« TSUBASA 2009年度会員更新 | Top Page覗きこみチェス »

2009年4月18日 (土)

片鉄ロマン街道サイクリング 2009.04.12

年月日/2009年4月12日

バイク/GLOBE (SPECIALIZED) Small Bike

目的/岡山県備前にある、片上鉄道跡のサイクリングロード「片鉄ロマン街道」を走ってみる。

ポイント/①大阪~岡山間は往復輪行,②サイクリングロード往路(西片上→吉ケ原・柵原まで)は風景と写真撮影を楽しみ、復路(柵原・吉ケ原→(復路は途中の)和気まで)はひたすら走ることを楽しむ。

内容/
この週末の土曜日は所用で自転車に乗れず、日曜日にサイクリングに出掛けることにしていた。ただ、今年の花粉は飛散量が多ようで、スギに比べれば比較的感受性が弱いヒノキに対しても反応している状況。ここ10年位は、桜の開花が始まる頃には発症することは無かったのだが、今年は4月前半位まで薬を飲まずにマスクを付けずに外出すると発症。そういうわけで、またまた今回も割と体に負担の無い小径車でノンビリとサイクリングするパターンにすることにした。
すっかり“ポタリング野郎”になってしまったが・・・。

ちなみに“ポタリング”の定義は・・・

サイクリングの一種で、近郊を一人か家族連れや気の合ったグループで散歩程度に軽く走ること。
目的を決めずに気の向くままに走ること(Wikipediaより)。

僕は、無計画で走ることはごく稀で、例えば先月の「龍野ポタリング 2009.03.29」「奈良西ノ京ポタリング 2009.03.21」とかは計画を立てて走っているので本来“ポタリング”ではない。
僕の記事で“ポタリング”と言えるのは淀川沿いをちょこっと試走する時ぐらい。
そこで僕のサイクリング記事では、計画の有無ではなくて、
“舗装路上の数十km程度の距離の範囲を、気持ち的に焦らずノンビリと巡航速度10km位でも回りきれる場所を走る”
という時に“ポタリング”と名付けている。

そうなると当然、ここ数回のポタリングで、“行こうと思っていながら挫折して二度寝してまい行かず仕舞いになっている某所”、に行くつもりだったのだが、またこの日も4:00頃に目が覚めながら、嫌になって2度寝。(;´▽`A``
7:30頃に起きたので予定を変更し、前から概ね計画を立てていた、岡山県備前にある「片鉄ロマン街道」(下の地図の青色の線)を走ることにした。

090412submap_0

岡山県の南東部“備前”と呼ばれる地域に、かつて「同和鉱業 片上鉄道(どうわこうぎょう かたかみてつどう)」という鉄道路線が走っていた。岡山県備前市の片上駅から岡山県和気郡和気町の山陽本線和気駅を経由して岡山県久米郡柵原町(現美咲町)の柵原駅までを結ぶ、柵原鉱山の鉱石輸送鉄道として開業した「同和鉱業(現・DOWAホールディングス)」の鉄道路線である。
吉井川の川舟(高瀬舟)に代わり、柵原鉱山で産出される硫化鉄鉱を片上港まで輸送する目的で建設され、1923年1月に片上 - 和気間が開業した。次いで8月に和気 - 備前矢田 - 井ノ口(貨)間が開業。1931年2月、井ノ口 - 柵原間が開業し(井ノ口駅は廃止)全通した。柵原鉱山からの鉱石輸送のほかに旅客営業も行われ、沿線住民の足にもなっていた。1991年6月30日まで営業されていたが全線廃線になった。
その後、この鉄道敷を利用してサイクリングロードを作ることになり、2003年11月に「片鉄ロマン街道」としてサイクリング・ジョギング・ウォーキングに使える自転車道が完成した。
かつての車窓風景をサイクリングで楽しむことが出来るというわけだ。
片道34.23kmとのこと。
また、「片鉄ロマン街道」の北端、吉ケ原駅跡では「片上鉄道保存協会」管理による「柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園」にて、かつての車両を見ることも出来る。

この鉄道敷跡のサイクリングロードの存在は結構前から知っていて、いつか行こうと思っていた。急に思い立ったために、いつもよりはちょっと事前調査不足では有ったが、輪行のための列車時刻や概ねのルート位は調査&計画していたし、「まぁ、サイクリングロードだから迷うことは無いな」ということで、関連サイト(→これ)からダウンロードした地図を持って出かけることにした(もっとよ~~く調査しておけばよかったと少々後悔することになったが・・・それは後程本文で・・・)。

その大体のルート計画とは・・・、まずは輪行でJR赤穂線の西片上駅へ。そこから「片鉄ロマン街道」南端に取りつき、ひたすら北上。まずは北端まで走る。折り返して南下するが西片上駅まで戻らずに、途中のJR山陽本線の和気駅でゴール。和気駅から輪行で大阪へ帰る・・・というもの。
輪行の列車の計画については・・・後の本文を書きながら説明しま~~す。
概ね往復するパターンだが、往路(西片上→吉ケ原・柵原まで)は風景と写真撮影を楽しみ、復路(柵原・吉ケ原→(復路は途中の)和気まで)はひたすら走ることを楽しむことにする。風景を楽しみつつ写真撮影は大いにしたい。しかしそれでは頻繁に止まることになるので、“走りたい欲求”は復路で満たすというわけ。
片道34kmが往路で、和気駅までの復路は26km。「片鉄ロマン街道」部分は合計60km位だ。
・・・あっ、上述の“ポタリングのMy定義”によれば“距離”が定義から外れているので、タイトルでは“ポタリング”とせずに、“サイクリング”にしま~す。気分的には思いっきり“ポタリング”だけど~(^^ゞ

当然今回も、自転車は輪行ポタリング用の折り畳み小径車 GLOBE (SPECIALIZED) を選択。5回連続の出動(すっかりロードバイクから離れちゃったな)。

あ~、そう言えばサイクリングのスタート地点~ゴール地点までの“全ルート”が近畿地方の外というのは今回が初めてになる。
過去に「鯖街道サイクリング 2006.10.14」と「大阪~小浜・日本海サイクリング 2007.05.04」で福井県小浜市まで走ったことが有るが、どちらも近畿地方内からのスタートだった。
ま~、小浜って福井県だけど生活圏としてはどちらかと言うと京都府・滋賀県に隣接していて近畿圏内と思えるが・・・それに今回も兵庫県に隣接しているので微妙なところだが・・・。
でも、“初の近畿外サイクリング”ということで~。

自宅を9:00ちょい前に出発。
花粉対策のマスクは世間一般に普及している不織布タイプを着用。

最寄りの駅まで走り、自転車を折り畳んで輪行袋にパッキング。
列車を乗り継ぎ、9:20ちょい過ぎに「JR新大阪駅」の新幹線切符売場に到着。
実は大阪からJR赤穂線「西片上駅」まで行く場合、時間帯によって最速で着くルートがコロコロ変わる。これはJR赤穂線の赤穂~岡山間の本数やJR山陽本線の姫路~岡山間の本数が少ないことに因る。姫路から赤穂経由で西片上に行くのか?それは新快速にするのか?新幹線で上郡駅まで行くのか?阪急神戸線特急で三宮駅まで行ってJRに乗り変えるパターンも有り得るし・・・それとも岡山まで新幹線で行って、赤穂線で戻るように西片上駅に行くのか?・・・等々。“その時の最速ルート”の選択をミスると1時間位の差が出ることも有る。
しかし、今回ちょっと急なことだったので、その“時刻 vs 最速ルートパターン”全部を整理してリストアップしていなかったし、用意が出来てすぐに出発したので、ルート選択を誤ってもいいから新幹線で行くことにした。で、姫路までか?上郡までか?岡山駅までかという話だが・・・岡山駅まで行くパターンにした。

新大阪駅からかなり高い確率で各車両の最後部座席を確保できるのは、新大阪始発の“こだま”。幸い、9:38発広島行き「こだま743号」がホームに停まっていたので、2両目自由席に乗り込み、車両最後尾の座席を確保(下の写真の左)。
輪行袋を置くスペースは余裕。

20090412ride_1

当然ガラガラで席は空いている。
だって、岡山や広島に行くんだったら、これから発車しようとしている“ひかり”やあとから発車する“のぞみ”のほうが早いから。乗っている人は上郡とかで降りたい人とか、新大阪よりも東から来て乗り継ぎで、新大阪~岡山間のこだま停車駅で降りたい人達ぐらいだから。
僕は最後尾座席を確実に確保したいからだけの理由。

・・・で、このルートがこの時刻で正解だったかは・・・調べていないので分からないが、たぶんハズレだろう。もう済んだことなのでいいです。

11:01に岡山駅に到着。
↓JR赤穂線のホームへ。

20090412ride_2

西片上駅まで行く列車が到着したのは11:55(播州赤穂行)(上の写真の左下)。結局、このホームで50分待っていたわけ・・・選択したルートはハズレだったのだろう。
列車に乗り込み、輪行袋はトイレの前の車椅子用のスペースに置く(上の写真の右下)。

「西片上駅」に12:40に到着。無人駅↓

20090412ride_3

13:00にはスタートしたかったので、まぁ、いいでしょう。

自転車を組み立て、いよいよ出発。時刻は12:50頃。

20090412ride_4

「西片上駅」北側に接して東西に国道2号が走っている(上の写真の右下)。
ホーム(駅の南に面している)から線路を挟んで向こうに、まだ満開の桜が見える。片鉄ロマン街道沿いにも桜の木が多そうなので期待できるかも。

駅の西口から出て正面の階段(下の写真の右)を自転車を担いで降りていく。

20090412ride_5

下の一般道路上に降り、Uターンする感じでJR線と国道2号の高架下をくぐる(上の写真の左)。
すると「片鉄ロマン街道」の案内板(下の写真参照)が有り、矢印に従って進んでいく。「片鉄ロマン街道」の起点まで案内してくれるようだ。
・・・だが、これがミスだった。事前調査と違っている道なので怪しかったが、素直に案内に従った・・・それが後程ちょっと後悔することに・・・。

20090412ride_6

↑国道2号線に沿って坂を登り、最初のト字路で右折。緩い登り勾配になる(上の写真の右)。
↓新幹線の高架下をくぐる・・・。何となく、ロードバイクでツーリングする感じの山間の道。

20090412ride_7

事前の調査では、「西片上駅」から1km位離れた所が起点の「片上駅跡」で、途中にかつての信号機の名残とか有り、もっと人の雰囲気の有る道路沿いで、新幹線の線路のすぐ傍のはずだが・・・。??
不安になって、偶然出くわした地元の方に訪ねてみると、この道(上の写真の道)を登っていけば、右手に案内板が有るとのこと。その通りに曲がると「サイクリングターミナル」が有るので、そこから「片鉄ロマン街道」に入れるとのこと。
↓その通りに坂を登っていくと、右手に案内板。

20090412ride_8

↑右に曲がり、すぐに突き当りを左折↑
すると「備前市サイクリングターミナル」が見える。

20090412ride_9

ここがスタートか・・・・。
↓向こうの桜並木の道がそうらしい。

20090412ride_10

↓「片鉄ロマン街道」上に立つ。時刻は13:15頃。

20090412ride_11

↑自動車が侵入できないように車止めが付いている(このあと出くわす全ての車止が上のようなタイプだった・・・淀川沿いの車止めと違って、そのまま自転車で走り抜けられるタイプ)。
↑↓桜がきれいですね。今回もまだ楽しめそうだ。

20090412ride_12

↓出発地点で後ろを振り返ると・・・。

20090412ride_13

同じような道が続いている・・・。ここ起点では無いのでは?と思ったが・・・。背後の道を戻る気は無し。

090412submap_1←結局こういうこと。
青色の実線が実際に走った道。青色の波線が片鉄ロマン街道の起点から1km先の区間。
新幹線のすぐ北が片上駅跡。

この日のサイクリングを終えてから調べ直して分かった。

起点から1kmほど進んだ所にサイクリングターミナルが有るわけ。

・・・残念だ。

ちなみに「片上駅」跡は、現在ショッピングセンターになっているらしい。
駅舎は残っていないようだ。

街道完全制覇は既にスタート時点でコケていたわけですな・・・。
ま、仕方が無いので、またいずれこの1kmのためにリベンジすることにしよう。

では、スタート。

20090412ride_14

それにしても真っ直ぐな道だ。・・・ま、鉄道の線路をそんなに頻繁に蛇行カーブして作るわけ無いので、至極当然の道だろう。
途中で何台か自転車とすれ違う。中にはローディーもいた。小学生らしきローディーもいた。この界隈のローディーの練習場所か・・・。でも嵐山~八幡~泉大橋の桂川・木津川サイクリングロードよりも圧倒的に自転車が少ない。これはこの後も全線を通じて言えることだ。みんな殆どサイクリング目的で走っている感じ。

↓トンネルが見えてきた。

20090412ride_15

片鉄ロマン街道の3つ有るトンネルのうちの1つ。
「峠清水トンネル」。南端から3km強の位置。

20090412ride_16

サイクリングロードを作る際に、このトンネルの内壁も綺麗に補修・整備したように見える。

20090412ride_17

トンネルを抜ける。

20090412ride_18

今度は田園風景が広がる。

20090412ride_19

↓すぐに「清水駅」跡。ホームが残っている。南端から4km位の位置。

20090412ride_20

午前中からサイクリングしていたような人が何人か休憩中。

20090412ride_21

先に進む。
↓切り通しの中のカーブを抜けると・・・。

20090412ride_22

↓驚くばかりの真っ直ぐな道。

20090412ride_23

鉄道敷ならでは。河川沿いのサイクリングロードでは考えられませんな。

↓もう一つ、このサイクリングロードの特徴として、外灯が設置されている。

20090412ride_24

木津川・淀川のサイクリングロードは夜になると自転車の視認用ライトでは、先のほうがよく見えない。片鉄ロマン街道も全線にわたって必ず設置されているというわけではないが、多くに外灯が有り、実際この日の帰りでは安心して帰れた(・・・つまり復路途中で日没しちゃったんだけどね)。
↓田園と山、家が点在。長閑ですな。

20090412ride_25

この辺り、「中山駅」が有ったと思われるが・・・。

20090412ride_26

全ての駅が残されているわけではないらしい。
跡かたも無い駅、ホームが残っている駅、駅舎までしっかりと残っている駅など様々なようだ。
↓現役の頃の「中山駅」の写真。南端から5.7kmに位置していた。

20090412ride_27

この近くに「中山サーキット」が有るらしいが、基本的に田園の中にぽつんとたたずむ駅だったようだ。でも、そこが良いんだよね。

「中山駅」跡だったであろう場所を過ぎると、唯一の一般道走行箇所が100m程有る。↓

20090412ride_28

すぐに国道374号沿いに片鉄ロマン街道が復活。
↓こういう感じですわ~(青色の線が片鉄ロマン街道)。

090412submap_2

見た目は国道の歩道と言った感じ。サイクリングロード兼歩道だな。
国道沿いを北上していくと家が多くなってくる。和気(わけ)の町だ。
田園風景から町の風景にすっかり変わっている。

20090412ride_29

街道沿いの民家が多い場所には要所要所で花壇が有る。
こういうの良いね。

20090412ride_30

暫くすると国道沿いから少し離れる。
すると程なくして、JR山陽本線「和気(わけ)」駅に到着。南端から8.6kmの地点。

20090412ride_31

片上鉄道もこの「和気駅」を通っていたわけ。
片上鉄道のかつての線路やホームとか残っているのだろうか??分からない。

20090412ride_32

ちょうど貨物列車が・・・。↑
帰りはここまで戻ってきて、ここから輪行して大阪に帰る予定。

↓和気駅を過ぎ、橋で山陽本線の線路と川を越える。

20090412ride_33

↓地図ではこういうことね。青色の線が片鉄ロマン街道。

090412submap_3

↓和気駅の方角。JRの線路が下に。

20090412ride_34

↓国道374号の「金剛大橋」ですな。

20090412ride_35

橋を渡っていきます。

20090412ride_36

↓右手(東)の方角。金剛川の上を渡る。

20090412ride_37

↓橋を渡り終えると、このような道に。

20090412ride_38

いいね~~。両側に土手がないサイクリングロードってそう言えば初めて走るかも。
ここが大阪でこんなに家が近くに迫っていたら、この道は迷惑駐輪で一杯になるだろうな。サイクリングロードは迷惑駐輪場と化し、事実上通り抜けられない・・・容易に光景が想像できる。

↓左手に「本和気駅」跡。10.1km地点。

20090412ride_39

ホームらしきものは無く、看板のみ。

20090412ride_40

少し先で桜が綺麗。

20090412ride_41

散り始めだが、まだOK。

20090412ride_42

民家が減り、再び田園風景っぽくなってくる。
↓すると、右手に「益原駅」跡。11.6km地点。

20090412ride_43

駅舎もホームも無く、看板のみ。
↓「和気ドーム」の前だな。チューリップの円形花壇が綺麗。

20090412ride_44

↓この駅跡に現役時代の写真がたくさん貼ってある。

20090412ride_45

さっきの現役の頃の「中山駅」の写真はここで、“写真を写真撮影した物”。
以降も、かつての駅の様子はここで撮った写真を使っています。
↓現役の頃の「益原駅」。

20090412ride_46

↑民家じゃん・・・。
↓最後の運行の時だろう。

20090412ride_47

ほんと、ご苦労様でしたね~。乗ったことが無いけど(^^ゞ
↓平成になってもこういうレトロな車両だったんだね~。それ・・・いい(^^)b

20090412ride_48

↓鉄ちゃんでいっぱいか?

20090412ride_49

路線そのものでは無いが、最近も寝台特急とか旧式新幹線とかの廃止が有りましたな~。昭和が無くなっていくって感じ。

↓田園と点在する民家の風景が続く。

20090412ride_50

遠くには山々。いい天気だな~。

20090412ride_51

↓やがて切り通しの間を抜けると・・・。

20090412ride_52

先程までの田園と集落の風景から変わる。

20090412ride_53

少し高い位置を走っているような。
山の斜面沿いに切り開いた感じ。

20090412ride_54

↓すると左手に大きな川が~。

20090412ride_55

備前の代表的な河川、「吉井川」が左手に。その間に国道374号が走っている。

20090412ride_56

これからずっと暫くは、左手に国道374号と吉井川を見ることになる。
↓また切り通しの中を抜ける。

20090412ride_57

↓吉井川にかかる「新田原井堰」。

20090412ride_58

「吉井川(よしいがわ)」は、岡山県東部を流れる吉井川水系の本流で、一級河川。
旭川、高梁川と並び、岡山三大河川の一つ。岡山県苫田郡鏡野町上齋原の三国山に源を発し南流。津山市市街地を東へ流れた後再び南流。和気郡和気町で南西流へと転じ、岡山市東部で児島湾に注ぐ。133kmの長さの川。

「新田原井堰」の元は、江戸時代にたびたび起こる飢饉を解消させるため、石を使って吉井川を斜めに横切って作られた「田原井堰(たわらいせき)」。「田原井堰」は、その後300年もの間、下流の農地を潤してきた。
しかし、昭和40年頃になると吉井川の水が水道や工場などで利用されるようになり、日照りの時には用水が不足するようになった。また、田原井堰,田原用水も造られてから長年が過ぎ古くなってきたため、洪水などにより壊れるところが多くなってきた。
このため、田原用水は昭和47年から改修が行われ、この「新田原井堰」は、昭和54年から国の事業として8年間で造られた。
この堰は、水を取り入れるだけではなく、水を貯める機能を持っているため、水を安定的に配ることができるようになっている。また、150年に一度起こるとされる大洪水にも壊れないようにコンクリートと鋼で丈夫に造られているとのこと。

ここまでの田園&集落の風景とは一変。
山間部を縫って走るような感じになる。

20090412ride_59

国道374号を走っても気持ち良さそうだ。ロードバイクなら有りだな。
ただ国道だと自動車に必ず出くわすので、風景を見ながら自由に足を止めつつノンビリ走行というわけにはいかなさそうだ。国道の上のサイクリングロードのほうが向いている。
しかも国道よりも目線が高いか眺めも良い。
実際、この先結構こういう風景が続くが、国道の車道上を走るローディーを見たのは(・・・てか、自転車自体)一台だけ。あとは皆サイクリングロード上だ。
しかも通常の鉄道の線路は急勾配にしないため(ごく稀なスイッチバック有りの登山鉄道くらいかな)、このサイクリングロードは殆どフラット。ごくごく緩いアップダウンは有るが、坂を登っているという実感は弱い。「あ~、ちょっと登り勾配だな」「少し下り勾配だな~、軽く進むな~」って程度。楽に走って景色を楽しむのなら、こちらのサイクリングロードですな。

↓「天瀬駅」跡に到着。14.5km地点。「益原駅」からちょっと離れている。

20090412ride_60

ホーム上の桜の木が綺麗です。

20090412ride_61

↓ここは駅舎が残っている。

20090412ride_62

↓現役時代の駅舎。

20090412ride_63

サイクリングロード化に伴い、駅舎は改修されている。

20090412ride_64

待っていても電車は来ませんけどね。
休憩は出来ます。

20090412ride_65

駅舎の裏・・・ん?こっちが表になるのか?まぁいいや。

20090412ride_66

「妙見山」「天神山」等々の山に囲まれた民家が旧駅舎の周りに建っている
いい雰囲気ですな。

20090412ride_67

↓先に進む。

20090412ride_68

↓かつては茅葺屋根だったであろう民家と、庭に咲く桜?

20090412ride_69

紅白でめでたい感じ。

20090412ride_70

この景色に、僕の頭もおめでたくなりそうな気分。

20090412ride_71

↓やがて、路線上の2つ目と3つ目のトンネルが連続してやってくる。

20090412ride_72

「天神山第一トンネル」。天神山の裾野を抜けるトンネルだ。
↓「峠清水トンネル」と違って、内壁は補修されていない。

20090412ride_73

壁が剥がれ落ちて事故が起きないように、ネットが張られている。
↓一つ抜けたところ。・・・小径車のサイクリストが・・・BD-1か??
↓階段を登って、天神山を散策するつもりみたい。

20090412ride_74

↓次の第2トンネル。二つのトンネルは近接している。

20090412ride_75

↓抜けたところ。天神山のすそを切って、片上鉄道と国道を通していることが分かるだろう。

20090412ride_76

再び山と吉井川の眺めが復活。

20090412ride_77

↓見て!これ!超快走路でしょ?ウハウハでしょ?

20090412ride_78

これがサイクリングロードだなんて・・・。この界隈のサイクリストって幸せ者だな。

20090412ride_79

この辺りは「河本」という地区だろう。
かつて「河本駅」が有った筈だが、それらしきものは見当たらず。

20090412ride_80

↓代わりに昔の写真をUP。

20090412ride_81

快走路を進む。暫くすると、国道の歩道っぽい扱いになっている。
こういう景色を見ていると・・・来てホントに良かったと思うよ。

20090412ride_82

↓途中で国道374号を横断。国道の横断箇所はこのあとも幾つか有る。

20090412ride_83

今度は、国道と吉井川の間にサイクリングロードが続くことになる。
ちょうど横断した所に「大舟着川市跡」。河川交通の名残だろうな。船着き場で有ったことは間違いないのでは?「市」の意味は分からん。かつては露店市でもしていたのか??

20090412ride_84

では、先へ。

20090412ride_85

川が近い、これもいい!!

20090412ride_86

暫くすると吉井川からちょっと離れて田園の間を抜けることになる。
↓その直後に次の駅跡、「備前矢田駅」跡。18.3km地点。

20090412ride_87

駅舎は残っていない。ホームのみ。
↓片上鉄道の車両を模した掲示板。途中で何回か見かけている。

20090412ride_88

この辺りは農家の集落が多い。当たり前か・・・田畑が広がっているんだから。

20090412ride_89

↓現役時代の駅舎。結構大きいかも。

20090412ride_90

↓それにしても・・・恐ろしく真っ直ぐでフラット。

20090412ride_91

↓暫くすると、吉井川沿いに復活。

20090412ride_92

↓やがて、また国道を横断することになる。

20090412ride_93

国道を挟んで吉井川沿いを進む。

20090412ride_94

も~~、相変わらずいい眺め。

20090412ride_95

電線が邪魔ですけどねorz

20090412ride_96

↓切り通しの間を抜けると・・・。

20090412ride_97

↓ホーム跡だ。

20090412ride_98

美しい桜の咲いている「苦木駅」跡。22.2km地点。

20090412ride_99

↓ちょっと先の反対側に駅舎。

20090412ride_100

改修済みですけどね。

20090412ride_101

↓中の様子。

20090412ride_102

↓ホームから吉井川の眺め。すぐ傍で農作業・・・自然と人で作る良い風景だ。

20090412ride_103

↓現役時代の「苦木駅」。駅舎はあまり写っていませんが(^^ゞ

20090412ride_104

この駅は桜が綺麗みたいです。

さて、また先へ。国道と目線が同じになる。

20090412ride_105

↓・・・と思っていると、高い位置になる。

20090412ride_106

この景色でサイクリングロード。
走りたくなるでしょ?

20090412ride_107

最高やね。

20090412ride_108

↓先のほうに町が見えてきた。

20090412ride_109

↓遠くに見えるのは「美作大橋」だな。このあと、あそこを渡るんです。

20090412ride_110

・・・って、あんな遠くに、これから渡る橋が見えること自体、眺めの良さを示す証拠。

↓で、この付近に有ったであろう「杖谷駅」の現役時代。24.2km地点。

20090412ride_111

跡を見つけられず、スルー。
国道の歩道っぽい道から離れ、脇道の様な国道よりも低い道に入る。
↓枝垂れ桜がお出迎え。

20090412ride_112

枝垂れ桜並木を抜けていく。

20090412ride_113

この付近に「備前塩田」駅が有ったと思われるが、これも跡が見つからず。
25.5km地点。

20090412ride_114

ちょっとそんな感じの状態が続くな~。
↓再び国道の歩道的な道に・・・。

20090412ride_115

↓ふと右を見ると・・・踏切の信号機。

20090412ride_116

↑踏切の名残だな。面白い。

20090412ride_117

↑↓「美作大橋」で吉井川を渡る。

20090412ride_118

左岸から右岸へ。

20090412ride_119

幅の広い川ですな~。

20090412ride_120

↓橋を渡り終えると間もなく次の駅跡。駅舎もホームも無し。

20090412ride_121

↑↓「備前福田駅」跡。27.2km地点。

20090412ride_122

↓現役時代の駅舎。でかいな。

20090412ride_123

↓「備前福田駅」跡のすぐ先で国道374号から離れて右折。

20090412ride_124

↑お馴染みの案内板が有るので間違わない筈だ。
引き続き吉井川沿いを走る。エンジ色で舗装された道がサイクリングロードだ(上の写真の右、下の写真)。そちらへ。↓

20090412ride_125

右手に吉井川を間近で見ながら走れる。

20090412ride_126

塩田の山々が対岸に連なっている。

20090412ride_127

↓背後に、先程渡った「美作大橋」。

20090412ride_128

そう言えばあと5~6kmで北端だな・・・。

20090412ride_129

↓「美作大橋」が徐々に後ろに遠のいていく。

20090412ride_130

28.5kmのこの付近に「周匝(すさい)駅」が有った筈だが、見当たらず・・・。
↓また昔の写真で・・・。

20090412ride_131

どんどん行きましょう。ただ、ちょっと風が強くなってきた感じがする。木津川土手のサイクリングロード程でも無いが・・・。

20090412ride_132

吉井川の上流方面へひたすら・・・。

20090412ride_133

やがて、片鉄ロマン街道で唯一の選択肢が有る所に差し掛かる。
↓こういう状況。

090412submap_4

上の地図と下の写真を見比べて欲しい。
左が吉井川。右が吉野川。二つが周匝で合流して吉井川になる。
結局は吉井川沿いに進むのだが、周匝橋を渡って一旦吉野川沿いに進み、「鷺橋」経由で吉野川対岸を戻ってくる・・・これが正規の片鉄ロマン街道のルート。
しかし近道として、県道351号を少し進み、橋で吉井川を渡るルートが用意されている。

20090412ride_134

↑上の写真の橋が、吉井川にかかるその近道用の橋。
この橋、地図には記載さえていない場合もある。小型自動車がギリギリ通れる幅しか無く(欄干はちゃんと有る)、しかも自動車は一方通行(自転車は逆走可)。吉ケ原方面に進む場合、一方通行の逆走になる。向こうから自動車が来たらアウト!戻るしかない。地元の方しか通らないようだが・・・やめておく。
↓素直に「周匝橋」で吉井川を渡る。

20090412ride_135

↑一旦、吉野川沿いの左岸へ。
↓橋を渡り終えるとサイクリングロードが復活。

20090412ride_136

↓吉井川の方角。すぐにそちらへ行くからな~~~。

20090412ride_137

で、この付近の「美作飯岡(みまさかゆうか)駅」が有ったのだが、痕跡無し。
29.6km地点だ。
↓またまた昔の写真で・・・。ところで「飯岡」で「ゆうか」と読むのか~~。

20090412ride_138

1km程で「鷺橋」の左岸手前に到着。県道26号を横断して橋へ。

20090412ride_139

↑鷺橋から西の風景。
正面の山、茶臼山にフォーカスを当てていたら山頂に何か建物を発見。
↓文字通り「茶臼山城」という城らしい。

20090412ride_140

そう言えば、今回は“片鉄ロマン街道を走り、かつての車窓を自転車から楽しむ”・・・ということで、時間も無さそうだし、近場の観光地を全然見て回らなった。
サイクリングロードから離れて寄り道すればいろいろ観光スポットが有るみたいだ。
列挙すれば、「備前焼の町」「閑谷学校」「和気神社」「佐伯ファミリーパーク」「大芦高原」「ドイツ村」「城山公園」「茶臼山城」・・・・等々。
またいつか走る機会が有ったら寄ってみよう。

↓「鷺橋」を渡って、今度は吉野川の右岸へ。

20090412ride_141

走っていると、いつの間にか吉井川左岸沿いに来ていた。

20090412ride_142

↓県道26号を横断。

20090412ride_143

県道26号沿いにサイクリングロード兼歩道を進む。

20090412ride_144

↓鷺山の西麓を抜ける。

20090412ride_145

一度、吉井川が見えなくなるがすぐに復活。↑↓

20090412ride_146

↓やがて、県道26号の歩道とサイクリングロードが分岐。県道の土手下へ。

20090412ride_147

↑遠くに、写真で見たことが有る車両が・・・。
↓片上鉄道の車両だ!

20090412ride_148

ここが「吉ケ原(きちがはら)駅」跡。32.5km地点。時刻は16:40頃。

20090412ride_149

“跡”と言うよりもしっかりと保存されている。
ここは「片上鉄道保存協会」管理によって「柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園」として駅舎共々維持管理されているらしい。
↓駅舎の待合室。現役みたいだ。

20090412ride_150

駅員さんが出てきそう。

20090412ride_151

↓当時の雰囲気らしく、現在の展示運転の時刻表とかが掲げられている。

20090412ride_152

↓沿線図。

20090412ride_153

↓現役の頃の「吉ケ原駅」。殆ど変わらないな。

20090412ride_154

ホームに出てみる。

20090412ride_155

↓おっ、猫!

20090412ride_156

駅員の帽子を被っている!(◎´∀`)ノ

20090412ride_157

↓ただの駅員ではなく、“駅長さん”なんですね。

20090412ride_158

駅長猫「コトラ」ちゃん!! (゚▽゚*)
しかも「勤務中」!・・・・てか「勤夢中」みたいですが~(^-^;
↓撮影で目が覚めたようで、毛繕い開始。

20090412ride_159

「・・・たく、いい気持だったのに・・・」って感じか?(;´Д`A ```

20090412ride_160

↓保存協会の方がやってきたところで、ベンチから降りる。
↓帽子が“あんちゃん被り”。

20090412ride_161

僕から顔を逸らし、目をぱっちり開けた正面顔を撮らせないので、保存協会のかたが、
「ほれ、コトラ。こっち向きなさい。お仕事でしょ~。」
って。
↓功を奏して、正面顔を撮影成功。御機嫌斜めか?(゚ー゚;

20090412ride_162

「起こすなよ~。」↑・・・か?

ちなみに↓

「コトラ」ちゃんのHP → 「駅長猫コトラのひ・み・つ♪
同じくブログ → 「駅長猫コトラの独り言~旧片上鉄道 吉ケ原駅勤務~

僕がここでコトラちゃんのことを書くより、これ↑を読んであげてくださいな。
この4/12のことは、ブログの4/13の記事に書いてあった。
午前中にたくさん自転車乗りが来たみたいで、それで疲れて夕方の今は眠くて御機嫌斜めだったのかな?「また自転車乗りが来た・・・。」みたいな。

↓コトラちゃんにはまたあとで挨拶をするとして、駅の周りを散策。

20090412ride_163

↓踏切を渡って「柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園」へ。
↓芝生公園になっている。

20090412ride_164

↓かつての汽車のボイラーでしょうか?分かりません(^^ゞ

20090412ride_165

元々メインは鉱山鉄道だったのでトロッコとかが展示のために置いてある。

20090412ride_166

↓これもトロッコ。

20090412ride_167

↓高瀬舟(復元)。

20090412ride_168

↑昔はこれに鉱石を積んで吉井川を下ったそうだ。
↓客車と貨車。

20090412ride_169

↑駅長「コトラ」ちゃんの名前の由来は、
①子どもの頃は虎模様気味だったから(今はその影は無し)。
②上の黒い貨車に書かれている白色の文字「トラ」から。
の二つからだと、保存協会のかたに教えてもらった。

20090412ride_170

踏切でこんなに落ち着いて撮影しているのは初めて。

20090412ride_171

安全です。

20090412ride_172

↓昔の車両。

20090412ride_173

僕は鉄道関係の趣味が無く、良く分からないので・・・すいません。
今現在、施設の改修工事に合わせて展示運転は見合わされているが、今年の夏頃から再開されるようだ。

20090412ride_174

↓「鉱山資料館」。残念ながら入館時刻を過ぎているので見学出来ず。

20090412ride_175

ここの近くにある「柵原鉱山」は、東洋一の硫化鉄鉱を産する鉱山として古くから栄えてきた。
昭和40年頃の最盛期には年間90万トン以上もの鉱石を産出していたが、海外から安い硫化鉄が輸入されるようになると、次第に需要が減少。そして平成3年3月、時代の流れとともに閉山の時を迎え、75年間の歴史に幕を降ろした。

この閉山によって、共に歴史を歩んできた片上鉄道も幕を下ろしたというわけ。
勿論、当時客車も走っていたのだが、今はバス路線に切り替わっている。

「片鉄ロマン街道」としてはこの「吉ケ原駅」跡が北端。
従って、今回のサイクリングの往路は基本的に終わりなのだが、「吉ケ原駅」跡からかつての終点「柵原(やなはら)駅」まで線路が続いているようだ。

正確で詳しい事情は全く分からず、間違っているかも知れないが、柵原駅舎は老朽化が進み、解体されたようだ。現在はホームと線路が残っているくらいらしい。駅の傍の同和鉱業の鉱業所も立ち入り禁止になっている。今はそれらの保全作業中らしい。
↓現・DOWAホールディングス株式会社の方達だろうか?
↓その保全作業から戻ってきたダンプ??・・・ん?

20090412ride_176

線路の上をダンプが走っている!w(゚o゚)w
柵原駅方面からバックしてきた。

20090412ride_177

↑タイヤと踏切のアスファルトとは接触しているが、敷石上では宙に浮いている。
列車の様な車輪が付いている↓・・・・ほぉ~~~と・・・初めて見た。

20090412ride_178

↓「柵原駅」跡方面。

20090412ride_179

サイクリングロードも終わっているし、駅に沿って走る道は見当たらないようだが、回り道しながら「柵原駅」跡まで行けるかどうか・・・行ってみることに。
勿論、立ち入り禁止の所まで入るつもりは無い。
↓コトラ駅長に別れを告げて、出立。「バイバ~~イ」ヾ(;□;)э

20090412ride_180

時刻は17:15頃。
だいぶ遅くなってしまっているが、一応線路が有るだろう方角に向かう・・・。

20090412ride_181

だが・・・駄目だ。線路沿いに走れないので迷いそう。↑線路沿いの道は1km先で終わり・・・。この先は田畑の間を走っているみたいだ。
線路から離れた道を走ると迷いそう。この付近の詳細な地図も持ってきていないし、「柵原駅」跡周辺は立ち入り禁止みたいだから、遠くから見ることも出来ないかもしれない。
時刻も遅いので、これからJR和気駅まで戻ることを考えると・・・・。
「柵原駅」跡に行ってみることは中止。
↓で、代わりに現役時代の「柵原駅」の写真。駅舎は「吉ケ原駅」に似ている。

20090412ride_182

さて、ここからJR「和気駅」まで復路。時刻は17:20頃。
往路の時は「和気駅」から「吉ケ原駅」跡までの24kmを約3時間かけた。全てが写真撮影のせい。450枚も撮っている。頻繁に停まっているので巡航速度も平均速度も遅い。
ゆえに、当然帰りの復路では写真撮影無し(禁止)。
ひたすら走るのみ。
しかも、吉ケ原駅をあとにした直後から雨が!さすが山間部。天気が変わり易い。
小雨だが、背後の北の方角から迫ってきている。そのせいも有ってカメラを濡らしたくないのでいずれにしても撮影は無し。
雨に降られながらひたすら南下。
「河本」付近まで戻ると、雨は降っていない。もう雨雲は迫って来ないようだ。
時刻は18:20頃。もうすぐ日没だ。
↓でも、ここ「河本」で、禁止していた写真撮影をする。

20090412ride_183

再び走り始める。
どこを走っている時に日没を迎えたのか気が付かないうちに、日没。
前のほうで書いたが、サイクリングロード沿いに外灯が灯っているので、前方が見易く、だいぶ助かった。真っ暗になったら安全のためにスピードを落とさざるを得ないからね。

↓ようやくJR「和気駅」に帰還。

20090412ride_184

時刻は18:50頃。往路の半分の時間で戻れた。
いかに写真撮影の回数が多いか分かるだろう?しかも風景を見ながら(撮影ポイントを探しながら)なのでスピードも遅いというわけ。

上の写真の場所で自転車を折り畳み、輪行袋にパッキング。
線路の下を抜ける地下道を通り、駅舎入口へ。↓

20090412ride_185

帰りの路線ルートは、「とにかく少しでも大阪に近づく」作戦。
岡山駅には戻らない。もしかしたら岡山駅に一旦戻って、そこから新幹線で帰った方が、最後尾座席も確保出来る上に早いかも知れない。しかし、携帯で調べて考えるのが面倒で、待合室(上の写真の左下)で姫路行きの列車を待つ。
姫路まで向かう山陽本線は1時間に一本くらい。19:47の到着まで、40分くらい待つ。
やがて姫路行きの列車が到着して乗りこむ(上の写真の右下)。

姫路駅までこの列車で行くつもりだったが、相生駅の手前の車内放送で、新幹線こだま768号新大阪行きが20:37発で相生駅に停車すると知る。乗っている電車が相生駅に着くのが20:20の予定。
新大阪までのこだまなら最後尾座席の確保は可能かも。乗り継ぎの時間も有る・・・。
ということで、予定を変更して「相生駅」で下車。新幹線の改札口に行き、改札窓口で“ICOCA”を取り消してもらい(和気駅は“ICOCA”対応だった・・・赤穂線の西片上駅はダメ)、あらためて和気~新大阪ということで新幹線特急券と共に購入。ホームに上がってちょっと待っていると、こだま768号が到着。
結構座席が埋まっている車両も有ったが、後ろのほうの自由席車両の2両目と1両目はガラガラ。
↓しっかりと最後尾座席をゲット。

20090412ride_186

こうして新幹線で新大阪駅に21:28に到着。
在来線よりも早く着けた。

あとは列車を乗り継いで最寄りの駅に22:05頃に到着。
自転車を組み立て、僅かな距離を走り、22:20頃に無事帰宅。

そういうわけで、またしても当日朝の急な予定変更のパターンになったが、いつか走ろうと思っていた「片鉄ロマン街道」を走れ、しかも想像以上の素晴らしい・・・いや、す~~~ばらしいサイクリングロードで、ホント、マジ楽しめた。
車窓の風景を今は自転車から見て楽しむ・・・。それですよ、それ!
いかに良かったかは、繰り返し書くまでも無いだろう。本文にしっかりとくどい位に書いておいた。合わせて写真もその良さを伝えてくれると期待したい。
最初の南端の「片上駅」跡の0km地点から出発できずに1kmはしょってしまったこと、「柵原駅」跡に近づけなかったことは心残りだが、いつかリベンジする楽しみとしておこう。少し離れた観光スポットに寄り道してもいいな。

補足として・・・(一部繰り返しになるが)「片鉄ロマン街道」は

とても整備されていて、新しいゆえに路面が綺麗。
線路敷に作られたので。殆どフラット。疲れるような勾配の坂は皆無。
途中複数箇所に公衆トイレが設置されているので安心。
外灯が設置されている区間が多いので、夜間走行もかなり楽。
車道と共有する区間が100mだけ。
飲料品の自販機はサイクリングロード沿いに無いので、出発時や町の中を通過する際に、自販機を見つけたらしっかりと買っておくべき。

といったところかな。

それにしても「片鉄ロマン街道」・・・極上のサイクリングロードだった。
 

コース概略/自宅→○○線・△△駅~(輪行)~□□駅・▼▼線・◇◇駅~(輪行)~新大阪駅・JR山陽新幹線~(輪行)~岡山駅・JR赤穂線~(輪行)~西片上駅→西片上町道→片鉄ロマン街道(備前サイクリングターミナル→峠清水トンネル→清水駅跡→(JR山陽本線)和気駅→本和気駅跡→益原駅跡→天瀬駅跡→天神山1号トンネル→天神山2号トンネル→大舟着川市跡→備前矢田駅跡→苦木駅跡→備前福田駅跡→吉ケ原駅跡・柵原ふれあい鉱山公園)→県道26→県道349(すぐに引き返し)→県道26→片鉄ロマン街道(吉ヶ原駅跡→→→→)→JR山陽本線・和気駅~(輪行)~上郡駅・JR山陽新幹線~(輪行)~新大阪駅・▼▼線~(輪行)~◇◇駅・○○線・□□駅~(輪行)~△△駅→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。青色実線のラインが走った所,茶色実線ラインが迷走部分,青色破線のラインが走り損ねた所。))

走行距離/70.66km(「片鉄ロマン街道」部分は約60km位と思われる)
走行時間/4hr07min
平均速度/17.15km/hr
最高速度/31.42km/hr
Small Bike積算距離/566km
全Bike積算距離/15342km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« TSUBASA 2009年度会員更新 | Top Page覗きこみチェス »

 

 

Comments

良いサイクリングでしたね(*´∀`*)
緻密に計画を立てるのも楽しそうだけど、
思い立って時間を見ながら色々な計画のストックから
今日の行程を選ぶのですね。これも楽しそう♪
景色が素晴らしく、katzeさんが楽しんでおられるのが伝わってきました。
岡山は綺麗な街というイメージが有りましたが、
色々な物が丁寧に保存されていて感動しました。
実は隣の県なのに通った事しかないのです(^^ゞ
転勤でいつか絶対行くので楽しみにしています。

そしてなんと言っても「コトラちゃん!!!」
すごい偶然ですね(*´∀`*)
しましまさんビックリするかな?
人間くさい表情が可笑しい~!
コトラちゃんに会いに行きたいです。

« 投稿: アネモネ  2009年4月18日 (土) 23時45分

「?」改めMidnightLampと申します。
片鉄ロマン街道サイクリングお疲れ様でした。
いつもながらの詳細なレポートありがとうございます。

私は2年前に走ったのですが備前サイクリングターミナルが
なかなか判らず一回目に行ったときは走らずに帰ってしまいました。

でもなかなか良いところだったでしょう。
あれは地元の人が手入れをされてるんだそうです。
それと自転車で走ってると時々地元の人が挨拶を
してくださいます。
地元の方々があの道を大事にされているのが良くわかります。

ただコースの後半の美作大橋の手前から片鉄の廃線後で無い所を走らされるのがちょっと残念です。
あの川の土手の赤い道などがそうです。
それとあの細い一方通行の橋は片鉄の橋のなごりだと思います。
私は兵庫県の西播磨に住んでますが、このあたりの自転車乗りは片鉄ロマン街道へよく走りに行ってるようです。

皆さん自動車で行き備前か和気のサイクリングターミナルで駐車(無料)して走ってるようです。

« 投稿: MidnightLamp  2009年4月19日 (日) 12時58分

アネモネさん>
そうだ!隣の県でしたね。
倉敷や津山とか、たしかに綺麗で情緒が有るイメージですね。

コトラちゃん、
生まれは、この吉ケ原という場所らしいですが、
実は、今の自宅は広島だそうです。
岡山のここまで出勤しているそうですよ~。

« 投稿: Katze  2009年4月19日 (日) 18時33分

MidnightLampさん>
なるほど!情報ありがとうございます。
美作大橋~周匝付近のサイクリング・コースは、「鉄道の線路を敷く際に何故わざわざこんな不自然な・・」と思えますが、あの細い橋に線路が有ったことも合わせると、本来の線路跡が素直なコースをたどっていたことが想像できます。
線路跡を外したのは何か色々事情が有ったのでしょうね。

この素敵なサイクリングロードを、
地元の方のみならず、走る側も大切にして、いつまでもこの景観を維持したいところですね。

« 投稿: Katze  2009年4月19日 (日) 18時46分

ロマン街道、名前もロマンチック、花あり緑あり、トンネルを抜けるとそこは田園風景(-^〇^-)  春満喫でしたね。二度寝も春、って事で( ̄w ̄)  花粉、今ひどいです(T~T) 今もティッシュ鼻につめてる状態で(((゜Д゜)))12日は自転車の人がたくさん来はったんですね~、コトラちゃんは元男の子~(;´▽`)  インコの天敵とは言え、どっしりとかまえて貫禄があって可愛い子ですね~(^v^) ぱっとコメント見た時てっきりインコのコトラちゃんを発見したのか、と思ってしまいました。「コトラ」という名前、カワイイです! 今回のポタリング、Katzeさんはちっとも疲れてないんでしょうね~。のんびり読めました(-^〇^-)

« 投稿: あさたろう  2009年4月19日 (日) 18時57分

あさたろうさん>
今年は花粉の飛散が長引いていますね。こちら大阪は今週あたりから概ね大丈夫な感じになりました。

コトラちゃん、“元”男の子になったことでどっしりと大きくなったのかもしれません。犬とかでも術後に体重が増加し易いそうですよ。

今春のサイクリングは今回も含めて、気持ち的にリラックスできる疲れないものばかりでした。
ただ、距離が短くて坂も無い所ばかり走っているので、衰えているんではないかと少々不安になっています。

« 投稿: Katze  2009年4月19日 (日) 20時46分

岡山県!!
岡山は学生時代にあちこち行ってるんです、かなり田舎な地域も・・・
ですがここは未体験ゾーンでした。

おお~♪岡山!と思ってるとなんと「コトラ」(*゚∀゚)=3ムッハー

「勤務中」ならぬ「勤夢中」・・・今さっき似たような
記事を更新しましたよブハッ(゚∀゚)=3

びっくりしました~。

しかし今回は鉄道の旅ではないものの、てっちゃん垂涎の旅でしたね!

« 投稿: しましま  2009年4月20日 (月) 22時47分

しましまさん>
岡山通でいらっしゃるんですね。
ここは鉄ちゃん鉄子でないと馴染みが無いかもしれませんね。
実際、開業中は鉄ちゃんに注目されるものが色々有ったみたいです(それが何かは調べた後で忘れちゃいました(^^ゞ)

駅長猫コトラちゃんに僕は
(゚▽゚*)おお!
と同時にインコ「コトラ」ちゃんがパッと浮かび、
これはブログで紹介せねば( ̄ー ̄)ニヤリ
と思いました。
あとで更新記事を見に伺いますね。

« 投稿: Katze  2009年4月21日 (火) 21時09分

コトラちゃんの登場に思わず「おお~~~!!!」
立派に駅長さんとしてお仕事をしているんですね♪

片山鉄道も片鉄ロマン街道も初耳でしたが、どの写真の風景も懐かしいような温かさがあって良い場所ですね(*^-^*)

« 投稿: nanao  2009年4月22日 (水) 23時20分

山も川も含めて、のどかな風景の、こんな場所を私もサイクリング(私は手軽にで・・・)してみたいですね。私は育ちが山奥なので、海を見るとワクワクするのですが、山を見ると、ホッとします。安心するのです。なので、コンクリートジャングルと作られた公園の東京での生活は疲れる・・・。
ときどき、このような場所に、Katzeさんのように出かけるといいのかもしれませんね。
ボタリングのたびにさまざまな場所に行き、結果いろんな知識が増え、自然のエネルギーももらえて、楽しい出会いもあって、いつものことながら、Katzeさんの趣味ってすてきだなあと思いますchicknotes

« 投稿: mame  2009年4月23日 (木) 14時16分

nanaoさん>
駅長猫コトラちゃん、かわいいです。

このサイクリングロード、昭和的風景でどこか懐かしかったです・

« 投稿: Katze  2009年4月25日 (土) 11時49分

mameさん>
東京都心ほどでは有りませんが、こちらもゴミゴミとした大阪市街地に住んで、会社もそんな中に有ります。
休日でこういう所に行くとリフレッシュになります。

きはるちゃんに海や山を見せつつ、GWにはリフレッシュをしにお出かけされては如何でしょう。

« 投稿: Katze  2009年4月25日 (土) 11時54分

コトラ駅長!正面顔撮らせてくれて良かったですね
あんちゃん被りの帽子!似合ってます~!
もしかしてたま駅長より、もっと前から駅長の任務についてるのかな?
のーんびり、まーったりsunhappy02
自分の世界に浸ってる感じがいいですね~~
  コトラちゃんにチューhappy01heart04
たくさんの駅の写真・・「昭和」の名残というか
ひとつの時代が終わったんだなー、実感しました

« 投稿: はな  2009年4月25日 (土) 15時18分

はなさん>
駅長猫発祥の駅って主張しているので、そうかもしれませんね。
ノンビリ居眠り勤務が羨ましいです。

鉱山の(そしてここではその鉄道も)閉鎖はまさに昭和の終わりの代表例でしょうね。

« 投稿: Katze  2009年4月25日 (土) 18時08分

はじめして。                片鉄の素晴らしいレポートありがとうございます。
桜のきれいな最高の時ですね。 

私の家から備前には車で30分ほどですので、ほぼ毎週散歩がてらに行っています。先週の土曜日はベンガラ工場跡付近(備前矢田~苦木)で猿が2匹出没し凄い顔で威嚇されました。

次回のリベンジ1キロ制覇は西片上駅東側の階段から降りられるといいですよ、道なりですぐ起点の看板がありますよ。
 実はこの起点は自転車道の起点ですので、片鉄片上駅跡ではありません。片上駅跡はマックスバリューになっています。

写真の清水駅のベンチで弁当を食べているのは、私と息子です。青、白のMTBが2台あるのがそうです。

« 投稿: くらのすけ  2009年6月10日 (水) 15時18分

くらのすけさん>
初めまして。
ご訪問とコメントありがとうございます。
そして情報、ありがとうございます。次回は間違えないようにしたいと思います。

清水駅跡の食事休憩中のMTBの親子連れの方は憶えています。(◎´∀`)ノ写真のオリジナルサイズでほうで見るともう少し分かり易く写っていました~。
わりと近場にこういう長閑で綺麗な自転車道が有るのはいいですね。猿も出る位とは、怖くも有り、楽しくも有りだと思います。

また、この自転車道で見かけたらよろしくです。

« 投稿: Katze  2009年6月11日 (木) 16時13分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/44664327

この記事へのトラックバック一覧です: 片鉄ロマン街道サイクリング 2009.04.12: