« チッチのスイッチ | Top Pageわが家の女子インコ達から »

2013年2月 9日 (土)

伊那佐山~井足岳ハイキング 2012.12.23

年月日/2012年12月23日(日)

山地名・地域/宇陀山地

天候/曇り時々晴れ

目的/奈良県中部の宇陀市に有る、伊那佐山と井足岳に登る。

内容/
今回も“お片付けシリーズ”のハイキング(“お片付けシリーズ”とは・・・「奈良・龍王山ハイキング 2012.11.04」の冒頭参照)で、奈良県の中部、宇陀市に有る「伊那佐山」とその北隣に位置する「井足岳(いだにだけ)」に登ることにする。
“と或る手段”で初めて入った山で、ハイクとしては今回が初めてだ。

20121223hike_1s 自宅を6:10に出発。
電車を乗り継ぎ、近鉄大阪線・榛原駅に8:03に到着。
駅前から奈良交通バスの菟田野(うたの)町行きのバスに乗り込む。日曜日は一時間に一本しかないから乗り遅れたら大変だ。僕以外に乗った人は一人。ちなみにバス停には、高見山に向かうと思われる4~5人のハイカーグループが別の乗り場でバスを待っている。恐らく冬季の土日に運行する高見山登山口の行きのバスを待っているのであろう。
そんな姿を横目にバスは出発。r31を南下し、8:18に比布(ひふ)バス停に到着(右と下の写真)。降りたのは僕一人。尚、下の写真は乗ってきた方角、榛原駅方面を見て撮影している。

GPSやカメラを準備し、8:23にバス停を出発。
ちなみに周りにコンビニは勿論のこと、飲料の自販機すら見当たらない。

20121223hike_2

ちょっとだけ菟田野町方面に歩き、最初の分岐で左折(下の写真のAへ黄色の矢印のように・・・)。

20121223hike_3

市道?町道?だかに入る(下の写真)。

20121223hike_4

山裾の辺りは靄がかかっている(下の写真)。

20121223hike_5

比布より先のr31は芳野川から少し離れている所を通るのだが、この道は芳野川(下の写真)沿いをトレースしている。
下の写真に見えている中央の山が伊那佐山だ。あそこに登るわけだ。

20121223hike_6

芳野川左岸のこの道を東進。
程なくして道沿いの右手に有る「伊那佐文化センター」の横を通る(下の写真)。ここには飲料の自販機が有る。買うチャンスはここがラスト。

20121223hike_7

伊那佐山を左に見つつ歩き続ける(下の写真)。

20121223hike_8

こぶが二つあるが、勿論高いほうの左が山頂。下から概ね九十九折れで登って、右側のこぶ付近に上がり、そこから稜線に乗って左の山頂に到達する感じ。

20121223hike_9

尚、今歩いている道は、歩道が充分に確保されていないにもかかわらず、ちょくちょくクルマが通るので注意。

20121223hike_10

早くこの道から脱して登山道に入りたいものだ。
左手には里山の雰囲気がいっぱいだ。

20121223hike_11

橋が見えてきた(下の写真)。「竹橋」だ。これで芳野川を渡る。

20121223hike_13

側道橋が有るのでそちらを使う(上の写真の中段と下段)。
芳野川が横に見える(下の写真)。

20121223hike_14

鳥を見るとつい写してしまう(^^ゞ

20121223hike_15

竹橋を渡った直後で左折(下の写真の黄色の矢印)。

20121223hike_16

道標通りに進む。
道標の指す方角に登り坂(下の写真)。

20121223hike_17

ここを登る。

20121223hike_18

麓の田畑の間を登っていく。

20121223hike_19

すると交差点に出る(下の写真)。僕はDから登って来た。

20121223hike_20

角に道標が有る(上の写真の赤色の円)。直進するAが登山ルート。
ちなみに前回の“と或る手段”の際には、榛原駅からその“と或る物”を使ってCからここにやってきた。なので、バス停比布からここまでは初めての道だったわけ。
さて、Aの坂を少し進むと・・・。

20121223hike_21

その先にまた分岐(下の写真の上段)。

20121223hike_22

ここは左折してAへ・・・。
道標によれば伊那佐山山頂まであと1300mとのことだ。
右の石柱には「大明神道」と彫られている。真ん中の石柱には十五丁と彫られている。
道幅の狭い登り坂を登る(下の写真)。

20121223hike_23

人が全く外に出ていないな。

20121223hike_24

上の写真の竹と切り通しの道を抜けると、下の写真のような場所が見える。
黄色の矢印の辺りが登山口だ。

20121223hike_25

登山口・・・としたが、勝手にそう思っているだけです・・・(^^ゞ
右手にコンクリート舗装の急坂が有り、ここから先へはクルマは入れそうにないので(・・・ん~ひょっとしたら行けるか??)、登山口としただけ~~。
伊那佐山山頂まで1180mらしい。

20121223hike_26

コンクリートの急坂を登っていく。
杉の植林地帯が始まる。

20121223hike_27

石碑だ(下の写真)。

20121223hike_28

坂の途中の左手に、梵字が彫られた石碑が立っている。

20121223hike_29

そこからちょっと上にT字路(下の写真)。

20121223hike_30

突き当たりを左折(上の写真)。ここで十三丁とのことだ。
このT字路に生えている竹の向こうに民家が見える。それが最後の民家で、ここから先はもう民家は無い。
一層細くなった舗装路を少し登ると・・・。

20121223hike_31

ダートに変わる(下の写真)。

20121223hike_32

林の中に入っていく。

20121223hike_33

ここからようやく本当の山歩きの始まり。

20121223hike_34

勾配はまだ緩い。
少し歩くとトレイル沿いに碑が見えてくる(下の写真)。

20121223hike_35

ここで時刻は8:55。

20121223hike_36

山神・・・山ノ神と彫られている。ちなみにここで十二丁。

20121223hike_37

植林帯を登っていく。

20121223hike_38

まっすぐで緩やかな勾配のトレイルが伸びている。

20121223hike_39

朝日の木漏れ日の中をのんびりと進む。

20121223hike_40

晴れた日曜の朝の清々しい光だ。

20121223hike_41

植林帯を歩くのが好きではない人にはあまりお薦めできないが、歩き易いトレイルですな。

20121223hike_42

程なくして分岐(下の写真)。僕はCから来た。

20121223hike_43

「右 やたき  左 大明神」と彫られた石標と、石の鳥居が有る(下の写真)。
右のBのやたきのほうはフラットなトレイルが続いている。どこへ出るのかは知らない。
ここは勿論黄色の矢印のようにAへ進む。山頂まであと僅か750mくらいだ(上の写真の赤色の円内の道標参照)。

20121223hike_44

石の鳥居をくぐる。登山道は頂上に有る「都賀那岐神社」の参詣道でもある。

20121223hike_45

U字溝のトレイルを登る。

20121223hike_46

先程までと同じような感じのトレイルが見えるが、緩かった勾配は徐々に急になってくる。

20121223hike_47

そしてある程度まで急になると、九十九折れで斜面を登るようになる。

20121223hike_48

右に左に切り返しながら登る。この辺りで八丁くらい。

20121223hike_49

九十九折れの様子は下の写真で・・・。

20121223hike_50

割と長めの坂になると・・・。

20121223hike_51

ここで七丁。

20121223hike_52

九十九折れが終わって少しまた勾配が緩くなると、先の方に道標が見えてくる(下の写真)。

20121223hike_53

分岐だ(下の写真)。
自明・桧牧分岐に到着。時刻は9:10。

20121223hike_54

分岐には
「左 自明桧牧(じめいひのまき)  右 嶽大明神 是より五丁」
と彫られた石標がある(上の写真の右下)。
左のBはフラットなトレイルが伸びている(上の写真の左下)。
右のA・・・と言うか、まっすぐ登っていくトレイルが山頂へ通じるトレイル。山頂まであと500m程だ。
Aへ進む(下の写真)。

20121223hike_55

初めは比較的緩めの勾配のトレイル。

20121223hike_56

登り始めた最初の頃の、山ノ神の碑辺りのトレイルに似た感じ。

20121223hike_57

ふと足元を見ると・・・。何かの動物の足跡だ。前に三本の指(爪)の跡が見える。
何だろう??

20121223hike_58

暫くすると勾配が徐々に急になってくる。

20121223hike_59

左手に少し巻くような感じになってくる。

20121223hike_60

位置的には、山頂の下の丁度南の斜面に差し掛かっている。

20121223hike_61

そしてここからまた九十九折れで急斜面を登っていく。

20121223hike_62

勾配も急になっている。

20121223hike_63

九十九折れと書きながら上や下の写真の向きが多いのは、これらと逆向きだと、日差しが正面に来て撮影が難しいから。

20121223hike_64

そう・・・下の写真の向きだとね。これは丁度木々で日差しが入ってこなかったからまともに撮れた。ここ以外はデジカメに光がガツンと入ってしまうので撮れなかった。

20121223hike_65

で、上の写真が、もう九十九折れの最後。
周りは植林から雑木林に変わっている。
登り切ろうとする所が下の写真。看板が見える(下の写真)。

20121223hike_66

麓から伊那佐山を見た時に、二つのこぶのように見えていたのを憶えているだろうか?
こちらは低いほうのこぶ。ここは分岐になっている(下の写真)。

20121223hike_67

僕はCから登って来たのだが、左のAが山頂へ通じている(下の写真)。左にカーブしたあと、稜線伝いに高いほうのこぶである山頂に向かうのである。

20121223hike_68

逆のBは下りになっていて(下の写真)、ここより少し低い東の位置に「猿岩」と名付けられた岩が有る。そこからの眺めが良く、ここに有る看板は「猿岩展望台→」と書かれた案内板だ。

20121223hike_69

前回の“と或る手段”で来た時も、猿岩展望台に寄った。今回も山頂よりも先に一旦猿岩に向かうことにする。展望を拝んだら折り返し、またここに戻ってきて山頂へ向かうことにする。
雑木林の中を下る(下の写真)。

20121223hike_70

トレイルはハッキリとしているので迷うことは無い。
ただ落ち葉が多く、前日の雨の影響で少し濡れていること、加えてちょっと急な斜面なので、滑らないように注意して下る。

20121223hike_71

明るい雑木林のトレイルだ。

20121223hike_72

上の写真の先は登りに転じている。
そこを少しだけ登ると・・・(下の写真)。

20121223hike_73

ここをちょっと登った先からまた下りが始まるのだが、その場所が明るい(下の写真)。
展望が有りそうな気配が伝わるだろう。

20121223hike_74

登り終わった所の正面に木が有り(下の写真)、そこに隠れるように・・・

20121223hike_75

岩が有る。これが「猿岩」。
到着時刻は9:29。

20121223hike_76

岩に「猿岩」と書かれたプレートが突き刺さっている点が無粋なんですけどね~。せめて脇地面に指しておけばよかったのに・・・。
上の写真では猿には見えないが、反対側に回り込むと下の写真のように見える。これなら岩の形から猿の顔を思い浮かべることが出来る。・・・てか、たぶん猿の顔から「猿岩」と付けられたのだと勝手に解釈。実際のところは調べていない(^^ゞ

20121223hike_77

大きさは・・・下の写真で、僕の足と比較してだいたい想像してくださいな。

20121223hike_78

で、ここから南側が開けている(下の写真)。

20121223hike_79

芳野川沿いの麓の里山の風景と、遠くに吉野の山並みが見える。

20121223hike_80

下の写真の川が芳野川。僕が歩いた所よりもさらに先の南のほうだ。
川沿いに田園が連なり里山を形成している。
結構この辺りにはたくさんの丘陵が有るようだ。

20121223hike_81

麓の様子がくっきり。

20121223hike_82

でも何となく前回に来た時の方がくっきり見えた気がするな。今朝のこの付近の麓は靄がかかっていたし、今日はいまいちかな?
下の写真で、真ん中辺りの向こうに見える尖った山は烏塒屋山。右手の松の木に隠れ気味の高い山が龍門岳。これらの山よりも手前が宇陀で、向こう側が吉野だ。

20121223hike_83

やっぱり今日はいまいちだな。山並みが白黒のぼんやりとした濃淡でしか写らない。
気候とのタイミングが合えば、もっとくっきりと綺麗に見えるよ~(・・・と思うよ~)。

20121223hike_84

座ってノンビリとしたい気は有るが、山頂に早く着いておきたい気のほうが強いので、猿岩から折り返し、来た道を戻る。
先程の分岐に戻ったら、山頂に向かって稜線を進む(下の写真)。

20121223hike_85

勾配は相当に緩い。フラットに近くなっている。

20121223hike_86

路面をよ~く見ると、落ち葉や土に隠れてはいるが、この辺りだけアスファルト舗装されているようだ。

20121223hike_87

緩い登りのあとは、ちょっとだけ勾配が急になる。
すると、すぐに石段と社殿らしき建物の頭が見える。

20121223hike_88

石段の前。ここを登ると・・・。

20121223hike_89

伊那佐山山頂に到着。時刻は9:40。
標高は637.2m。

20121223hike_90

山頂には「都賀那岐(つかなぎ)神社」の社殿が有る。

20121223hike_91

『都賀那岐神社』

御祭神は高霎神(たかおかみ),頰那芸(つらなぎ)神
もとは「嶽大明神」と称されていた(登山道上の石標にもその名が彫られている)。
太古より祭祀されていたようだが、社名の起源などの史料が少なく詳細は不明。
尚、頬那芸神は灌漑や水に関わる神とのことだが、これも実体は不明。古来、日照りが続くと岳登りと称して山頂にお参りして雨乞いをしたと伝わる。特に江戸時代は、祈雨・止雨の神として篤く信仰されていた。
また、“つがなぎ”とは、百済の軍が新羅との戦いに使った握り棒のことであるとする説、あるいは都加使主(「日本書紀」に載っている渡来人で、阿知使主(あちのおみ)の子。父は東漢(やまとのあや)氏の祖。応神天皇のとき父とともに渡来。雄略天皇死去の際,大伴室屋(むろや)とともに星川皇子の乱を鎮圧,清寧(せいねい)天皇即位につくしたとされる。)のこととする説などがある。

本殿(下の写真)。

20121223hike_93

社殿の前に歌碑が有る(下の写真)。

20121223hike_92

楯並めて 伊那瑳の山の
木の間ゆも い行き瞻らひ
戦へば 我はや飢ぬ 島つ鳥
鵜飼が徒 今助けに来ね

たたなめて いなさのやまの
このまゆも いゆきまもらひ
たたかへば われはやえぬ しまつとり
うかひがとも いますけにこね

古事記に由来するこの歌で、神武天皇が東遷の際、この地に至って鵜飼いをしていた人に食べ物を持って来て欲しいと要望する内容で、「戦闘に協力せよ」という意味にもとることが出来る。

信仰の山としての伊那佐山について・・・

鳥居が額縁になったかのように美しい山の稜線を持ち、地元の人から「山路岳」と呼ばれることもある伊那佐山は、古事記・日本書紀にも登場する由緒ある山である。
「いなさ」とは「東南の風」という意味だといわれている。古代の製鉄 砂鉄から鉄の精錬するための「タタラ」には、風がとても重要で、製鉄に由緒のある神社は、東南向きに建てられることが多いそうである。
そんな御縁からか、当地には伝説の刀匠・天国(あまくに)の言い伝えも残されている(伝説の名刀「小烏丸」は彼の作品と伝えられている)。
八咫烏神社から芳野川に沿って上流に向かうと、菟田野区(うたの)に至る。菟田野は、古来より水銀が産出することで有名で、近年まで大和水銀鉱山が有った。ちなみに水銀とは、古語でいうところの「丹」である。
また、芳野川を遡ると、宇太水分神社という式内社が有る。水分とかいて「みくまり」と読む「水」の神さまである。この水分神社にも伝説の刀匠・天国の言い伝えが残されている。これもまた、興味深いことである。
八咫烏神社 公式HPページより抜粋)

綺麗な社殿とは対照的に、その横に少し朽ちかけた建屋が有る(下の写真)。管理用の社務所だったのであろうか?

20121223hike_94

中の壁には落書きだらけ(-゛-メ) 立ち入り禁止になっている。

20121223hike_95

縁台に記帳用のバインダーファイルが有る。

20121223hike_96

Katzeの名まえで記帳する。「パーティー名」「フリーコメント」とかの項目からすると、登山ノートに近いか・・・。「出発地」は家の場所か?ハイクのスタート地点か?・・・後者にしておこう。「フリーコメント」は「2回目 これから井足岳へ!!」と書いておこう。

20121223hike_97

社殿の向かって左側に展望場所が有るのだが、木々に遮られて狭い角度しか見えない(下の写真)。

20121223hike_98

展望の説明用の立派なプレートが有るのだが(下の写真)、こんなに広角ではない。

20121223hike_99

下の写真のような感じ。

20121223hike_100

ん~~・・・

20121223hike_101

なんともはや・・・(^_^;)
猿岩には比べて・・・。

20121223hike_102

社殿の周囲は歩けるようになっている。
展望場所とは反対、社殿の正面向かって右側に三角点が有る(下の写真)。

20121223hike_103

三等三角点だ。

20121223hike_104

登頂成功のイェ~~イ。

20121223hike_105

座って少し休憩できる場所が有ればいいのだが、社務所(?)の縁台(?)は座れないし、展望場所に有る休憩用の切り株はジメっとしているしで、休憩無しで次の井足岳に向かうことにする。
今日のハイキングを三部に分けるとすれば、ここまでが第一部。これからの井足岳山頂までが第二部だ。
伊那佐山から井足岳に向かう登山道は、社殿と三角点を背にした辺りから降りることで始まる(下の写真)。どこかの山友会が付けた道標が有る(下の写真の赤色の円内)。

20121223hike_106

山頂の北の斜面である、急斜面の九十九折れの下りだ(下の写真)。

20121223hike_107

登って来たトレイルは綺麗かつ緩やかで道幅が広かったが、ここから先はもう少しワイルドになっていく(この先を知っていますので・・・)。

20121223hike_108

急斜面を下り終えると緩やかなフラットのトレイルになる。

20121223hike_109

参詣道としての登山道であった登りと違い、山道らしくなってきた。

20121223hike_110

伊那佐山の北の尾根伝いに進んでいる。

20121223hike_111

僅かに登ると・・・。

20121223hike_112

また下り(下の写真)。

20121223hike_113

どんどん下っていく。
下り勾配が緩くなった。

20121223hike_115

この辺り、“と或る手段”で来た時は一番良い区間だった。

20121223hike_116

その“と或る手段”が何だか分かる人には、伝わるだろう。

20121223hike_117

また急下り(下の写真)。

20121223hike_118

滑らないように下る。
北側の斜面のせいか、やや日当たりが悪い。それでもちょっと木漏れ日が差し込んでいる。

20121223hike_119

フラットになって・・・(下の写真)。

20121223hike_120

また急下り・・・というところで下の方に林道が見える(下の写真のA⇔B)。

20121223hike_121

時刻は10:07。
林道に降りると、上の写真のような案内板が有る。

20121223hike_122s 「これより、イダニ岳・桧牧方面への山道はハイキングや登山に適しません(榛原方面は林道奥の森線を下る)。」と観光協会によって書かれている。しかし、その“適していない”道で行きますよ~、僕は~~。尚、別に進入禁止ではないですので、入っても全然OKです。・・・ただ、伊那佐山山頂に登った時の気分でそのままで行けるような、お気楽ハイキングではないですよ・・・ってこと。ボ~ッとしていて歩けるような道ではないです。
林道のBの方角はフラットな林道が伸びている(右上の写真)。前回あの先をちょっと行ってみたことが有る。山の中を快適に進めそうな林道で、ゆくゆくは伊那佐山の東側の集落に出るようだ。
井足岳への、その“適していない道”は、先ずは榛原方面のAへ向かう(下の写真の黄色の矢印)。

20121223hike_123

切り通しの林道をちょっとだけ進むと、下の写真のような分岐。
僕はDから来た。
まっすぐ幅員の広い道のBが榛原駅方面へ帰れる林道の続き。
右手に分岐しているCはまた別の林道で、基本的に林業の作業道らしい。自明の集落に向かっているようだ。
井足岳山頂に向かう本命の道はA(下の写真の黄色の矢印)。

20121223hike_125

林道上に立っている位置によっては、何の予備知識も無かったらひょっとすると見落としそうな入り口だ。
Bが下っていくのに対し、この細いAのトレイルは登っていく(下の写真)。

20121223hike_126

笹の葉をかき分けて進む(下の写真)。
ふらふらしていると、左の林道の上に落ちますので注意。

20121223hike_127

トレイルが見えるようになった。

20121223hike_128

林道とは完全に分かれ、いよいよ井足岳山頂を目指す。

20121223hike_129

まぁ、まぁ一見、快適なトレイルのようですが・・・(下の写真)、少し登ると・・・、

20121223hike_130

下りに転じ、ここから暫くは倒木越えのオンパレード。下の写真のような感じで倒木がゴロゴロ。

20121223hike_131

倒木ゾーンを進む。
トレイルを塞いでいる。前回は“と或る物”を担ぎあげつつ突破したが、今回はハイクなので随分と楽。

20121223hike_132

下りが続く。

20121223hike_133

全くトレイルを手入れする人無し。

20121223hike_134

でも、面白いけどね。

20121223hike_135

藪こぎは嫌いだけど(←何が潜んでいるか分からないから)、倒木は嫌いではない。

20121223hike_136

少しフラットな区間を過ぎ・・・。

20121223hike_137

また下り・・・&倒木w

20121223hike_138

またフラットになって・・・。

20121223hike_139

また急下り(下の写真)。短いフラット区間を挟みつつ全体的には下りが続く。

20121223hike_140

青色のペンキの意味は・・・何だったけかな~。聞いたことが有ったのだが忘れた。

20121223hike_141

でも何となく登山道の目印っぽくなっている。・・・が、この木に塗られたペンキはあまり信用しないほうがいいと思う。井足岳のルートには赤色のテープや山友会の道標が幾つも有り、そちらを信用した方が良い。この山の道標と赤色のテープは信頼出来る。

20121223hike_142

またフラットになり、倒木ゾーンが続く。

20121223hike_143

またいで、またいで・・・。

20121223hike_144

少し歩き易くなったと思うと、先の方に倒木・・・。

20121223hike_145

なかなかの倒木具合。

20121223hike_146

下の写真なんか・・・、まるでぶん投げたみたいな折れ具合。

20121223hike_147

下り再開。

20121223hike_148

下りになると何故か倒木が少ないな。

20121223hike_149

伐採した跡もあるな。

20121223hike_150

フラットになると、また倒木(下の写真)。

20121223hike_151

写真では倒木のおかげでトレイルが分かりにくいが・・・。

20121223hike_152

現場では分かり易いよ。下の写真のようにテープも有るし。

20121223hike_153

また下る~~。

20121223hike_154

急斜面の木々の間を抜けて下る。

20121223hike_155

ここでも赤色のテープが有るので、それに従って踏み跡を探して降りていく。

20121223hike_156

上のような写真だけでは分かりにくいが、例えば下の写真だと黄色のラインが正解ルート。

20121223hike_157

振り返って撮影(下の写真)。急斜面の様子が少し伝わるだろう。

20121223hike_158

下ると正面に、今度は同じような急斜面の登りが待っている(下の写真)。

20121223hike_159

どんどん登る。

20121223hike_160

テープを見つけながら進む。

20121223hike_161

でも直登に近い感じ。下の写真は振り返って撮影。

20121223hike_162

急斜面を登り終え、勾配は緩くなる。

20121223hike_163

そしてこの辺りより、倒木ゾーンから分岐ゾーンへと変わる(僕が勝手に名付けている)。ここまでは倒木が目立つ区間だったが、ここから先の山頂までは、分岐をどう進むかがハイクのポイントとなる・・・そういう区間だ。
下の写真の先に岩がゴロゴロしているだろう。僕と同じルートを行く人は、あれが見えたら気をつけないといけない分岐がすぐ先に有ると思ってくれればいい(このコースで岩場は少ないので分かり易いと思う)。

20121223hike_164

岩場を過ぎると・・・。

20121223hike_165

その問題の分岐(下の写真)。

20121223hike_166

僕はCから来た。
井足岳山頂へはAにUターン気味に折れる。山友会の道標に従うこと。

20121223hike_167

真っすぐ伸びているBへ下るトレイルがAよりも分かり易くなっている。道標や赤色のテープが無かったら、そのまままっすぐBへ進んでしまいそうになる。

20121223hike_168

正解のAはBよりもトレイルとして分かりにくい(下の写真)。

20121223hike_169

急斜面を木々の間を抜けて下る。

20121223hike_170

道標やテープが無かったら、ここを降りようと思わずに、Bへ行っちゃいそうだな。

20121223hike_171

どんどん下っていくと・・・。

20121223hike_172

フラットなトレイル上に降りる(下の写真)。

20121223hike_173

僕はEから降りてきた。下の写真はEの急斜面を振り返って撮影。

20121223hike_174

正面のCは下の写真。トレイルか、単なる植林の隙間かはっきりしないが、何にしてもCは違う。

20121223hike_175

下の写真は左折する方角のD。先の方が見えないが、トレイルが途切れて終わっているようにも見える。Dも違う。

20121223hike_176

右折した方角のさらに右手にBのトレイル(下の写真)。これも違う。林業の作業道で、どこに繋がっているかは知らない。まぁ、伊那佐山~井足岳間の東側の集落のどこかに出られるのかも知れないが・・・。

20121223hike_177

正解は、右折した先の左手のA(下の写真)。

20121223hike_178

尾根上ではなく、少し下がった位置のトレイルを進む(尾根に入ってもすぐ先で合流出来るが、木々の間の踏み跡の無い&倒木だらけの地面を歩くだけなので意味が無い)。

20121223hike_179

しかしすぐに尾根に登り上がる(下の写真)。

20121223hike_180

岩場と、その先にネットが見えてくる(下の写真)。

20121223hike_181

このネットに出くわせば、先程の分岐から正解ルートを進んでいると思っていい。
ネットを左にして岩場を進む。
左手のネットの向こうには伐採した木々と隣の山の斜面の木々が見えるだけ。特に展望は無い。

20121223hike_182

急下りになる。

20121223hike_183

ネット沿いにどんどん下っていく。

20121223hike_184

下っていく途中で、木々の間から少しだけ山が見える。

20121223hike_185

その場でコンパスで確認しなかったので、どの辺りの山かは分からないが、西寄りの方角・・・。龍王山や巻向山方面か?それとも音羽山方面か・・・?いやいや、もう少し遠くの大阪との県境の葛城の山か??・・・分からん。

20121223hike_186

で、下っていくと・・・(下の写真)。

20121223hike_187

フラットになり・・・(下の写真)。

20121223hike_188

分岐に出る(下の写真)。僕はCから来た。

20121223hike_189

ここでも山友会の道標通りで、左のAへ。
右のBは下りだが、どこへ通じているのか分からない(下の写真)。西谷の集落や桧牧の集落に出るのかも知れない。

20121223hike_190

では、左のAへ(下の写真)。

20121223hike_191

フラットなトレイルだ。

20121223hike_192

この辺りも、前回”と或る手段”の時に楽しんだトレイルだったな。

20121223hike_193

良い感じでしょ?

20121223hike_194

程なくして分岐っぽい所に出る(下の写真)。

20121223hike_195

尾根を進むか、下っていく林道風のトレイルを進むかだが、どちらでもこの先で合流するので同じ。僕はそのまま道なりに林道風のトレイルを進む。

20121223hike_196

尾根と並行して進む。

20121223hike_197

そして分岐(下の写真)。僕はDから来た。

20121223hike_198

尾根に入っていたらCからここへ降りてきたことであろう(下の写真)。
この先は上の写真の黄色の矢印のようにAへ・・・。

20121223hike_199

ちなみに左手のBへ下りのトレイルが見える。上井谷の集落付近に出ると思われるが、行ったことは無い。

20121223hike_200

で、Aへ・・・(下の写真)。少し登り勾配。

20121223hike_201

登っていくと左にカーブ。

20121223hike_202

さて、この分岐ゾーンに入ってから倒木は少なくて歩き易かったが、この先に倒木ならぬ藪こぎゾーンが待っている筈。
快適なトレイルの先に・・・。

20121223hike_203

藪~~~。
プチ藪こぎ状態のトレイル。

20121223hike_204

少し進むと下に踏み跡が見えてくるんだけどね~。夏場は絶対に入りたくない。

20121223hike_205

藪が減った~~。

20121223hike_206

藪のおまけに倒木も付いてくる。

20121223hike_207

ほら・・・。

20121223hike_208

繰り返すが・・・絶対に夏場は来たくない。

20121223hike_209

そして・・・前回よりも倒木と藪が激しい場所に出る(下の写真)。前回はAへ、左の倒木をくぐりつつ藪もかきわけて進めたが、今回は進む気が起きないくらいに藪が前を塞いでいる。一方、右のBに新しい踏み跡が出来ている。藪こぎは有るが、倒木は無い。倒木回避の新しい踏み跡だ。テープも有る。

20121223hike_210

今回はBで倒木を迂回。
Bの藪も・・・。夏場だったら下に何がいるのか分からないので嫌だな~~。
で、本来のトレイルにも戻ったところで、振り返って塞がった元々のトレイルを撮影(下の写真)。あそこから出てくるのは・・・辛いな。てか、嫌だな。

20121223hike_211

そしてまた倒木を少し抜けると・・・(下の写真)。

20121223hike_212

快適な尾根道が復活。

20121223hike_213

この辺りから遠くにクルマの音が聞こえ始める。東にR369が通っていて、そこから聞こえるようだ。

20121223hike_214

ここから先に藪は無い、倒木も少なくなる。分岐もあと一,二箇所くらいだったな。

20121223hike_215

伊那佐山から下山して林道に降りた時に“ハイキングに適さない道”とあり、確かに先程までは“お気楽ハイキング”とはいかない感じだった。まぁ、でもあれくらいのことが有ったほうが面白いけど~~。
で、今はだいぶお気楽。

20121223hike_216

トレイルを見れば分かるでしょ。

20121223hike_217

木漏れ日トレイルを歩く。

20121223hike_218

東側の斜面が明るい(下の写真)。

20121223hike_219

木々の間から右下に建物が見える(下の写真)。西谷の集落の外れに老人ホームが有ったかと思う。おそらくそれ。

20121223hike_220

この辺りが、井足岳へのルートで最も人の気配を感じる区間。

20121223hike_221

あ・・・ちなみに比布バス停を降りてからここまで全く人を見かけていない。

20121223hike_222

そうこうしているうちに分岐(下の写真)。

20121223hike_223

左のBにハッキリとした下りのトレイルが有る(下の写真)。降りていったら集落に出ちゃうことでしょう。

20121223hike_224

ここはAの斜面を登る(下の写真)。

20121223hike_225

山頂がだいぶ近い。

20121223hike_226

直登すれば最短で井足岳山頂に着くが、トレイルはそうはなっていない。途中で一旦右手に回り込む(下の写真)。

20121223hike_227

倒木にまでテープが巻かれていて、何としても右に行かせようとしているwww

20121223hike_228

登って来た斜面を振り返って撮影(下の写真)。

20121223hike_229

緩くなった斜面沿いの道を進む。

20121223hike_230

一旦やや東の方角に向かって歩いているので右手が開けていて、そちら南側から日差しが射し込んで明るい。

20121223hike_231

R369からのクルマの音もよく聞こえる。

20121223hike_232

先にトレイルが見えなくなる辺りで、左手の急斜面を登るようになる。テープが有るのでそれが頼り。

20121223hike_233

たしか、そんなに長い距離ではなく、ちょっと登れば済んだ筈。

20121223hike_234

振り返ると・・・、南の方角に山。

20121223hike_235

あれは伊那佐山だ。あそこからここまで歩いてきたか~。

20121223hike_236

と・・・、すぐに稜線上に降り立つ(下の写真)。僕はCから上がってきた。
Bからトレイルが来ている。檜牧側から登ってくるルートが有るのだろうか・・・調べていないので不明。

20121223hike_237

ここは左折してAへ。
山友会の道標も指し示している(下の写真)。

20121223hike_238

もうすぐ山頂の筈だ。

20121223hike_239

快適で明るいトレイルが続く。

20121223hike_240

写真は無いが、今度は左の西側のほうに木々の間から芳野川の集落が僅かに見える。

20121223hike_241

フラットに近いくらいの緩い登りを進んでいく。

20121223hike_242

すると・・・。

20121223hike_243

井足岳山頂に到着(下の写真)。
時刻は11:21。まだ昼前だ。

20121223hike_244

三角点は見当たらない。前回も見つからなかった(実は・・・またあとで・・・)。
なので、ここで登頂成功のイェ~イ。
標高は550.5m。
周りの木々で展望は無し。

20121223hike_245

山頂にはたくさんのプレートや立札が有る(下の写真)。
前回から有った物から、前回に無かった物まで・・・。

20121223hike_246

そんなに要らんだろ~。何故、そんなに付けたがるのか・・・・。ルートファインディングの面でここに着くのが難しいから付けたくなるのか?それとも間違え易い、山頂に似たポイントが近くに有るからか?(実は帰宅後に気が付いたのだが、井足岳山頂の真の場所を惑わす有る情報が・・・。それは記事の最後で・・・)。
軽くチョコ・バーを食べて休憩。座って休める場所は無いので、立ち食い。座りたい人はマット持参が必須だな。
座れないと、長居をせずに帰りたくなる・・・・。で、早々に下山開始。山から降りて榛原駅を目指すのだ。
下山のルートを示す道標が山友会によって付けられている(下の写真)。助かるね。

20121223hike_247

で、そのトレイルに入る。山頂の北側の斜面を下って行くのだ。

20121223hike_248

・・・が、山頂の広場からちょっと出たところで三角点に気が付く(下の写真)。
下の写真の木々に隠れた正面が山頂で、つまり振り返って撮影した所。ちょっと盛り上がった土辺りが山頂。そして写真の左下に有るのが三角点。

20121223hike_249

地籍図根三角点とのことだ。埋められている。
地籍図,国家三角点・・・等々の言葉や違いについて無知だが・・・。
たぶん、この金属は蓋で、開けるとそこに測量用のポール(名前は知らない・・・皆さんも町で測量している時に見たことが有るでしょ?)を立てる際の目印になる、窪みが有る金属プレートが出てくるものと思われる。・・・開けませんよ!確認していません。

20121223hike_250

三角点と書かれていると、つい登頂成功のイェ~イ。

20121223hike_251

さて、なんか満足してwww下山再開。
急斜面の下り。

20121223hike_252

山頂北の急斜面を下っていく。

20121223hike_253

結構長い。

20121223hike_254

滑らないように注意。

20121223hike_255

なかなかの急勾配。

20121223hike_256

ルートは見つけやすいので心配ご無用。赤色のテープも有るし~~。

20121223hike_257

植林が怖いくらいに垂直に立ち並んでいる。

20121223hike_258

下の写真は振り返って撮影。逆に登るときはたいへんだな。

20121223hike_259

まだ下る~。

20121223hike_260

お、見憶えるが有る場所が見えてきた(下の写真)。

20121223hike_261

A⇔Bの左右にトレイルが有るT字路(上の写真の下段)。
僕はCから降りてきた(下の写真)。逆に登ってきたら、Cへ入るのはちょっと分かりにくいかもな。

20121223hike_262

で、榛原駅へは左のAへ。

20121223hike_263

斜面沿いに緩い下りで進む。

20121223hike_264

トレイルが崩れていて、丸太が敷かれている所が有る(下の写真)。

20121223hike_265

落ちたら急斜面を転げて下の沢へ滑落・・・。てか、その前に木に引っ掛かるだろうけど。

20121223hike_266

丸太に乗るのは逆に危ないので、左の斜面上を迂回して越え、先へ・・・。

20121223hike_267

伐採しっぱなしの木々が目立つな。

20121223hike_268

丸木橋で小さな沢を渡る。

20121223hike_269

隣の斜面に取り付く(下の写真)。登りになる。

20121223hike_270

尾根に向けて登っていく。

20121223hike_271

倒木が有る。

20121223hike_272

スパッと切られていたりして・・・。

20121223hike_273

左に巻き込みながら尾根へ登る。

20121223hike_274

尾根道に突入。

20121223hike_275

なんか・・・曇ってきたな。

20121223hike_276

ん・・・ポツリポツリと雨。急な天気の変わりようだ。
本降りにならなきゃいいけどな。

20121223hike_277

レインウェアを着用するまでも無いくらいだが、まぁ、気持ち急ごう。

20121223hike_278

でも滑らないように、慎重さは残しつつ・・・と。
倒木を越え・・・。

20121223hike_279

尾根から下っていく。

20121223hike_280

この辺、陽が当たりにくいのか、前日の雨の後で落ち葉が濡れていてスリッピー。

20121223hike_281

なので、先程急ごうと書いたが、ペースダウンして慎重に・・・。踏み込みながら下っていく。

20121223hike_282

急斜面の下りになった(下の写真)。

20121223hike_283

薄暗い谷へ下っていく。

20121223hike_284

木々のおかげで雨が降っているのかもう分からないくらいに、雨滴は下まで落ちてこない。
勾配が少し緩くなった。

20121223hike_285

どんどん下る。

20121223hike_286

伐採した木はそのままなんだね。

20121223hike_287

間引きなのかな~??

20121223hike_288

急下り終了。谷に降りた。

20121223hike_289

横に沢が流れている。

20121223hike_290

沢沿いに下山。

20121223hike_291

一旦沢を渡る。

20121223hike_292

滑らないように歩く。

20121223hike_293

左手に巨岩を見ながら、沢沿いに歩く。

20121223hike_294

快適な沢沿いのトレイルだな。

20121223hike_295

薄暗いけど、こういう所も好きです。

20121223hike_297

綺麗な水。

20121223hike_299

20121223hike_300

良い感じ。

20121223hike_301

ほぼフラットなトレイルを進み続けると・・・。

20121223hike_302

対岸のトレイルに渡るのだが、橋が崩れている(下の写真)。

20121223hike_303

こちらの側もまだ先に続いているので、もう少し先で渡れるだろう。

20121223hike_304

有った・・・(下の写真)。

20121223hike_305

これで対岸へ。

20121223hike_306

滑らないように慎重に渡り、トレイルの続きへ・・・。

20121223hike_307

沢から離れ、ウハウハなシングルトラックになる。

20121223hike_308

もうすぐ集落だな。

20121223hike_309

ごくわずかな下り勾配の快適なトレイル。

20121223hike_310

途中からコンクリートを流しただけの舗装面になる(下の写真)。

20121223hike_311

木漏れ日が射してきた。

20121223hike_312

雨はごく狭いエリアでちょっと降っただけで済んだようだ。

20121223hike_313

どんどん進むと・・・。

20121223hike_314

民家の屋根が見えてくる。

20121223hike_315

登山口から出る。

20121223hike_316

船尾の集落の端に到着。時刻は12:26。

20121223hike_317

出てきた所を振り返って撮影(下の写真)。

20121223hike_318

こちらの登山口は上の写真のような感じ。
んで、出てくるとススキ野原が見える。

20121223hike_319

その向こうに榛原の東の山が垣間見える。

20121223hike_320

さて、ここからはもう舗装路を歩いて榛原駅を目指すだけ。

20121223hike_321

右手に額井岳が見える(下の写真)。あそこにはまだ登ったことが無い。いずれ行きたいな~。

20121223hike_322

船尾の集落の中の道を下っていく。

20121223hike_323

振り返ると・・・。伊那佐山かな~??分からん。

20121223hike_324

程なくしてR369と合流(下の写真)。

20121223hike_325

R369は伊勢本街道ですな(上の写真の左下)。
R369の歩道を歩く。

20121223hike_326

宇陀川沿いに榛原駅を目指す。

20121223hike_327

町に入ってきた。

20121223hike_328

程なくして左手に墨坂神社の赤色の鳥居と参詣道が見え(下の写真)、国道を離れて一旦あちらへ・・・。

20121223hike_329

引き続き宇陀川沿い。

20121223hike_330

朱色の橋を渡って対岸へ・・・。

20121223hike_331

橋の上から見た宇陀川(下の写真)。

20121223hike_332

まだ川沿いを歩く。

20121223hike_333

やがてクルマが入ってこないような遊歩道に変わる。

20121223hike_334

でも・・・ここに入らないほうが良かったみたい。
ノンビリ・ウォーキングを出来そうでつられた。

20121223hike_335

途中で榛原駅から離れていっていることに気が付いた。
適当な所で右折(下の写真)。遊歩道から出る。

20121223hike_336

上の写真の右下の建物が市役所。市役所は榛原駅よりも西に有る。僕は駅よりも東側から歩いてきたわけで、行き過ぎたってことwww
クルマがたくさん通る通りの方へ出、ちょっと東へ戻る。
途中で駅へ通じる道に入り・・・。

20121223hike_337

R370を横断する、その目の前に近鉄・榛原駅(下の写真)。

20121223hike_338

時刻は12:55。榛原駅にゴール。

20121223hike_339

駅前でアコギの美しい音色を聞きながら、カメラやらGPSやらをリュックにしまうなど、片付け(ギター、上手かったな)。

あとは電車に乗り、一路大阪市内へ・・・。
15:10に無事に帰宅。

こうしてまた“お片付けシリーズ”を無事に消化し、満足。
2回目ながら、伊那佐山までの参詣道のようなトレイル、井足岳までの倒木,分岐,藪こぎのちょっとワイルドなトレイル、下山の沢沿いのトレイル・・・等々、変化が有って退屈しなかった。
ほぼ午前中に終わるコースなので距離が短く、標高差もそれ程無く、かと言って訪れる人は少なそうなので、一人サクッと楽しみたい人には向いているだろう。分岐は多いが、結局どこかの集落には出そうなので、その点は安心。ただ、(繰り返しになるが)夏場は入りたくないな~。
まぁ、何しても今回も楽しいハイキングでした。

さて、これが結局2012年最後のハイキングになった(ようやく2012年分の記事を書き終えた~(^^ゞ)。登り納めは何か“ビッグな”ハイク・・・とはしない点が自分らしいな。
さて、2013年も続けるぞ~。どこへ行くか・・・(・・・て、現時点でもう4回出撃しているしwww)
  

コース概略/
(自宅(6:10)→○○線・△△駅→□□線・▽▽駅・◇◇線・◎◎駅→□□駅・近鉄大阪線→榛原駅・奈良交通バス→)
奈良交通バス・比布バス停(8:23)→榛原石田→竹橋(8:37)→榛原山路→山ノ神(8:55)→自明・桧牧分岐(9:10)→猿岩展望台(9:29)(折り返し)→伊那佐山山頂・都賀那岐神社(9:40)→林道出合(10:07)→井足岳山頂(11:21)→船尾(12:26)→R369→墨坂神社参道→宇陀川左岸遊歩道→r31→近鉄大阪線・榛原駅(12:55)
(→☆☆駅・▲▲線→■■駅・▼▼線→●●駅→自宅(15:10))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20121223map

GPSデータ/
歩行距離/8.4km
歩行時間/2hr19min
停止時間/2hr15min
最高速度/12.9km/hr
移動平均速度/3.6km/hr
全体平均速度/1.8km/hr
標高差/300m
総上昇量/492m
最高標高/637m(伊那佐山山頂)
積算歩行距離/210km
積算総上昇量/9966m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20121223graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20121223bird

 

<補足> 井足岳山頂の謎

本文で書いたが、井足岳の山頂の場所について、帰宅後に疑問が湧いてきた。

登山関連書籍では大手の某社が出している某ハイキング本を僕は愛用しているのだが、その本の伊那佐山のページで、伊那佐山~井足岳のルートが紹介されている。そこに載っている地図では、井足岳山頂は下の地図の緑色のライン上の、赤色のポールの位置とされている。

20121223hike_340

そこへのルートは、真の山頂だと思っている場所辺りから西へ稜線を進んだ、緑色のラインのルートを採り、そして谷を下っていくものである。
赤色のポールの標高は525m。

ここで情報を整理すると・・・

①僕は前回も今回も、青色の旗の場所を山頂として登った。
②青色の旗の場所の標高は550.5m。
③青色の旗の場所には、山頂を示すプレートがたくさん有る。
④青色の旗の場所には、三角点が有る。

⑤某ハイキング本は赤色のポールの場所を井足岳山頂としている。標高は525m。
⑥地図ではそうなっていながら、本の本文では「井足岳山頂(標高550.5m)となっている。
⑦現所有の本の初版は2010年。しかしそれは改訂版で、以前僕は改定前の2007年頃の同本を持っていたが、同じだったと記憶している。
⑧本には断面図も載っているが、そこでは井足岳の標高が478.2mになっている。断面図上ではピークになっていない。斜面の途中だ。

⑨ネットで井足岳に関するハイキング記事を探し回ったが、載っている井足岳山頂の写真は、青色の旗の場所と同じと思われるものばかりであった。
⑩唯一、赤色のポールの場所を井足岳山頂の場所として地図で紹介している記事が有ったが、それは某ハイキング本の地図をスキャンして取り込み、コピペしたものと思われるものだった。

こうなると、某ハイキング本がつじつまの合わないおかしな間違いを書き、それを何年も直さずに(読者からのクレームも無く)そのままになっていて、真の井谷岳山頂は、青色の旗の場所で正解という可能性が高い。

・・・が、多くの人間が山頂を勘違いしてプレートを立て、そのままそこが山頂だとずっと思われているケースも稀に有るし、標高が高いほうが名前の付いた山頂ということは必ずしも無い。

僕は青色の旗の場所が山頂と思いたい。
一方、赤色のポールの場所がどうなっているのか・・・これにも興味が有る。
さて、真実は?

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« チッチのスイッチ | Top Pageわが家の女子インコ達から »

 

 

Comments

こんにちはsun

最初は急な登りの連続のように見えますが。。。
あの前足3本の動物の足跡はなんの足跡なんでしょうね。気になる~

伊那佐山山頂の展望はモッタイナイですね。
立派なプレートがあったところを見ると昔は展望良かったんでしょうね。
いまは放置されているような感じに見えます。

途中の薮漕ぎっぽい区間も夏なら絶対に入りたくないですよね~ 
先日もマダニで亡くなられた人がいましたね(+o+) 
気をつけなきゃ・・・マダニ(怖)


 

« 投稿: 登山 好人  2013年2月10日 (日) 12時58分

登山 好人さん>
伊那佐山は距離が短いので、九十九折れの部分とかは急ですが、サクッと登れちゃいますよ~。

足跡はなんでしょうね~。
シカか猪かくらいでしょうが、ハンターなら分かるのでしょう。

伊那佐山の山頂の展望は、おそらくおっしゃる通りで、手入れを怠って、あぁなってしまったように僕も思います。前に来た時よりも更に視野が狭くなった感・・・。
手前の左右二本ずつぐらいの木の枝を刈り込めばだいぶ違いそうです。

マダニでそんなことが!
嫌だな~とは思っていましたが、超怖いです。
マムシやスズメバチなら攻撃されてもその場ですぐ分かり易いですし、ヒルでは死なないですが、暫くたって気付くようなのはとっても厄介ですね。

« 投稿: Katze  2013年2月10日 (日) 23時43分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/56662100

この記事へのトラックバック一覧です: 伊那佐山~井足岳ハイキング 2012.12.23: