« 屋根裏好きと屋根裏嫌い | Top Pageマスク・インコ »

2009年5月17日 (日)

馬野渓~青山高原・布引山地サイクリング 2009.05.10

年月日/2009年5月10日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/馬野渓の道を楽しみつつ青山高原に登る。

ポイント/①往復輪行,②山の登りの“思い出し的”実走。

内容/
この週末の近畿の天気は良好ということで(これを書いている今週末は雨模様だけど・・・)、土曜日にMARIN Veneziaのメンテ後の試走を済ませたこともあり(「淀川河川敷試走ポタリングXIV 2009.05.09」参照)、翌日曜日はそのMARIN Veneziaで久しぶりに“輪行有り”のサイクリングに出掛けることにした。輪行をすることで、面倒な大阪市街地の走行を省略したいという理由も有るのだけれども・・・。
走る場所だが、ここのところずっと平地ばかり走っていたので、そろそろ“山間部の舗装路をロードバイクで走る”ことを再開したいということもあり、以前から計画していた、三重県の布引山地にある「馬野渓(ばのけい)」沿いの道を走る、下の地図のようなコースをとることとした。

Plan090510

「馬野渓」は三重県の秋の紅葉の景観地として知られているが、その渓流沿いに「青山高原」と麓とを行き来する舗装路が敷かれている。ちなみに「青山高原」へのサイクリングは一昨年に「青山高原サイクリング 2007.09.22」で実施済みで、その時は伊賀神津駅→県道2号→国道163号→「高良城林道」を辿って登り、県道512号→国道165号経由で下って伊賀神津駅に戻るという周回コースにした。今回は高良城林道ではなく、馬野渓経由で西から青山高原に登るというわけ。勿論、馬野渓沿いの道は未走だ。事前のネット調査では、高良城林道よりも舗装は荒れ気味で勾配もちょっと厳しいとのことだが、多くが木々に覆われているらしいので、日差しが強そうな今の時期には丁度良いだろう(一方高良城林道は上半分くらいが開けてて直射日光を受け易い)。登り区間の距離のほうは久しぶりのヒル・クライム系コースとして丁度良い短めらしいし・・・。
スタート地点は青山町駅にした。単に“スルッと関西ラガールカード”が使えるからだけど・・・(伊賀神津駅は不可)。
青山町駅からは近鉄線の北側の集落の間の道を使い、県道2号にギリギリまで合流しないことにした。県道2号はとーーっても良い道だが、「青山高原サイクリング 2007.09.22」で既走なので、折角だから未走路を走ってみようというわけ。
途中で県道2号に合流し、国道163号に合流する前に離れ、馬野渓へ向かうという計画。
馬野渓を抜けたら県道512号に合流する。
青山高原へはすぐそこだが、既走なので高原内の道路を走ることは省略する。すぐに県道512号を東進して下山する。青山高原以東の県道512号は未走だし、その先の榊原温泉界隈も未走なので選んだ。榊原温泉口駅がゴールで、そこから輪行で帰る計画。
50kmに満たない、34~35kmくらいの短い距離なので“山間部リハビリ走行”に丁度良いだろう。
実はいつも参考にしている「三重県の道路規制情報」のサイト(ここ)によれば、県道512号の東側は昨年に暴風雨による倒木で暫く“通行止め”になっていて、昨年は、このルートを実行したくても出来なかったのだ。今年の初めにその道路規制情報サイトを確認すると通行止めが解除になっていたので、今回の下山ルートになった次第。
ただ、この記事のタイトルをもう一度確認して欲しい。青山高原には入らないと書いておきながら「馬野渓~青山高原・・・」となっていて、「榊原温泉」が入っていない。・・・ということは・・・、ま~、それは以下の本文で・・・。

自宅を6:00ちょい過ぎに出発。
最寄りの駅まで走り、輪行袋にロードバイクをパッキング。
6:28到着の列車に乗り込み、何回か乗り継いで近鉄大阪線上本町駅に到着。

↓7:15発の快速急行・宇治山田行に乗り込む。

20090510ride_1

↑近鉄の快速急行は車掌室前が広くて置き易いから良いね。
ただ車椅子用スペースなので、車椅子の方が乗ってこられたらお譲りくださいね。

8:29に青山町駅に到着。一昨年の「青山高原サイクリング 2007.09.22」以来だ。
駅舎の外でロードバイクを組み立てる。
既にちょっと暑い。どうやら予報通りに夏日になりそうだ。日差しも強い。薄手の長袖ウェアとロングタイツにし、顔には日焼け止めを塗っておいてよかった。
ここから青山高原まで、かつ青山高原に飲料の自販機は無いので(青山高原に喫茶みたいな店は一軒有る)、ドリンクは3本買っておいた。前回、高良城林道途上で“ドリンク空っぽ”の非常事態になり、苦しんだから・・・。

8:50頃に青山町駅を出発。

20090510ride_2

青山町駅の駅舎出入り口は南側しかない。
南の国道165号方面に向かうが、すぐに最初の左折ポイントで曲がる(下の写真の右上)。↓
↓民家が並ぶ道をちょっと東進(下の写真の左上)。左手に踏切が見えたら左折。

20090510ride_3

↑踏切を渡って近鉄線の北へ。すぐ左に青山町駅のホームが見える。
ちょっと真っ直ぐ進み、登り坂の手前で今度は右折(下の写真の左下)。
下の写真の上段は、右折ポイントで青山町駅のほうを振り返って撮影。↓

20090510ride_4_2

↑右折すると暫く近鉄線と並行して東進(上の写真の右下)。
↓左右に田畑。

20090510ride_5

田植えが終わったばかりだろう。
5月の連休を終えた頃からが、一般に田植えの時期だからな。
↓綺麗に苗が並んでいますな。

20090510ride_6

↓寺脇の集落に到着。長閑な農家の集落の中に入る。

20090510ride_7

暫くすると真っ直ぐには進めなくなる。近鉄線の下をくぐって線路の南側に出る小さなトンネルが有るのだが、そこはくぐらない。
↓その手前のやや左のカーブ、登り坂の始まりで左折する(下の写真の左)。

20090510ride_8

登り坂に入ってすぐに右カーブ(上の写真の右)。↑
勾配は緩めで距離も短いが、ちょっと息があがったりして・・・。おいおい、こんなんでこれから大丈夫か、って感じ(^_^;)
↓次の集落までを繋ぐ道のようだ。自動車は地元の農家の車が数台通った程度。

20090510ride_9

まだ少し登り勾配なのだが、緩め。
↓暫くすると下のような標示板が見える。登り勾配はここで終わり。

20090510ride_10

↓すぐ先にト字路。下川原方面に向かうのでそのまま真っ直ぐ進む。

20090510ride_11

↑上の写真の左下は、霧生方面へ右折して向かう道。布引峠やメナード青山リゾートに繋がっている。
↑上の写真の右下は、その反対の方角、工事中の道。
↓このト字路(工事終了後は十字路)をそのまま真っ直ぐ下る。

20090510ride_12

気持ち良く下ると、近鉄線に再び遭遇。↓

20090510ride_13

近鉄線沿いにちょっと東進。
↓暫くすると下河原~北山~勝地の集落を繋ぐ道に入る。何か期待できそう。

20090510ride_14

↑ちなみにすぐ近くには伊賀神津駅が有る。ここで近鉄線の線路とはおさらば。
↓県道2号の裏道的ルートを進む。

20090510ride_15

↓おお!怖い位の真っ直ぐな道。

20090510ride_16

県道2号もこんな感じの区間が有る。
↓その県道2号が右手の川の対岸に見える(自動車が見える辺り)。

20090510ride_17

↑山裾に近い所を走っている。
県道2号は道沿いに民家が少ない。ロードバイク的にはむしろ県道2号のほうが気持ち良いだろう。県道2号の写真は「青山高原サイクリング 2007.09.22」の前半部分を見てくださいな。たぶん普通なら県道2号を選択するかも。
僕は単になるべく未走部分を走りたいのでこちらを選んだ次第。
なお、自動車は県道2号のほうが多い(と言ってもストレスになる位の数では無い)。あと、ツーリングの単車が県道2号に多い。
一方、こちらの集落を繋ぐ道は地元の農家の車が殆ど。勿論出くわす数は少ない。
↓勝地の集落に入る。

20090510ride_18

↓真っ直ぐな道。そして右手に田んぼが広がる。

20090510ride_19

田植えを終えたばかりの田んぼは綺麗ですな。
水面が見えてちょっと涼しげだし。

20090510ride_20

いや~~、この道は正解。県道2号だけでなく、こちらもお薦めだな。
小径車やMTBでゆっくり走りたいのならこちらのほうが良いかもな。

20090510ride_21

↓勝地の集落から妙楽地の集落に入った所で、県道2号に合流。

20090510ride_22

ここから滝川ダム方面に向かう道も有るようだ(上の写真の右下)。↑
でもここは真っ直ぐ。
ここから先は暫く既走。
ま~、一度しか走っていないし、少し忘れかけているので退屈ではないが・・・。

20090510ride_23

左手に農家の家々。右手に田んぼ。快走ロードが続く。

20090510ride_24

↓すごいね~。この直線具合。

20090510ride_25

↓滝の集落に到着。

20090510ride_26

滝の集落から先は徐々に林間ロードに変わっていく。

20090510ride_27

↓ここまでずっとフラットだったが、ちょっとだけ登り勾配になる。
↓道の脇の民家が殆ど無くなる。

20090510ride_28

木々と田畑の間の道。

20090510ride_29

走りたくなるでしょ?快走路だよ~~。

20090510ride_30

ウハウハですな。
実は、この程度の登りでもシャーッと走り抜けられない位に弱くなっている自分にちょっと凹気味なんだけど・・・(-_-;)

20090510ride_31

・・・ま、読んでくださっている方は走り抜ける様子をイメージしてくださいな~(^^ゞ

20090510ride_32

木々が近くまで迫る道。

20090510ride_33

なんか絵に描いたみたいに綺麗な道でしょ?

20090510ride_34

↓伊賀市坂下に入っていますな。

20090510ride_35

↑伊賀市でよく見る看板です。
引き続き暫く走ると・・・。

20090510ride_36

↓T字路にぶつかる。ここは右折。

20090510ride_37

↑自転車は左折の坂下方面に置いてありますが、右折です。
右折するとすぐに登り坂。

20090510ride_38

ここはしっかりとした登り勾配。
県道2号で一番登り勾配らしい区間。意外と疲れる・・・駄目だな~、この位で・・・。

20090510ride_39

↑峠名は知らないが、峠らしい場所。↓

20090510ride_40

ここから一気に下る。

20090510ride_41

林の中の快走の下り。
路面に溝が彫られているのがちょっと気になるが・・・。

20090510ride_42

自動車が通ることは少ないが、通る自動車はドライブ目的の車が多く、この先の国道163号を目指して結構スピードを出して下ってくるので要注意。

20090510ride_43

道沿いの木の向こうには左妻川の渓流。

20090510ride_44

林の中から出ると、中馬野の集落に・・・。↓

20090510ride_45

↑道なりにそのまま進む。
↓程なくして山神橋に到着。時刻は10:15頃。
↓ここで県道2号とはお別れ。右折して「奥馬野」方面へ向かう。

20090510ride_46

↑案内表示板が有るので迷わない筈だ。
↑馬野川の左岸を上流に向かって進む。ここから暫く未走区間だ。↓

20090510ride_47

暫くすると民家が少なくなり、林の中へ。

20090510ride_48

登りが始まりました~(ドキドキ)。
キツイのかな?

20090510ride_49

はい、キツイです。
フロントがトリプルで良かったです(^^ゞ・・・ありがとう、30T(情けな・・・)。

20090510ride_50

高良城林道の“登り始め”よりも、こちらの登り始めのほうがキツイな。あちらは後半のほうがキツイ。

20090510ride_51

ただ、馬野川の渓流が眼下に見え、しかも林の中なので直射日光が遮られ、こちらのほうがサイクリングに向いていると思う。

20090510ride_52

馬野渓・・・いいね~~。
紅葉の季節だったら更に良いだろうね。

20090510ride_53

↑こういう削った岩が残っているのも良いな。雰囲気が有る。

20090510ride_54

まだまだ登りですな。ま~、景色が良いのでゆっくり行きましょう。

20090510ride_55

ネット検索をしてみると、高良城林道と走り比べた人の間では、こちらのほうに人気が有るみたい。

20090510ride_56

確かにそうだな~。この眺めだもんな。

20090510ride_57

疲れるけどね。

20090510ride_58

ちなみに、この日はこの馬野渓~青山高原手前までの区間で出会った自動車は3台だけ。写真をたくさん撮りながら、しかも乗っていてもメチャ遅い僕が、それだけしか出会っていないということは、普通の走力のローディーがひたすら走るだけなら1台も出くわさないかもしれない。快適にサイクリング出来る道だ。
あと・・・、渓流の音が大きいので、後ろから自動車が近づいてきてもエンジン音が聞こえない点が注意。ま~、結構気配と勘、予感で察知して後ろを振り向くけどね。そうでしょ?

20090510ride_59

↓たまに人工の砂防ダム風の滝も有る。

20090510ride_60

路面は全般的には悪くないのだが、たまにこういう路面も有る。↓

20090510ride_61

↑ちょっと吉野の国道309号の川迫川沿い区間みたいな感じの路面。
ま、でもこういうのはごく短い区間。落ち枝や落石、ごくたまにクレーターみたいな穴も有るけど、意外とこういう手合いの道の割には良い方だと思う。だからお薦め。ちなみに高良城林道の路面のほうが全然綺麗です。

20090510ride_62

僕はこういう道のほうが好きです。

20090510ride_63

いつの間にか、勾配が緩くなっている。

20090510ride_64

フラットの様な区間も有る。

20090510ride_65

この登り区間の真ん中辺りは緩い勾配が続くようだ。

20090510ride_66

↓こういう所では逆から下る時に後ろから自動車が来たら嫌だね。
↓左に避けて外したら下の川に落下・・・怖い・・・。

20090510ride_67

↓眺めはとても気持ち良いけど、ここに真っ逆さまに落ちたくないわな~。

20090510ride_68

もう少し暑くなったら水辺に足をつけたい気分ですな。

20090510ride_69

でも降りると危険な所が多いので止めた方がいいと思う。
気楽に降りれそうな所は・・・そう言えば見当たらなかったな~。

20090510ride_70

下の渓流ばかり見ていないで、上の緑も見ないとね。↓

20090510ride_71

↑何の画像処理もしていないですよ。濃い緑ですね~~。秋にはこれが紅葉として色づくのでしょう。
↓でも、やっぱ、下の渓流も見よっと・・・(^^ゞ

20090510ride_72

写真も渓流ばかりですね・・・(^^ゞ

20090510ride_73

再び、登り勾配の負荷を感じるレベルの坂になってきた。

20090510ride_74

あっ、そう言えば、蛇とか気持ち悪い虫とかを警戒していたのだけれども、出くわさなかったな~。

20090510ride_75

↓途中で分岐。林道が右手に伸びている。ここはスルーして直進。

20090510ride_76

↓まだ眼下に渓流。

20090510ride_77

むむむ・・・、また疲れるレベルの登りになってきた。

20090510ride_78

疲れますな。

20090510ride_79

左手の渓流がエネルギー源か・・・。

20090510ride_80

この馬野渓の山の木々も林業用みたいですな。
伐採した木々が横たわっていたり、林業の関係者らしい人達が山の急斜面で木をチェックしていた。

20090510ride_81

登り坂だけど、日差しが遮られていて助かりますな。

20090510ride_82

直射日光を上から受け続けていたら、疲労度が上増しになるからな。

20090510ride_83

↓たまにそんな場所も有るけどね。

20090510ride_84

まだかな~、結構きつい。

20090510ride_85

↓途中で左手に分岐。

20090510ride_86

↑馬野川を橋で渡り、笠取山(青山高原の主峰,標高842m)方面に向かう分岐だ。
↑ダートなので、いずれにしてもスルー。
↑青山高原まであと1.6km。もうすぐだな・・・。

20090510ride_87

もうすぐなのか?(ハァハァ)

20090510ride_88

↓すぐにまた分岐。案内板では右手のダートが青山高原への道としている。

20090510ride_89

↓ダートの林道。林道風呂谷線。

20090510ride_90

↑青山高原への散策路といった感じ。MTBなら当然こちらだが、ロードバイクなので止めておく。乗れないことはないだろうけど。
↓そのまま真っ直ぐ進むことにする。
↓ただし、このト字路の分岐の案内板にはどこに向かうのか示されていない。

20090510ride_91

↑ちょっと不安だが、ここまでで出会った自動車ならばこちらを走る筈。
おそらく青山高原に直で入れないけれども、県道512号と合流する筈だ。
↓橋の上だけはフラット・・・。当たり前か。

20090510ride_92

↓一時だいぶ下のほうに見えていた馬野川が、また近くに見えるようになった。

20090510ride_93

引き続き登りです。

20090510ride_94

さっき青山高原まで1.6kmって書いてあったのに・・・まだか・・・?

20090510ride_95

↓徐々に頭上に空が見えるようになってきた。

20090510ride_96

ということは、だいぶ登ってきて・・・もうすぐ終わりでは?

20090510ride_97

甘いか・・・。

20090510ride_98

でもいつか終わる筈だ。

20090510ride_99

↓終わった~~。県道512号に合流。時刻は12:00頃。

20090510ride_100

↑左が榊原温泉方面。右が青山高原方面。↑

20090510ride_101

↑青山高原に行かないつもりだったが、看板が有ったので撮影。↓

20090510ride_102

さっきの合流地点のほんのすぐ目の前に見えていたからね。
とりあえず来た証拠・・・前回の使いまわしではないよ。
↓すぐそばに航空自衛隊の基地が・・・。

20090510ride_103

↓ロゴですか・・・。

20090510ride_104

では、取って返して榊原温泉方面へ。

20090510ride_105

この辺りは前回「青山高原サイクリング 2007.09.22」で走行済み。

20090510ride_106

↓所々眺めの良い所も有る。

20090510ride_107

↓麓の津市の様子。もう少し綺麗に撮れるといいんですが(^^ゞ

20090510ride_108

軽くアップダウンの道を進むと、高良城林道と県道512号との合流地点に到着。↓
前回は高良城林道から青山高原に登ったのだが・・・。

20090510ride_109

↑今回は県道512号の東部分、榊原温泉方面へ・・・。

・・・・ん!!・・・・え?!

通行止め!!━━Σ(゚д゚;)━━!!

20090510ride_110

マジでか!?
「三重県の道路規制情報」のサイト(ここ)では解除されていたぞ!
平成21年2月19日~6月26日まで工事中とは・・・。
車止めとしてバリケードが2枚置かれている。うち一つは横転。突っ込んだのか、無理に突破したのか??
自転車なら抜けられるのか・・・?もっとネット調査をしておけばよかった。下って確認しても良いが、駄目で引き返してまた登るのも今日は面倒だし・・・。ここまでバリケードと鎖で封鎖されているとなると歩行者も通したくないんだろうな・・・。
やめておこう。
では、どうする??

↓こうします・・・。

Plan_change090510

↑引き返して青山高原を通過。県道512号の前回の既走区間で下る。
↑しかし、前回と違って国道165号には入らない。
前回は制限速度50km/hrギリギリを完璧に遵守する、優良かつ上手い自動車の数珠繋ぎ集団の中に入ることが出来、何の恐怖も受けずに颯爽と国道165号を下れた。あっという間に伊賀神津駅に着いた。ただ、それはあとでネットで調べてみると、僕がラッキーだったかも知れないようで、かなり怖い目に遭っているサイクリストもいた。リハビリ中の僕は色々と自身が無いので(右の急カーブで綺麗なライン取りで速く曲がれるか、ドライバー側が不安に思わないような“ぶれない走り”が出来るかどうか・・・とかがね)、国道165号は使わない。
↑代わりに国道に合流する直前で県道755号に移ることにする。県道755号と県道670号との合流地点までは未走区間なので、行ってみたいというのも有る。
↑県道670号に合流したら、奥鹿野経由で青山町駅まで戻る。その区間は昨年「布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13」で既走の部分をそのままそっくり使う(その時は青山町駅から奥鹿野経由で布引峠方面に向かう逆走コースだったが・・・)。終わりのほうは時間計算が出来る既走部分を入れたいので・・・。
距離は少し予定よりも長くなるかもしれないが、まぁ、それでも50km位だろう。
くしくも周回コースになりましたな~。

そう言えば、この通行止めの箇所で、高良城林道から来る何台かのMTBerのグループと出会った。
しかし、この通行止めのショックとそのあとの計画練り直しで頭がいっぱいでちゃんと挨拶をしなかった。
・・・あの~、わざと無視したわけではないのでゴメンなさいね。

冒頭のほうで、記事のタイトルについて言及したが、これでお分かりでしょう?
榊原温泉には行けず、既走の青山高原通過になった次第。
もし予定通り進めたら、「馬野渓~榊原温泉・布引峠サイクリング 2009.05.10」だったんだけどね~。

そいうわけで、引き返して青山高原の国定公園内に突入。
前回「青山高原サイクリング 2007.09.22」で詳しく青山高原の様子を書いたつもりなので、そちらを参照ということで~。
今回は、青山高原では写真撮影も少ししかしていないし、スルーしたスポットも多いので、簡単に。

↓でも風力発電施設の写真くらいはupしておこう。

20090510ride_111

解説は「青山高原サイクリング 2007.09.22」を読んで~。

20090510ride_112

それにしても風が強い。
前回よりも強い。
だからこそ風力発電施設を作ったわけだが、こういう風の強い場所で自転車を不安定な体勢で置いて写真撮影中に横転・・・ディレイラーハンガーをひん曲げる・・・・な~んて嫌だから、撮影で置く時には細心の注意を・・・(だったら撮らなきゃいいじゃん、って?まぁそうですな)。
↓風車が立ち並ぶ景色の快走路。

20090510ride_113

この途中で先程のMTberグループと再びすれ違ったりして・・・。さっき挨拶しておかなったので今更しづらくてそのままスルー・・・。←内気Katze・・・(^^ゞ

↓途中の、休憩所 兼 展望所 兼 発電施設案内(解説)所?

20090510ride_114

↑ちなみここにも飲料の自販機は無いのですよ。
↓立ち並ぶ風車がよく回っている。

20090510ride_115

回っている・・・って、静止画じゃ分かんない?
↓では、動画で。

↑回転の様子が分かりましたかな?
↑前半は風の音をそのまま流しました。
↑後半は、同じ映像に音だけBGMに差し替えました。
↓景色も良いですぞ。

20090510ride_116

今年2月に買ったカメラをまだ使いこなせていません。
↓肉眼ではもう少しくっきりです。

20090510ride_117

布引山地の東麓の津市が見えます。

20090510ride_118

実際に行って見てくださいませ(^^ゞ

20090510ride_119

さ、青山高原の観光は簡単にして、とっとと先に進みます。

20090510ride_120

暫くはフラットもアップダウンも有る。カーブが多い。
↓そういうわけで減速帯(正式には何と言うのかな?)も多い。
↓自転車的にはちょっとストレスなんです。これ。

20090510ride_121

でも快走路であることは間違いないね。
あと、この日は休日なので自動車と単車が多いかも。

20090510ride_122

途中で何ヶ所か見晴らしの良い所を通過。

20090510ride_123

やっぱ、山岳系のサイクリングはいいね~。
登る辛さと、そのあとのご褒美(展望)がね~~。

20090510ride_124

↓道の脇に所々、ツツジが・・・。

20090510ride_125

緑が多い景色の中で、ひときわ目立ちます。

20090510ride_126

さて、いよいよほぼ下り放しの区間へ突入。

20090510ride_127

カーブ連続の下りの快走路。
下りの写真は、走行に集中しているので無いです(^^ゞ
↓ここは途中のフラット区間。

20090510ride_128

↓ガンガン下っていくと、県道755号の分岐に出くわす。時刻は13:00頃。

20090510ride_129

↑左折して県道755号へ。
↑いきなりの登り坂。↓

20090510ride_130

ん~~、予定外で全く事前調査していなかったが・・・長いのかな?この登り。

20090510ride_131

こんな道、自動車なんて来ないだろうと思っていたが、意外と走っている。
ま、そんなに頻繁ではないけど。

20090510ride_132

予定外の登りにちょっとへたり気味。

20090510ride_133

ま、いいリハビリになるけどね。

20090510ride_134

津市に突入。

20090510ride_135

どのみち、この県道755号は伊賀市と津市の市境をなぞるように通っているので、行ったり来たり状態なんだけどね。
↓「青山高原・保健休養地」の横を走る。

20090510ride_136

そっか~~。自動車がそこそこ走っているのも、路面が綺麗なのも、このリゾート施設有ってのことか~~。
↓暫くするとほぼフラットな道になる。

20090510ride_137

メチャ綺麗じゃん(←なんか・・・大阪+横浜のmix方言?)。

20090510ride_138

↓宿泊施設がチラ見され、その向こうに麓の津市の景色が見える。

20090510ride_139

↓綺麗で快適な道を進むと、分岐。
↓ここでちょっと迷う。
↓まっすぐ進みたくなるが、あちらは保健休養地の敷地内。

20090510ride_140

↑まるで脇道のような右手の細い道が県道755号の続きと思えるので、そちらへ。
↑県道の標示板は無いが、バス停奥鹿野、桜峠・・・とか書かれているので間違いないでしょう。
↓進んでみると、道幅は少し狭くなるが、より“いい感じ”の道が続いている。

20090510ride_141

ところどころアップダウンが有るが、短い距離。

20090510ride_142

ここでもツツジが。
青山高原のツツジは5月前半が見頃なのかな?

20090510ride_143

眺めが良い所も有る。
くつろぎたくなるような場所が・・・。

20090510ride_144

↓肉眼ではもっと綺麗ですよ。

20090510ride_145

なんか、この県道755号もこのリゾート保養地の一部であるかのようだ。

20090510ride_146

素晴らしい。
サイクリングに最適な道だ。

20090510ride_147

変更ルートをこれにして正解だったな。

20090510ride_148

これだから止められんね。自転車って。

20090510ride_149

所々眺めの良い所が有る。

20090510ride_150

布引山地の山々が見える。
ずっと遠くに高見山地まで見えているのかな?・・・どうだろう?

20090510ride_151

あ~、もっと撮影技術が有れば、この景色の良さを伝えられるのに~。

20090510ride_152

まだまだ続くな。

20090510ride_153

こういう道なら大歓迎。

20090510ride_154

↓だって横にこれだもの。

20090510ride_155

↓暫くするとちょっと下りが続き(写真を撮り損ねた)、県道670号と合流。

20090510ride_156

↑上の写真の右下のようなT字路で合流。
↑左に曲がると津市に再突入し、君ケ野ダムや布引峠、メナード青山リゾートへ行ける。その道は「布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13」で既走。
↑今回はその時の逆走コースというわけで、右折Uターンするように奥鹿野方面への県道670号に入る。
ここから先は青山町駅まで既走区間。
時刻は14:00頃。これならあまり暗くならないうちに帰宅出来そうだ。
↓ただしここから先、奥鹿野までの県道670号はロードバイク的にはちょっと悪路。

20090510ride_157

林の中を進む。ここからずっと緩い下り勾配。
・・・と言うか、この先青山町駅まで登り坂は全く無い。
ここから先の写真は「布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13」のほうがたくさん載っているので、そちらもご覧くださいませ。

20090510ride_158

柏尾川が横を流れる。

20090510ride_159

路面が良ければ最高の道なのだが、落ち枝が多い。

20090510ride_160

集落に近づくと、更に路面が悪くなってくる(普通逆だろ)。亀裂、クレーターのような凹穴。そこに湧水が溜まって水たまり状態。うっかり普通の水たまりだと思って通過すると、穴にはまるよ。要注意の道だ。
MTBだったら何でもない道なので、その場合にはリラックスして走れるでしょう。ロードバイクの場合は油断しないように・・・。
しかも薄暗いので、黒っぽいレンズのサングラスだと路面の凹凸を見難い。ここはクリアーレンズかピンクレンズが良いのだが、今日の僕は黒いレンズなのでサングラスを外して進む。
↓苔がセンターラインみたいだし。

20090510ride_161

↑この写真の路面は綺麗なほう。「布引峠~桜峠・布引山地サイクリング 2008.09.13」にはもう少し悪路の写真を載せたと思うが・・・。
でも、僕はこういう悪路をロードバイクで進むのは・・・嫌いじゃない。むしろ結構好き。
自動車もたまには通るだろうが、前回今回とも、一台も遭遇せず。
↓ゆっくりと進んだつもりでも、下り基調なので意外と速く林の中から抜け出て・・・。

20090510ride_162

奥鹿野の集落に入る。

20090510ride_163

長閑な農村の集落をノンビリとポタリング速度で抜ける。

20090510ride_164

↓T字路に突き当る。県道767号との分岐。ここは右折して橋を渡る。

20090510ride_165

↑柏尾川を橋で渡ったら今度は左折。県道670号とはここでお別れ。
↓そのまま道なりに奥鹿野と柏尾を結ぶ道を進む。

20090510ride_166

↑奥鹿野の、田植えをしたばかりの美しい田んぼ。

20090510ride_167

緩い下り基調の素晴らしい快走路。

20090510ride_168

左手に柏尾川の流れ・・・。

20090510ride_169

いいね~、この道。

20090510ride_170

どうよ?この道。走りたくなりません?

20090510ride_171

サイクリングのシメにいいでしょ~。

20090510ride_172

この風景だものね~。

20090510ride_173

この風景はいつまでも残っていて欲しい。

20090510ride_174

↓これは茶畑かな?

20090510ride_175

さて、先程“サイクリングのシメ”と書いたが、本当のシメはこれから。
↓ここに分岐が有る。
↓普通に走り抜けたいロードバイクの方はガードレールの有る右の道へ。
↓悪路好きなロードバイクの方やMTBerは左の小道へ入ることを薦めます。

20090510ride_176

僕は勿論左の小道へ。
↓左手に先程の田んぼを見ながら進む。

20090510ride_177

↓細い道。軽トラが精一杯の道幅。

20090510ride_178

↓田植え中ですね。

20090510ride_179

木々の中を走る細い道へ。

20090510ride_180

いい感じでしょ?

20090510ride_181

↓悪路な区間に突入。

20090510ride_182

↑写真には無いが、アスファルトに亀裂と凹穴が多い区間。湧水と泥が溜まってドロドロの場所も有る。アスファルトが泥で埋まっている場所も有る。要注意の区間だ。
↓林を抜けると、広域農道「伊賀コリドールロード」の下をくぐる。

20090510ride_183

再び田んぼが横に・・・。そういうわけで、こういった田んぼへの行き来に軽トラックが通過することがたまに有るようだ。前回は出くわさなかったが、今回は地元の方らしい軽トラックとすれ違った。走りながらすれ違えないので、僕が自転車をおりて道の脇に避ける。
この時、迂闊に草むらに踏み込まないように・・・蛇がいるかもしれないから。また、この道と田んぼの境には高圧電流線が張られているので、それにも触れないように。

20090510ride_184

写真を撮る時にも高圧電流線に自転車を立てかけないように。
↓ま、そういう危険とは無縁そうな長閑な道ですな。雰囲気の有る道です。

20090510ride_185

↓気分良く走っていると柏尾の集落に到着。

20090510ride_186

↑適当に進んでも「大橋」(上の写真の左下)で柏尾川を渡れるだろう。
↑↓青山変電所の横を通過(上の写真の右下および下の写真の左上)。

20090510ride_187

↑正面に「大村神社」の鳥居が見える(上の写真の右上)。そのすぐ横の道に入る。
このあと青山川左岸を走行。写真が無いのは、今回の走行の方角だと道路の左手に大きな蓋で塞がれた水路らしき部分が有り、その上を避けてアスファルト部分を走るとなると、まるで自動車からは道路のド真ん中を走っているように見えるので、自動車が来ないうちにとっとと抜けたかったから。
↓右岸には国道165号。青山町駅の案内表示板が見える。

20090510ride_188

阿保橋で右岸へ渡る(上の写真の右下)。僕は撮影のために歩道用の橋で渡ったが、普通は隣の車道用で行っても危険度無し。国道以外は自動車は少ない。
橋を渡ったら国道165号も横断して直進。

↓青山町駅に戻ってきた。時刻は15:00ちょい過ぎ。

20090510ride_189

サイコンで確認したら、走行距離は50kmちょい切るぐらい。朝の予定よりも長くなったが、この短い距離の範囲でなら大した差ではないな。

輪行袋にロードバイクをパッキング。
暫しホームで待ち、15:52発の急行・上本町行で大阪市内へ。
↓車掌室の前の優先座席を拝借。対象者が乗車してこられたら立ちますよ。

20090510ride_190

大阪市内に入り、行きとは路線ルートを変えるため鶴橋駅で下車し・・・・その後は何回か乗り継ぎ、最寄りの駅に18:00ちょい前に到着。まだ日没前。
ロードバイクを組み立て、僅かな距離を走って18:20頃に無事帰宅。

久しぶりの輪行とロードバイクでの山間部走行だったわけだが、予定していた青山高原~榊原温泉間を走れなかったのは残念だった。しかし、メインの馬野渓を十分堪能できたので満足。加えて、寺脇~滝の集落を結ぶ道と、県道755号の未走区間が思ってのほか良かったので大満足。
一方、登りで結構やっつけられてしまい、ダメダメ状態を再確認した。ただ、駄目なりに暫く何回かこの位のサイクリングを続けながら、徐々に厳しくしていけば何とかなりそうな気配。以前の峠越え連発&100km以上まで回復したい。
あと、前回の試走で気になっていた、ハブの玉当たりの調整の加減だが、今回も走行後に結構な量のグリスのはみ出しが見受けられた。少し早めにグリスアップ&調整し直しが必要になりそうだ。

そういうわけで、予想外のコース変更が有ったが、短い距離ながら景色は大満足。ロードバイクで山間部をサイクリングする楽しさを思い出せた。
やっぱ、やめられませんな~、こういうサイクリング。
(・・・あ、小径車のポタリングも好きですけど~。)
 

コース概略/自宅→○○線△△駅~(輪行)~市営地下鉄◇◇線▽▽駅・□□線~(輪行)~近鉄大阪線上本町駅~(輪行)~青山町駅→伊賀市(旧青山町)寺脇→下川原→北山→勝地→滝→県道2→山神橋→奥馬野→馬野峡→青山高原→県道512→県道755→県道670→奥鹿野→柏尾川沿い→青山川左岸→阿保橋→近鉄大阪線・青山町駅~(輪行)~鶴橋駅・市営地下鉄◎◎線~(輪行)~■■駅・地下鉄▲▲線~(輪行)~◆◆駅→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。青色のラインが走った所))

走行距離/50.35km
走行時間/3hr23min
平均速度/14.91km/hr(←笑・・・・泣くorz)
最高速度/記録エラー
MARIN Road Bike積算距離/7519km
全Bike積算距離/15586km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 屋根裏好きと屋根裏嫌い | Top Pageマスク・インコ »

 

 

Comments

じゃいあんです。青山町からのツーリング見させていただきました。途中、道路が閉鎖されていたのが残念でしたね。でも、その後のすばやい予定変更。十分の計画や今までの走行路を知っているからこそ、できるのですね。感心します。つつじの写真、田植えをしているおじさんの写真。ベストショットですね。お疲れさまでした。

先ほどまで、地図を見ていて、163号線で伊賀上野まで行って、そこから伊賀神戸へでて、国道165号線もいいなと思っていたところ、katzeさんのUPを拝見しました。伊勢湾は私にとって、なかなか遠いですね。katzeさんのHPをみて熊野にも行きたいなと思っています。夢は広がりばかりです。輪行をどう組み立てるかも、計画の大きな柱になりますね。

« 投稿: じゃいあん  2009年5月17日 (日) 01時47分

じゃいあんさん>
一人で走る場合は特に机上調査と計画が大事ですよね。
無計画で気楽に出発というのも勿論“有り”ですけど、たった一人で山の中の知らない場所で日没になったら危険ですしね。

兵庫→伊勢湾も色々とルートが考えられますね。
最近、R163もR165も走っていないのですが、2006年当時でしたらR163のほうが交通量と峠越えの両面で楽でしたしょうが、最近開通した新長野トンネルのおかげで交通量がupした可能性も有り・・・。
この辺りの裏道の県道は、場所によっては結構な悪路だったりして意外と通過に時間がかかる可能性も有り・・・、色々考えものですね。

なんにしても今一番ワクワク楽しい時期でいらっしゃると思いますよ。
ここにも行きたいし、あそこにも行きたいし、って、次から次へと夢が広がる感じだと思います。
どんどん走って楽しんでください。

« 投稿: Katze  2009年5月17日 (日) 10時30分

馬野渓素敵ですね。
紅葉の季節も良いとおもうけど
この新緑の季節もとってもいいです。
マイナスイオンがっつり♪って感じで(*´∀`*)

つつじも赤があまりない色で綺麗。
山間部って楽しそうです。

« 投稿:   2009年5月17日 (日) 14時07分

しましまさん(?)>
新緑と渓流ってまさにマイナスイオンの宝庫でした。

ツツジって単色かと思っていましたが、白い部分も結構有るものなんですね。そういう品種なのかもしれませんが。
いずれにしても自然の赤・・・紅はくどく無くて綺麗でした。

« 投稿: Katze  2009年5月17日 (日) 16時13分

今の時期は走っていて気持ちいいでしょうね。
美味しい空気を肺いっぱい吸い込んでリフレッシュ出来そうです。
馬野渓って知らなかったです(^^ゞ
九州に耶馬溪って有って、そこは行った事有るのです。
私の場合は歩きで、ゆっくりとした景色の移り変わりしか覚えていないので、
風をきって楽しめるkatzeさんうらやましいです♪
新緑の深い緑とつつじの赤が映えますね。

« 投稿: アネモネ  2009年5月18日 (月) 11時58分

アネモネさん>
馬野渓って、関西人でも知らない人が殆どだと思います。知っているの周辺の市民か、旅好きかサイクリストくらいでしょう。
耶馬溪に比べれば、とてもとても知名度は低いです。

ということで・・・そう!知っていますよ。耶馬渓。
自転車無しでも普通の旅行で行ってみたいと思っていましたが、まだ行ったことは無いです。いつか行きたいと思っています。

« 投稿: Katze  2009年5月18日 (月) 21時59分

あら、もう田植えがほとんど済んでいますね?
びっくり!!
南のほうが早いと思っていましたが。。
こっちの田んぼ(鹿児島・宮崎)はまだ水も
入っていませんよ

まっすぐな苗の列を見てたら、
    そんなことを考えました

渓流が気持ち良さそう
私子供のときから、こういう所がとても好きです

« 投稿: はな  2009年5月18日 (月) 22時31分

はなさん>
え~、そうなんですか。
同じく、南から順番に、って思っていました。
必要な生育期間が南のほうが短いとかって有るんですかね~?

渓流は四季を通じていいものですし、感じ方も変わります。
これから少しずつ暑くなって、夏になると清涼感でますます気持ちいいと感じるようになりますね。

« 投稿: Katze  2009年5月18日 (月) 23時38分

お久しぶりです。
Katzeさんもロードで思い切り走る頃合いになったようですね。
私も今年は青山高原の辺りを走ろうと計画しているのですが、大阪からだと一番のポイントは起点と終点ではないかと思います。近鉄の急行は各停になるし、R165は車が多いし、、、。
一昨年の記事も拝見してコースを練っているところです。

« 投稿: EDO  2009年5月20日 (水) 19時59分

EDOさん>
お久しぶりです(^^ゞ
舗装路に戻ってきました。

青山高原を中心にしたコースは色々有りますが、
往復輪行となると難しいですね。

蝙蝠峠を越えて滋賀県側、草津線で京都まわりで帰るというのも有るかも知れませんね。

« 投稿: Katze  2009年5月21日 (木) 01時07分

シャーっと走りぬける姿のKatzeさんしか想像できませんが(;´▽`)  マイナスイオンたっぷり浴びて来たんですね~(^v^) 風力発電って。。。もっとびゅんびゅん回ってないと電気は発生しないのかと思ってました。しかしすごい風の音ですね。これが向かい風だと走るのキツそう~(llllll・○・llllll) 山、街。。。最近は通勤にも自転車に乗る人が増えて来てるみたいですね。カッコええチャリ、欲しいな~。。。

« 投稿: あさたろう  2009年5月21日 (木) 21時15分

あさたろうさん>
ふんが~~、って感じで走っています。重い走りです。(^^ゞ
風見鶏の風車みたいなイメージとは違って、ゆっくり目でした。それほど大きな電力はないかもしれません。

かっこいい自転車が欲しいんですか?
ピンからキリまで有りますので、よく分からない頃の最初はお店選びが大事だと思います。

« 投稿: Katze  2009年5月22日 (金) 00時19分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/44982024

この記事へのトラックバック一覧です: 馬野渓~青山高原・布引山地サイクリング 2009.05.10: