« 京都西山・山道サイクリングⅪ 2011.02.16 | Top Page京都南部・山道サイクリング 2011.02.27 »

2011年3月 5日 (土)

本「ある小さなスズメの記録」

最近、本を読んでいませんでした。地図とか、自転車雑誌、旅行ガイド本ばかりでした。
今日、久しぶりに本らしい本を買いました。

20110305_1

20110305_2ある小さなスズメの記録
人を慰め、愛し、叱った、
誇り高きクラレンスの生涯

Sold for a Farthing

クレア・キップス/著

梨木 香歩/訳

文藝春秋
\1429(税別)

第二次世界大戦中のロンドン郊外で、足と翼に障碍を持つ一羽の小スズメが老婦人に拾われた。
婦人の献身的な愛情に包まれて育った小スズメは、爆撃機の襲来に怯える人々の希望の灯火となっていく――。

1953年にイギリスで出版され、大ベストセラーになったノンフィクション。第二次大戦下ロンドン。傷ついた野生の小雀を拾った老婦人が、あふれんばかりの愛情で育て、共に暮らし、最期をみとるまでの実話。

20110305_3 まだ読んでいません。これから読みます。
既にお読みの方、あらすじは内緒ですよ~。
( ̄b ̄)シーーッ

ケース入りハードカバーで装丁された綺麗な本ですし、家の中でゆったりと落ち着いた気分で読みたいと思います。

楽しみです。

 

追記 2011.03.27>

読み終えました。
家の中ではなく、実家に帰省する新幹線の車中にて(^^ゞ、2時間くらいで読み終わりました。

このスズメ・・・クラレンスの行動に感心しつつ、著者とスズメの心の交流になごみました。

でも、“クラレンスの行動に感心し”と書きましたが、奇跡だとか偶然だとか著者のひいき目だとは思いませんでした。鳥と暮らしている者からすれば、理解できることが殆どでした。著者は、クラレンスの色々な行動の意味や理由を著者なりに分析し、推察して書いていますが、鳥飼いとして納得出来るものばかりでした。心の中で頷いて呼んでいました。
そういう意味で、鳥飼いの方が読めば、きっと“ムフフ”な感情が湧いてくるでしょうね。

クラレンスと著者の素敵な12年と7週と4日を、活字を通じて一緒に過ごしてみてはいかがでしょう。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 京都西山・山道サイクリングⅪ 2011.02.16 | Top Page京都南部・山道サイクリング 2011.02.27 »

 

 

Comments

わぁ~本当に本らしい本って感じですね~。
それもノンフィクションだそうで、ますます興味があります(゚▽゚*)
下の写真に写っているのは、ピアノの上にスズメさんが乗っかって
いるところでしょうか?スズメって可愛いですよね(^^)

« 投稿: MariRose  2011年3月 6日 (日) 20時00分

あかん。
こちらの記事、読ませてもらっただけで泣けてきました。
スズメは一番身近な野鳥さんですね。
そして小さい。
でも心が通う様子は手にとるようにわかる気がします

« 投稿:   2011年3月 7日 (月) 16時11分

↑すみません。名前入れるの忘れました^^;
削除仕方わからないので追加で。。。

« 投稿: tomo  2011年3月 7日 (月) 16時12分

さわりを教えていただいただけでも
とっても素敵なお話しだなぁ~って思えます。
老婦人が溢れんばかりの愛情で育て・・・
体に傷を持っていても、このスズメさんが
たくさんの愛を注いでもらって幸せに暮らせたのが
目に浮かぶようです。
そしてスズメさんも、老婦人の愛にこたえてくれたのでしょうね。
そう言えば日本でのお話し。
保護されたスズメさんがおばあちゃんに可愛がって
育ててもらって、おばあちゃんのお喋りの真似を
するようになったって、以前、ありましたね~。

« 投稿: kgひろこ  2011年3月 7日 (月) 23時17分

MariRoseさん>
ピアノにスズメが乗っているんですよ~。

外に何気なくいるスズメですが、見ているとかわいい動きと行動をしますね~。

« 投稿: Katze  2011年3月 9日 (水) 14時56分

tomoさん>
すいませ~ん。ココログって、コメ投稿者が一度投稿したあとで削除したり変更する機能が無いんです~。

今読み始めたところですが、本のPR文から色々と想像が膨らんで、それで泣けそうですね。

« 投稿: Katze  2011年3月 9日 (水) 14時59分

kgひろこさん>
さわりだけで、色々想像して感動しちゃいますね。

保護されたスズメさんがおばあちゃんに可愛がって
育ててもらって、おばあちゃんのお喋りの真似を
するようになったって・・・>
そういう実話が有るんですか~。
野鳥でも通じるんですね~(^.^)

« 投稿: Katze  2011年3月 9日 (水) 15時01分

その話、ありましたありました^^
野鳥のすずめが、っていうのもあるし
お喋りできるようになったっていうのがほんとびっくりでしたヽ(´▽`)/
え、消せないんですか。
緊張します~~

« 投稿: tomo  2011年3月 9日 (水) 23時34分

tomoさん>
ブログ主の僕は、どなたの投稿でも自由に書き換えたり削除したり出来ますので、気にしないで書いてください。すいません。

コメ投稿者が自身で消せるような機能を、僕が作れればいいのですが、そこまで能力が無くて・・・(^^ゞ

« 投稿: Katze  2011年3月10日 (木) 19時46分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/51039514

この記事へのトラックバック一覧です: 本「ある小さなスズメの記録」: