« 旗尾岳~府庁山ハイキング 2013.01.03 | Top Page桃の節句 平成二十五年 »

2013年3月 2日 (土)

六甲山最高峰ハイキング 2013.01.04

年月日/2013年1月4日(金)

山地名・地域/六甲山地

天候/晴れ時々曇り所により一時雪

目的/六甲山最高峰に登る。

ポイント/芦屋ロックガーデンから魚屋(ととや)道を経て有馬温泉側へ抜ける、ポピュラー・ルートを採る。

内容/
前日の「旗尾岳~府庁山ハイキング 2013.01.03」に続き、この日も年始休みなのでハイキングに出かけることにする。今回は京阪神界隈のハイクの定番中の定番、六甲山地。“とりあえず最高峰に登っておけ!”ということで、「六甲山最高峰(六甲最高峰と記す人もいる)」に決定。
“六甲山”は山地の名称で、ピークの名前ではなく、六甲山(六甲山地)の最高ピークは「六甲山最高峰」と呼ばれているらしい。
ルートは定番中の定番・・・芦屋ロックガーデンから魚屋道を経て有馬温泉側へ抜けるというコースだ。

尚、今回は“お片付けシリーズ”ではない(“お片付けシリーズ”とは・・・「奈良・龍王山ハイキング 2012.11.04」の冒頭参照)。
僕はこれまで例の“と或る手段”では六甲山には突入したことは無い(今後もまず無い)。六甲山は“ハイカーの山”過ぎて、彼らの目をかわすのは(ダイトレよりも)困難だと思ったから・・・。しかしその“親戚”であるロードバイクで、舗装路を使って六甲山最高峰まで登ったことは有る(「六甲山サイクリング 2006.07.16」参照)。なので、ハイクで登山道を登るのは初めてだが、六甲山最高峰のピークは今回で2回目になる。

自宅を7:15に出発。
電車に乗って1時間もかからずに阪急神戸線・芦屋川駅に到着。

20130104hike_1

六甲って近いな~。サクッて近くまで来れちゃう。
そのため、駅とその周辺にハイカーが多い。

GPSやカメラやらを準備し、8:11に駅の北口(上の写真)から出発。
北口から、まずは六甲方面に登っていく道をまっすぐ進む(下の写真)。

20130104hike_2

芦屋川右岸を進む。

20130104hike_3

程なくして高座川が合流する地点で、下の写真の分岐に出る。黄色の矢印のように橋を通って高座川を渡る。まずは「高座の滝」「ロックガーデン」を目指す。

20130104hike_4

坂を登っていくと・・・。

20130104hike_5

また分岐(下の写真)。道標(赤色の円)に従って左の登り坂へ進む。

20130104hike_6

そして上の写真の左下のように左折する。
住宅街の中で道が多いが、道標に従えば迷うことは無いだろう。ハイカーも散見されるし・・・。

20130104hike_7

住宅地の道から・・・

20130104hike_8

徐々に道沿いの家屋が減ってくる。
左手には下に高座川。

20130104hike_9

道には「高座の滝道」という名前が付いているようだ。

20130104hike_10

住宅は無くなったが、向こうに何か建屋が・・・。

20130104hike_11

芦屋ロックガーデンの登山口に到着。時刻は8:34。

20130104hike_12

茶屋が建ち並んでいる。奥へと進んでいく。

20130104hike_13

石段を登っていく。

20130104hike_14

民家の裏のような小道を進むと(上の写真の下段)、正面に祠(下の写真)。

20130104hike_15

その左に「高座の滝」(下の写真)。

20130104hike_16

「高座の滝」

この滝は、高さ約10mの夫婦滝であって、昔は修験者の道場として著名であった。滝の300m上流にある中ノ滝付近の斜面から鎌倉時代初期のものと推定される土師質灯明皿や瓦器の包含層のあることが報告にある。このように祭祀性の遺物の出土や立地条件から、霊場で有ったと思われる。
滝の傍には、護摩堂があり、また、ロックガーデンの名を顕揚した藤木九三翁の浮彫像がある。
(芦屋市・芦屋観光協会 案内板より)

20130104hike_17s 滝の落ち口の左手の壁面にレリーフが有る(下の写真)。

「藤木九三氏のレリーフ」
藤木九三氏(1887~1970)は、日本を代表する登山家であり、優れた指導者だった。山岳詩人として多くの著書を残し、「ロックガーデン」の名付け親と言われている。このレリーフは、我が国登山会に寄与された功績を称え、その人柄を慕う関西の岳人達により1963年5月12日に設置された。
毎年9月末の日曜日に山仲間が集い、故人を偲び登山の発展と安全を祈る藤木祭が、開催されている。
(日本山岳会関西支部・兵庫県山岳連盟・大阪府山岳連盟 案内板より)

さて、ここから本格的ハイクのスタート。
滝の前を横切り、左の岩場を登っていく石段へ・・・(下の写真)。

20130104hike_18

階段を登っていく。

20130104hike_19

岩場の切り通しを進むと・・・。

20130104hike_20

ロックガーデンに突入。

20130104hike_21

振り返ると、神戸の湾岸が見える(下の写真)。まだ目線は低い。

20130104hike_22

登っていくと石の祠が有る。

20130104hike_23

どんどん登っていく。

20130104hike_24

どこを歩けばいいかは大体分かる。前を歩く人の軌跡も参考になる。

20130104hike_25

途中で分岐(下の写真)。最近特に人気の「荒地山」へのルートが右に有る。
僕は左。まずは「風吹岩」を目指すのだ。

20130104hike_26

岩場を登っていく。

20130104hike_27

岩はがっちりと安定しているので落石の心配はまず無いな。

20130104hike_28

なかなか楽しい。

20130104hike_29

こんなに長い距離の岩場を登るのは初めてだ。

20130104hike_30

写真をたくさん撮りたいところだが、後ろからどんどんハイカーが登ってくるので、邪魔にならないよう、撮影自重で登っていく。

20130104hike_31

それに、撮影ポイントに気を取られて足を踏み外したら危ないしね。

20130104hike_32

左手の山の斜面(下の写真)。所々岩肌が露出している。

20130104hike_33

振り返ると・・・だいぶ目線が高くなってきたな(下の写真)。逆光で上手く写せないが・・・。肉眼だともっと綺麗に見える。

20130104hike_34

上の写真に何となく白い粉のようなものが舞っているのが分かるだろうか?初めは人が歩くことで岩が削れて粉塵のように舞っているのかと思ったが、どうやら雪のようだ。肉眼ではキラキラ光って見える。この辺りは晴れているが、山頂(六甲山最高峰)付近は雪で、それが風に乗って南側へ流れてきているらしい。
ロープが張られている所も有る(下の写真の左手)。

20130104hike_35

結構汗だくになってきた。

20130104hike_36

時々振り返って麓を見る(下の写真)。上手く写す腕が無いのが残念だ。

20130104hike_37

どこまで続くのかな~と思っていると・・・。

20130104hike_38

急に普通のトレイルっぽい道に変わる。

20130104hike_39

岩場は岩場だが、木々の中に入った感じ。先程までは外へ露出していた岩場を登っていたような感じで、ここから先は林の中の岩場を登る感じ。

20130104hike_40

岩というよりも大きな石がゴロゴロとした状態。

20130104hike_41

鉄塔が見えてきた(下の写真)。

20130104hike_42

鉄塔の下で休憩できるようになっている。

20130104hike_43

スルーして先へ・・・。

20130104hike_44

時々西隣の山肌が見える(下の写真)。

20130104hike_45

先程までは、あぁいう感じに露出した岩場を登っていたのでしょう(下の写真)。向こうの方が険しくてデンジェラスだが・・・。

20130104hike_46

また、普通な感じのトレイル(下の写真)。

20130104hike_47

ひたすら登り続ける。

20130104hike_48

木の根の這う階段や・・・。

20130104hike_49

こんなお気楽な散歩道のようなトレイルや・・・。

20130104hike_51

溝のようなトレイルや・・・。

20130104hike_52

石段やら・・・。変化が有るな。

20130104hike_53

また鉄塔。

20130104hike_54

鉄塔の下を抜けて先へ・・・。

20130104hike_55

引き続き、岩場風やら・・・。

20130104hike_56

溝やら・・・。

20130104hike_57

散策路風やら・・・。

20130104hike_58

岩の切り通しやら・・・。

20130104hike_59

ホント、ころころ雰囲気が変わる。

20130104hike_60

歩いていて飽きないけどね。

20130104hike_61

写真を見ているだけだと退屈でしょうが・・・www

20130104hike_62

少し広い所に出る。

20130104hike_63

港を見る。広い場所なので人を避け易く、落ち着いて展望を望めるな。

20130104hike_64

逆光だし、海面に日光が反射するしで、相変わらず上手く写せませんが・・・www

20130104hike_65

お決まりのセリフだが・・・肉眼だともっと綺麗。広角になるしな。

20130104hike_66

まだまだ先は長いので、先へ・・・。

20130104hike_67

緩い登りを進んでいく。フラットに近い区間も多々有る。

20130104hike_68

ここまで写真に写り込んでいる以上にハイカーが多い。みんなペースが速いな~。

20130104hike_69

急にまた広い所に出る(下の写真)。

20130104hike_70

ここの左手が「風吹岩」のようだ。
また、麓から登ってくる魚屋道と合流する分岐が有る。合流後、魚屋道は「雨ガ峠」へ向かう。僕もその魚屋道で雨ガ峠へ向かうのだが、先ずは「風吹岩」のほうへ寄る(下の写真)。

20130104hike_71

階段を登る。

20130104hike_72

「風吹岩」に到着。時刻は9:20。

20130104hike_73

20130104hike_74

標高447mか・・・。既にちょっとした低山の高さだな。
さらにもう一越え高い岩場が有る(下の写真)。登れるのだが、先客さんが一人くつろいでいるようなので遠慮しておこう。

20130104hike_75

ここから見える港(下の写真)。

20130104hike_76

くどいが・・・肉眼ではもっと綺麗ですwww

20130104hike_77

西の油コブシや摩耶山のほう(下の写真)。

20130104hike_78

国民宿舎の建物かな??

20130104hike_79

さて、「風吹岩」を下り、ここから魚屋道で山頂を目指す。道標に従って進む。

20130104hike_80

すぐに「打越山」への分岐(下の写真)。右へ・・・。

20130104hike_81

前を歩くハイカーのおじさんが、写真の距離感を出すのに丁度良いモデルになっている。

20130104hike_82

暫くモデルになってもらいましょう。おじさんにロック・オン。僕よりも若干遅いペースなので、撮影の度に頻繁に止まる僕と丁度良い距離感を保ってくれる。

20130104hike_83

穏やかなフラットのトレイルが続く。ここから先は芦屋ゴルフクラブまで、フラット&時々下りの道だ。

20130104hike_84

また分岐(下の写真)。右のAへ。

20130104hike_85

溝のようなトレイルを進む。

20130104hike_86

それにしても、おじさんがいてくれて助かるわ~。

20130104hike_87

写真用としてね。

20130104hike_88

追尾しているのに気が付いているかな?分からんな。

20130104hike_89

快適なトレイルを進む。

20130104hike_90

またまた分岐(下の写真)。ここも真っすぐ。
色々なコースが有るようですな~。

20130104hike_91

溝状の緩い下りだ(下の写真)。

20130104hike_92

そしてまたフラットに・・・。

20130104hike_93

そしてまた溝状の緩い下りに・・・。

20130104hike_94

またまたフラット。

20130104hike_95

標高900m以上に登ろうというのに・・・。あとでグイッと登らせるパターンかw

20130104hike_96

ちなみにこの下辺りに新幹線の六甲トンネルが有る。

20130104hike_97

下を新幹線が通っている・・・なんて想像できないな。

20130104hike_98

そんな自然の中のトレイルですわ~。

20130104hike_99

いいね~。

20130104hike_100

わりと急な下りになる(下の写真)。

20130104hike_101

岩場の下り。

20130104hike_102

おじさんはサクサクと下っていく。
その前をちょっと御年輩の方が慎重にゆっくり下っている。

20130104hike_103

僕もカメラ片手では不安なので、カメラをケースにしまい、両手を空けて下っていく。

20130104hike_104

おじさん、遂に前の御老人を抜かす・・・。

20130104hike_105

モデルが御老人にチェンジwww

20130104hike_106

おじさんは消えた~~。

20130104hike_107

下のほうが見えてきた。分岐が有る。
左のBが黒五谷への道(下の写真の下段)。
Aはゴルフ場内を通る道。ここはAへ。

20130104hike_108

猪避けと思われる柵がなされていて、扉を開けて先へ進む。扉は開けたら閉めるように。

20130104hike_109

ゴルフ場内に入る。

20130104hike_110

途中でゴルフ場内の舗装路を横断(下の写真)。

20130104hike_111

横断してそのまま真っすぐ先へ・・・(下の写真)。

20130104hike_112

溝状のトレイル。

20130104hike_113

木々の向こうにグリーン(下の写真)。

20130104hike_114

途中で御老人を抜かしてサクサク進むと・・・おじさんに追い付いた(下の写真)。

20130104hike_115

また舗装路を横断(下の写真)。

20130104hike_116

横断したらすぐ先にまた柵の扉(下の写真)。

20130104hike_117

ゴルフ場の敷地内から出る。まだフラットかと思いきや・・・。

20130104hike_118

登りになる。ゴルフ場から先は雨ガ峠まで登り主体だ。

20130104hike_119

登りだとおじさんに追い付いちゃいそう。

20130104hike_120

丸太階段も有る。

20130104hike_121

フラットと・・・

20130104hike_122

登りを繰り返しながら全体的に高度を上げていく。

20130104hike_123

おじさん、それにしても一度もこちらを振り返らないな~。

20130104hike_124

気が付いているのか、いないのか・・・。

20130104hike_125

結構雨ガ峠までの距離は有るな~。

20130104hike_126

木の根と丸太階段の入り乱れた登り(下の写真)。

20130104hike_127

その先に綺麗な丸太階段。

20130104hike_128

おじさんは丸太階段を使わないで脇を歩く。分かるよ・・・歩幅が階段と合わん。

20130104hike_129

もうそろそろ雨ガ峠だと思うが・・・。

20130104hike_130

また、おじさん、階段を使わずに右の坂へ・・・(下の写真)。みんなあちらを通るのか、トレイルがしっかりと出来ている。

20130104hike_132

上の写真の階段を登っていくと・・・賑やかな声が聞こえてきて・・・。
雨ガ峠に到着(下の写真)。時刻は10:04。

20130104hike_133

20130104hike_134s 丁寧に「ここは雨ヶ峠」って書いた道標が有る(右の写真)。
峠は広くてベンチが有り、ここで結構たくさんのハイカーが小休止をしている。おじさんもベンチに座って休み始めた。結構長く休みそうな気配なので、僕は先に行こう。ここでお別れだな。モデルのお仕事、どうもありがとうございました(←勝手に感謝)。
この峠は三差路になっていて、僕は下の写真のCから登ってきた。前方、左のAと右のBへトレイルが分かれている。

20130104hike_135

右のBは「東おたふく山」への道。何となく、そちらに向かいそうな気配のハイカーが多い感じ。僕もいつか東おたふく山に登ろう。

20130104hike_136

一方、下の写真が左のA。こちらが魚屋道の続きで、六甲山最高峰へ通じる道だ。

20130104hike_137

僕はこちらへ・・・。

20130104hike_138

地図ではここから先、谷に向かって下っていく感じのようだ。
まだフラット。

20130104hike_139

ノンビリとしたトレイルを進む。雨ガ峠からのハイカーの賑やかな声は聞こえない。

20130104hike_140

前も後ろもハイカーがいない。

20130104hike_141

写真では分かりにくいが、少し下りになってきた。

20130104hike_142

写真でも分かりそうなスクローラムの下り(下の写真)。

20130104hike_143

滑るような感じの勾配ではない。

20130104hike_144

ゆるりゆるりと下っていく。

20130104hike_145

やっぱり人が写っていないと距離感がいまいちだな・・・。

20130104hike_146

山の斜面に沿ってゆっくりと下っていく。

20130104hike_147

ちょっと急になれば階段になっている。

20130104hike_148

整えられた安全なコースですな。

20130104hike_149

後ろから人がくる気配も無し・・・。やっぱり東おたふく山のほうが人気は有るのかな。

20130104hike_150

程なくして・・・。

20130104hike_151

沢に出る。

20130104hike_152

谷に降り切りましたな。
沢を渡る。大きな石が踏み石になるので楽ちん。

20130104hike_153

沢の様子(下の写真)。

20130104hike_154

対岸へ出る。

20130104hike_155

ちょっとすると・・・。

20130104hike_156

分岐が有る(下の写真)。住吉道とも言うのか・・・。

20130104hike_157

また沢を渡る(下の写真)。先程の沢と同じ。

20130104hike_158

つまり、一旦渡って、もう一度渡り返すってことね。
下の写真は渡ってから振り返って撮影。

20130104hike_159

目の前に左手に石段(下の写真)。これを登る。

20130104hike_160

石段の下には右に分岐が有る。その分岐の先は石段の途中で右手に見える。

20130104hike_161

「七曲がりを経て六甲最高峰」とある(下の写真の上段)。ん・・・僕も「七曲がり」を通る筈だが・・・。でも先に「本城橋跡」を通る筈。なんか・・・色々とルートが有るようですな。

20130104hike_162

何にしても僕は「本庄橋跡」を経るコースを進む。(上の写真の下段)。

20130104hike_163

登るとすぐに少し下り。すると橋が見えた(下の写真)。

20130104hike_164

橋を渡る。下の写真は沢の様子。

20130104hike_165

今度は目の前に急な石段(下の写真)。

20130104hike_166

登っていくと・・・。

20130104hike_167

無粋な鉄の階段・・・。

20130104hike_168

左手のほうで、堰堤の工事をしているようだ。

20130104hike_169

工事資材の横を通る。

20130104hike_170

工事用車両の通る道路が出来ている(下の写真)。
元々のトレイルはその横を並走。

20130104hike_171

なんかちょっとな~~、って感じの場所を通って行くと分岐(下の写真)。

20130104hike_172

僕は登山道のDから来た。トレイルの続きはAだ。

20130104hike_173

4度目の沢渡り(下の写真)。全部同じ沢です。これで沢渡りは終了。

20130104hike_174

そして、ここから「一軒茶屋」を目指す。そこまでは登り主体だ。

20130104hike_175

谷から脱出ということね。

20130104hike_176

石段やら丸太階段やらを登っていく。

20130104hike_177

途中でフラットな区間を挟みつつ進む。

20130104hike_178

右手に山(下の写真)。林山かな?(間違っていたら失礼)

20130104hike_179

どんどん登る。

20130104hike_180

先程から遠くで大勢の人・・・若い人・・・たぶん子供達のような声が聞こえていて、上の写真の階段から下の方を見ると、先程の工事現場の横のトレイル辺りに子供らしい(中学生くらいか?)大集団が見える。撮影をしながらのこのノンビリ・ペースでは山頂迄に追い付かれそうだ。追い付かれると面倒だし、追い抜いてもらうと後でつっかえそうだし、山頂で混みそうだし・・・。
ここはペースアップして差を開けておこう。

20130104hike_181

というわけで少し急ぎ足。

20130104hike_182

フラットな区間。

20130104hike_183

階段区間。

20130104hike_184

登りも色々。階段やら石ゴロゴロの坂とか・・・。

20130104hike_185

サクサク登りまする~。

20130104hike_186

後ろの方の声は小さくなってきた。差は広がりつつあるな。

20130104hike_187

ペースアップしたら、前の人に追い付いた。

20130104hike_188

絶好のモデルだが、後ろからも迫るし・・・。

20130104hike_189

急ぐほうを選択。このハイカーさんと同じペースでは大集団に追い付かれる。

20130104hike_190

ガンガン行くぜ。

20130104hike_191

その割に撮影しているけどwww

20130104hike_192

ペースアップとは言っても僕的にはそんなに無理していない。普段歩くのと同じ位の速さだ。
でも、それはハイク的には急ぎ気味ですな。普段よりも少し遅いくらいの方がベターだろう。

20130104hike_193

山歩きを楽しむには少し遅いくらいが良いのでしょうな。折角の自然が勿体無いしね。

20130104hike_194

でも、今回は集団回避を優先。

20130104hike_196

何となく陽が陰ってきたな。

20130104hike_197

ロックガーデンでは山頂から雪が舞い降りてきていたが、それらしい空模様になってきた。

20130104hike_198

今は登りだから割と暑く感じるが、たぶん止まると冷えそうだ。気温も低くなってきた。

20130104hike_199

くねくねと曲がる緩い登り勾配気味の道が続く。

20130104hike_200

また二人目のハイカーさんに遭遇(下の写真)。あの人はサクサクと歩いている。もうそろそろ山頂だろうし、後ろからの声も聞こえなくなったし・・・あの人をモデルにロック・オンするか・・・。

20130104hike_201

お・・・油断していると消える。

20130104hike_202

また見えた。
高度はもう850m近い。一軒茶屋は880m位の場所だから、もうすぐだな。

20130104hike_203

緩い、フラットに近い道を進む。この区間、路肩がやや崩れ気味。

20130104hike_204

案の定、路肩が崩壊している箇所下の写真)。橋が掛けられている。

20130104hike_205

ロープが張られている区間(下の写真)。ここを抜けると・・・。

20130104hike_206

目の前に舗装路が見えてくる(下の写真)。

20130104hike_207

舗装路の小道を進む。

20130104hike_208

もうそろそろ一軒茶屋だな。

20130104hike_209

程なくして丸太階段(下の写真)。

20130104hike_210

笹の葉の間の階段を登る。

20130104hike_211

登ると、舗装路の続き(下の写真)。

20130104hike_212

先の方の階段の横に建屋が見えてきた(下の写真)。

20130104hike_213

もう目の前だ・・・。

20130104hike_214

「一軒茶屋」に到着。時刻は10:56。

20130104hike_215

先にr16が走っている(下の写真)。舗装路との出合いだ。
向かって左のAが植物園や牧場の有る方角(下の写真の中段左)。
右のBが西宮市に入って下っていく道だ(下の写真の中段右)。

20130104hike_216

ロードバイクで六甲山ヒルクライムをした「六甲山サイクリング 2006.07.16」の時は、Aのほうから来て山頂に登り、Bへダウンヒルして帰った。ここに来るのは6年半ぶりか~~。
・・・で、山頂は上の写真の黄色の矢印のように、Bの方へ少し行ったところの左手の広場から入る(上の写真の下段)。ここから300m歩くと六甲山最高峰のピークだ。
で、r16から離れ、下の写真のAへ向かってUターン気味に左へカーブすると・・・。

20130104hike_217

舗装路の激坂(下の写真)。
ちなみに上の写真のBは、有馬温泉方面へ下っていく魚屋道の続きで、あとでまたここに降りてきて、Bへ向かう予定だ。

20130104hike_218

激坂を登る。

20130104hike_219

ちなみにロードバイクの時、ここは押し歩きをしました(^^ゞ

20130104hike_220

左手に神戸の湾岸(下の写真)。

20130104hike_221

霞みがかって、遠くは綺麗に写りませんな(-.-)

20130104hike_222

さて、先へ・・・。

20130104hike_223

電波塔が見えてきた。

20130104hike_224

道なりに進むと・・・。

20130104hike_225

六甲山最高峰の広い山頂に到着(下の写真)。時刻は11:03。
先客は5~6名。テント泊(?)の人もいるようだ。

20130104hike_226

標高931m。

20130104hike_227

登頂成功のイェ~イ。

20130104hike_228

標柱の横に三角点(下の写真)。

20130104hike_229

三角点というか・・・、この大きな石に三角点が埋められているらしい。

20130104hike_230

石にプレートがはめられている(下の写真)。

20130104hike_231

六甲山を隆起させるほどの阪神淡路大震災って・・・恐ろしいな。
三角点を踏む(下の写真)。

20130104hike_232

山頂の展望は無い。木々に遮られているし、この天候だし・・・。

20130104hike_233

樹氷になっていないな・・・(下の写真)。ここは綺麗な樹氷が見られるらしいが、今日は駄目だな。

20130104hike_234

寒いので、もう下ろう。

20130104hike_235

クマザサの道を通る。

20130104hike_236

そして再び舗装路の坂に出合い、下っていくと・・・。
r16沿いの広場に戻ってきた(下の写真)。ここから魚屋道の続きで有馬温泉を目指す。下の写真のBの先に魚屋道が続いている。

20130104hike_237

石畳の下りだ。

20130104hike_238

公園の散策路みたいだ。

20130104hike_239

程なくして石畳は終わり、ダートに戻る。

20130104hike_240

緩い下りをどんどん進む。

20130104hike_241

ここから先は殆ど下り主体で、間にフラット区間を挟む感じ。登り返すことは殆ど無く、軽いものが一箇所くらいのようだ。

20130104hike_242

左手に分岐(下の写真)。

20130104hike_243

有馬四十八滝か・・・。聞いたことが有るな。滝のそばを下っていくデンジェラスなルートらしい。僕は当然スルー。

20130104hike_244

こういう道で結構です。充分です。

20130104hike_245

若干気持ちが油断し易い下りは、こういう道の方が良いな。
逆に登りだと退屈しそうだが・・・。

20130104hike_246

山頂の寒さがここまで続いている。

20130104hike_247

カメラの操作を優先してここまでオープンフィンガーのグローブをはめていたのだが、指先がかじかんできたのでフルフィンガーのグローブに変える。

20130104hike_248

笹の間のトレイルを抜けていく。

20130104hike_249

ゆるゆるとどんどん下る。

20130104hike_250

何組か下から登ってくるハイカーとすれ違って挨拶。

20130104hike_251

有馬三山と六甲を組み合わせているのかな?

20130104hike_252

ヘアピンカーブもまじえるように下る。

20130104hike_253

ひたすら・・・・。

20130104hike_254

少し陽が射してきた。

20130104hike_255

左手にちょっとだけ眺望。

20130104hike_256

三木市や三田のほうかな?

20130104hike_257

下りは続く・・・。

20130104hike_258

この辺はブナ林らしい。その向こうに見える山は何山だろうか・・・。

20130104hike_259

ひたすら・・・

20130104hike_260

ひたすら・・・

20130104hike_261

ひたすら下る~~。

20130104hike_262

ちょっと退屈しそうだが、まぁ、下りの際のメンタル面を考えれば丁度良いでしょう。
たまに木々の向こうに垣間見える景色を眺めつつ・・・。

20130104hike_263

同じような道をひたすら歩く。

20130104hike_264

たまに油断した気持ちから覚まさせるように、木の根の這う下りも有ったりして・・・(下の写真)。

20130104hike_265

躓くなよってね。

20130104hike_266

フラット過ぎる道・・・w

20130104hike_267

狭い尾根道の下りの先に、折り返すようなトレイルが分かれている(下の写真)。

20130104hike_268

僕は下の写真のCから来た。

20130104hike_269

このBのトレイルに筆屋道が有るのか・・・。面白い名まえだな。
僕は予定通りAへ・・・。有馬温泉駅まであと2.9km。約45分か~。
この先でちょっと登り(下の写真)。

20130104hike_270

時刻は11:50。ここでおにぎりタイム&休憩。

20130104hike_271

ここに六甲最古のトンネルが有ったらしい(下の案内板の説明)。

20130104hike_272

この切り通しがそうなのかしらね~~?
おにぎりタイムを終え、この切り通しを登ると・・・。

20130104hike_273

ちょっと展望。

20130104hike_274

そして下り(下の写真)。
トンネル跡の前だけが唯一の登りで(登りっていう程の登りではない)、もうあとは下るだけ。

20130104hike_275

下りとフラットの連続です。

20130104hike_276

石垣とか有る。

20130104hike_277

よく踏み固められたトレイルだな。林道に近い幅員だし。

20130104hike_278

分岐だ。

20130104hike_279

Bは炭屋道か・・・。魚屋道、筆屋道、炭屋道・・・それぞれ意味が有るんでしょうな。ちなみに魚屋道は、江戸初期に灘から有馬温泉へ湯治客に出すための新鮮な魚を運んだ道で、そのため「魚屋道」と呼ばれていたらしい。

20130104hike_280

魚屋道を下り続ける。

20130104hike_281

魚は持っていないが・・・。

20130104hike_282

うねうねと下っていく。

20130104hike_283

ヘアピンも有るし。

20130104hike_284

下って・・・

20130104hike_285

下って・・・

20130104hike_286

下りまくっても・・・

20130104hike_287

まだ下りは続く。

20130104hike_288

終わるのかしら?と思うくらい続く。

20130104hike_289

逆にここを登るのは嫌だな~。こちらは下山向きだな。

20130104hike_290

あ・・・、有馬温泉街が木々の向こうに見えてきた。

20130104hike_291

もうすぐ終わりですか~。

20130104hike_292

やっとですな。

20130104hike_293

と思ってからが・・・。

20130104hike_294

また長いwww

20130104hike_295

街に近付くにつれ、クルマの音が大きくなってきた。

20130104hike_296

階段を下りると・・・。

20130104hike_297

舗装路に変わった(下の写真)。

20130104hike_298

右手に「虫地獄」(下の写真)。温泉が湧いて炭酸ガスが発生し、これに近づいた虫が死んだため、土地の人々が虫地獄と呼んだらしい。ちなみに「鳥地獄」というのも有るらしい。鳥好きには実な嫌な名まえだ。

20130104hike_299

そして・・・車道と出合う(下の写真)。時刻は12:18。
ここで登山道は終わり。

20130104hike_300

Aへ左折。

20130104hike_301

車道を歩いて温泉街へ・・。

20130104hike_302

そこそこクルマが通るのだが、歩道が無いので要注意。

20130104hike_303

程なくして六甲有馬ロープウェイの有馬駅との分岐に出る(下の写真)。左のBがロープウェイの駅の有るほうの道。見えている建屋が駅舎だ。その先には有馬三山への登山口が有る。
僕は真っすぐAへ進む。

20130104hike_304

Aは温泉街に向かう道だ。

20130104hike_305

程なくして温泉街に入る。狭い道に人とクルマがひしめいているので、写真撮影は省略。

20130104hike_306

神戸電鉄の有馬温泉駅に向かう。
ちなみにここ有馬温泉へはロードバイクで自走してきたことがある(「有馬温泉ポタリング 2006.06.01」参照)。過去記事参照ということで、有馬温泉街の様子は本記事では省略します。
赤い欄干の「ねね橋」が見えてきた(下の写真)。

20130104hike_307

ねねの像。

20130104hike_308

ねね橋から川沿いを見る(下の写真)。

20130104hike_309

上の写真の向こうに見えている橋が「太閤橋」。
そこまで川沿いに下ると交差点に差し掛かる(下の写真)。

20130104hike_310

r51を横断し、Aのr98に入ったすぐ先に・・・。
神戸電鉄有馬温泉駅~。ここでゴール。時刻はまだ12:39。

20130104hike_311

案外早く終わったな~。

20130104hike_312

あとは電車に乗り込み、何度か乗り継いで大阪市内へ・・・。
14:37に帰宅。思ったよりも早く帰宅した・・・してしまった。

こうして6年半ぶりの六甲山最高峰、初めての登山道を使ったハイクを無事に終えた。
元々人が多い山は好きではなく、この日は“やっつけ仕事”的な気分で定番をとりあえず済ませておくか・・・という後ろ向きの気持ちでスタートしたのだが、終わってみれば満足。ロックガーデンは面白かったし、魚屋道のトレイルは整ってはいるがそれはそれでリラックス気分で歩けるし(大集団からの逃避も有ったがwww)、標高も有るしで、良いコースだった。
六甲は電車に乗れば大阪から近く、麓までのアクセスが良いし、たくさんの山とコースが有るので、今後もちょくちょくこの界隈を歩きたいと思う。

さて・・・次は・・・。
(てか、年始のハイクを今頃投稿しているしwww 溜まった記事を早く片付けないと、どんどん溜まっていきそうだ(-_-;) 写真枚数を1/10にして、簡単にすればいいのだが・・・(^^ゞ)
 

コース概略/
(自宅(7:15)→○○線・△△駅→□□駅→)
阪急神戸線・芦屋川駅(8:11)→芦屋川右岸→高座川左岸→芦屋ロックガーデン(8:34)→高座ノ滝→中央陵→風吹岩(9:20)→魚屋道(→雨ガ峠(10:04)→本庄橋跡→七曲り→)→一軒茶屋(10:56)→r16出合→六甲山最高峰(11:03)→r16出合→魚屋道→車道出合(12:18)→有馬町温泉街→r98→神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅(12:39)
(→新開地駅・神戸高速鉄道→阪急神戸線・□□駅・○○線→△△駅→自宅(14:37))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20130104map

GPSデータ/
歩行距離/13.5km
歩行時間/3hr31min
停止時間/1hr00min
最高速度/10.0km/hr
移動平均速度/3.8km/hr
全体平均速度/3.0km/hr
標高差/903m
総上昇量/1101m
最高標高/931m(六甲山最高峰)
積算歩行距離/233km
積算総上昇量/11878m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130104graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130104bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 旗尾岳~府庁山ハイキング 2013.01.03 | Top Page桃の節句 平成二十五年 »

 

 

Comments

ロックガーデンの登山口賑やかですね。
六甲はイノシシが怖くて・・・
画像見る限りイノシシと遭遇してなさそうですね。ロックガーデンは行きたい場所なんだけどな~(涙) やっぱオモシロそうなコースですね。六甲最古のトンネルも気になるぅ~♪
最後は有馬に出ましたか。六甲横断ですね。

« 投稿: 登山 好人  2013年3月 3日 (日) 11時54分

登山 好人さん>
猪の気配は無かったのです~。

ロックガーデンは楽しいです。
人は多いですが、ここを下る人はいなさそうなので、みんな登りの一方通行になりますのでね。
お薦めです。是非!

« 投稿: Katze  2013年3月 3日 (日) 18時54分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/56806173

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山最高峰ハイキング 2013.01.04: