« 安芸竹原・小京都ポタリング 2011.04.09 | Top Page矢倉緑地ポタリングⅡ 2011.04.30 »

2011年5月 8日 (日)

玉川・桜ポタリング 2011.04.10

年月日/2011年4月10日

バイク/GLOBE (SPECIALIZED) Small Bike

目的/京都府南部の井手町を流れる玉川で開花している桜の花見に行く。

ポイント/往復自走。

内容/
僕は、“お花見ポタ”とか“紅葉ツーリング”のように、タイムリーな観光スポットに自転車で行くことは避けているほうで、意図的に見頃を狙って出掛けたことは非常に少ない。梅の花を見に行ったことが2回くらい有るだけだ(「大阪城公園・梅ポタリング 2009.02.28」「京都梅宮大社・梅ポタリング 2010.02.28」参照)。大抵はわざと見頃の時期から少しずらしたり、超有名なスポットは避けたりしてきた。ただそれは、多くの人が集まっていてどうせ走れるわけではないし、その場所へアクセスする道路も混んでストレス一杯になるだろうし、不愉快な目に遭うかも知れないだろう、というマイナス要素のほうを優先に考えて避けているのであって、本当は一番良い時に行きたいとは思っている。
これまでそうしてながらも、この日はタイムリーに満開との情報が有るものの近所の人しかにしかあまり知られていないであろう、と或る桜のお花見スポットに自転車で行くことにする。その場所とは、京都府南部に位置する井手町を流れる玉川沿いの桜並木だ。京阪奈界隈ならもっとメジャーなお花見スポットはたくさん有るからそれらへ人々は出掛けるだろう。おそらく近所の人しか来ないだろうから、割と空いているだろう。しかも木津川沿いのサイクリングロードのすぐ傍なので(玉川は木津川に注いでいる)、クルマを気にせずにノンビリとアクセス出来るし、大阪市内との往復ならば走行距離も稼げる。
玉川沿いはこれまでも何度も通っていて、土手の遊歩道は幅が狭いことを知っている。そこにお花見の人達が集まれば、乗ることは無理だろう。花見の際は自転車を押し歩きになるであろう。勿論、それは別にOK・・・どうせ撮影のために自転車から頻繁に降りるだろうし、むしろお花見なんだから歩かないと見れない。

まだ花粉症警戒中なのでマスクを着用し(このサイクリングは4月10日ですので・・・記事を書いている今は全く問題無し)、小径車のGLOBE (SPECIALIZED)で8:20に出発。
片道40kmの道のりの向こうに有る玉川の桜を目指そうというのに、出発直後、住んでいるマンションのすぐ傍の神社の桜に目を奪われる(下の写真)。

20110410ride_1

すぐ近くにも綺麗な桜が有るんですね~。
花が咲いていないと見向きもしないで通り過ぎるのに、一時の花が咲くとこうして人をひきつける。そして散るとまた見向きもされなくなる。花が咲いていない月日のほうが長い。しかしその咲いていない間こそが次にこの美しい花を咲かせるために大事な日々。それは人の日々の生き方に何かを教えてくれるような気がしますな。

20110410ride_2

・・・と、格好付けて書いてみたりして(^_^;)

20110410ride_3

淀川右岸を京都方面へ向けて進む。
右岸にも何本か開花している桜に出会う(下の写真)。

20110410ride_4

玉川に着く前に桜で“お腹がいっぱい”になったりしてね。

20110410ride_5

20110410ride_6

余計な文章は不要ですね。

20110410ride_7

20110410ride_8

おっと、淀川沿いを進まないと・・・。

20110410ride_9

春になって今が心地良い気温。ポタリングにも丁度良いですね。花粉が飛んでいなければ最高ですけどね~(^_^;)

20110410ride_10

土手の菜の花の黄色も綺麗です。

20110410ride_11

桂川が淀川に合流する地点から先の桂川沿いはダート(下の写真)。右岸工事で踏み固められているので、小径車のタイヤでも全くOK。

20110410ride_12

桂川河川公園から国道171号へ出、次いで天王山大橋を渡り、一瞬嵐山八幡サイクリングロードに入る。すぐに御幸橋のほうへ・・・。
すると京阪界隈でよく知られた桜のお花見スポット「背割堤」の傍を通過(下の写真)。満開です。

20110410ride_13

背割堤は凄い人。その付近の道・・・橋の上の歩道も行き交う人がたくさん。車道は車道でクルマの往来が激しくて混雑しているので(今日はノーヘルなのでこういう車道は嫌だ)、結局歩道を押し歩きで進む。おそらく玉川の桜よりもこちらのほうが見事だとは思うが、人があまりにも多いので寄りません。ここに来る時は自転車ではなくて徒歩でないと辛い。
背割堤の桜の花の見事さは、ネット上で適当に検索すると画像が引っ掛かってきますよ~。興味有る方は調べてみたらいかがでしょう。綺麗ですよ~。

20110410ride_14

御幸橋を渡って木津川沿いのサイクリングロードに入ると、普通に走れるようになる。
南下すると程無くして「流れ橋」の近くに到着(下の写真)。時刻は10:30。

20110410ride_15

流れ橋の上を行き交う人々(下の写真)。

20110410ride_16

サイクリングロードの脇、この流れ橋を見られる場所が休憩所になっているのだが、ここに桜が見事に花開いている(下の写真)。

20110410ride_17

これが桜の木だとは今まで知らなかった。

20110410ride_18

20110410ride_19

綺麗ですね。

20110410ride_20

青空に伸びる桜の花と流れ橋。

20110410ride_21

おっと、玉川の桜が目的でした(^^ゞ
この後もサイクリングロードの途中で時々桜の木に出会う(下の写真)。ついつい足を止めちゃいます。

20110410ride_22

そんなこんなで、ずっと南下していくと「玉水橋」に差し掛かる。

20110410ride_23

サイクリングロードから離れて橋を通り、木津川の左岸から右岸へ渡る(上の写真と下の写真)。

20110410ride_24

玉水橋を進んでいくと、国道24号線の手前辺りから、もう玉川沿いの桜が見えてくる(下の写真)。これはなかなか良さ気だぞ。

20110410ride_25

玉水橋のすぐ傍で玉川が木津川に注いでいる。玉水橋を渡り、次いで国道24号を横断すれば、すぐそこに玉川。目的地に到着。時刻は11:15頃。ここまで片道40km強。
下の写真のように両岸の土手の道の一部区間が歩行者自転車専用道路になっている(普通にクルマが通る区間も有る)。花見の人が歩いているので、ここからは押し歩き。

20110410ride_26

頭上の桜を見ながらゆっくりと押し歩きましょう。

20110410ride_27

僕のように自転車で来ている人も散見されるが、皆さん押し歩きです。

20110410ride_28

下の写真のように玉川はとても細い川(下の写真)。大正池のほうからダムを通ってここまで注いできている。それに関連して土手の斜面はしっかりとコンクリート補強工事がなされていて丸っきりの自然の川というわけではないが、それ程違和感は無い。

20110410ride_29

ノンビリとお花見散策しましょう。

20110410ride_30

背割堤よりも人は少ないね。殆どこの界隈の人しか来ないだろうからね。
この位なら落ち着いて歩ける。

20110410ride_31

玉川の“小川らしい”雰囲気が良いな。そこがなんだか、近所の小川とそこに咲く桜の花という良い感じのシチュエーションになっている。

20110410ride_32

このわざとらしくない感じが良いんです。

20110410ride_33

20110410ride_34

20110410ride_35

河川敷ではシートを敷いて食事をしている家族連れも見受けられるようになる。

20110410ride_36

川の水は綺麗でゴミや臭いが無いので、傍で食事が出来るんです。地元の人が普段から大切にしているようですよ。

20110410ride_37

こういう場所は大切にしないといけませんな。

20110410ride_38

20110410ride_39

20110410ride_40

途中に川を横断する橋が何本か有る。

20110410ride_41

川辺の桜って良いですよね~。川に桜の花が注いでいくような絵がね~。

20110410ride_42

ここまで玉川右岸を歩いているが、橋を渡りきらずにまだもう少し右岸を進む。
次の橋で渡ろう。

20110410ride_43

井手の山に向かって桜並木が伸びていますな(下の写真)。

20110410ride_44

出店も有るな・・・(上の写真の右隅)。
さて・・・そろそろ折り返すか・・・。ということで、橋を渡って左岸へ(下の写真)。

20110410ride_45

もうここからあまり余計な文章は要らないですね~。文章は少なめでいきま~~す。

20110410ride_46

20110410ride_47

20110410ride_48

柳の緑が良いアクセント(下の写真)。

20110410ride_49

20110410ride_50

桜の花の向こうに見える青空(下の写真)。

20110410ride_51

まだ続きますね。

20110410ride_52

20110410ride_53

20110410ride_54

20110410ride_55

20110410ride_56

そろそろ終わりの様だな。

20110410ride_57

20110410ride_58

20110410ride_59

20110410ride_60

桜のほのかにピンク色がかった白と、黄色の花の組み合わせも綺麗だ。
両方それぞれが春を物語っている。

20110410ride_61

向こうに国道24号が見えてきた(下の写真)。

20110410ride_62

これでお花見ポタ・・・散策は終わり。時刻は12:00頃。45分間のためでも往復5~6時間かけるというところが自転車乗りの性(さが)www
ではその復路へ・・・・。国道24号を横断し、桜を背にして玉水橋に入る(下の写真)。

20110410ride_63

玉水橋で木津川左岸へ渡り、サイクリングロードに戻る。

20110410ride_64

あとは、来た道をそのまま辿って大阪市内へ・・・。15:14に無事に帰宅。

桜のお花見ポタは初めてだったが、それ程混んでいなくて割と落ち着いて散策出来て良かった。もっと混んでいると自転車を押し歩きしても入れないからね~~(迷惑なので駐輪必至)。冒頭でも書いたが、もっと見事な桜の花の観光スポットは京阪奈界隈にたくさん有るが、“人が多い所=桜が見事”という図式からして、この玉川はその丁度良い妥協出来るお花見スポットかも知れないな。大阪在住の自転車乗りとしては往復でそこそこ距離も稼げてストレスも無いし。ロード乗りだったら、大正池か和束(更に信楽か~~?)まで行って、帰りにここに寄って散策したりしてね(SPD-SLシューズではなくてSPDかクリートカバーが必要になるだろうが・・・)
まぁ、こういう感じで、満足出来るお花見ポタだった。
(北のほうでももう桜の開花時期が終わろうとしているこの時期にこの投稿(^^ゞ)
 

コース概略/自宅→淀川右岸河川敷・土手→桂川右岸河川敷→桂川河川公園→小泉川右岸土手→国道171→国道478→天王山大橋→嵐山・八幡自転車道→御幸橋→八幡・木津自転車道→玉水橋→玉川右岸土手遊歩道→玉川左岸土手遊歩道・一般道→国道24→玉水橋→八幡・木津自転車道→御幸橋→嵐山・八幡自転車道→天王山大橋→国道478→国道171→小泉川右岸土手→桂川河川公園→桂川右岸河川敷→淀川右岸河川敷・土手→自宅

走行距離/97.53km
走行時間/6hr03min
平均速度/16.12km/hr
最高速度/34.08km/hr
Small Bike積算距離/1838km
全Bike積算距離/20465km

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 安芸竹原・小京都ポタリング 2011.04.09 | Top Page矢倉緑地ポタリングⅡ 2011.04.30 »

 

 

Comments

桜、すごい綺麗ですね。満開の桜に大感動!
菜の花の黄色も綺麗で、それぞれ春を物語っていますね。桜ポタ最高♪
私の地域でも最近、花が咲き始めてきましたよ。
でも桜はまだ見てないです。咲いてるのかな?
今週末、また札幌へ行きますが、行く途中の道で桜咲いてないかな~
もう散っちゃってるかな?

« 投稿: MariRose  2011年5月 8日 (日) 11時25分

MariRoseさん>
さっきちらりと北海道の桜の開花状況を見たら、まだこれからみたいですね。つぼみの所も多いみたいです。
これから楽しめますね。梅雨も無いことでしょうし、北海道はこれから良い季節でしょうね~。

« 投稿: Katze  2011年5月 8日 (日) 11時37分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/51593229

この記事へのトラックバック一覧です: 玉川・桜ポタリング 2011.04.10: