« チコ お誕生日おめでとう 2009.11.23 | Top Page京都西山・山道サイクリングⅩ 2009.11.28 »

2009年11月24日 (火)

井手町山吹サイクリングⅢ 2009.11.19

年月日/2009年11月19日

バイク/Trek Fuel Ex8 MTB (Full Sus.)

目的/京都府井手町の山吹の林道コースを走る。

ポイント/①往復自走,②久しぶりのMTBの慣らし,③通常の「山吹MTBチャレンジフェスタ」のコースと概ね同様のコースを逆周りに辿る。

内容/
(本記事のコースは近畿のMTBerに広く知られており、MTBのイベントで使われ、かつ自転車雑誌でも実名・コース・マップ付きで度々紹介されているため、実名のまま記載しました。)

徐々に冬に向かっており、そろそろMTBの山サイに絶好の季節になる。そこで、10ヶ月近くMTBに乗っていなかったこともあり、“思い出し”,“慣らし”の試走をすることにした。
うってつけの場所が京都府南部の井手町に有る。そこでは毎年「山吹MTBチャレンジフェスタ」が開催されるなど(丁度この記事を書き始めた11/23に2009年のイベントが行われている)、「山吹のコースが・・・」とか「山吹行ってきたの?」とかで話が通じる、この界隈で超ド級にメジャーな林道のコースなのだ。雑誌でも紹介されたことが有るし、ネット上では情報がたくさん。僕も過去に2回程走っている・・・勿論イベントではなくて一人で(「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」「井手町山吹サイクリングⅡ 2008.11.30」参照←多少アレンジ)。幾つかの道の組み合わせによって異なるが、距離は約20kmくらい。舗装部分もちょこちょこ有るが、多くはダートのダブトラ。テクニカルな場所は全く無く、必要なのは体力のみ。そういう点で“思い出し”,“慣らし”の試走にうってつけというわけ。
前述で“幾つかの道の組み合わせによって・・・”と書いたが、今回は「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」の際の周回コースと“概ね同じ”道の組み合わせで、それを“逆に”回るつもり(なお「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」の際の周回コースは、通常の「山吹MTBチャレンジフェスタ」のそれに近いが、大正池付近でちょっと異なる)。同じコースでも逆に回ると色々と違うことが多いので、ちょっと新鮮に感じるだろう。大雑把に書くと、“山城多賀フルーツライン前→万灯呂山展望台へ舗装路でアプローチ→大正池周回→山吹ハイキングコース”の順。府道321号上には出ない。

MTBは Trek Fuel Ex8 を選択。コースの状況からすればハードテイル&VブレーキのVooDoo HooDoo で充分なのだが、せっかくの自走だし、フルサス&オイル式ディスクブレーキの組み合わせは、ここ10ヶ月間乗っていたロードバイクや小径車とは色々感覚が違ってくるので、Trek Fuel Ex8 のほうが、より“思い出し”,“慣らし”をしたい対象と言うわけ。

今年の「山吹MTBチャレンジフェスタ」が開かれる4日前の平日。有給休暇を取れたので、この日に行くことに・・・。なんか釣りバカ日誌の浜ちゃん的だな。有給休暇を取って好きな釣りに・・・。かたや有給休暇を取って好きな自転車に・・・。リストラされないように気を付けないと・・・。

自宅を6:45に出発。
淀川左岸を京都方面に向けて走る。平日なので人が少ない。
京都府八幡市から土手の府道13号に移る。平日の朝なので、こちらは休日よりも交通量が多い。運送関係の大型車から、通勤のマイカー、原チャリ等々がガンガン流れている。御幸橋の手前のT字路は休日以上の数珠繋ぎ。
そこから木津川沿いのサイクリングロードに入る。今度は途端に閑散とした状態。そんな道を走っていると山城大橋が見えてくる(下の写真)。

20091119ride_1

ここで木津川の右岸に渡る。

20091119ride_2

↓右斜め前方に見えている山々。今日はあの中を走るってわけ。

20091119ride_3

山城大橋を渡ったら交差点を直進し、そのまま国道307号を少し走る。
↓ちょっと紅葉している国道307号の並木道。

20091119ride_4

最初に右手に見える橋で青谷川を渡り、国道307号を離れる。

20091119ride_5

橋を渡ったらすぐに左折。少し下ったらすぐに右折。
すると直線路に出る(下の写真の下段)。最初のト字路で左折(黄色の矢印)。

20091119ride_6

あとは、そのまま真っ直ぐ進む。県道70号の新道、JR奈良線、県道70号の旧道と横断し、道なりに出来るだけ真っ直ぐ進むと、「山城多賀フルーツライン」前に到着(下の写真)。時刻は9:40頃。

20091119ride_7

看板の指すほう、南谷川を橋で渡る。
↓すぐに分岐。ここは左の道へ(黄色の矢印)。

20091119ride_8

↑万灯呂山展望台まで4300mだ。
↑舗装された登り坂が始まる(上の写真の左下)。ここから万灯呂山展望台までサスをロックアウトしておくことにする。
薄暗い杉林の中や、茶畑、果樹園の近くを登っていく。

20091119ride_9

平日なのに地元の農家の方以外のクルマも度々登ってくる。ここから舗装部分は万灯呂山展望台までで終わるが、逆に下ってくるクルマに出くわさないので、大正池か府道321号へダートの林道を通って抜けるつもりなのだろうか。
↓程なくしてまた分岐。

20091119ride_10

↑本来MTBであれば左に進むことが定番。すぐにダートになるからだ。
↑しかし今回は右へ進む(黄色の矢印)。ちなみに半年程前に「万灯呂山サイクリング 2009.06.01」で万灯呂山展望台まで登っている。その時はロードバイクだったので、展望台まで登ったら引き返して降りてきた。
↑ちなみに、左へ進むことを示す白い矢印がアスファルトに書かれてある。おそらく4日後の「山吹MTBチャレンジフェスタ」のために書かれたのであろう。
↓まずは薄暗い杉林の中を登る。

20091119ride_11

暫くは上の写真のような道が続くが、徐々に眺望出来る、下の写真の様な開けた部分が増えてくる。

20091119ride_12

なかなか眺めが良い。

20091119ride_13

↓また一旦、少し薄暗い区間へ。

20091119ride_14

↓そしてまた右手の景色が開ける。

20091119ride_15

徐々に上空も開けてくるようになる。

20091119ride_16

山頂に近づいているということだ。

20091119ride_17

MTBで登るとキツイかな~と思っていたが、そうでもない。サスをロックアウトして軽めのギアでクルクル回していけば、案外サクサクと進む。
やがて、舗装路がヘアピンカーブになっていて、そこにダートの林道が接続する箇所に出る(下の写真)。

20091119ride_18

ダートの林道(上の写真の右下)は後で入るつもり。ここはアスファルトの道を進む(上の写真の左下の黄色の矢印)。展望台まであと僅か700m。
ちょっと登ると、ちょっと下り、そしてまた登り。↓

20091119ride_19

↓やがて紅葉が見える。

20091119ride_20

左手に大峰不動明王が祀られている。

20091119ride_21

綺麗に紅葉しているな。

20091119ride_22

今日のサイクリングの安全を祈願。

20091119ride_23

舗装路に復活すると、すぐに「万灯呂山展望台」に到着。時刻は10:30。↓

20091119ride_24

↓展望台へ。・・・も~~、ゴミを残していくなよ~(下の写真の左下)。

20091119ride_25

ここから万灯呂山の西の眺望がとても良い。

20091119ride_26

何度かここからの眺めを紹介しておりますが・・・今回も簡単に・・・写真だけ。

20091119ride_27

木津川沿いの家々と田畑が広がる。

20091119ride_28

遠くには八幡の山や、生駒、京都の西山から愛宕山辺りまで見える。

20091119ride_29

20091119ride_30

↓先程渡った山城大橋(赤い橋)が見える。

20091119ride_31

↓青い橋は「玉水橋」だ。

20091119ride_32

20091119ride_33

展望台の周りには紅葉よりも寒椿が目立つ。

20091119ride_34

紅葉が終わっても、寒椿だけは冬の彩度の落ちた風景にひときわはえてくれるでしょうな。

20091119ride_35

あずま屋が二つ有る。一つは先客の自転車のかたが一人いらしたので、僕はもう一つの方へ。またまた“どら焼き”補給食タイム&休憩。

20091119ride_36

少し休んだら再出発。時刻は10:45頃。
サスのロックアウトは戻しておく。
展望台から下り、先程のヘアピンカーブ部分から分岐しているダートに入る(下の写真)。まずは登り。

20091119ride_37

ダートの登りは舗装路よりもキツイですな。
少し登るとフラットに。↓

20091119ride_38

柿がなっている。

20091119ride_39

ここからはフラット有り、アップダウン有りのダートのダブトラ林道が続く。

20091119ride_40

久しぶりのダートとMTB・・・・楽しいな~。

20091119ride_41

極上のダブトラだな。

20091119ride_42

誰だ!こんな素晴らしいダブトラ林道を作ったのは~。

20091119ride_43

サドルを下げる必要も無い、危険度のとても低い路面で、MTBをメインで乗り回している人にはヌル過ぎるだろうが、今回の様な久しぶりの試走や初心者、子どもには丁度良いだろう。それなりの体力さえ有れば楽しめる。体力は・・・ダートの登りで使うんですわ。舗装路の登りよりもダートの登りは疲れる。

20091119ride_44

走っているだけなのに楽し~。
「これから暫く冬はMTBで楽しむぞ~~。」って気持ちを高められる。

20091119ride_45

↓やがて舗装路に変わると・・・。

20091119ride_46

↓T字路。

20091119ride_47

↑左のダートは未走だが、おそらく山吹ハイキングコースに繋がっていると思われる(上の写真の左下)。
↑右のアスファルト舗装路の登りは「大正池」方面(だったと思う)(上の写真の右下)。黄色の矢印のようにここを右折。
アスファルトの登りを進むと、すぐにまた分岐。↓

20091119ride_48

↑右のダートは未走。いつか先を確認しよう。
↑ここは黄色の矢印の様に左へ。
↓舗装路の登りはダートの登りに変わる。

20091119ride_49

↓フラットに・・・。

20091119ride_50

ん~~・・・快適。

20091119ride_51

↓今度は下りが始まる。

20091119ride_52

こんな感じで、アップダウンを繰り返す。
フラットなダートもアップダウンのダートも、ウハウハだ。

20091119ride_53

↓程なくしてト字路の分岐。

20091119ride_54

↑ここは黄色の矢印の様に左折して大正池方面へ。
↑直進したら何処に出るのか・・・未確認。府道321号なのか・・・??不明だ。いつか確認しよう。
左折すると登り。うぉりゃ==33と登る。

20091119ride_55

写真のために停止すると、ダートの登り坂って再スタートが結構キツい。
でも、撮りますが~。

20091119ride_56

こんな良い道。紹介しないではいられない。
↓写っていないが、右手に分岐が有る。でもここは真っ直ぐ。

20091119ride_57

ウハハ。

20091119ride_58

ウハウハ。

20091119ride_59

ウヒャヒャ。

20091119ride_60

↓下りだ。

20091119ride_61

うひょ~~って下る。勿論、声には出していないが・・・。心の中で叫んでいるだけ。

20091119ride_62

↓やがてT字路にぶつかる。

20091119ride_63

↑左折すると「山吹ハイキングコース」のダートの登り(上の写真の左下)。
↑右折すると、ゲートが有ってクルマの通行は不可だが、歩行者と自転車は進入可(上の写真の右下)。そちらに行くと「大正池」の周りを巡ることが出来る。
↑ここは先ず「大正池」の方へ。池を周回してみよう。時刻は11:45頃。
↓フェンスの脇を抜ける。

20091119ride_64

↓大正池の北端部分。板敷の雰囲気が良いな。

20091119ride_65

↓向こうに「願架橋」が見える。

20091119ride_66

そちらへ。

20091119ride_67

↓「願架橋」。渡るか・・・。

20091119ride_68

吊り橋ですな(渡り終えて振り返って撮影)。

20091119ride_69

↓説明板。・・・ほぉ・・なるほど。

20091119ride_70

橋から、向こうにダムが見える。

20091119ride_71

大正池には何回か来ているが、池を完全に周回したことは無い。
行ってみよ~。願架橋を渡ってから左折。反時計回りに回る。

20091119ride_72

左手の木々の間から池を見ながらポタリング。

20091119ride_73

↓シングルトラックっぽい所も有ったりして。

20091119ride_74

なかなか良いな~。

20091119ride_75

↓しばらくすると「浮御堂」。

20091119ride_76

立ち寄ってみる。
写真にはおさめられなかったが、青いカワセミが水面すれすれを飛んでいた。青色にキラキラ光っているように見えて綺麗だった~。

20091119ride_77

浮御堂から見えるダム。

20091119ride_78

向こうにロッジも有るね。

20091119ride_79

鮮やかな紅葉は無いが、まあいいんでない?

20091119ride_80

20091119ride_81

20091119ride_82

浮御堂から池の周りの散策路へ戻る。
↓暫くすると階段。久しぶりにMTBを担いで登る行為をする。

20091119ride_83

こういう所の“担ぎ”も、今日の目的の“慣らしの試走”の中の一つだな。
登り終えたところ。

20091119ride_84

このあと階段の上り下りが何回か繰り返される。

20091119ride_85

↓左手の池をチラ見しながらMTBを担いで登る。

20091119ride_86

浮御堂を出てから階段の上り下りが多く、あまり乗って走れない。
↓最後に長い急階段。勿論担いで下る。公園の階段だからね。

20091119ride_87

乗って下っていいよ、って言われてもお断るするけど。長いし、カーブする階段は怖い。僕には無理無理。
↓降りたらUターンするようにして先へ。

20091119ride_88

↓ダムの方に行ってみる。ダムの上を通れる。

20091119ride_89

↓ダムの放水口から下。

20091119ride_90

↓池のほうの眺め。

20091119ride_91

ダムの上を通過したら先へ。

20091119ride_92

ここからまた乗り続けられるようになる。

20091119ride_93

紅葉している木が一本。

20091119ride_94

大正池の周りで最も赤い。

20091119ride_95

ところで人っ子一人いませんな~。・・・ま、平日だからな。

20091119ride_96

池の東側付近。

20091119ride_97

あ!今日もまたカルガモ軍団(◎´∀`)ノ

20091119ride_98

みんな池から上がって昼寝中。
ちょっと警戒の鳴き声らしき声を出されたが、意外と近づける。

20091119ride_99

↓見張り役か?

20091119ride_100

↓あくび。「早よ~あっち行かんかい。落ち着いて寝てられねぇよ。」って。

20091119ride_101

お邪魔しました~~。

20091119ride_102

引き続き周回。

20091119ride_103

ノンビリ気分になれる道だな~。

20091119ride_104

静かだし~~。

20091119ride_105

家の近くにもこういう静かな所が有ればいいのに~。

20091119ride_106

やがて周回を終え、またフェンスを越えて先程のT字路に戻る(進行方向的にはト字路)。
↓直進して林の中のダートへ。ここから「山吹ハイキングコース」だ。

20091119ride_107

暫くダートの登り。

20091119ride_108

既走なので、この登りはそれ程長くは無いことは知っている。ただ、向こうから下ってきたことは有るが、逆に登るのは初めて。
なかなか疲れます。

20091119ride_109

↓写真では分からないだろうが、登り終えたところ。

20091119ride_110

↑この付近にOY山への登山路が有る。いつか行ってみよう。
↓今日は素直に林道を・・・・。さて、ここからフラット&下り基調の快走路だ~♪

20091119ride_111

どうよ?この道。

20091119ride_112

途中に「六地蔵」や「代官屋敷跡」が有るが、以前寄っているので、今回はスルー。走りを楽しむことに集中する。でも、写真も撮るけど~~。

20091119ride_113

いや~快適。ウハウハです。

20091119ride_114

暫くこうしたフラット・ダートが続く。

20091119ride_115

また今回も・・・。
アハ。

20091119ride_116

アハハ。

20091119ride_117

アハハハ~~~♪

20091119ride_118

そんな感じですな(頭は大丈夫です)。

20091119ride_119

京阪奈界隈の町から近くて楽に行けて、こんなに長く走れてお気楽なダブトラって少ないからな。だいたいはこういう所に到達するまでの山越えの舗装の一般道の往復で疲れたちゃう。フラットなサイクリングロード繋ぎだけで来れるここは貴重だ。それにMTBの進入も堂々と出来るし・・・。大切にしたいものだ。

20091119ride_120

本格的に山サイをやり始めても、時々は来よう。

20091119ride_121

やがて開けた所に出る。

20091119ride_122

ここから下り基調になる。
↓開けた所から林の中に入る所でちょっとした激下り。

20091119ride_123

↑これまで向こうから登ってきたことしかなかった。ここの登りは結構キツかった。今回は下りなので、急降下だが・・・。なお、ここからアスファルトやコンクリート舗装が断続的に現れるようになる。概ね下り勾配がキツイ所や、湧き水が路面に流れている所が舗装されている。おそらく舗装しておかないと路面が崩れてしまうからであろう。

20091119ride_124

↓横に流れているのは南谷川。

20091119ride_125

川に沿って下る。

20091119ride_126

↓ダートに変わる。

20091119ride_127

やっぱ、ダートの方が良いね~~。

20091119ride_128

そのためのMTBだし。

20091119ride_129

↓またアスファルト。

20091119ride_130

↓またダート。こうして繰り返される。

20091119ride_131

川が良い感じですな。

20091119ride_132

写真には撮っていないが、ちょっと崩れそうな路肩にはロープと警告の貼り紙がされている。以前は殆ど無かったが、結構色々な所で張られている。かなり新しいものだ。これもおそらく4日後の「山吹MTBチャレンジフェスタ」用だろう。

20091119ride_133

週末は雨だっていうから(実際に日曜日の午後から雨)、当日は泥々になりそうですな。でもそれもまた楽しいと思うよ(この記事を書いている今、すでに終わっているだろうけど、どうだったのかな?)

20091119ride_134

僕は、一人で走って楽しみま~~す。

20091119ride_135

↓「竜王の滝」の上を通過。

20091119ride_136

階段を降りなければいけない「竜王の滝」も今回はスルー。
走りを楽しみます。

20091119ride_137

↓やがて舗装路になり、楽しかった周回コースも終了。
↓左手の道は午前中に万灯呂山展望台に登った際のアスファルトの登り坂。

20091119ride_138

このまま下って、帰路に着く。

20091119ride_139

下まで降り切りました~~。
↓往きにはスルーした道の脇のコスモス。

20091119ride_140

20091119ride_141

綺麗ですな。

20091119ride_142

このあと、来た道をそのまま逆にトレース。
↓山城大橋まで戻ってくる。時刻は13:50頃。

20091119ride_143

まだ昼間だが、素直に帰ることにする。
↓振り返れば、先程まで走っていた山々が後ろに見える。

20091119ride_144

木津川沿いのサイクリングロードを北上。以降も休まずに来た道をそっくり引き返し・・・あっ、いや・・・淀川沿いに入ってから枚方大橋で右岸に渡り、右岸を走って大阪市内に帰る。
まだ十分明るい早めの16:20に無事に帰宅。

こうしてMTBの“思い出し”,“慣らし”の試走を終えたわけだが、ロードバイクや小径車と一番違った点は、ブレーキの感覚だった。キャリパー・ブレーキやVブレーキのワイヤー・タイプとは違って、オイル式のディスクブレーキは僅かな力でレバーが動き、簡単にブレーキがかかってしまう。家を出たばかりの時に、交差点で停まる際に前輪ロックしてジャックナイフしそうになった(^^ゞ まぁ100kmも走ったので感覚を思いだしたが・・・。
それから、今回のコースは以前の「井手町山吹サイクリング 2007.01.21」と逆に走ったが、今回の方が楽だった気がする。最初に一気に舗装路で万灯呂山に登ってしまったので、そのあとに登りの区間が度々有っても、全体的には下りのほうが多くなったからだろう。まぁ、どちらでも楽しいが・・・。
また、幾つかの気になる別ルートと支線が未走のまま残っているので、いずれ探りに行こうと思う。
そんな感じで有意義かつ楽しいMTB試走だった。さてと・・・、これから徐々にシングルトラックや担ぎの有る所に向かいますかな・・・。
 

コース概略/自宅→豊里大橋→淀川左岸河川敷・土手→京都府八幡市→府道13→八幡木津サイクリングロード→山城大橋→国道307→京都府井手町西北ノ代→山城多賀フルーツライン→万灯呂山展望台→大正池→井手町・多賀「山吹ハイキングコース」→山城多賀フルーツライン→井手町西北ノ代→国道307→山城大橋→八幡木津サイクリングロード→府道13→大阪府枚方市→淀川左岸河川敷・土手→枚方大橋→淀川右岸河川敷・土手→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。山城大橋以東のみ。淀川・木津川沿いは省略。青色のラインが走った所))

走行距離/104km(山吹のコース界隈は約20km程)
走行時間/6hr48min
平均速度/15.31km/hr
最高速度/記録エラー
Fuel Ex8 MTB(Full Sus.)積算距離/481km
全Bike積算距離/17395km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« チコ お誕生日おめでとう 2009.11.23 | Top Page京都西山・山道サイクリングⅩ 2009.11.28 »

 

 

Comments

おお、まだコスモスがピークなんですね
こちらも山深く行かないと紅葉は見れません
杉山の方が多いです
でもいちょうは鮮やかな黄色ですよね
鳥飼としましては、やはり鳥さんに目が行きますな^^
じーっと見ていると、やはり仕草は
見慣れているインコさんたちと同じですねchickpenguin道を遠くから写すと、向こうは暗がりの穴・トンネルみたいに見えて、探検心がむくむく!

« 投稿: はな  2009年11月25日 (水) 11時09分

Katzeさんにとってはウハウハな季節なんですね(^v^)
紅葉、ツバキ、コスモス、秋満喫~!
ぷぷっ、かるがもさん、本当に「はよあっちけ」と喋ってるような口元ですねえ、こんなに近づけるなんてビックリです。たった1日で感覚が戻るなんてさすが! 体が思い出したんでしょうか。
ところで。。。どらやきは一つだけなんですか???

« 投稿: あさたろう  2009年11月25日 (水) 12時37分

はなさん>
そうしたら、これから紅葉を楽しめますね。
こちらは全体的にはそろそろ終わりそうです。今週末が最後くらいかな。

カモもインコも基本動作はよく似ています。
首を曲げて寝たり。

« 投稿: Katze  2009年11月26日 (木) 20時12分

あさたろうさん>
カモたちがいつ一斉に逃げだすかと、ドキドキしていましたが、結構慣れているみたいで、だいぶ近づけました。

どら焼きは2つが必須です。

« 投稿: Katze  2009年11月26日 (木) 20時14分

たわわな柿といい、お花たちといい秋満喫ですね。

いいお天気の秋空に見えるけど、もう寒いんでしょうか?
飛ばしたら気持ちよさそうですね!

« 投稿: しましま  2009年11月27日 (金) 18時58分

しましまさん>
色々な秋を見つけることが出来ました。

今年の京阪神は何故かここ一週間気温が下がらなくて、冬になる感じがまだしません。本来、紅葉も至る所で終わり始めるのですが、結構残っているようです。
今年は秋がやや長くなりそうだと、昨日の近畿の天気予報では言ってました。
秋は好きなのでいいですけどね。走ると気持ち良いです。

« 投稿: Katze  2009年11月28日 (土) 19時21分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/46826650

この記事へのトラックバック一覧です: 井手町山吹サイクリングⅢ 2009.11.19: