« インコ達の天敵⑥ 風神 | Top PageTSUBASA 2010年度会員更新 »

2010年4月19日 (月)

丹波氷上~朝来多々良木サイクリング 2010.04.10

年月日/2010年4月10日

バイク/MARIN Venezia Road Bike

目的/丹波氷上町から朝来市の多々良木まで走り、黒川ダムと多々良木ダムのダム湖を周遊する。

ポイント/①往復輪行,②多々良木ダム以降のルートは、複数のプランの中からその時の時刻,体力等を考慮して選択する。

内容/
前回「淀川・桂川試走サイクリング 2010.03.30」にて2010年のロードバイクの初乗り試走を終え、今回はいよいよ初サイクリングに出掛けることにした。いきなりの輪行になるが、兵庫県但馬地方の朝来市に有る、黒川ダムと多々良木ダムのそれぞれのダム湖周りをポタリングするというもの(兵庫県のどの辺りかは下の地図を参照)。

Small_map_20100410

しかし、単にダム湖の周りを回るのではない。上の地図の下段のように、スタート地点は隣の丹波市(旧氷上郡)のJR福知山線・石生駅とし、そこから天王坂,加古川沿い,青垣,青垣峠(生野峠)を経由して朝来市に入る。朝来市に入ればダムはすぐで、黒川ダムのダム湖(黒川ダム貯水池)、次いで多々良木ダムのダム湖(多々良木ダム貯水池)と巡るという計画。
また、ダム湖ではノンビリとポタリングしたいことと、多々良木ダム貯水池の周りは桜の名所であり、この時期はお花見に来た観光客のクルマが多いと予想されることから、ダム湖界隈でどれだけ時間を費やすことになるのかちょっと読めないところも有るので、ダム湖をポタリングしたあとは、時刻や体力、その時の気分も含めて、帰路とゴール地点を決めることにする。概ね3通り考えており、一つは近くのJR播但線の青倉駅(新井駅の方が近いが、和田山駅・福知山駅経由で帰ることを前提としているので・・・)。二つ目の案はJR播但線と山陰本線の接続駅の和田山駅。一番ハードなパターンは、伊由峠や遠阪峠,榎峠の3つの峠越えをするJR福知山駅をゴールとするものである。

自転車は輪行用にしているロードバイクの MARIN Venezia を選択。

20100410ride_1s 自宅を4:35に出発。久しぶりにロードバイクを輪行袋にパッキングするので、もたつくといけないから早めに出発。
最寄りのJRの駅の吹田駅まで走り、駅で輪行袋にロードバイクをパッキング。久しぶりだが、体が憶えていてすんなりとパッキング終了。
あとは以下のようにして石生駅へ・・・。あまりに早く自宅を出発したので、大阪駅で福知山線の始発を30分近く待つ羽目になった。

吹田
|  東海道・山陽本線(西明石行)
|  05:15-05:24

大阪
|  福知山線(福知山行)(右上の写真)
|  05:55-07:49

石生  

石生駅に到着したら駅舎の外でロードバイクを組み立てる。山間部に位置する丹波市の朝はまだ寒いかな~と思っていたのだが、朝の日差しが結構強く、ちょっと暑い位だ。

8:05に石生駅の西口から出発(下の写真)。

20100410ride_2

駅を背に・・・(下の写真)。

20100410ride_3

まずは西へ一直線(下の写真)。先ずは天王坂を目指す。ちなみに天王坂をわざわざ経由しなくても、フラットな道で加古川沿いに出れるのだが、折角なので、未走の天王坂をウォーミング・アップ代わりに組み込んだ次第。

20100410ride_4

突き当りを右折。
すぐに国道175号の城山トンネル東口の高架をくぐる(下の写真)。

20100410ride_5

引き続き市道で北上。なかなか爽快な道だ。フラットで、路面は良好。複数の国道のバイパスが近くに幾つか有るため、こういう地方の市道の割には交通量のほうは有ると思うが、ストレスは無い。

20100410ride_6

次いで国道483号の大崎横田トンネルの東口の下をくぐる(下の写真)。

20100410ride_7

右手に歌道谷トンネルが見える(上の写真の下段)。僕は黄色の矢印のように市道を進む。
道なりに進んでいくと春日町に入る。途中に細い脇道も有るが、明らかに“民家の間の道”に入らないようにすれば迷わない筈だ。

20100410ride_8

上と下の写真のように、横に田畑が開けているような道を進む。

20100410ride_9

田植えに向けてもう準備を始めたのだろうか。水が張られている(上の写真)。
桜の木も途中に有ったりして(下の写真)。

20100410ride_10

この分だと、この丹波市や朝来市辺りでは、丁度今が満開だろうな。
引き続き、爽快な道を進む。交通量の多い国道や県道よりも全然良いですな。

20100410ride_11

そうこうしているうちに、快適な市道(下の写真の左上)は“その”県道に合流。Y字路のようなト字路のような・・・その中間くらいの分岐で県道285号にぶつかる(下の写真の右上)。

20100410ride_12

上の写真の黄色い矢印のように左折。舟城神社・大石りくの森の方へ進む。ここからすぐに登り坂が始まる。
150m先の舟城神社の前を通過した頃から本格的な天王坂への東の登りが始まる。久しぶりのロードバイクでの峠越えだ。峠までの標高差は僅か85mで距離は1km強、平均勾配は7%程なので、それほどきつくない筈だが、久しぶりなので結構一生懸命。

20100410ride_13

上の写真のように路面は全体的に良好。登っていくと道幅はちょっと狭くなるが、クルマがこちらを抜かすのにはそれほど苦にはならないであろう。交通量はその位少ないほうだが、国道175号と国道483号をショートカットで繋ぐ道なので、それなりにクルマが通る。また、下の写真のようなクネクネと見通しの悪いカーブが多々有るので注意が必要だ。

20100410ride_14

道沿いに桜が植えられている。桜が庇のように道の上に被さっている。

20100410ride_15

距離が短いので、割とすんなり峠に到着(下の写真)。時刻は8:30頃。
切り通しの峠で、展望は無い。

20100410ride_16

久しぶりの峠の登りとしては、良いウォーミング・アップだったな・・・。
さて、ここから氷上町氷上に入る。登りと同じようなタイプの道を、今度は下る(下の写真)。

20100410ride_17

久しぶりのウネウネカーブの下り。

20100410ride_18

こういうタイプの下りの丁度良い試走になるな( ̄ー ̄)ニヤリ。小径車での平地ポタやMTBの山サイの時期だと、こういう道はあまり走らないからね。

20100410ride_19

こちらも桜が~(゚▽゚*)♪

20100410ride_20

桜のアーチの下をくぐっているような気分(*^-^)

20100410ride_21

こりゃ、良い下りだ。こちらの峠越えをルートに取り入れて大正解ヽ(´▽`)/

20100410ride_22

でも終わりは有るもの・・・。集落に出てフラットになる(下の写真)。

20100410ride_23

おぉ、今度は真っ直ぐなフラット快走路!ヽ(´▽`)/

20100410ride_24

県道265号は途中で直角に曲がるので注意。下の写真は左折して振り返ったところ。

20100410ride_25

周りに田畑。遠くに山・・・。

20100410ride_26

丹波の素敵な風景ですな(*^-^)

20100410ride_27

上の写真の道の先に青色の道路案内板が見えるだろう。あの辺りで、左右(南北)に走る県道7号に交差点でぶつかる。県道7号で青垣まで北上するのが分かり易いルートなのだが、県道7号の交通量はそこそこ有って大型車も散見されるし、道沿いに民家や店、町工場が並んでいるだけ区間も有り、サイクリング的には今一。なので、県道7号には入らずに、交差点をそのまま直進。
すぐに加古川に架かる「天神橋」に差し掛かる(下の写真)。橋を渡らずに、黄色の矢印のように右折。

20100410ride_28

加古川左岸の土手の小道に入る(下の写真)。

20100410ride_29

凄い!土手沿いに桜並木がずっと続いている!(*゚▽゚)ノ

20100410ride_30

対岸の右岸は国道483号(北近畿豊岡自動車道)。

20100410ride_31

左岸はこのような桜並木がずっと続く。

20100410ride_32

自転車はこっちでしょ!これは思わぬ素敵な道に出会えた~。

20100410ride_33

満開だよ~、満開。

20100410ride_34

良いですな~。

20100410ride_35

天神橋より上流の暫くはクルマが進入できない区間だ(車止め有り)。散策者もたまにいるが、殆ど貸し切り状態の桜のサイクリングロード。

20100410ride_36

知らなかったよ~。この桜並木の存在を~。

20100410ride_37

振り返ると・・・おお!良い眺め(下の写真)。

20100410ride_38

結構長いな~。

20100410ride_39

途中で、車止め区間を過ぎると、桜並木の向こうに田畑が有るので、地元の農家の方の軽トラとかとすれ違うことも有るが、一般車は入ってこない。引き続き快適。県道7号に入らなくて良かった~。

20100410ride_40

振り返ってみると(下の写真)・・・・長いな~。嬉し~~。

20100410ride_41

右岸の国道の交通量は流石に多いですな(下の写真)。

20100410ride_42

左岸は桜・・・。その向こうに田畑(下の写真)。

20100410ride_43

今回のサイクリング、これだけでも満足しちゃいそう(予定通りダムに行きますけどね)。

20100410ride_44

お!右岸の土手も桜並木に変わった(下の写真)。

20100410ride_45

続くね~~。

20100410ride_46

やがて県道282号とその「船戸橋」に出くわす(下の写真の右上と下段)。

20100410ride_47

県道282号を横断して引き続き左岸の土手を進もうとする場合、その先はダートになっている(上の写真)。ただ、それは東から加古川に流れ込む支流(鴨内谷川)の所までで、その向こうはちょっとよく見えないので分からない(そのまま鴨内谷川を渡る橋も無い・・・回り込む必要が有るだろう)(下の写真)。

20100410ride_48

まだ左岸には桜並木がずっと続いているが、ロードバイクでもあるので、船戸橋を渡り、右岸の県道で北上することにする。
船戸橋を渡ると国道483号の下をくぐる。すると県道7号に合流する(下の写真)。県道7号は船戸橋のすぐ南の幸世橋で左岸から右岸に変わっている。その県道7号に右折して入る(下の写真の黄色の矢印)。

20100410ride_49

県道7号で北上開始。時刻は9:00頃。
両側は民家や店舗等々建物が並んでいる。景色は特に特筆すべきもの無し(ゆえに下の写真位で・・・)。フラットで路面は良好。交通量はそこそこ有り、大型車も往来する。西脇市側から北上したクルマが国道に入らず、そのまま県道で北上してくる場合も有るからであろう。逆の方角からもまた然りだ。ただ、自転車を抜き去る余裕は有るようで、ふらつかずにキープレフトをしている限り問題無し。信号が暫く無いので、そこでクルマが溜まることが無く、対向車が数珠繋ぎで来る場面が少ないので、車線を越えて抜かし易いということだな。

20100410ride_50

先程の加古川土手沿いの桜ロードとは打って変わって、走りに集中。
程なくして分岐。県道7号は右にカーブするが、直進すると市道に入る(下の写真)。ここは県道7号から離れて黄色の矢印のように直進。このあと国道427号(429号との重複区間)に合流する予定であり、県道7号をそのまま行けば分かり易いのだが、ショートカットするため、かつ国道483号とのランプを回避するため、かつ交通量の少ないほうがbetterなため、市道に移る次第。

20100410ride_51

市道を北上(下の写真)。同じようなショートカットを目論むクルマも有るので、交通量は少なくなるが、確実なキープレフト要。

20100410ride_52

青垣町佐治の道を進む。
下の写真の突き当りを左折。

20100410ride_53

地方の長閑な町を進む。こういう所・・・良いよね?

20100410ride_54

暫くすると、右手から来る国道427号と合流(下の写真)。国道429号との重複区間でもある。これで西へ向かう。時刻は9:30頃。

20100410ride_55

おぉ!凄いフラットな直線路!(゚▽゚*)

20100410ride_56

まぁ、カーブも有るけどね。

20100410ride_57

これから目指す黒川ダムや多々良木ダムはあの山の向こうに有るんだな・・・(下の写真)。そう思うとこの後の峠越えはハードになりそうだ。

20100410ride_58

それにしても・・・良い道だ~。

20100410ride_59

上の写真の様なごくごく緩いカーブとアップダウン箇所も有るが、殆どフラットな快走路だ。しかも直線区間が多い。路面はとても良好。
交通量は多く、大型車も目立つが、道幅が広く、路側も広いのでストレス無し。ただ、フラット直線路なので、比較的ハイスピードで走ってくる。また、ツーリングの単車も多い。
とにかく、ふらつかずにちゃんとキープ・レフトさえしていれば、問題無し。

20100410ride_60

笑っちゃうくらいの直線。

20100410ride_61

信号も殆ど無く・・・いや、国道に入ってから今のところ、全然無い。

20100410ride_62

ひたすら走り続けられる爽快な道だ。

20100410ride_63

道の左右には田畑と山。

20100410ride_64

気持ち良いの一語に尽きますな。

20100410ride_65

どう?走りたくなるでしょ?
この国道がこんなに快走路だとは思ってもいなかったよ~。

20100410ride_66

少しずつ山が近づいてきた(山に僕が近づいた)。丹波市と朝来市を隔てる山々だ。

20100410ride_67

カーブを曲がって南下ルートに変わると、すぐに国道429号との重複区間が終わり、国道429号は右(西)に分かれる(下の写真)。

20100410ride_68

国道427号はそのまま南下して播州の多可町に入っていく。国道429号は西に曲がり、青垣峠を経て但馬の朝来市に入るわけだ。ここで上の写真の黄色の矢印のように右折し、国道429号に入る。時刻は10:00ちょい前。
下の写真のように、引き続きフラットな快走路が続くように見えるでしょ?でも僕は事前のネット調査で知っている・・・ここから北近畿名うての、国道ならぬ“酷道”429号の最凶区間に入っていくのだ・・・(゚ー゚; まさに429・・・“死に苦しむ”道。

20100410ride_69

ほら、「大型車通行困難」の看板が、それを暗示しているでしょ?(下の写真)。

20100410ride_70

国道427号と分岐した辺りは、下の写真のように、素晴らしい快走路に見えるんだけどね~。
・・・おぉ、クルマが・・・。この道のことを知っていそうな雰囲気のクルマだな。ちょっと酷道好きな感。もし何も知らずにナビに導かれて入るのならこれから少し後悔するだろうな。

20100410ride_71

どのみち、この国道429号は丹波市と生野を結ぶ最短の道で、この道を回避しようとすると物凄~く遠回りになるから、酷道と知っていても通っちゃうだろうし、知らなければ何の疑いも無く入っちゃうだろうな。
まだ長閑な快走路(下の写真)。

20100410ride_72

さてさて、徐々に山の中へ・・・。
再び「大型車通行困難」の注意看板。

20100410ride_73

民家が途切れる辺りから、登り勾配になる。道幅もグッと狭くなる。

20100410ride_74

林間ロードに変わる。こういう道、大好きです(←そう言っていられるのは今のうちだけ)。

20100410ride_75

木を挟んですぐ下を川が流れている。この川は加古川に流れ込んでいる。

20100410ride_76

地図を見ると、国道429号はこの川に沿って上流に向かっている。つまり、谷に沿って作られた道ということだ。実はこれが曲者。基本的に、山の中の川の上流部分はカーブが少なく、急勾配の谷底を流れている。それに沿った道ということは・・・当然道も急勾配。山の斜面沿いにウネウネと何度もカーブを繰り返しながら、距離は長くなろうとも勾配を緩くした道・・・“ではない”、ということだ。地図でも峠までかなり直線に近い道に描かれている。勿論、カーブは有る(下の写真のように)。見通しが悪い急カーブのように見えるが、道幅が狭く、切り通しの岩肌や木々が有るせいであって、それ程急カーブではない。勾配を緩くするために意図的にウネウネと作った急カーブ・・・といった類ではない。

20100410ride_77

ただ、まだ勾配は緩いほう。青垣峠まで3~2kmの区間だが、ここの平均勾配は7%程。スタート間際に登った天王坂と同じくらい。
クルマは林業関係の地元のかたのクルマ(不法投棄監視中か?)が通る・・・てかゆっくりなので、僕を抜いたり、止まっていて僕が抜いたり・・・と同じクルマが2台ほど暫く同じ方角に進んでいく。他の一般車はたま~~に通る程度。また、ツーリングの単車もたま~~に通る。クルマ同士の離合は、上や下の写真のような離合用の退避スペースで行っている。そのスペースが・・・なんか僕の休憩ポイントになっている感じ。

20100410ride_78

峠までの2kmくらいの所に短い激坂が有る。僅か100m位なので激坂というには語弊が有るが・・・とにかく急勾配。登った先が「棚小橋」という橋(下の写真)。そこで息が切れてゼェゼェ・・・。

20100410ride_79

脚よりも心肺系に来るな・・・。
振り返って激坂を撮影(下の写真)。でも、その勾配は伝わらなんな・・・。

20100410ride_80

これは挨拶代わり。ここから峠まで1~2kmの区間はちょっと勾配が急になる。まぁ、平均勾配としては8%なので、先程までとそんなに変わらないが、この区間は勾配に緩急が有って、その上で平均として8%ということ。・・・まぁ、急勾配で苦しむが、休めるような緩い区間も有るということだ。

20100410ride_81

もう少し緩かったら、最高に素敵な林間ロードなんだけどね。5%くらいだったらそう思えるのに~。

20100410ride_82

しんどい!!

20100410ride_83

下の写真は緩い所。ここで回復する・・・いや、回復よりも疲労の蓄積の方が上回っている。

20100410ride_84

やがて、峠から1~0kmの区間に入る。ここで一気に勾配が急になる。平均勾配は15%。

20100410ride_85

15%で1kmの距離ならば一応激坂クラスに突入だな。しかもその平均勾配15%というのは、ここまでのような“緩い区間も有っての平均”ということではなく、ずっと15%ということ。緩い区間は殆ど無し。クルマの離合退避用のスペース界隈でちょっとだけ緩くなるが、殆どそのまま15%だ。しかも直線に近いので、ずっと先まで急勾配が続いているように見えるので、精神的にやっつけられる。・・・まぁ、見通しの悪いカーブの手前で「このカーブを曲がったら峠」と期待して曲がると、まだ登りが続く・・・というパターンもキツイけどな。

20100410ride_86

もう少し道幅が広ければジグザク走行で何とかする手も有るが、そうするには道幅がちょっと狭い。逆に疲れる。何よりも油断しているとクルマが登ってくる。ガードレールが少なく、木々がガードレール代わりだが、下の写真の様な崩落箇所も有るので要注意。まぁ、自転車だから普通なら落ちることは無いだろうけど。クルマが来て、それでも足を着かずに登ろうとして頑張って、離合の時にうっかり落ちる・・・というドジさえしなければ・・・。

20100410ride_87

たま~に下から来るクルマには、止まってやり過ごす(下から来るばかりだな??)。
・・・てか、頻繁に足を着いて休んでいるので、“休んでいるところにたまたまクルマが来る”というパターンが本当のところ(^_^;) ドライバーのほうは手を上げて“Thank You”のサインを出しているけど・・・違うんです・・・本当のところは・・・。

20100410ride_88

まさに429・・・死にそうな程苦し~~い。久しぶりのロードバイクで、この峠越えはちょっと失敗だったかな。でも、行くさ・・・。

20100410ride_89

「お~い!引っ張って行ってくれー!!」って、クルマに言いたい(下の写真)。

20100410ride_90

こんなに辛いのは久しぶりだな~。「東吉野村~川上村・林道サイクリング 2008.09.23」の「足ノ郷越」以来だ。もっともあの時の方がキツかったけど。

20100410ride_91

止まって休むと再スタートがとても辛く、立ちゴケしそうな位にフラフラ。加えて、止まって休んでいると時間が勿体無いから少しでも進もうと・・・・遂に“敗北の押し歩き”。青垣峠の東からの登り・・・“完敗”です。

20100410ride_92

一度押し歩きを始めちゃうと、もう駄目。そのまま押し歩きで登り続ける。
「頼むから、引っ張っていってくれー!!」と心の中でクルマに叫ぶ(下の写真)。

20100410ride_93

歩いても疲れる。

20100410ride_94

疲労が取れない。

20100410ride_95

そうこうしていると・・・ん!あれは!(下の写真)。

20100410ride_96

もしかして・・・、峠によく有る、行政境の標示板では?(赤色の円)。あそこが青垣峠か?!

20100410ride_97

青垣峠だ~~(;´▽`A``
着いた~~。途中から押し歩いちゃったけど・・・。時刻は10:45頃。

20100410ride_98

切り通しの峠で、展望は無い。

20100410ride_99

ここから先が「朝来市」だ。
反対の方角からは勿論「丹波市」の表示板が見える(下の写真の左下)。
ちなみに、「青垣峠」となっているが、「生野峠」と言うことも有るらしい。

20100410ride_100

峠には、道の脇に石仏の地蔵が並んでいる(下の写真)。

20100410ride_101

6体有る。

20100410ride_102

残念ながら、顔が削り取られているものや首が取られているものも有る。

20100410ride_103

とりあえず、ここまでの無事(?)を感謝。

20100410ride_104

ちょっと一休みして、補給食をパクリ。
食べたら、再スタート。朝来市に突入。・・・で、何かやたらこの先の路面が綺麗ですけど・・・(下の写真)。

20100410ride_105

いきなり林を出る。そしてビックリw(゚o゚)w!!

20100410ride_106

青垣峠の西の朝来市側は、東の丹波市側とは大違い。笑えるくらいの違いだ。
こちらは周りが開けていて、路面もすこぶる良好で、幅も広い。そして、何よりも・・・勾配が緩々。3%弱の勾配だ。
朝来市側から青垣峠を見ると上の写真のように見え、あの道の消えている所が青垣峠なのだが、その向こうの丹波市側にあの急勾配の林の中の道が待っているとは、ちょっと想像出来ないだろう。逆方向は逆方向でガラリと雰囲気が変わって驚くだろう。
何かギャグみたいな違いだ。

20100410ride_107

マジかよ・・・この違い・・・、と思いながら快走路を下る。

20100410ride_108

いやいや・・・メチャメチャ快走路じゃん。

20100410ride_109

下りは急勾配でもいいのだが、まぁ、この位の緩い勾配の方が安心して走り易いな。

20100410ride_110

快適、快適、超快適。

20100410ride_111

なんか、さっきまでの登りの苦労が嘘みたい。

20100410ride_112

西側からの青垣峠の登りのほうが絶対に楽だな。

20100410ride_113

生野町黒川の大外の集落を抜けて行く。

20100410ride_114

あ~気持ちいい。

20100410ride_115

途中で小さな牧場(?)を発見。立ち寄ってみるか・・・。

20100410ride_116

ちょっと見るだけ。

20100410ride_117

こんちは・・・。・・・無視かorz

20100410ride_118

国道に戻って引き続き下る~~。

20100410ride_119

どうよ?この道。逆に登りでも、これなら楽しそうでしょ?

20100410ride_120

程なくして右手に分岐(下の写真)。大明寺橋(下の写真の左上)の手前で、黒川ダムへの道が右に続いている。

20100410ride_121

ここで黄色の矢印のように右折し、国道429号からおさらば。青垣峠よ・・・いつかリベンジしてやるからな・・・あっ、年内はもう結構です(^_^;)
で、黒川ダムへ向かって緩い登り坂を進む(下の写真)。青垣峠の東の坂に比べれば、この程度、フラットみたいなものだ。

20100410ride_122

なかなか良い道だ。

20100410ride_123

黒川ダムから流れてくる川が下に見える。

20100410ride_124

お!?何か壁の様な物が遠くに・・・。

20100410ride_125

観光のための温泉旅館や食事処が点在している集落に入る。

20100410ride_126

そして、目の前に巨大な石積みの壁・・・これが「黒川ダム」か。

20100410ride_127

そういうわけで、黒川ダムの下に到着。
デカイ!

20100410ride_128

突き当りまで行ってみると、道は続いているものの、関係者以外立ち入り禁止とのこと。フェンスは有るが(上の写真の右中段)、その脇は通れますが・・・・(上の写真の右下)。でも行きませんよ。ダム湖へはこの行き止まりの道以外に、一般車が通れる道が二つ有る(下の写真)。下の写真はダムから離れた所から撮影しているが、AとBの二つが有って、どちらもダムとダム湖の有る上まで登れるようだ。今回は案内板の道標が分かり易かった(見つかった)Bの道に入ることにする。

20100410ride_129

Bの方に左折すると、登り坂開始。(くどいようだが)でも、こんなの青垣峠の東の坂に比べれば、フラットみたいなもんよ。

20100410ride_130

この位の勾配だと、登って楽しい。勾配は5~6%くらいだからね。

20100410ride_131

程なくして、T字路の分岐・・・いや、実際は分岐にはならない(下の写真の上段)。左は奥多々良木発電所に繋がる道だが、現在は通行止め(下の写真の左下)。多々良木ダム貯水池まで繋がっている道で、多くの地図や地図ソフトでは特に通行止めのマークは無く、クネクネカーブの坂道で普通に往来出来そうに見えるが、実際は、ここと、多々良木ダム貯水池側との両方をフェンスで閉ざしている。しかも、結構多くの地図や地図ソフトでは、この道が、多々良木ダム貯水池と黒川ダム貯水池とを直接結ぶ唯一の道のように書かれている。従って、この道が通行止めとなると、黒川ダム貯水池から多々良木ダム貯水池まで行くためには、国道429号に戻って大回りしないといけないように判断し、がっくりするだろうと思う。・・・が、ご安心を。多くの地図や地図ソフトには何故かまだ書かれていないが、ちゃんと別に直接繋がっている道が有りますので・・・。それはまたその場所に来たら説明しま~す。

20100410ride_132

で、右折して引き続き登り(上の写真の右下)。
ちなみに、先程のダムの下から黒川ダムとダム貯水池へは、下の写真の地図用に繋がっているわけ(この地図は、このあとの黒川ダムの上で見かけた案内地図を、先にここで説明用に掲載したもの)。

20100410ride_133

登っていきま~す。

20100410ride_134

あ~、この位なら登りが楽しい。
路面も良好。クルマは一台出くわしただけ。

20100410ride_135

そういえば・・・結構風が強いな。

20100410ride_136

程なくして・・・黒川ダムの上に到着。

20100410ride_137

ダムの上は通れるようですな。

20100410ride_138

ダムを横から見る(下の写真)。
黒川ダムの説明は→ここ(Wikipedia参照)
多々良木ダムと合わせて意味をなすダムでもあるので、→ここ(関西電力)も参照。

20100410ride_139

おぉ、下の風景が一望!(◎´∀`)ノ

20100410ride_140

ダムの横には風車が有る(下の写真)。
黒川の里のシンボル的な存在になっている風力発電所とのことだ。最大出力150kW(一般家庭約50軒分に相当)とのこと(関西電力HPより)。先程から風が強いな~と思っていたが、その意味でここに有ることに納得。

20100410ride_141

ダムの上に行ってみる(下の写真)。

20100410ride_142

車止めが有り、クルマや単車は通れないが、歩行者と自転車は通れる。

20100410ride_143

右手の景色(下の写真)。

20100410ride_144

絶景!さっきはあの道を通ってきたのだな。

20100410ride_145

そして左手には!ヽ(´▽`)/

20100410ride_146

綺麗なダム湖だ。黒川ダム貯水池。

20100410ride_147

貯水池というには広いよ。

20100410ride_148

湖面の色と空の色が相まって綺麗だ~。

20100410ride_149

ダムの上をポタリング。左岸側に向かう。

20100410ride_150

この入り組んだ湖岸が良いね。
「これがいいんだよ。」(←中尾彬 風)

20100410ride_151

湖岸沿いにガードレールが見える。

20100410ride_152

あそこに湖岸を周遊する道が通っているんだな。

20100410ride_153

早くあそこを走りたくなってきた。

20100410ride_154

おっと・・・折角苦労して青垣峠を越えてきたんだから、ゆっくりノンビリと味わいながら巡りましょう。

20100410ride_155

こんないい眺め、流したら勿体無い。

20100410ride_156

でしょ?

20100410ride_157

ダムの左岸側に到着。

20100410ride_158

休憩場所が有るので、ここで補給食タイム。時刻は11:40頃。

20100410ride_159

ダム湖を眺めながら一休み。

20100410ride_160

ここに先程ちょこっと載せた案内板の地図が有る(下の写真)。

20100410ride_161

ダム湖の周りに周遊道路が有る。南半分が湖岸近くを通っていて、北半分は少し離れた山の尾根沿いに通っているようだ。すぐ近くから眺めたり、上から見たりすることが出来るのかな?
さてさて、一休みしたら、黒川ダム湖ポタリングの始まり~~。

20100410ride_162

左手にダム湖を見ながら、反時計回りに回る。

20100410ride_163

頻繁に足を止めてしまうな。

20100410ride_164

なかなか先に進めません。

20100410ride_165

進むのが勿体無いくらい。

20100410ride_166

この辺り、湖岸沿いの道はフラット。舗装状態も良好。ただし、ダム湖岸の道ならではの落石が所々に有るので、路面には注意。湖に気を取られていて、大きな石に乗り上げないように・・・。クルマは殆ど通らないが、見通しが悪いカーブが多いので、一応注意。

20100410ride_167

こんな素晴らしい景色に気を取られていると・・・。

20100410ride_168

石に乗り上げて落車するからね。・・・ん?誰だ!「お前こそ気を付けろ」と言ったのは~。・・・まぁ確かに去年、布目湖で景色に気を取られ、落車して怪我をしたけどな(^_^;)(「神野山・めえめえ牧場サイクリング 2009.10.11」参照)

20100410ride_169

同じ轍は踏まないようにしないと。

20100410ride_170

向こうにも道が見える。あとであそこを走るわけだな。

20100410ride_171

途中に下の写真の様なものが・・・。

20100410ride_172

パトライトが点滅したら退避って・・・。

20100410ride_173

写真には写っていないが、確かにちょっと落石が多くなってきた。また、落ち枝や落ち葉が積もっている所も散見され、その中に石が隠れていることも有るので注意。不必要に落ち葉の中を通らないことだな。特にロードバイクの場合。

20100410ride_174

ただ、全般的には快走路だ。

20100410ride_175

程なくして南東部分の突端に到着(下の写真)。この辺り、沢の様な流れがダム湖に注いでいる。ヘアピンカーブで折り返すようにして回り込み、引き続き湖岸を走る。

20100410ride_176

ちょっとまだ冬枯れの名残が有る(下の写真)。同じダム湖沿いの筈なのに、微妙に違う風景ですな。

20100410ride_177

また、ダム湖が見えるようになってきた。

20100410ride_178

道も快走路だ~。

20100410ride_179

ホント、ここに来て正解だな。

20100410ride_180

この辺りで、後ろからクルマ(この湖岸沿いで出くわした唯一のクルマだった)。
撮影をしている僕のところで止まると、中には初老(と言ったらちょっと失礼か?)のご夫婦が乗っていらして、「どこから来たか。」とか「これから何処に行くのか。」等々の会話を交わす。別れ際に僕から最後に声をかける・・・「じゃぁ、お気を付けて~」。クルマが去った後で、ふと思う。“自転車の僕のほうがよっぽど気を付けなきゃいけないけどな。”・・・と。

20100410ride_181

再びダムが見えるようなる。風力発電機と共に向こうに見えている。

20100410ride_182

湖岸沿いの道もまだまだ続くようだ。

20100410ride_183

爽快ですな。

20100410ride_184

こういう道は・・・。

20100410ride_185

ダムが遠くになってきた。

20100410ride_186

さっきはあの上を走っていたわけか・・・。

20100410ride_187

対岸に道路が見えなくなってきた。

20100410ride_188

ということは、そろそろダム湖の北半分に入るということだろう。

20100410ride_189

それにしても、まぁ。

20100410ride_190

ブルーのようなグリーンの様な、何とも美しい色ですな。エメラルドグリーンだな。

20100410ride_191

ガードレールが無い区間も散見されるようになっているので注意。

20100410ride_192

美しい湖でも、落ちたら地獄。

20100410ride_193

こういうガードレールが無い区間ではね。

20100410ride_194

誰も通らないし、監視カメラだって、どれだけカバーしているのか分からないから、助けは期待出来そうに無いしね。

20100410ride_195

爽やかなダム湖沿いから、ちょっと冬枯れした山道のような雰囲気に変わる。

20100410ride_196

下を沢が流れている。あの巨大なダム湖がこの流れの水で作られているとは・・・。“塵も積もれば山となる”的な感じ。

20100410ride_197

程なくして、上り勾配になる(下の写真)。いよいよ北半分の尾根道へ突入する。

20100410ride_198

どんどん登っていく。
くどいが、“青垣峠の東の坂よりも全然楽”。勾配は5%程度。

20100410ride_199

ダム湖を間近に見ることは出来なくなっている。木々に遮られて見えない。しかし暫く登ると、下の写真のように時々垣間見えるようになる。目線が高くなっていることがよく分かるだろう。

20100410ride_200

暫くするとフラットに・・・。尾根に取りついたようだ。

20100410ride_201

道標が有る。周回道路の半分弱を走ったようだ。周回道路は18kmということかな・・・。短いような長いような。何にしてもこれだけ良い道をサクッと走ったら勿体無い。すぐ終わっちゃうだろう。ノンビリ、じっくりとポタリングしたい道だ。

20100410ride_202

今度は下り~。

20100410ride_203

ダム湖が随分と下に見えるな(下の写真)。ちらっと見えている。

20100410ride_204

高い場所に来たので、遠くの山並みも見えるようになってきている。

20100410ride_205

京都の丹後と但馬の朝来を隔てる山だろう。

20100410ride_206

おっ、向こうの尾根にガードレールらしきものが・・・。

20100410ride_207

道だな・・・。あとであそこを走るわけだ。

20100410ride_208

でも、今立っている所と同じくらいの高さなのに、まだ下りが続く。ということは、下った後、また登り・・・っていうことだな。

20100410ride_209

その通りで、また登る。アップダウンを繰り返す尾根道ということか・・・。

20100410ride_210

また登って、また下り~~。

20100410ride_211

時々垣間見えるダム湖を見ると、ホント登ってきたんだな~と思える。

20100410ride_212

おっ、先程こちらを見ていた道が、向こうに見える(下の写真)。

20100410ride_213

引き続き、緩いアップダウンの快走路を進む。

20100410ride_214

まぁ、下りの方が“より”快走路ですが~。

20100410ride_215

開けた尾根に出る(下の写真)。

20100410ride_216

山々が見え、ダム湖は殆ど隠れている。

20100410ride_217

ちょっとだけ見えるけどね。

20100410ride_218

さて、ここから下りが長く続く。

20100410ride_219

どうやら、北半分の尾根道区間は終わり、再びダム湖岸近くに降りるようだ。勾配は8%くらい。グングン下る。

20100410ride_220

途中でエメラルドグリーンのダム湖が見える。

20100410ride_221

少し目線が下がってきたことが分かる。

20100410ride_222

まだまだ下る~~。どうやらダム湖岸周遊道路は時計回りの方がきびしそうだ。ここの登りは、今回の反時計回りで登ってきた先程の坂よりも急で長い。

20100410ride_223

下りだがついつい足を止め、垣間見えるダム湖を見てしまうな。

20100410ride_224

こういう景色だからね。

20100410ride_225

で、まだまだ下る~。

20100410ride_226

カーブの途中で展望場所に続く小道が分岐している(下の写真)。折角なので行ってみる(黄色の矢印)。

20100410ride_227

石畳とコンクリートで作られた細い小道の下り坂が伸びている(下の写真)。下の写真は綺麗な小道のようだが、実は至る所で落ち枝と松ぼっくりが道いっぱいに散乱している。ロードバイクに乗ったまま下るには危なそうなくらいに道いっぱいに広がっている。途中から自転車を降りて押し歩くことに・・・。

20100410ride_228

で・・・こういう眺め(下の写真)。

20100410ride_229

確かにいい眺めだ。
・・・押し歩いてまで寄り道をした甲斐が有ったかどうかは微妙だが(^_^;)

20100410ride_230

戻って、また下る。

20100410ride_231

まだまだ下る~~。

20100410ride_232

そしてほぼフラットになる。

20100410ride_233

湖面が間近な湖岸沿いの道になった。

20100410ride_234

右岸沿いに進む。

20100410ride_235

風力発電の風車もまた見えてきた。

20100410ride_236

さて、暫く進むと下の写真のような分岐に出る。

20100410ride_237

湖岸沿いの周遊道路は左カーブで続いている(上の写真の左下)。一方、右手に急勾配の坂が伸びている(上の写真の右下)。これが遠回りをせずに、青倉神社前を経由して多々良木ダム貯水池に繋がる唯一の舗装路だ。前述した、多々良木ダムへ直接繋がる道のことだ。この道は僕の持っている地図や地図ソフトには描かれていない。ネット上に見られる地図サービスのサイトの地図の殆どで描かれていない。ただ、ネット上のツーリングに関するHPには紹介されていて、僕はそれで知った。
分岐の位置は下の地図を参照のこと。

20100410ride_238

引き続き湖岸沿いの周遊道路を進めば、黒川ダムに戻ってグルリと一周したことになるのだが、一周にこだわってはいないし、若干“ダム湖でお腹がいっぱい”みたいな気分なので、ここで黒川ダム湖とはおさらばし、右手の急坂を登って多々良木ダムに向かうことにする(黄色の矢印)。
で、林道青倉黒川線に突入(下の写真)。時刻は13:30頃。

20100410ride_239

急勾配の坂だ。まさか青垣峠の東の登りみたいにずっと続くことも有るまい。何故なら、黒木ダム湖よりも400m近く標高の低い位置に多々良木ダム湖は有るので、下り主体だろう。

20100410ride_240

ヘロヘロ気味にヘアピンカーブを曲がる。

20100410ride_241

丁度下からツーリングの単車が登ってきて、先のカーブで消えた。あの辺りで峠だと良いんだが・・・。

20100410ride_242

期待通り、数100mくらいの登りで峠に到着(下の写真)。何kmも続いたら、どうなるかと思ったよ。

20100410ride_243

ここから下りだ。長そうだな。

20100410ride_244

快走の下り~~。路面は良好。

20100410ride_245

おぉ!多々良木ダム湖が眼下に見える(゚▽゚*)。

20100410ride_246

いい眺めだ(◎´∀`)ノ

20100410ride_247

山の斜面に沿ってグングン、ウネウネと下る。

20100410ride_248

やっぱり・・・長いな~この下り。

20100410ride_249

楽しい。

20100410ride_250

まだまだ続いている。

20100410ride_251

ウハウハですな。

20100410ride_252

逆に登りだったら結構疲れそう。勾配を算出してくれるネット・サービスの地図ソフトにこの道が無いので、勾配は分からないが・・・。

20100410ride_253

青倉神社の前を通過(写真は無し)。
すると程なくして分岐に出くわす(下の写真)。どちらも下り坂。左が多々良木ダム方面、右が川上の集落方面で県道526号に出合う道で、伊由峠にも繋がっている道だと判断したが、地図に無い道なので、ちょっと考え込む。もし間違えると、登り坂でここに引き返すことになるからだ。特に左の道は激坂クラスだ。
ちょうどそこへ左の坂からワゴン車が一台登ってきた(下の写真の上段)。これ幸い、というわけで停めて尋ねてみることに・・・。なんと、スライドドアを開けっぱなしで走っている。後ろには大きな犬が付いてきている。様相からして明らかに地元の方のようだ。運転しているおじさんに尋ねてみると、推察通りだった。多々良木ダムは左の道ということだ。

20100410ride_254

お礼を言って別れる。おじさんは川上の集落の方に超低速で下って行かれた。ドアを開けっぱなしでね・・・(^_^;)後ろに犬もしっかりと着いて行く。ちなみにあの犬、人懐っこくて寄ってきたので、頭を撫でてみたらビショビショに濡れていた。多々良木ダム湖でひと泳ぎしたとのこと(◎´∀`)ノ 水浴びが好きなんですって・・・。

20100410ride_255

で、左の急坂を下る。・・・激坂クラスの下りだ。下の写真なんか先が急過ぎて見えなくなっている。

20100410ride_256

下の写真の通り。凄い急勾配なんだけどね。写真だと今一だな。

20100410ride_257

激坂下りは暫く続く。

20100410ride_258

路面が悪い所やクレーチングも有るので注意。
・・・・で、この時点で決めた。多々良木ダム湖を巡った後は、JR福知山駅方面にはもう戻らない。戻る場合はこの道を通り、伊由峠→遠阪峠→榎峠・・・と思っていたのだが、ダム湖巡りの後でこの激坂を登るなんて・・・青垣峠の東の登りを再びやるようなものだ。僕には厳し過ぎる。しかもそのあと3つの峠越えとは・・・。そういうわけで、福知山駅まで走る案は却下!クライマーさんでしたら、どうぞ走ってみてください。僕は今日は結構です。

20100410ride_259

そんな下るのも怖い位の激坂を下っていくと、ようやく勾配が緩くなってきた。

20100410ride_260

いい感じの山間ロードですな。

20100410ride_261

なんとなく・・・ダム湖の気配がする。

20100410ride_262

緩めの坂を下っていく。たまにクルマも向こうから登ってくる。やはり桜の開花時期の今頃は、桜の名所の多々良木ダム湖畔は人とクルマが多いのかも。

20100410ride_263

右手に、ダム湖らしいエメラルドグリーンの静かな湖面が・・・。

20100410ride_264

まだ下る。

20100410ride_265

お!桜。

20100410ride_266

多々良木ダム湖の東端に到着。時刻は14:15頃。
突き当りは発電所の敷地内。

20100410ride_267

中には入れないが、桜が綺麗だ。

20100410ride_268

突き当りを右に曲がり道なりに進む。
ちなみに写真は無いが、左に奥多々良木地下発電所に繋がる道が有る。それはフェンスで通行止めになっている。つまり、その道が黒川ダム側でも通行止めになっていた両ダム湖を結ぶバイパスだ。

20100410ride_269

で、一般車が通れる道へ・・・。ごく緩い下りが続く。道幅は広くなる。路面は良好。
そして、沿道に桜並木!(◎´∀`)ノ

20100410ride_270

ずっと続いている。

20100410ride_271

満開だ。

20100410ride_272

綺麗だな。

20100410ride_273

桜の下を走り抜けているようで気分が良い。

20100410ride_274

20100410ride_275

黒川ダム湖畔と打って変わって、こちら多々良木ダム湖沿いの道はクルマと人が多い。混んでいる程ではないし、走るのにストレスを感じるほどではないが・・・。

20100410ride_276

時々止まっては花見。

20100410ride_277

20100410ride_278

20100410ride_279

逆に言うと、桜の花を見るために道の隅で立ち止まれる位のクルマの通行量だということ。

20100410ride_280

公園も有る(下の写真)。写真には写っていないが、家族連れがお花見をしていたり、遊んだりしている。まぁ、街中の桜の名所に比べれば閑散としているが・・・。なので逆にお薦め(この記事を投稿する頃は葉桜になっているでしょう)。特に子どものいる家族連れには、黒川ダム湖よりもこちら多々良木ダム湖がお薦めだな。

20100410ride_281

引き続きダムの方へ西進。今、右岸を走っている。ただ、ダム湖はよく見えない。

20100410ride_282

ダム湖は黒川ダム湖でちょっと“お腹がいっぱい”状態になったので、桜並木の方がいいや。

20100410ride_283

どう?

20100410ride_284

お花見ポタリング・・・いいでしょ?

20100410ride_285

ここまでダム湖は見えなかったが、湖畔近くを走る道が分岐したので、そちらへ降りてみる(下の写真)。

20100410ride_286

ここまでの道とは打って変わり、黒川ダム湖の周遊道路に似た、いい感じの道になる。

20100410ride_287

クルマの離合は難しいが、クルマは殆どこちらには入ってこない。貸し切り状態だ。

20100410ride_288

自転車向けの道だな。自転車はこちらをポタリングしたほうが良いだろう。

20100410ride_289

ダム湖が木々の間から見える。

20100410ride_290

完全にリラックスのポタリング状態。

20100410ride_291

こちらのダム湖も静かなエメラルドグリーンを呈している。
対岸の左岸にも道が湖岸沿いの道が有り、桜並木が見える。クルマも通る道のようだが、あちらのほうがダム湖は良く見えそうだ。

20100410ride_292

多々良木ダム湖を周回するのなら、ダム側から反時計周りに回るほうが良さそうだ。

20100410ride_293

僕は逆に上流側から反時計回りに回りかけているが・・・。

20100410ride_294

多々良木ダムが見えてきた。

20100410ride_295

湖岸沿いの小道はまだ続く。

20100410ride_296

やがてダム湖が良く見える所に出る。

20100410ride_297

多々良木ダム貯水池の方は細長い形だな。割とシンプルな形だ。

20100410ride_298

徐々にダムに近づきつつある。

20100410ride_299

こちらもエメラルドグリーンが静か・・・。ダム湖ってどうしてこういう色になるんでしょう?

20100410ride_300

道幅が少し広くなる。

20100410ride_301

沿道に桜の木も再び見れるようになる。

20100410ride_302

多々良木ダムが全部見える所に出てきた。

20100410ride_303

まだ暫く湖岸を走る。

20100410ride_304

いや~、こちらの道も良いね。

20100410ride_305

快適なフラットロードだ。

20100410ride_306

向こうにバスが見える辺りで、通常、クルマが通る道に再合流する。

20100410ride_307

その合流地点が下の写真。多々良木トンネルが有る。トンネルをくぐる代わりに、湖岸沿いを走っていた次第。

20100410ride_308

再び、クルマの通る道を走る。緩い下り勾配だ。

20100410ride_309

再び、沿道に桜の木々。

20100410ride_310

エメラルドグリーンと桜の花・・・良いね。

20100410ride_311

多々良木ダムのすぐ横に到着。

20100410ride_312

多々良木ダムの説明は→ここ(Wikipedia参照)
黒川ダムと合わせて意味をなすダムでもあるので、→ここ(関西電力)も参照。

20100410ride_313

ダムの上を通れるようだ。

20100410ride_314

行ってみる。

20100410ride_315

クルマや単車が進入出来ないように車止めが有るが、歩行者と自転車は通れる。

20100410ride_316

ダムの上からダム湖を見る。

20100410ride_317

ダム湖の眺めとしては黒川ダム湖の方が良いかも。

20100410ride_318

対岸の左岸も走る予定だったが、ちょっとダム湖沿いももう充分な気がして、行く気無し。クルマも通るし・・・。左岸は・・・止~~めた。

20100410ride_319

沿道の桜並木が綺麗みたいだけどね。普通なら走ってみるべきだろうな。この日は・・・もうちょっといいや・・・。

20100410ride_320

ダムの上から西の多々良木の集落を見降ろす。いい眺めですな。

20100410ride_321

そういうわけで、ここから上の写真の集落へ一気に下ることにする。時刻は15:00ちょい過ぎ。
下りは引き続き桜並木の快走の下り。走りに集中したいし、走りを楽しみたかったので写真は無し。・・・まぁ湖岸沿いとそれ程雰囲気は変わらないけど。
集落まで降り、さら緩い下りを西へ向かう(下の写真)。なお、集落には歴史民俗資料館や美術館等々の箱モノ系スポットが有るので、寄ってみるのも良いかもしれない(僕はこの日はパス)。

20100410ride_322

快走路一気に走り抜けると、国道312号と交わる交差点に出る(下の写真)。国道に入らずにそのまま直進(黄色の矢印)。

20100410ride_323

円山川を橋で渡る(下の写真)。

20100410ride_324

下の写真は円山川の上流側、生野町側の風景。

20100410ride_325

橋を渡ってそのままちょっと進むと、県道70号に出合う。右折して県道70号に入り、北上。JR播但線の青倉駅を目指す。青倉駅をゴールとして、そこから輪行で、和田山駅,福知山駅経由で大阪に帰るつもり。
県道70号は道の両側に建物が並び、景観としては撮るべきものは特に無し。それに交通量がそこそこ有るので、写真撮影は無し。巡航速度30km/hrで走りに集中。・・・が!県道70号の右手に見える青倉駅を見過ごしてしまい、往き過ぎて、国道312号との合流地点付近まで来てしまった(下の写真)。物部橋で円山川右岸へ渡ったら交通量の多い国道312号に入ってしまう。でも、また県道70号を戻って青倉駅を探すのも何か面倒。丁度、物部橋右岸で県道104号が分岐し、円山川左岸沿いにJR和田山駅方面に伸びている(下の写真)。予定を変更し、県道104号を北上してJR和田山駅まで走り、そこをゴールとすることにする。

20100410ride_326

県道104号に入る。県道70号は国道312号に合流したいクルマのためにわりと交通量が有ったが、県道104号に入ると激減。

20100410ride_327

JR播但線と並走したり。

20100410ride_328

円山川と並走したり・・・。

20100410ride_329

ここでも走りに集中。フラットな快走路で巡航速度30km/hrをキープしだすと、さすがに撮影狂の僕でも止まるのが面倒で、走り続ける。途中、竹田の城下町は良い雰囲気だったので、止まって撮影をしたかったが、走りの集中力が途切れるので、撮影は無し。まぁ中途半端に撮るよりも・・・またいつか来てちゃんと撮り直しましょう。
そういうわけで、ひたすら県道104号を北上(下の写真・・・少しは撮る)。

20100410ride_330

福崎・姫路方面の播但線ワンマン車輛が通った(下の写真)。もし青倉駅でゴールしていたのなら、予定を変更してこれに乗り、姫路経由で大阪に帰ったかも知れないな。

20100410ride_331

県道104号をひたすら走り、和田山駅に到着。ここでゴール。時刻は16:00。

20100410ride_332

駅舎の横のバスターミナルでロードバイクを輪行袋にパッキング。

20100410ride_333

20100410ride_334s 駅でのホームで福知山方面行きの普通列車を待ち、以下のようにして大阪に帰る。

和田山   
|  山陰本線(福知山行)
|       (右の写真)
|  16:57-17:36[39分]

福知山 [21分待ち]
|  福知山線(篠山口行)
|  17:57-18:50[53分]

篠山口 [8分待ち]
|  福知山線快速(大阪行) 
|  18:58-20:05[67分]

大阪 [5分待ち]
|  東海道・山陽本線(京都行)
|  20:10-20:19[9分]

■吹田

吹田駅に着いたら、ロードバイクを組み立て、少しの距離を走り、無事に20:47に帰宅。

こうして久しぶり・・・5ヶ月ぶりのロードバイクでの輪行&ツーリングだったが、大満足。
加古川沿いの桜並木、快走の国道427号、苦しい青垣峠への登り、黒川ダムと多々良木ダムのダム湖の眺めとポタリング・・・。80km程度の道の中にツーリングの楽しい面がたくさん詰まっていて、とても良いコースだった。
青垣峠の東からの登りでは押し歩きの敗北を喫したが、いつかリベンジしよう。もっとも、年内はもう結構だが・・・。

そういうわけで、久しぶりのロードバイクでのツーリング、とても楽しかった。
今年のロードバイクのツーリング初めとして最高のスタートだった。
 

コース概略/自宅→JR東海道本線・吹田駅~(輪行)~大阪駅・JR福知山線~(輪行)~石生駅→石生・大崎・野山一般道→県道285→天王坂→県道285→加古川左岸土手→県道282→船戸橋→県道7→佐治・青垣・小倉一般道→国道427(429)→国道429→青垣峠→国道429→黒川ダム→黒川ダム湖周遊道路→林道青倉黒川線→多々良木ダム湖外周道路(北半分)→多々良木ダム→多々良木川左岸→県道70→県道104→JR山陰本線・和田山駅~(輪行)~福知山駅・JR福知山線~(輪行)~大阪駅・JR東海道本線~(輪行)~吹田駅→自宅
(地図→クリックしてください (拡大可。青色のラインが走った所))

走行距離/81.01km
走行時間/5hr04min
平均速度/16.00km/hr
最高速度/47.26km/hr
MARIN Road Bike積算距離/8617km
全Bike積算距離/18262km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« インコ達の天敵⑥ 風神 | Top PageTSUBASA 2010年度会員更新 »

 

 

Comments

多少気温は低くても日差しはすっかり春の暖かさ、なこの頃ですねー(^◇^)
天気良し!桜良し良し!! 道も(一部分覗いて?)良しの快走路!!!
そしてダム湖の美しさ(*v.v) 女神さまが住んでいそうな湖面の色~!
神秘的ですね(^◇^)
ここで水浴び出来るワンちゃん、すごい幸せー!
読んでいてさわやかな季節到来を感じました。

« 投稿: あさたろう  2010年4月19日 (月) 09時52分

最後の赤い電車と桜が、特に気に入ったnotes
 なんかカワイイheart02懐かしくて☆
桜は道沿いにあんなに咲いてるのに、人の姿が無くて
不思議な空間だった=
遠くから見ると、箸に刺したピンクの綿あめが
道にずらーっと並んでるように見えてきり・・・cherryblossomcherryblossomcherryblossomはれ?お腹空いてんのかな?あたし^^
今年はお花見せんかったから、こちらで堪能しました

« 投稿: はな  2010年4月19日 (月) 15時39分

桜並木、すごいですね~
実際見たらもっと綺麗なんでしょうね。

ここの道、桜があるから余計ですけど
なくても春の雰囲気いっぱいの気持ちよい道ですね。

牛さん、無視されちゃったんですね(´・ω・`)

« 投稿: しましま  2010年4月19日 (月) 17時36分

あらら~ニアミスというか同じ列車に乗ってたとは!

実は同日同列車にて私も川西池田から輪行してたのですよ~。

目的地はもっと北の養父市大屋町にある樽見の大桜を見に行きました。

養父駅迄輪行、桜を見に行った後城崎迄サイクリングをし途中玄武洞に立ち寄り、城崎の外湯に浸かって再び輪行で帰りました。

いつかは遭遇するだろうなと思ってましたがニアミスを起こしていたとは...。

その内、一緒に走るかもしれませんね。

そうそう、帰りにリカンベントで輪行する強者がいましたよcoldsweats01

« 投稿: KNIGHT  2010年4月19日 (月) 21時29分

あさたろうさん>
この日は春らしいいい天気と心地よい気温でした。

そうですね。ダム湖のエメラルドグリーンって神秘的です。
女神さまは出てきませんでしたが、このサイクリングそのものが女神さまからのプレゼントのようでした。

« 投稿: Katze  2010年4月20日 (火) 19時45分

はなさん>
兵庫県を南北に走る、このJR播但線はとても素敵なローカル列車で、谷川沿いの良い景観の中を走ります。鉄っちゃん達もよく撮影しています。

アハハ!
ほんと~、桜色の綿あめが挿して並べられているみたいですね。一本取って食べてみたい。

« 投稿: Katze  2010年4月20日 (火) 19時47分

しましまさん>
やっぱり生で見るほうがいいですよ~。(◎´∀`)ノ
解像度を落とした写真ではホントの美しさはなかなか伝わりませんわ~┐(´д`)┌ヤレヤレ

牛は、僕をチラ見しただけで全く動じませんでした(´・ω・`)ショボーン

« 投稿: Katze  2010年4月20日 (火) 19時50分

KNIGHTさん>
それは偶然!(゚▽゚*)
最後尾車両だったのでしょうか?僕は先頭車両でした。
どこかでお会いしたら、よろしくです(KNIGHTさんについていけるか自信は無いですが)。

樽見の大桜、綺麗なんでしょうね。城崎温泉と玄武洞とは・・・なかなか良さ気ですね。

リカンベントで輪行する人っているんですね。確かに強者です。

« 投稿: Katze  2010年4月20日 (火) 20時07分

ダム湖綺麗ですね。幻想的~!桜も綺麗で…(*´ー`*)
こちらは先日、この時季なのにまた雪が降って積もってしまいました(ToT)
桜開花が遅れそうどころか、開花しなさそうで悲し~です。
牛さんはマイペースなので、あまり人に関心がない感じかも、いつも(^_^;)

« 投稿: MariRose  2010年4月21日 (水) 20時28分

多々良木ダムから撮った集落の写真が素敵です。薄ピンクの桜が点在してる。肉眼だったらもっと綺麗に見えたでしょうね。
R427~R429の区間、昨年秋に紅葉狩りで走りました。でも軟弱な僕は、エンジンの付いてるバイクで。四輪が少なくて景色が良くて素晴らしい道でした。
でもその時、生野の方に下りちゃいました。今回のレポートを読んで、今度はこの2つのダムを巡ってみます。いいところを教えていただき有難うございました。
去年夏に、写真に写ってる1両気動車に生野まで乗りました。駅前で自転車を組み立て、夫婦で市川沿いを福崎まで下りました。たぶん既走だと思いますが、長谷駅までの市川沿いの道は最高でした。

« 投稿: のりまき  2010年4月22日 (木) 12時27分

とても早い出発だったのですね、
お疲れさまでしたー!

貸し切り状態の桜並木のサイクリングロード!
これはたまりませんね~★
この季節ならでは、の春を満喫できる
サイクリングでしたねscissors

ダムの湖水の色って、ほんとに神秘的で
きれいですね~★
まさにエメラルドグリーン。

偶然ですが、九州・熊本県に黒川温泉という
有名な温泉地があるんですよ♪

« 投稿: kgひろこ  2010年4月23日 (金) 22時36分

MariRoseさん>
しかもまた寒くなっていますし、桜が開花しなかったら、春を迎えた感じが余りしないでしょうね。
全く・・・異常気象には困ったものです(元々は人間のせいかもしれませんが)。

牛はマイペースな生き物なんですか・・・。
何事にも悠然としている動物って感じ。

« 投稿: Katze  2010年4月24日 (土) 00時04分

のりまきさん>
R429を生野に行くのも大正解だと思います。生野の銀山湖も生野銀山も、生野の古い町もツーリングで立ち寄るにはいい所だと思います。

市川沿いは以前に少しだけ走ったことが有ります。少しの区間でもなかなかいい感じの道でしたが、未走の区間にもっと良い所が有るようなので、僕もいずれもっと走ってみたいと思っています。

« 投稿: Katze  2010年4月24日 (土) 00時08分

kgひろこさん>
温泉の多そうな九州に同じ名称の温泉が有るんですね。全国的にはそちらのほうが有名だと思います。兵庫の黒川温泉は関西でもあまり知られていないようなので・・・。

桜を見る目的でサイクリングに行ったわけではない分、思わぬところで桜の素晴らしい道に出合うと、とてもラッキーな気分です。

« 投稿: Katze  2010年4月24日 (土) 00時11分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/48060160

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波氷上~朝来多々良木サイクリング 2010.04.10:

» 日本最大の揚水式水力発電所、見学開始へ [ローカルニュースの旅]
朝来市多々良木の「道の駅あさご・村おこしセンター」は8月23日から、近くにある日本最大の揚水式水力発電所である関西電力奥多々良木発電所への見学者の受け付けを開始する。 [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 18時24分