« インコ会議を不成立にする者は・・・ | Top Pageちゃんと弾けるのか?ブルース »

2012年1月21日 (土)

鳥のインレイに魅せられて

先日久しぶりにギターを買っちゃいました。
そう言えばブログを始めて以来ギターを買ったのは今回が初めてです。

20120121_1

Paul Reed Smith SE Orianthi Model

Specs

Body
 Top Wood Maple
 Back Wood Korina

Neck
 Number of Frets 24
 Scale Length 25"
 Neck Wood Maple
 Fretboard Wood Ebony
 Neck Shape Wide Thin
 Fretboard Inlays Birds with "O" at 12th Fret

Hardware/Electronics
 Bridge PRS Designed Tremolo
 Tuners PRS Designed Tuners
 Truss Rod Cover "PRS"
 Hardware Type Nickel
 Treble Pickup PRS Designed SE HFS Treble
 Bass Pickup PRS Designed SE Vintage Bass
 Pickup Switching Volume and Tone Control
                 with 3-Way Toggle Pickup Selector

PRS HPhttp://www.prsguitars.jp/seorianthi/specs.html より抜粋)

Paul Reed Smith と言えば素晴らしい名器で高額。通常30~50万円くらいはします。
僕の腕は高額なギターを持つに見合っていないので、これまで買ったギターの殆どが10万円以下・・・。今回のも8万円強くらいでPaul Reed Smith としては廉価な物です(made in Koreaってことね)。
音は値段相応です(と思います)。ショップのアンプのせいで良くは聴こえましたが~。

20120121_2

インコ達に見せてみる。

20120121_3

Paul Reed Smith (以下 PRS と略す)を買いたくなった理由の一つは、ポジションマークにこの鳥のインレイがあるからです。

20120121_4

PRSのギターの多くは“鳥のインレイ”があしらわれています。
鳥好きのギター弾きとしては、PRSを持たなければ・・・というところ。
ただそれだけのために買った・・・と言えなくはない。そういう意味も含めて廉価な物にしたとも言えるかも。

あと、このボディーの色のようにギラギラして赤い色の物は本来僕が買わないタイプですが、こういうのも一本位持っていても良いでしょう。

初めのほうに書きましたが、これはOrianthiのシグネイチャー・モデルです。
下のPVでも使われています(本人のは桁が違う、もっと高価な物でしょう)。

折角だからついでに好きな曲。↓

更についでにSteve Vaiとの競演も載せちゃったり。↓

またこのギターの話に戻ります。
ショップで買う前に試奏したのですが、最初にネックを握って音を出そうとした瞬間・・・ズッコケそうになりました。
“ズッコケそうに”・・・とはどういうことかと言うと、「ネックが細!!薄!!」って驚いたわけで、最近ずっと7弦ギターばかり触っていたせいか、まるでモップを持ってギターを弾く真似ごとをしようとした時のモップの柄を這う左手の感触にも似た感覚を受け・・・。・・・何と言うかな~・・・指板の上で指を動かす動作が勢い余りそうな・・・う~~ん、何と表現したら良いのか難しい。7弦ギターを弾いている時はそのネックの“存在”を感じるのだけれども(弾き辛いわけではない)、その7弦の時の感覚で行ったら軽くかわされた・・・すっぽかされたという感じ。別の例えで言うと・・・

引っ越しの手伝いで、何が入っているか分からない重い段ボールを次々と運んでいて、その途中、これまでと同様に重いと思い込んで持ち上げたら、異様に軽い段ボールに突然出くわして、体がズッコケそうになった・・・。

という感じ(余計に伝わらんか)。

20120121_5

でも弾きにくくはないです。単なる慣れです。帰宅して数時間ちょこちょこ弾いていたら違和感は無くなりました。僕は7弦ギターだけではなく、普通の6弦のギターでも割とネックの太い(厚い)ものを使うことが多いのですが、これはこれでいいかな~と・・・。薄いなら薄いでその恩恵を受けよう・・・ということで弾き易いです。
Orianthiが女ということでもないのでしょうが、小柄な女性とか手の小さい人には都合良い細さと薄さかも知れません。もっとも手が小さくても左手のフォーム次第で太い(厚い)ネックでも殆ど問題無く弾けますけどね~。最近はやりの高校の軽音楽部の女子あたりに良いかも知れません(←勝手に思う)。値段的にもね・・・。加えて、重量がとても軽いです。ボディーもネック同様に薄いです。この辺りも女子向きかも。

 

元々インプレ記事を書くつもりはないですので、こんなところで終わり。
本当はインコ・ペット記事寄りのつもりで書き始めたのに、ギターの話ばかりになりましたな・・・。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« インコ会議を不成立にする者は・・・ | Top Pageちゃんと弾けるのか?ブルース »

 

 

Comments

まったくの素人ですが、キレイなギターですね!確かに鳥の模様が魅力的です。インコちゃん達もKatzeさんのお買い物を許してくれていると思いますよヽ(´▽`)/

« 投稿: ちゃわん  2012年1月23日 (月) 17時13分

ちゃわんさん>
インコ達のおもちゃを買わずにこれを買って、許してくれますかね~?アハハ!

ちなみに、このメーカーのもっと高いギターになると、鳥の模様が更に綺麗に(デザインが細かく)なります。

« 投稿: Katze  2012年1月23日 (月) 19時31分

おー、ポジションマークに鳥が~!
女子向きのギターなんですか~。私も欲しいな~
(とか言って、数年もギター弾いてないのに、もう1本買ったってしゃーないですけど^^;)

レスポールとかはネックが厚いですよね。

« 投稿: MariRose  2012年1月26日 (木) 21時29分

MariRoseさん>
レスポールは厚いほうですね。
好みが有りますので、
薄いのと厚いのとどちらかが弾き易いかは言えませんが。

またギターを弾いてみたらいかがでしょう。

« 投稿: Katze  2012年1月29日 (日) 11時12分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/53784488

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥のインレイに魅せられて: