ride_20

↓途中でちょっと開けた所に出る。

20081130ride_21

↓上のほうがまだ少し色づいて残っていますな。

20081130ride_22

↓また林の中へ。まだ登り基調。

20081130ride_23

写真を撮るために止まっているから、それが結果的に休みになっているのであって、足をいっさい着かずに登り続けたら、結構ハードだと思う。

20081130ride_24

↓こういうように舗装部分が有る。

20081130ride_25

舗装部分が見えたら勾配が強くなると思えばいいでしょうな。

20081130ride_26

舗装化しておかなかったら、坂道は路面が崩れちゃうからかもしれないね(ホントか?)。

20081130ride_27

ところで、ここはハイキングコースながらハイカーさんに出くわすことは少ない。そう言った意味では山のシングルトラックよりも安心だが、絶対に出くわさないというわけではないので、当然注意が必要。調子に乗った飛ばし過ぎは禁物だと思う。山林関係者も通るしね。

20081130ride_28

↓また開けた所に出た。ここからフラット・ダートが主体。

20081130ride_29

↓山の上のほうがまだ色づいていますね。

20081130ride_30

空も澄んで、綺麗なスカイブルーですな。

20081130ride_31

↓ここからフラットな快走ダートがしばらく続く。再び林の中へ。

20081130ride_32

ウハウハですな。

20081130ride_33

MTBerともこの付近で二人ほどすれ違う。
こんなに長くリラックスして走れるダブトラって、近場にそんなに無い。
だからMTBerがよく来る。いわば、MTBerのサイクリングロードみたいな位置づけかな。
大事にしたいよね~、このコース。だからこそ事故・トラブル禁物ね~。

20081130ride_34

↓木漏れ日の中を走ります。

20081130ride_35

アハ!

20081130ride_36

アハハ!

20081130ride_37

アハハハハーー!
って感じ。

20081130ride_38

↓程なくして左手に「代官屋敷跡」の分岐。

20081130ride_39

↑今日は「代官屋敷跡」はスルー。黄色の矢印のほうへ進む。

20081130ride_40

「代官屋敷跡」については以前の記事「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」を見てくださいまし。「・・・あ~・・・。そういう感じね・・・。」って言いたくなると思うけど。
↓また少し登り勾配になる。

20081130ride_41

↓すると、先ほどの「代官屋敷跡」から近い所、右手に「六体石仏」への分岐。

20081130ride_42

↑「案内板」。

20081130ride_43

「六体石仏」については今回も行きます。挨拶しておかないとね。
↓右手のシングルトラックを登ります。

20081130ride_44

↓程なくして左手に「六体石仏」。

20081130ride_45

ここまでの無事を感謝し、この先の安全を祈願しましょう。

20081130ride_46

シングルトラックを下って、再びダブトラへ戻る。
↓また少し登ると・・・。

20081130ride_47

↓目の前が登りの終わり。

20081130ride_48

↓脇にOY山への登山道が伸びていたり・・・今日は行きませんよ。

20081130ride_49

今日はノー・リスクのダブトラだけ。
↓下ります。この日初めてのダート・ダブトラの下り。

20081130ride_50

下れ~!

20081130ride_51

逆に登ったらきついかも・・・。こちらから登るほうが距離が短いけれども登りとしてはきついかもね。
↓程なくして正面にゲート。右手斜めにダートの続きで登り坂。↓

20081130ride_52

以前の「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」では右手のダートの登り坂を進んで大正池経由で万灯呂山展望台まで行ったのだが、この日はそちらに行かない。あとで別のダートを走りたいから。
でも、右手に行ってもダート・ダブトラを楽しめるよ~。登りも多いけどね~。アハハ!
↓で、ゲートの横を抜ける。

20081130ride_53

↑「自転車通行可」ですね~。
↓ゲートを過ぎ、目の前の大正池沿いの道へ。時刻は11:00頃。

20081130ride_54

↓「大正池」の説明案内板。ほぼ人工湖ですな。

20081130ride_55

↓まずは池の北端の「自然鑑賞園」。

20081130ride_56

長閑ですね。

20081130ride_57

晩秋~初冬の日曜日の昼近く・・・。良い感じの場所ですな~。

20081130ride_58

池に沿って先へ。

20081130ride_59

↓「願いの架け橋」に到着。

20081130ride_60

↓向こうにダムが見える。

20081130ride_61

逆光で写りが悪いが、生で見ると綺麗でしたよ~。

20081130ride_62

池の周りの木々がまだ色づいていてね~。

20081130ride_63

また先へ。
途中でMTBer三人と出会って挨拶(またあとで出会う)。

20081130ride_64

↓ここでちょっと早めの昼食に。時刻は11:20頃。

20081130ride_65

↓コンビニおにぎり2個が昼ごはん。

20081130ride_66

やっぱりMTBの時はおにぎりでしょ。
米だよ、米・・・。お・こ・め。

20081130ride_67

食べたら再出発。
↓もうちょっとだけ池沿いに走る。

20081130ride_68

↓紅葉が残っている。

20081130ride_69

↓綺麗ですね。

20081130ride_70

↓池の対岸には「浮御堂」が有る。

20081130ride_71

↑先ほどのゲートを抜けずに右手の登り坂ダートを進めば、浮御堂に寄れるよ~。
↓ダムの上を通る。

20081130ride_72

↓ダムから北の方角の池。

20081130ride_73

↓鴨の一家が水面を進んでいます。最大ズームでも写らず・・・。

20081130ride_74

↓ダムの放出口側。

20081130ride_75

↑水の流れはT川に注ぐ。
↓では「大正池」半周は終わり。

20081130ride_76

↓ダムを渡り終え、左の下り坂へ。

20081130ride_77

↓府道yyy号に合流。

20081130ride_78

↑府道yyy号は度々ロードバイクで走っているが、このゲートは気にも留めていなかった。
で、府道yyy号をちょっとだけ西進(下り勾配)。ID小AO分校近くの分岐で左折するはずが、数kmほど行き過ぎてしまい、また戻る。
↓ここがそのID小AO分校近くの分岐。

20081130ride_79

↑大正池方面からは黄色い矢印のように左折(本来はね)。
この辺りは、歴史的なスポットが幾つか有る。この日はスルーしたが、またいつかポタリングでノンビリと回ってみたいものだ。
↓ちなみに「ID小AO分校」。なんか味わいあるな。

20081130ride_80

↓左折するとすぐにト字路。ここは右手へ。

20081130ride_81

これからA山の西側の舗装路で山越えです。

20081130ride_82

舗装路の登り。サスはロック。

20081130ride_83

ロードバイク向きですな。フルサスMTBだと疲れまする~。

20081130ride_84

ロードで登りたくなるでしょ?
ローディーが多い府道yyy号の近くながら、ここを登るローディーってあまりいないのでは?なぜなら、登って下るとその先はダートしかないから・・・それも距離の長いダート。この舗装路のA山の登りはトレーニングとしてまた引き返して登り降りするならいいかも知れない。ま~、それほど距離が有るわけではないので、ここで練習しなくてもいいか・・・とも思えるね。

20081130ride_85

ん~~、なかなか疲れますな。さすがにフルサスMTBだと。
展望は殆ど無いが、サイクリング的な良い道だとは思う。この先のダートを考えれば、MTBで越えるべしだな。

20081130ride_86

↓登りの終わり。

20081130ride_87

↑谷に降りる感じのシングルトラックや、A山山頂に繋がるかも(?)しれないシングルトラックが有るが・・・今日は行きません。
↓素直に舗装路を下る。

20081130ride_88

右手の竹林がいい感じ。
木津川市の山と言えば竹林が多いですな~。

20081130ride_89

↓気持ち良く下っていくとT字路にぶつかる。

20081130ride_90

↓左手はSJ山に繋がる道。すぐこの先から比較的新しいダートの林道がSJ山山頂近くまで伸びている。以前SJ山からこのT字路まで来て、今日これから行こうとするダートの林道へ入った。
今日はSJ山には行かない。

20081130ride_91

↓右折してダートの林道へ。

20081130ride_92

快走のダート林道だ。

20081130ride_93

緩~い下り基調なので、めちゃめちゃ気持ち良い。

20081130ride_94

ウハウハ×2って感じ~♪

20081130ride_95

振り返ると色づいているA山。

20081130ride_96

そしてまた先へ進む。

20081130ride_97

めちゃめちゃ楽しいぞ~。この道は。

20081130ride_98

MTB超初心者向けのコースかも。初めてダートを走る人向け。
最初にここを走ればMTBが好きになる筈(いきなり険しい山のシングルに突入しても怖くて嫌になるかもしれないからね)。

20081130ride_99

写真の枚数以上に結構長い距離だと思う。

20081130ride_100

ここでもMTBerとすれ違って挨拶。ここも良く知られている道だ。

20081130ride_101

今日の慣らし走行にぴったりですな。

20081130ride_102

楽し過ぎる!

20081130ride_103

開けた所に出た。残念だが、もうそろそろダートは終わり。

20081130ride_104

畑の脇を抜けていく。

20081130ride_105

楽しかったよ~。山吹の道・・・山。さらばだ~。

20081130ride_106

竹林の中を抜けると・・・。

20081130ride_107

↓交差点に出る。この交差点を撮影したのは何回目だ?

20081130ride_108

↑左折すると「不動川砂防歴史公園」の近くを通ってYS町森林公園へ繋がる(上の写真の左下)。
↑右折すると・・・分からん。行ったことが無い(上の写真の右下。
↓・・・で、交差点をまっすぐ進み、竹林の中の道へ。時刻は13:00ちょい過ぎ。

20081130ride_109

もう、ここから舗装路のみ。帰路モードです。

20081130ride_110

TJ川沿いの細い道をグングン下る。

20081130ride_111

基本的に林の中を走るが、多少開けて所も有る。

20081130ride_112

下り終えると、「KM寺」の近くの集落に出る。

20081130ride_113

ここからTJ川沿いに進んで国道24号に入ってもいいのだが、交通量が多いのでやめておく。代わりにこのあと府道xx号に入って北上。
木津川市から井手町に戻る。
↓程なくしてT川沿いの小道に入る。ここは春は桜、秋は紅葉が綺麗な散策路。

20081130ride_114

まだこんなに真っ赤。

20081130ride_115

T川の水面も光って綺麗。

20081130ride_116

T川沿いに進むと国道24号にぶつかり、すぐTM橋の東端に行ける。
橋に入るために国道交差点で信号待ちをしていたら、先ほど大正池で出会ったMTBer3人さんと再会してまた御挨拶&ちょっと会話。
どこから来たのか尋ねられたので「大阪市内から自走で」と答えるとちょっと驚かれてしまった。
ま~ね~。大阪市内から山吹までわざわざ自走で来る人ってそんなにいないだろうからね。だってMTBなのに100km走った上に、本命の山吹のコースよりも淀川~木津川沿いの舗装路の往復の距離のほうが断然長くて、8割くらいはそちらに費やされるから(笑)。普通、大阪市内在住なら北摂の箕面とか、生駒とか、大阪南部なら金剛葛城方面に行くだろう。
↓彼らと別れて、TM橋を渡る。時刻は13:30頃。

20081130ride_117

↓TM橋から南の方角の木津川上流方面の眺め。綺麗ですな~。

20081130ride_118

このあと木津川沿いのサイクリングロードに入ってひたすら帰る。木津川土手のサイクリングロードは向かい風や横風がガンガン来て失速。追い風が全く無し。木津川沿いでかなり疲れる。
御幸橋手前で府道13号に入り、枚方市へ西進。
枚方市に入ってから淀川河川敷の舗装路に降りて西進。
枚方大橋を渡って北岸に移り、また西進。高槻市付近で小雨に出遭うが、摂津市付近では止んでいてホッ。
最後は結構腹ペコ状態になったが無事に帰宅。時刻は16:40頃。

そういうわけで、この日の主目的は「Trek Fuel Ex8に慣れる」サイクリングだったが、やっぱりサイズが合っていると扱いやすい。乗りやすい。疲れにくい。
MTBの場合はやや小さ目がいいな。手元で回れると楽。今後は、もう少し山道らしいシングルトラックに入るつもりだが、今のところ問題無さそう。
あとは、厳しい路面での下りで、ブレーキレバーの位置とかを確認したい。今回はサドルを一度も下げる必要が無い、安全なダートのダブトラの下りだったのだが、山の中だともっと危険な下りになるので、その時のレバーの位置がいい感じになっているか確認したい。心持ち少し上げ気味にしたほうがいいかも。
サドルについてはOKのようなNGのような・・・。微妙。最後のほうで若干尻痛が有った。ま、走りに影響するほどではなかったけど。サドル上の尻の位置を頻繁に変えることが多く、同じポジションで長い距離を乗ることが少ないMTBであることを考慮すれば許容範囲かも知れない。もう少し様子見だ。

ま~、何にしても気持ち良くダブトラを楽しめた。
いい初出撃になった。
 

コース概略/自宅→淀川北岸河川敷・土手→枚方大橋→淀川南岸河川敷・土手→楠葉→府道13→八幡木津サイクリングロード→山城大橋→国道307→京都府井手町西北ノ代→山城多賀フルーツライン→井手町・多賀「山吹ハイキングコース」→六体石仏→大正池→府道yyy→ID小AO分校前→TMSD→旧YS町KT→TJ川沿い土手→府道xx→T川沿い土手→TM橋→八幡木津サイクリングロード→府道13→楠葉→淀川南岸河川敷・土手→枚方大橋→淀川北岸河川敷・土手→自宅

走行距離/108.26km
走行時間/7hr00min
平均速度/15.47km/hr
最高速度/記録エラー
Fuel Ex8 MTB(Full Sus.)積算距離/124km
全Bike積算距離/14668km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 365カレンダーが届く | Top Pageインコの紹介⑧ チコ »

 

 

Comments

アハ!アハハ!アハハハ~!とKatzeさんの笑い声が聞こえてくるようです(・∀・)イイ!  紅葉も綺麗、おにぎりも美味しそう!コンビニおにぎりでは上等の部類ですよね、これ。鮭、お好きですか~(;´▽`lllA``私も買うなら鮭、です(~o~)  大枚はたいた?甲斐があったんですね(^^?) いい初出撃で何よりです。これからガンガン乗れますね~!

« 投稿: あさたろう  2008年12月 7日 (日) 17時50分

8羽揃いましたね(v^ー゜)ヤッタネ!!

« 投稿: あさたろう  2008年12月 7日 (日) 18時09分

あさたろうさん>
大枚はたいた上に、前のMTBを犠牲にして購入したので、その分、楽しく乗りまわしたいと思います。
おにぎりは断然、鮭派です。

ブログのTOPバナーに「後ろ向き」のチコを追加しました。
翼のシナモングレーを見せたくて・・・。
一羽ぐらい、向きが揃っていない子がいたほうが面白いかな~と思いまして・・・。

« 投稿: Katze  2008年12月 7日 (日) 21時16分

まっかっかな紅葉、綺麗ですね。
今年は特にまっかっかをよく見ます。
何か気候と関係あるんだろうか。

石仏ですが、私はなんだかこういうの怖くて
写真に撮れません。

私も今日鮭のおにぎり食べました~♪

« 投稿: しましま  2008年12月 8日 (月) 00時21分

初出撃、楽しそう(◎´∀`)ノ
日差しも落ち葉も道も気持ち良さそう!
Katzeさんの楽しい様子が伝わってきましたo(*^▽^*)o

今日は早い時間にお夕飯を食べたので、写真のおにぎりにものすごく惹かれました(笑)

« 投稿: nanao  2008年12月 8日 (月) 01時40分

からっからに晴れた良い日に今回は乗り心地も最高
みたいで、katzeさんのるんるん気分が伝わってきました!
こんなに紅いんですね!もみじって。。
本物より鮮やかかも、画像は一瞬にして美しさを切り取りますね、心洗われそうshine

みなさんシャケのおにぎりに目がいきましたねぇ(笑
私も1番にシャケ、2番は明太子♪
あと一口甘いもの(あんこもの)が欲しいところsmile

« 投稿: はな  2008年12月 8日 (月) 12時54分

空も快晴で、初出撃にはピッタリな天気でしたね~
ウハウハ~本当に気持ちよさそうに走ってるのがわかりますbicycle
私も鮭のおにぎりに目がいきました、昼食シーンはなかなかありませんから(笑)
ハラスと新巻鮭はどっちがお好みでしたか?
お外で食べるとコンビニのおにぎりでも美味しく食べれちゃいますねgood
いい初出撃で良かったですねhappy01

« 投稿: けめチチ  2008年12月 8日 (月) 14時05分

しましまさん>
寒いほうが赤くなるみたいです。
理由は忘れちゃいました。

石仏とか道端の地蔵とかはむやみに撮らないほうが無難でだと思います。
僕は、周りの雰囲気と直観、観光スポットかどうか・・・で判断しています。

« 投稿: Katze  2008年12月 8日 (月) 23時23分

nanaoさん>
夜食におにぎり・・・て食べたくなりそうですね。
朝ごはん用に買っておいたコンビニおにぎりが寝る前に腹に入っちゃうことが有ります。

晩秋~冬の枯葉の上を走るのって気持ちいいです。

« 投稿: Katze  2008年12月 8日 (月) 23時25分

はなさん>
紅葉の名所に行かないと、なかなかこれだけ濃い紅葉ってお目にかからないのでラッキーでした。
写真は周囲の背景が写らないように出来るので、余計に画像いっぱいに赤に見えますね。

明太子もいいですね。
明太子はおにぎりよりもアツアツご飯にのせて食べたいです。

« 投稿: Katze  2008年12月 8日 (月) 23時28分

けめチチさん>
どちらの鮭おにぎりも好きですね~。甲乙つけがたしです。

そうそう、外で食べるとコンビニおにぎりも極上なおにぎりに変身します。

« 投稿: Katze  2008年12月 8日 (月) 23時30分

Katzeさん、はじめまして。山吹コースは本当に気持ちいいコースですよねsun僕もよく走りに行きますけど、大正池までのあいだに何度も心が折れて、しょっちゅう休憩してますけどねcoldsweats01走りに行くたびに、今日こそは休憩なしで走破しようって挑むんですけど、これがなかなか厳しい~

« 投稿: リンダ  2008年12月10日 (水) 20時06分

リンダさん>
初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
このコース、走り続けるとなると結構きついですね~。
僕も写真も撮らずに走り続けるとなると、間違いなく途中で心が折れると思います。

« 投稿: Katze  2008年12月10日 (水) 23時31分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/43290403

この記事へのトラックバック一覧です: 井手町山吹サイクリングⅡ 2008.11.30: