« 京都洛北・上賀茂~岩倉ポタリング 2010.06.09 | Top Pageおすすめインコ本⑧ 「インコ 長く、楽しく飼うための本」 »

2010年6月29日 (火)

大阪城公園~中之島公園・大川ポタリング 2010.06.19

年月日/2010年6月19日

バイク/Louis Garneau DW3 Cross Bike (Dual Wheel Bike)

目的/大川沿い(旧淀川)沿いに、大阪城公園と中之島公園に立ち寄るポタリング。

内容/
梅雨に入ってしまうと、週末の二日間に晴れ間に出くわすチャンスが少なくなる。雨が降りそうでも曇りのうちならば乗っておかないと・・・。この日もそんな感じの天気で、雨が降りそうな、でも降っていない曇り空。午前中はどうしようかと、グダグダしていて昼根までしてしまったが、13:00ぐらいに目覚めてようやくサイクリングに行く気になる。
既にそんな時刻なので、“ご近所ポタ”にしようというわけで、大川(旧淀川)沿いでもブラブラしてみることにする。途中で大阪城公園辺りに寄って、中之島公園辺りで折り返し、夕方に帰宅するくらいの感じ。その位のプランで、あとは気分次第のまさに“ポタリング”をすることに・・・。
まぁ結局のところ、過去のサイクリング「淀川・旧淀川ポタリング 2006.10.29」「大阪城公園ポタリングⅢ 2007.09.16」「大阪城公園・梅ポタリング 2009.02.28」等々何度か走っている所なので、全て既走になる(これらを見たほうが道の様子は詳しいかもよ~)。

自転車は・・・ふと思い返すと、クロスバイクの Louis Garneau DW3 にもう3年近くも乗っていない。最後に乗ったのは「大阪城公園ポタリングⅢ 2007.09.16」だ。今回のポタに丁度良いので、久しぶりに乗ることにする。てか、動くんだろうな、って感じだ。もちろん、「大阪城公園ポタリングⅢ 2007.09.16」のあとでクリーニングをして、いつでも乗れるようにしておいたけれども・・・。

14:30に出発。
久しぶりのクロスバイクだが、特に問題無く走る。
淀川右岸から「菅原城北大橋」で左岸へ(下の写真)。

20100619ride_1

菅原城北大橋から下流の方角の眺め(下の写真)。

20100619ride_2

左岸に渡り、土手や河川敷を走る。土手のほうが水溜りが無いので、主に土手中心。赤川鉄橋の所だけ一時的に河川敷の道路を使う。
「淀川大堰」に到着(下の写真)。左岸の河川敷道路はここでいったん途切れる。

20100619ride_3

「毛馬閘門」から旧淀川である「大川」が分岐する。現・淀川の左岸を更に下流に行きたければ、毛馬閘門の前の道を使って、大川を横断して先に行ける。

20100619ride_4

僕は大川左岸沿いを進みたいので、一旦土手に上がって・・・。
あ、そうそう、ここは与謝蕪村の生誕地。土手の上に句碑が有る。

20100619ride_5

春風や 堤長うして 家遠し
                 蕪村

で、この句碑と毛馬閘門との間の道から車止めを通り、大川左岸を進む(下の写真)。

20100619ride_6

サイクリングロード(歩行者自転車専用道)になっている。

20100619ride_7

屋形船ですな(下の写真)。

20100619ride_8

川沿いに緑とビルが続いている(下の写真)。そして上には高速道路。大阪市北部の街らしい。

20100619ride_9

「毛馬桜之宮公園」に入る(下の写真)。引き続きサイクリングロードが続いている。

20100619ride_10

古い船が繋留されている(下の写真)。もう使われていないのだろうか。

20100619ride_11

途中で濠のような池の様な所を渡る(下の写真)。

20100619ride_12

引き続き大川左岸。

20100619ride_13

高いビル群が多くなってくる。
OAPタワー・・・高!(下の写真)

20100619ride_14

その一方で、公園内には自然が有る。川を軸にビル群が建ち並び、その川とビルの隙間にこういった緑が有る。

20100619ride_15

釣りをしてる人が散見される。

20100619ride_16

天満橋の手前、「川崎橋」の袂で左岸を離れ、寝屋川を渡り、大阪城公園に入る。時刻は15:00頃。
北外濠の外周をノンビリ走る(下の写真)。ここは秋になると黄色のイチョウ並木が美しい。今は緑に染まって、それもまた美しい。梅雨の合間に訪れている人も多い。

20100619ride_17

観光用の汽車風のクルマ(下の写真)。

20100619ride_18

東外濠の外周も通過。森ノ宮口辺りに到着(下の写真)。噴水(下の写真)。

20100619ride_19

ソフトクリームを買い、食べる。コーンを一羽の鳩に与えたら、他の鳩がたくさん寄ってきて、僕は一時的に“ハトおじさん”状態に・・・。スズメも寄ってくる。鳩よりも素早くスズメがコーンを奪ったりして・・・。自転車のホイールのスポークの間をスズメが平気で通ったり・・・。
コーンが無くなると、皆去っていく。下の写真は、その去っていくところ。未練がましくまだ残っている奴もいる(何故かうれしい)。

20100619ride_20

「もうねえのか?兄ちゃんよ~」(下の写真)

20100619ride_21

スズメまで・・・。

20100619ride_22

・・・ま、また新たな“ハトおじさん”を見つけなさいな~。
で、東外濠沿いに少し北へ戻り、北外濠と東外濠の間の通路から「青屋門」(下の写真)の前へ。

20100619ride_23

「青屋門」の向こうに大阪城の天守閣が見える(下の写真)。

20100619ride_24

青屋門をくぐり、中へ。今度は内濠(下の写真)。

20100619ride_25

内濠沿いにちょっとブラブラ。

20100619ride_26

天守閣の北からの眺め(下の写真)。

20100619ride_27

大阪城公園・梅ポタリング 2009.02.28」で紹介した「大阪城梅林」も内濠沿いに有る(下の写真)。勿論、今は緑一色。

20100619ride_28

「桜門」(下の写真)の前で内濠を渡り、中へ。

20100619ride_29

いつもながら中国か韓国かのアジア系の観光客が多い。
で、天守閣(下の写真)。

20100619ride_30

大阪城天守閣についてはこちらの公式HPをどうぞご覧ください→ここ

20100619ride_31

通称「太閤さんのお城」とも呼ばれているが、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などは徳川氏、徳川幕府によるものであることがわかっている。
大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。戦国末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが、1580年(天正8年)に焼失した後、豊臣秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数メートルの盛り土をして縄張を改めさせ豊臣氏の影響力と記憶を払拭するように再建したとされる。幕府の近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。
現在は、昭和初期に復興された天守と櫓や門などが現存し、城跡は、国の特別史跡に指定されている。
Wikipediaより)

天守閣の前に「残念石」という石が有る(下の写真)。

20100619ride_32

「残念石」
両横に鎮座しているこの石は元和六年(1620)から始まる大阪城修復の時天領小豆島(香川県)で割られたまま、用材石として念願かなわず、いまなお数多くのこされていることから「残念石」と呼ばれいる。
この大きな石は、筑前黒田長政の石切丁場でみつかり、小さな石は豊前細川忠興の手になるものである。
これらの石を、小豆島青年会議所が創立十周年記念事業として、「島は一つ」の社会活動の実践に、大阪青年会議所は商都大阪の復権を願い「なにわの知恵」の再考にと、両会議所が共同事業として当時を再現し、小豆島よりこの地に運び据えたものである。
(案内板より)

天守閣内部は展示施設と展望施設からなり、見学出来るが、今回もスルー。

20100619ride_33

西の方角の眺めが良い(下の写真)。

20100619ride_34

毛馬桜之宮公園で見たOAPタワーがひときわ高い(下の写真)。

20100619ride_35

キタのほうのビル群が広がっている。

20100619ride_36

日本庭園風の池も有る(下の写真)。

20100619ride_37

20100619ride_38

さて、大阪城公園を出、再び毛馬桜之宮公園に戻る。そこで公園の西南の端に有る「川崎橋」(下の写真)で、大川の右岸に渡る。川崎橋は歩行者・自転車専用の橋だ。

20100619ride_40

西の“キタ”のほうの眺め(下の写真)。左の白い箱型の建物は京阪電鉄・天満橋駅だ。
向こうに見える橋は「天満橋」。

20100619ride_41

小さな船がえい航中(下の写真)。

20100619ride_42

川崎橋を渡って右岸に入ると、「南天満公園」に入る。右岸沿いに、これまでと同じように歩行者・自転車専用道路が下流に伸びている(下の写真)。

20100619ride_43

天満橋の下をくぐり、次の「天神橋」の手前で公園は終わる。
一般道に出、天神橋の真ん中まで渡る。そこに、下の写真のようなループ状の歩行者・自転車専用のランプが有る。

20100619ride_44

このランプをグルグルと降りて行くと・・・。

20100619ride_45

「中之島公園」の東端に降り立つ。中之島公園は大川のど真ん中に有る中州の様な存在だが、中之島によって分岐した二つの川の名前は、大川から別の名まえになる。島の北側を流れる川を「堂島川」。南側を流れる川を「土佐堀川」と言う。
公園の最東端に行ってみる(下の写真)。ここで大川が二つに分かれているのだ。

20100619ride_46

島の先端に噴水が有る(下の写真)。

20100619ride_47

噴水は、風による影響を考慮して、風速により噴水規模を調整し、最大長さ約60メートル、最大高さ約20メートルの巨大なアーチを描く。また日没後の時間帯には、水のアーチを白色またはオレンジ色にライトアップし、大川に美しい水景を描くとのこと。

  • 噴水の高さ    最大約20メートル (最大能力 約25メートル)
  • 噴水到達距離  最大約60メートル (最大能力 約70メートル)
  • 噴水運転時間  毎時0分、30分の2回、5分間運転を行う(運転時間は調整中)
  • ライトアップ    日没後運転時に運転回毎に、白色またはオレンジ色の光で交互にライトアップする。
  • 白色(メタルハライドランプ)、オレンジ色(ナトリウムランプ)

  • 吐出水量      1回あたり11トン(毎分2.2トン)
  • 吐出角度      45度

風速により噴水規模を調整して運転する。

  • 建設費       約5,000万円

公園の西へ向かう。下の写真の橋は天神橋。

20100619ride_48

ビル街の中に有る憩いの場。

20100619ride_49

緑と水が織りなす、ビル群の中のオアシス・・・か。

20100619ride_50

ここにはバラ園が有るのだが、もう流石に時期外れ。

20100619ride_51

名残惜しそうに一つ、二つ、バラの花が残っている。

20100619ride_52

過去記事「淀川・旧淀川ポタリング 2006.10.29」には、バラではないが、ここの花が咲いている写真が載っているので、お時間が有れば覗いてみてくだされ。この日は残念ながら、開花している植物はごく僅か。

20100619ride_53

上の写真の橋は「ばらぞの橋」。

20100619ride_54

「ばらぞの橋」を渡る。

20100619ride_55

バラ園は2カ所有り、下の写真はその一つ。
何も無いでしょ・・・(´・ω・`)ショボーン

20100619ride_56

バラ園をスルーし、難波橋(下の写真)の下をくぐる。

20100619ride_57

難波橋のデザインは趣きが有る。橋の南詰・北詰にある有名なライオンの石像は、ここからでは見えないが、ペディメントやメダリオンをあしらった親柱が見える(上と下の写真)。

20100619ride_58

難波橋辺りの最初の橋は、元をたどると704年ごろに行基によって架けられたといわれている。今の橋は1975年(昭和50年)に改修されたもの。
中之島公園の西端に着くと、目の前に「中央公会堂」。公式HPに詳細が載っています。→ここ。明治・大正の面影の有る外観だ。

20100619ride_59

さて、2008年10月に京阪中之島線(天満橋―中之島間)が開業し、それに伴って、駅の地上出入り口付近も綺麗に整備された。
そこに行ってみる(下の写真)。中央公会堂が見える。

20100619ride_60

土佐堀川を大阪水上バス「アクアライナー」が進む(下の写真)。

20100619ride_61

乗ったことはない。結構速いな・・・。

20100619ride_62

土佐堀川の下流(西)の眺め(下の写真)。

20100619ride_63

さて、中之島はまだ西のほうに続いているが、御堂筋(下の写真の大通り)に出た所でこれ以上は無し。

20100619ride_64

終わりにする。ここから引き返そう。

20100619ride_65

対面に「日本銀行大阪支店」(下の写真)。

20100619ride_66

振り返ると、「大阪市役所」(下の写真)。

20100619ride_67

時刻は16:30。ここから来た道をそのまま辿って引き返す。勿論、大阪城公園には立ち寄らない。
毛馬桜之宮公園を北上(下の写真)。

20100619ride_68

淀川大堰まで戻る(下の写真)。時刻は17:00。

20100619ride_69

引き続き、淀川沿いに、来た道を引き返し・・・17:30に無事に帰宅。
何と、帰宅して30分後に本降りの雨。ラッキ~~。

こんな感じで、梅雨の合間に急に入れた、全て既走区間で、目的の無い、まさに“ポタリング”状態のご近所ポタだったが、普段、思いっきりプランニングしたサイクリングが殆どなだけに、こういう考えない、気の向くままのポタリングも良いな。結構リラックス出来て楽しかった。
前回「京都洛北・上賀茂~岩倉ポタリング 2010.06.09」でも書いたが、どういうサイクリングが正解で、どういうサイクリングが不正解ということは無い。どういうサイクリングが優れていて、どういうサイクリングが劣るということも無い。その時の気分によって、やりたいサイクリングのスタイルを変える。仕事でも義務でもないのだから、自分のやりたいスタイルで自転車に乗れば良い。今回は、この時点の状況と気分に合ったサイクリング・・・ポタリングだった。しかも、ちょっとこのスタイルにハマりそう。まぁ、気紛れな僕のことなので、(自分自身も)こういうスタイルを続けるか分からないけどね。
何にしても、総じてゆったりとした気分になれたポタリングだった。
 

コース概略/自宅→菅原城北大橋→淀川河川敷・土手→毛馬こうもん→桜之宮公園内・大川(旧淀川)沿い→府道168→京橋→大阪城公園→京橋→府道168→桜之宮公園内・大川(旧淀川)沿い→川崎橋→南天満公園→天神橋→中之島公園→天神橋→南天満公園→川崎橋→→桜之宮公園内・大川(旧淀川)沿い→毛馬こうもん→淀川河川敷・土手→菅原城北大橋→自宅

走行距離/39.82km
走行時間/2hr18min
平均速度/17.37km/hr
最高速度/記録エラー
Cross Bike積算距離/785km
全Bike積算距離/18807km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 京都洛北・上賀茂~岩倉ポタリング 2010.06.09 | Top Pageおすすめインコ本⑧ 「インコ 長く、楽しく飼うための本」 »

 

 

Comments

すみません、読み始めたらすぐに期待してしまった「毛間閘門」。。。ん?ひらがなになってるーーーーっ!!!
クロスバイク、かこええですねー(^◇^)
白が緑に映えて!
あ。。。サドルとハンドルが同じ高さ。。。オバチャンにはとうてい乗れないですね(T△T)(T△T)(T△T)
高層ビルが多いけど緑もたくさん(^◇^)、リラックスして読めました(^◇^)

« 投稿: あさたろう  2010年6月29日 (火) 21時35分

あさたろうさん>
クロスバイクは乗り易いタイプのスポーツ系自転車だと思いますよ。ハンドルの位置は高くすることもできます。と、薦めてみたり。

漢字のほうが誤解(←何の(^_^;))が少ないですね。

« 投稿: Katze  2010年6月29日 (火) 23時56分

いい所ですね(^-^)
ハトとスズメ可愛いな~!
このへんのハトスズメは人に馴れてるんですね。

最後に書かれてあることに共感です。
その時の気分で好きなようにやるのっていいですよね。

« 投稿: MariRose  2010年7月 2日 (金) 19時36分

MariRoseさん>
ハトやスズメにご飯をあげる人が多いんでしょうね。
いたずらをする人もいないのでしょう。

街中だからこそ、緑が欲しい。そういうための場所です。
京都にいらした際には大阪にも~。

« 投稿: Katze  2010年7月 3日 (土) 00時03分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/48735531

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城公園~中之島公園・大川ポタリング 2010.06.19: