« 大峰山~武庫川渓谷ハイキング 2013.03.03 | Top Pageミキサーがぶっ壊れた結果リニュアールしたプライベート・スタジオ »

2013年6月 6日 (木)

十方山~京青の森ハイキング 2013.04.20

年月日/2013年4月20日(土)

山地名・地域/京都西山

天候/晴れのち曇り

目的/京都西山の南部に位置する十方山(じっぽうやま・じっぽうざん)に登ること、並びに楊谷寺~京青の森間の西山古道のヤマツツジを見に行くこと。

ポイント/①対花粉症休止期間明けのリハビリ・ハイキング,②天王山,釈迦岳,ポンポン山には寄らない,③帰りは長岡京市街地方面へ出る。

内容/
スギ花粉の飛散も終わり、ヒノキの花粉も終わろうとしているこの日、一ヵ月半ぶりにハイキングに出かけることにする(注:投稿日よりもずっと前の4月20日の話ですので・・・(^^ゞ)。夕方位から天気は下り坂の予報だし、リハビリ的な意味も含め、近場かつ既知の場所ということで京都西山の「十方山」に行くことにした。ただそれだけだとあまりに早く終わるので、十方山山頂を通過したら楊谷寺(柳谷観音)に向かい、西山古道に入って丁度見頃・・・てか、終わりかけのヤマツツジでも見て、その後長岡京市街地方面へ下りることにする。
ところで前述で“既知”と書いたのは、れいの“と或る手段”で今回の界隈を通ったことがあるからだ。つまりれいの“お片付けシリーズ”というわけ(“お片付けシリーズ”とは・・・「奈良・龍王山ハイキング 2012.11.04」の冒頭参照)。あの時は小塩山→善峰寺→西山古道→楊谷寺→十方山→・・・・というルートだったので、今回はその逆になる。ただし、善峰寺や小塩山方面には行かない。それは既にハイキングで歩いているからだ。今回は「京青の森」から立石橋経由で長岡京市街地へ向かうつもり。その区間も““と或る手段”で通ったことが有って“お片付けシリーズ”であり、ハイキングでは初めてとなる。尚、十方山と言えば近くに天王山が有るが、昨年にハイキングで行っているので今回は無し。また、京青の森と言えば、そこから釈迦岳→ポンポン山というのも有るが、これも今回無し。両方の山に昨年ハイキングで行っているからだ。

自宅を6:15に出発。
電車に乗り、JR京都線・島本駅に7:22に到着(下の写真)。

20130420hike_1

駅の北口(西口??)から北の方角に山が見える(下の写真)。あちらに十方山や天王山が有る。今日はあそこに入るわけだ。

20130420hike_2

GPSやカメラやらを準備し、7:32に駅を出発。
先ずは線路に沿って進む(下の写真)。

20130420hike_3

お片付けシリーズだが、“と或る手段”の時は十方山から淀川・桂川河川敷に出たので、島本駅から十方山へ登る登山口までは全くの未知で今回は初めてだ。

20130420hike_4

そんな理由も有って、ちょっと無駄な回り道をしつつ、水無瀬川右岸沿いの道に出る。ここから十方山の方を見る(下の写真)。

20130420hike_5

名神高速道路と天王山トンネル出入口付近が見え、その向こうの山の中腹を登っていく道と、法面が見える(下の写真)。これからあそこを歩いて登っていくわけだ。

20130420hike_6

先ずはあそこに辿りつかないと・・・。
JR線近くの橋で水無瀬川を越え・・・(下の写真)。

20130420hike_7

すぐにr734に出合うのでこれを横断。下の写真は横断直後に振り返って撮影したもの。この辺りからちょくちょく道標が立っている(下の写真)。十方山に向かうのだが、今回予定している登山口は「水無瀬の滝」の近くに有る。先程の山の中腹を登っていく道もその近くから行ける筈だ。加えて「水無瀬の滝」は見た頃が無いので、先ずはついでにそれを見てから登山口に突入しよう。

20130420hike_8

道標に従って「水無瀬の滝」を目指していく。
途中の東大寺(あの奈良の東大寺のことではなくて町名ね・・・それは分かるか(^^ゞ)の住宅地の中をプチ迷子・・・(^^ゞ 前回“と或る手段”の時は桂川・淀川河川敷へ下る際に適当に南下したので道を全く憶えていない。

20130420hike_9

何とか名神高速道の高架下のトンネルを発見(下の写真)。

20130420hike_10

トンネルをくぐると高架下に道標が立っている(下の写真の赤色の円)。

20130420hike_11

上の写真の黄色の矢印のように真っすぐAへ進めば「水無瀬の滝」だ。
ちなみに左折するBの登り坂は名神高速の上を横断できる橋になっていて、目的の登山口に繋がっている。水無瀬の滝を見たあとに進む予定の道とも合流している。右のCは春日神社に向かうらしい。
Aに進むと階段が有り、これを登っていく(下の写真)。

20130420hike_12

すると滝が見えた。これが「水無瀬の滝」だ(下の写真)。時刻は8:10。

20130420hike_13

島本町が立てた案内板の解説文によると・・・

天王山に源を発する高さ約20mの美しい滝です。この滝は水無瀬離宮を築き水無瀬野での遊猟を楽しまれた後鳥羽上皇も行幸されるなど、古来より広く知られ、水無瀬川とともに歌枕になっています。

水無瀬山せきいれし滝の秋の月
おもひ出ずるも涙なりけり
藤原 家隆

滝の傍らには「八大竜王」「白姫竜王」「玉竜大神」等がまつられており、雨をつかさどる神様「竜神」信仰があったようです。
(島本町・案内の石柱より抜粋)

なるほどね・・・。
では、登山口へ・・・。
滝へ向かう階段の途中から名神高速道路沿いに登っていく通路が有る(下の写真)。これを登っていく。

20130420hike_14

前述の“名神高速道路の上を渡る橋”というのが見え、それと合流することが分かるだろう(下の写真)。

20130420hike_15

左手に桂川・淀川方面の様子が見える(下の写真の上段)。すぐ背後には天王山トンネルの出入り口(下の写真の中段左)、名神高速道路沿いの高槻・茨木市方面の眺めも良く見える(下の写真の下段)。

20130420hike_16

道は急坂になり、折り返しながら山の斜面を登っていく。

20130420hike_17

目線が高くなってきていることが分かる。

20130420hike_18

先程、水無瀬川近くから見ていた場所を今歩いているわけだ。

20130420hike_19

鳩ヶ峰(男山)も良く見える(下の写真)。

20130420hike_20

やがて林の中へ入ろうとしている。

20130420hike_21

舗装が途切れる所で竹林に突入(下の写真)。ここが登山口だ。時刻は8:19。
暑くなったので一番上のウェアは脱いでリュックへしまう。そして肌を露出している部分に虫除けのスプレーをかけまくる。もう虫の季節だからな。

20130420hike_22

竹林の中の登り坂を進む。

20130420hike_23

朝の木漏れ日が射し込む。

20130420hike_24

上を見上げると緑の屋根。

20130420hike_25

急過ぎず、緩すぎず、適度な勾配で登り易い。

20130420hike_26

竹林は私有地であろうし、竹の子も生えているのでトレイルからはみ出さないように・・・。
写真は撮っていないが、トレイル上に頭を出している竹の子も有るwww

20130420hike_27

長閑な竹林の坂が続く。

20130420hike_28

一カ月半振りで味わう気持ち良さ。

20130420hike_29

この辺りも2年前と変わらないな~。

20130420hike_30

この竹林区間に紛らわしい分岐は殆ど無く、作業道との区別はし易い。
下の写真は十方山までの間で唯一の分岐箇所。真っすぐ登り坂へ・・・。

20130420hike_31

コルのようなトレイルを登っていく。

20130420hike_32

ここからは竹林が無い。

20130420hike_33

竹林区間はとても良く踏み固められて綺麗過ぎる幅広いトレイルだったが、ここからは木の根も這う、もう少しハイキング道らしいトレイルになる。

20130420hike_34

登りとフラットを織り交ぜながら除々に高度を上げていっている感じだ。

20130420hike_35

いい感じのトレイルが続く。

20130420hike_36

どうです?

20130420hike_37

このトレイル?

20130420hike_38

ウハウハな感じでしょ?

20130420hike_39

荒れている場所は殆ど無い。せいぜいちょっと下の写真のように岩が露出している場所が一箇所有るくらい。

20130420hike_40

リハビリ・ハイキングとしては丁度良いな。

20130420hike_41

きつ過ぎず、緩すぎず、といった感じの勾配だ。

20130420hike_42

2年前に来た時は雪が残る2月だったので、こういった明るい緑の中を歩くのとはちょっと違う。

20130420hike_43

勿論どちらも良いな。

20130420hike_44

前回はサクッと下っていってしまったが、こうして登りでゆっくりと周りを見ながら・・・感じながら歩く・・・、その点では今回のハイクの方が良いな。

20130420hike_45

U字溝のトレイルやら・・・

20130420hike_46

尾根道やら・・・

20130420hike_47

それが繰り返される。

20130420hike_48

似たような道の繰り返しだが、一カ月半振りということもあって飽きない。

20130420hike_49

・・・ま、記事を見ている人は既にもう飽きたでしょうがwww(^^ゞ

20130420hike_50

まぁ、適当に流してスクロールしてくださいな・・・。

20130420hike_51

ノンビリと歩いていて十方山の山頂を見逃すといけない。山頂はトレイルのちょっと脇に有り、木々に隠れているからだ。前回辿りついているから知っているが、全くの初めてでボ~っとしていたらスルーしてしまうかもしれない。

20130420hike_52

なので気をつけないと・・・。ちなみに今回はGPSに場所を予め入力しておいてはいないしな。

20130420hike_53

左手に分岐が有る筈なので・・・そろそろかな。

20130420hike_54

あ・・・ここ(下の写真)。トレイルは真っすぐBへ下り坂として続いているが、その手前で左のAへ入る道が有る。

20130420hike_55

Aのほうを向くとあそこが十方山山頂だ・・・。

20130420hike_65

が!?あの名物オブジェのシンボル・タワーが見えない。あれ!?間違えている??

20130420hike_56

十方山山頂のシンボル・タワーとはこれ(2年前の写真)。↓

20130420hike_57

20130420hike_58s でもここが十方山山頂で正解のようだ。
右の写真の札も有るし、それに何よりも三角点が有る(下の写真)。三等三角点だ。昔は天王山山頂に有ったらしいが、ここに移設されたらしい。
・・・ということで、十方山山頂に到着。時刻は8:49。登山口から30分くらいで、お手軽なハイキングだな。
標高は304m。これもまたいかにも町の近くの低山。

20130420hike_59

で、久しぶりの登頂成功のイェ~イ!www

20130420hike_60

でも何故シンボル・タワーが無いのだろう・・・。
足元を見ると下の写真のような掲示が置かれている。

20130420hike_61

建て替えのために撤去されたようだ(帰宅後ネットで調べると昨年の途中までは有ったようで、何故建て替える必要が有ったのかは分からん)。
残念・・・。このシンボル・タワーとの再会をちょっと楽しみにしていたのに~~。仕方が無いので前回の2年前の写真を再掲載。

20130420hike_62

(モザイク部分に関しては触れないでください。)

20130420hike_63

ポンポン山はともかく、山上ヶ岳、富士山、・・・・モンブランまでwww これらの山の方角が合っているかは知らんが~~www
さて・・・お目当てのタワーも無かったことだし、さっさと先へ進むか・・・。
トレイルの分岐に戻って下り勾配を進む(下の写真)。

20130420hike_64

すぐにフラットになる。

20130420hike_66

そして緩い登りも織り込まれるようになる。

20130420hike_67

ここから先の方が十方山山頂よりも標高が少し高いのだ。

20130420hike_68

いい感じのトレイルが続く。

20130420hike_69

気温が上がってきて虫も周りにチラホラ。蠅とか小さな蜂とかが周囲を飛ぶ。数は少ないので、特に気にしない。

20130420hike_70

ハイキングを始める前だったら一匹でも嫌だったのだけど(^^ゞ
ちなみにこの辺りも夏場はなかなか虫が凄いようだ。天王山のほうのトレイルはそうでもないらしいが・・・。

20130420hike_71

午前の陽の光が射す、木漏れ日のトレイルをノンビリと進む。

20130420hike_72

少しずつ全体的に標高を上げているが、感覚的には殆どフラットだ。

20130420hike_73

この季節が一番いいですな~。

20130420hike_74

暑過ぎず・・・

20130420hike_75

寒過ぎず・・・

20130420hike_76

緑と茶色の写真ばかりだったが、赤紫色っぽいものが見え始めた。

20130420hike_77

ヤマツツジだ。

20130420hike_78

ここから先の予定ルートにはヤマツツジがたくさん開花しているらしい。ネット情報からすると今日はもう終わり頃のようだが、まだ散らずに結構残っていそうだ。

20130420hike_79

いいですね~。

20130420hike_80

そして目の前に分岐(下の写真)。

20130420hike_81

天王山方面のトレイルとの出合だ。時刻は9:04。

20130420hike_82

僕はCから来た。
昨年の「天王山ハイキング 2012.08.04」の時にここを通過していて、あの時はBから来てAへ向かった。十方山へは寄らなった。
今回はCからA進む。Aを進むと・・・(下の写真)。

20130420hike_83

すぐにまた分岐&休憩ポイント(下の写真)。

20130420hike_84

真っすぐ進むAが今回の予定ルートで、柳谷方面へ向かう道(下の写真)。急下りになっている。

20130420hike_85

20130420hike_86s 一方、右のBは小倉神社方面へ下る道(上の写真の右下)。階段状になっている。昨年の「天王山ハイキング 2012.08.04」の際はBへ進んで下山したわけだ。
ベンチとテーブルが有るのでちょっと休憩&補給食タイム。おにぎりを一個食べる。その間、トレイルランらしき人やハイカーが何人か通過。ここから先の西山古道のヤマツツジを目当てにしている人が多いかも。また逆に西山古道でヤマツツジを見てこちらに進んでくる人ともこのあとちょくちょくすれ違いそうだな。
さて・・・休憩を終了して先へ進むか・・・。
急下りの溝状のトレイルを下りる(下の写真)。

20130420hike_87

ちょっと下ると、フラットなトレイルが目の前に延びている。

20130420hike_88

下り勾配だが、殆どフラットに近い。

20130420hike_89

ここは“と或る手段”で何回か通ったな~~。

20130420hike_90

所々、またヤマツツジが見られるようになった。

20130420hike_91

西山古道に入る前に結構見られそうだ。

20130420hike_92

長閑なトレイルを先へ・・・。

20130420hike_93

暫く味わっていなかったこの感じ・・・・

20130420hike_94

癒されるな~~。

20130420hike_95

今回は春の花もたくさん見られそうだしな。

20130420hike_96

桜の開花時期とか紅葉の時期とかは人が多そうなので、通常はそういうスポットは避けて行かないのだが、今回は来て良かったと思えそうな予感。

20130420hike_97

ヤマツツジのメインの場所はまだまだこの先だけどね。

20130420hike_98

まぁ、慌てず急がず進みましょう。

20130420hike_99

途中で北東の方角、長岡京から京都東山のほうの展望が開けている場所も有る(下の写真)。

20130420hike_100

お、ヤマツツジ。

20130420hike_101

結構有るな。

20130420hike_102

緑の中に薄い赤紫。

20130420hike_103

20130420hike_104

綺麗ですな。

20130420hike_105

ハイキングを始める前は春の山に入ったことが殆ど無かったが、いいものだな~。

20130420hike_106

トレイルはここまでフラットだったが、U字状の溝の下りになってくる。

20130420hike_107

見通しの悪い所も有る。

20130420hike_108

下り勾配自体はまだ緩い。

20130420hike_109

最後にやや急な下りになって・・・。

20130420hike_110

林の中から出る。浄土谷地区だ。時刻は9:36。

20130420hike_111

林から出たら田畑の間の畦道のような所を歩いて舗装路に出る(下の写真)。尚、道の脇の田畑とを区切るロープには電流が流れているので触れないように注意だ。
「二輪車進入禁止」の看板が置かれている。2年前までは無かった。二輪車とは単車だけではなく、自転車のことも指しているようだ。何か有ったんだな・・・。

20130420hike_112

舗装路に出たら上の写真の上段・中段のAへ左折し、すぐに右手の田畑の道に入る。
ちなみにAを先に進むと尺代に着くし、Bを進むと長岡京市街地に入れる。
さて、田畑の横の道を進む(下の写真)。

20130420hike_113

次は楊谷寺(柳谷観音)を目指すのだ。

20130420hike_114

すぐに林の中に入る。

20130420hike_115

薄暗い竹林を抜け・・・。

20130420hike_116

一旦明るい所に出る。

20130420hike_117

再び雑木の中へ。ここは地元の方の土地を通らせて貰っているということを忘れずに・・・。

20130420hike_118

程なくして舗装路が見えてくる(下の写真)。r79だ。

20130420hike_119

r79に出たら、左折して登り坂を歩く。
山間部の道だが時折クルマも通る。またローディの定番トレーニングコースでもある。なので道の脇を気をつけて歩く。

20130420hike_120

程なくして正面右手にサクラが見える。まだ咲いているんだな。

20130420hike_121

そしてここが楊谷寺の第2駐車場(下の写真)。時刻は9:50。

20130420hike_122

ここから次の予定コースになる西山古道に入れる。今日の中盤戦の始まりだ。
その前にサクラをちょっと鑑賞。

20130420hike_123

20130420hike_124

20130420hike_125

20130420hike_126

20130420hike_127

さて・・・駐車場の奥にハイカー用の入り口が有る(下の写真の赤色の円)。

20130420hike_128

扉が有って、動物が開けられないように施錠できる。人は手で開けられる。

20130420hike_129

田畑が有るので、動物に荒らされないようにするためだろう。

20130420hike_130

その田畑の中の道を進むとまた扉だ(下の写真)。こちらも施錠できるようになっている。

20130420hike_131

扉を抜けると分岐(下の写真)。
西山古道は善峰寺⇔楊谷寺⇔光明寺を結んでいて、今はその中間にいるわけだ。左のAが善峰寺方面。右のBが光明寺方面。今日はAだ。でも善峰寺には行かないけどね。

20130420hike_132

ちょっと進むとまた道標(下の写真)。ここから林の中へ。

20130420hike_133

谷へ下っていく。

20130420hike_134

先程の十方山・天王山のトレイルとは違ってこちらのほうがちょっとワイルド感有り。

20130420hike_135

また、枯れそうな枯れなさそうな沢の跡も有ってちょっとヌタっている場所も有る。
それでも整備されたハイキング道ですけどね。

20130420hike_136

ここ、虫が周りに凄いな~~。虫除けスプレーをかけておかなかったら止まられそう。

20130420hike_137

沢を渡る。

20130420hike_138

沢沿いに下る。

20130420hike_139

周りの虫がちょっとうざいな~~。

20130420hike_140

左手に手作りの水車。

20130420hike_141

自転車のホイールを利用したのだな。2年前は2月だったので凍って回っていなかったが、今日は勢いよく回っている。

20130420hike_142

谷の一番深い所にも沢が有る(下の写真)。

20130420hike_143

そこを渡って向こう岸へ・・・。

20130420hike_144

渡るとすぐに登り。

20130420hike_145

丸太階段の急な登りだ。

20130420hike_146

上の向こうの方で親子連れらしい声がする。
登っていくとヤマツツジが見えてくる。

20130420hike_147

先程の声の主であった父と男の子の二人の親子連れと出会って御挨拶。進む方向は同じようだ。このあと途中まで何となく抜きつ抜かれつになる。父親は撮影好きのようで・・・、僕も撮影をしまくっているので、どちらかが止まって撮影していると後ろから追い付いて・・・というのを繰り返す。

20130420hike_148

丸太階段のあとは、少し勾配が緩くなる。

20130420hike_149

そしてここからが今日の本当のヤマツツジ盛りだくさんメニューの始まり。

20130420hike_150

20130420hike_151

20130420hike_152

下に生えている濃い緑色のシダと、上で咲いている淡い赤紫色のヤマツツジの対比が美しい。

20130420hike_153

ちょっと夢見心地な気分。

20130420hike_154

20130420hike_155

20130420hike_156

20130420hike_157

20130420hike_158

20130420hike_159

20130420hike_160

これらを眺めながらトレイルは続く。

20130420hike_161

20130420hike_162

20130420hike_163

20130420hike_164

この中を歩いている・・・。

20130420hike_165

いいわ~~・・・・。

20130420hike_166

来て良かった。

20130420hike_167

20130420hike_168

20130420hike_169

先程の親子連れ以外にも何組かのハイカーと出会う。皆さん良い所は知っているんですな~。もっとも僕も「ヤマレコ」で仕入れたヤマツツジ情報でここに来たんですけどね~~www

20130420hike_170

20130420hike_171

20130420hike_172

暫く穏やかなフラット気味のトレイルだったが、また登り(下の写真)。

20130420hike_173

登り終えるとまたフラット気味になって・・・・。

20130420hike_174

またこの素晴らしいトレイルが~~~。

20130420hike_175

町の中とは別世界ですな。

20130420hike_176

こういう場所が有るからハイキングはやめられません。

20130420hike_177

20130420hike_178

20130420hike_179

暫くすると分岐に到着(下の写真は振り返って撮影)。僕はCから来た。
写っている二人は先程から登場している親子連れです。

20130420hike_180

立石橋経由で奥海印寺・長岡京市街地へ下る道がBへ続いている(上の写真の下段)。
僕は善峰寺方面へ向かうのでAへ直進だ(下の写真)。
親子連れはここでちょっと眺めを楽しみながら休憩中(以後再会することは無かった)。

20130420hike_181

この分岐からの展望(下の写真)。

20130420hike_182

北東の大文字山の方角かな?

20130420hike_183

麓の長岡京市街地も良く見える。

20130420hike_184

20130420hike_185

20130420hike_186

それでもちょっと霞み気味ですな。れいの国からの化学物質の影響か、それとも単なる天候の問題か・・・。

20130420hike_187

さて、先へ・・・。

20130420hike_188

まだヤマツツジ・エリアは続く。

20130420hike_189

20130420hike_190

また分岐だ(下の写真)。

20130420hike_191

左のBは沢道経由でまた楊谷寺(柳谷観音)へ戻れる道らしい。結構荒れているとの情報だが・・・。
ここもそのまま直進のAへ。

20130420hike_192

コルを歩き・・。

20130420hike_193

写真では分かりにくいだろうが登り坂(下の写真)。

20130420hike_194

またまた分岐・・・と言うよりも、トレイルは分かれていない。トレイルは左折するようにAへ登っていくようになっている(下の写真の右下)。僕はCから来た(下の写真の左下)。

20130420hike_195

正面のBのすぐ目の前に展望場所が有る(下の写真)。

20130420hike_196

ここから北東の方角を中心に結構広角の展望が楽しめる。

20130420hike_197

遠くの正面の山は比叡山だ。それを中心に左手には京都北山、右手には醍醐山地の山が遠くに見える。
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)

20130420hike_wide

下の写真の麓は京都西山界隈。その向こうの山並みは京都北山だ。

20130420hike_198

この界隈に住んでいる方なら何の建物か分かるかもな。

20130420hike_199

比叡山(下の写真)。

20130420hike_200

再び京都西山(下の写真)。

20130420hike_201

20130420hike_202

御陵界隈の住宅地がよく見える。

20130420hike_203

では、先へ・・・。

20130420hike_204

少し登っていくと・・・。

20130420hike_205

左手にフェンス。

20130420hike_206

フェンス沿いの小道を進む。

20130420hike_207

フェンスの向こうはゴルフ場「ベニーカントリー倶楽部」だ。

20130420hike_208

プレイしている方がいる。

20130420hike_209

こちらにボールを飛ばさないでね~~。

20130420hike_210

寒椿の花だ。

20130420hike_211

もう殆ど落ちてしまっているかと思っていたが、まだ少し残っている。

20130420hike_212

フェンス沿いの道は下り坂になる。

20130420hike_213

そしてゴルフ場から離れていく。

20130420hike_214

善峰寺方面に進んでいるが、前述の通り善峰寺へは行かない。次の通過ポイントは途中の「京青の森」だ。そこで西山古道を離れて長岡京市街地方面へ帰るつもりなのだ。

20130420hike_215

下るとフラットになって・・・。

20130420hike_216

また登り。

20130420hike_217

また寒椿。

20130420hike_218

20130420hike_219

どんどん登っていく。

20130420hike_220

丸太階段も有る。

20130420hike_221

これらを過ぎるとフラットの綺麗なトレイルになる。

20130420hike_222

この辺りがこの日の最高標高地点。433mだ。

20130420hike_223

程なくして京青の森の重要地点の四つ辻が見えてきた(下の写真)。時刻は10:55。

20130420hike_224

僕はDから来た(下の写真)。

20130420hike_225

ベンチと道標が有る。

20130420hike_226

Cは大沢の集落へ下る道だ(下の写真)。「小塩山~水無瀬渓谷ハイキング2012.12.16」で歩いているし、それ以前にも“と或る手段”で何回も通っている。

20130420hike_227

Bは釈迦岳へ登る道。その先のポンポン山へも行ける(下の写真)。

20130420hike_228

善峰寺方面はAだ(下の写真)。

20130420hike_229

ベンチに座って補給食&休憩タイム。
済んだらそそくさとAへ・・・。ここから後半戦だ。
下り坂を進む(下の写真)。

20130420hike_230

すぐにまた分岐(下の写真)。僕はCから来た。

20130420hike_231

左のAが善峰寺方面で、西山古道の続き。
右のBが長岡京市街地方面へのルートだ。
僕はBへ進む予定だが、ここの湿地帯に気になる植物が・・・(下の写真)。

20130420hike_232

これは・・・クリンソウという奴でないの?

20130420hike_233

写真では綺麗な花を見たことがある。まだこの日は早かったようだ(この日は4/20ですので・・・)。5月に入ってからかな?

20130420hike_234

湿地帯に立ち寄るために善峰寺方面へ少し入ってしまったが、すぐにまた分岐(下の写真の上段)。C→Aへと進めば、長岡京市街地方面へのルートに戻れる(下の写真の下段)。左のBが善峰寺方面の続きだ。

20130420hike_235

で、長岡京市街地方面のルートへ・・・。これで西山古道ともおさらば。

20130420hike_236

沢沿いの道を下っていく。

20130420hike_237

ここも“と或る手段”で通ったことが有る。このまま進めば立石橋経由で市街地に出られる筈。

20130420hike_238

途中で沢を渡る。

20130420hike_239

今度は右手に沢。

20130420hike_240

沢よりもちょっと高い所を歩く。

20130420hike_241

やがて沢から離れていく。

20130420hike_242

たぶん、このルートで正解の筈・・・。

20130420hike_243

写真では分かりにくいが、スクローラム風の急下り(下の写真)。

20130420hike_244

・・・確か、こういう場所が有ったと思う。

20130420hike_245

だんだん自信が無くなってきた・・・(・。・;

20130420hike_246

こんな綺麗なトレイルを通ったかな??

20130420hike_247

ここにもヤマツツジ。

20130420hike_248

もう見飽きましたかな??

20130420hike_249

僕は飽きていませんが~~~。

20130420hike_250

あれれ・・・・これ・・・どこかで間違えたみたい。

20130420hike_251

こんな綺麗なトレイルは有ったかな~?

20130420hike_252

間違えたとすると何処でだ??

20130420hike_253

分岐なんて見えなかったけどな~~。

20130420hike_254

下の写真の場所なんて・・・。

20130420hike_255

こんないい場所、憶えが無い~~。

20130420hike_256

間違えたな・・・・。

20130420hike_257

まぁ、いいか・・・。帰れるでしょ。

20130420hike_258

歩いていると、3回ほど向こうから来るハイカーさんと出会った。・・・ということで、山から出られることは間違いない。

20130420hike_259

どこに出るかは分からんが・・・。いや、たぶん西山キャンプ場じゃないの?立石橋方面よりも北にズレていっている気がする。

20130420hike_260

なんにしてもここは未踏だった初のトレイルってわけだ。

20130420hike_261

それならそれで楽しい。

20130420hike_262

この先が分からない緊張感の具合がワクワク気分的で丁度良い。

20130420hike_263

こんなに良いトレイルだしな。

20130420hike_264

点在するヤマツツジ。

20130420hike_265

こんなトレイルが有ったとは知らんかった。

20130420hike_266

20130420hike_267

間違えてラッキーかも・・・。もともと予定したルートはこんな良いトレイルでは無かった記憶が有る。

20130420hike_268

緩やかに下っていく。

20130420hike_269

鳥のさえずりも聞こえてきていい感じだ。

20130420hike_270

木漏れ日も綺麗だし。

20130420hike_271

穏やかな気分で歩ける。

20130420hike_272

下山にはもってこいのトレイルですな。

20130420hike_273

同じような写真がずっと続いていますが・・・。

20130420hike_274

飽きましたか?

20130420hike_275

飽きたらどんどんスクロールしてくださいな~~。

20130420hike_276

歩いている僕は飽きない。

20130420hike_277

ん?あれは?

20130420hike_278

ヤマツツジを頭上に流すと・・・。

20130420hike_279

上空が開けている所に出て、そこに鉄塔・・・。

20130420hike_280

あ~~~・・・。西山古道の展望場所ですぐ下の正面に見ていた林の中にいるわけか。上を通っている高圧線の向こうに先程の展望場所が有るわけだな(下の写真)

20130420hike_281

まさかあの時、あとでここを通ることになるとは全く予想していなかったよ。

20130420hike_282

左手に京都西山の北の方が見える。

20130420hike_283

小塩山だな。

20130420hike_284

麓の小塩町も垣間見える(下の写真)。

20130420hike_285

再び林の中へ・・・。

20130420hike_286

地図で確認すると、やはりこの先を進めば西山キャンプ場に出るようだ。

20130420hike_287

しかも割ともうすぐみたいだ。

20130420hike_288

コルを通り・・・。

20130420hike_289

また明るい場所に出る。

20130420hike_290

そしてまた林の中へ・・・。

20130420hike_291

整備されたハイキング道って感じですな。

20130420hike_292

木の種類を書いた札がぶら下げられていたりしてね・・・。

20130420hike_293

下の写真なんか・・・ブログの背景画像に使えそう。

20130420hike_294

まぁ、ホントには使いませんけどwww

20130420hike_295

ちょっとした広場だ。

20130420hike_296

20130420hike_297

20130420hike_298

ここから急下り。

20130420hike_299

どんどん下る。

20130420hike_300

整えられている道なので、歩き易い。

20130420hike_301

ん・・・あれか・・・。

20130420hike_302

西山キャンプ場の敷地内に入った。時刻は11:45。
橋を渡って林道へ出る。

20130420hike_303

左のBはキャンプ場の奥へ進む道。
右のAが市街地方面。Aへ進む。

20130420hike_304

程なくして分岐(下の写真)。僕はDから来た。

20130420hike_305

たくさんの道標・・・・。
林道の続きのAが立石橋や柳谷方面へ向かう道(上の写真の中段)。
その左手の登っていくトレイルのBが光明寺方面へ出る道(上の写真の中段)。
さらにその左のCが小塩方面へ向かう道(下の写真)。

20130420hike_306

ハイキングとしてはBのトレイルが興味深いが・・・(下の写真)。

20130420hike_307

ここは予定通り市街地へ向かいましょう。そのままAへ・・・。

20130420hike_308

綺麗なダブトラ林道を進む。

20130420hike_309

以前暫くここは土砂崩れで通行止めになっていたが、もう今は通れるようだ。

20130420hike_310

下山後のダラダラ歩きには丁度良い。

20130420hike_311

ボ~ッと歩ける。

20130420hike_312

右手下にはキャンプ場から続いている川・・・。

20130420hike_313

やがて橋が見えてきた(下の写真)。時刻は12:08。
あれが「立石橋」。僕は、本当は下の写真の右手の向こうの道から来る筈だった。

20130420hike_314

ゲートを抜けて橋の手前で左折。左に続く道を進む(下の写真の下段)。

20130420hike_315

ここから舗装路だ。

20130420hike_316

右手の下に小川。

20130420hike_317

舗装路だがノンビリと歩ける。

20130420hike_318

・・・と書いたが、何故かここ虫が凄い!!

20130420hike_319

良い感じの道なのだが、ちょっと早歩きで進むwww
程なくして建設中の京都縦貫自動車道に出合う(下の写真)。

20130420hike_320

京都西山が削られていくのでちょっと忍びないな・・・。
高架下をくぐって先へ・・・。

20130420hike_321

いい感じの道が続く。虫はだいぶ減った。

20130420hike_322

そして・・・住宅地に出る(下の写真)。路線バスが走る道に出たら左折(下の写真の上段のC←A)。

20130420hike_323

あとはひたすら阪急京都線の長岡天神駅を目指す。
途中で長岡天満宮の八条ヶ池に立ち寄る(下の写真)。時刻は12:39。

20130420hike_324

ここには鮮やかなツツジが・・・。

20130420hike_325

ヤマツツジもこういうツツジもそれぞれ良いね。

20130420hike_326

20130420hike_327

近所に住んでいたら憩いの場所になりそうですな。

20130420hike_328

さて・・・本殿のほうへ行かずにそのまま鳥居を背に・・・。

20130420hike_329

駅の方へ・・・。

20130420hike_330

長岡天神駅のホームが見えてきた(下の写真)。

20130420hike_331

そして・・・阪急京都線・長岡天神駅に到着(下の写真)。時刻は12:52。

20130420hike_332

まだ昼だが、これでハイキング終了。
あとは電車に乗ってひたすら大阪市内へ・・・。
13:40と早い時刻に帰宅出来た。

こうして花粉症明けの一ヵ月半ぶりのハイキングを終え、やっぱり低山歩きは良いな~と実感。またこれからも定期的に出かけよう。
また今回は京都西山のヤマツツジを堪能出来た。花粉症のために引き籠っていた頃とは別の世界をちょっと夢見心地な気分で歩くことが出来た。思っていた程ハイカーとは出会わず、落ち着いて歩くことが出来たし・・・・。
最後に予定のコースから外れてしまったが、むしろ良いトレイルに出会えてラッキーだった。まぁ、元々歩く予定だったルートはまた別の機会にでも歩こう。

さて・・・また週末ハイキングをスタートするぞ~~。次はどこへ~~~(この記事を投稿するまでにもうだいぶ色々行っていますが・・・(^^ゞ・・・執筆が遅いwww)
 

コース概略/
(自宅(6:15)→○○線・△△駅→□□駅→(徒歩)→◇◇線・▽▽駅→)
JR京都線・島本駅(7:32)→島本町・東大寺→水無瀬の滝(8:10)→登山口(8:19)→十方山山頂(8:49)→天王山・十方山分岐(9:04)→浄土谷(9:36)→r79→楊谷寺(柳谷観音)・第2駐車場(9:50)→西山古道→京青の森(10:55)→西山キャンプ場(11:45)→立石橋(12:08)→長岡京市・奥海印寺→r79→長岡天満宮・八条ヶ池(12:39)→r210→阪急京都線・長岡天神駅(12:52)
(→△△駅→自宅(13:40))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20130420map

GPSデータ/
歩行距離/15.7km
歩行時間/3hr49min
停止時間/1hr32min
最高速度/9.7km/hr
移動平均速度/4.1km/hr
全体平均速度/2.9km/hr
標高差/419m
総上昇量/697m
最高標高/433m(京青の森・四つ辻の南手前)
積算歩行距離/327km
積算総上昇量/16176m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130420graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130420bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 大峰山~武庫川渓谷ハイキング 2013.03.03 | Top Pageミキサーがぶっ壊れた結果リニュアールしたプライベート・スタジオ »

 

 

Comments

懐かしいです。この界隈。

十方山は何度かとあるモノで行きましたね。

その時からここhttp://katze-tasteful-life.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/06/02/20130420hike_31.jpg 

の分岐が気になっていました。

Bの方向はどこへ抜けるんだろうかと。担ぎたく無かったので突入しませんでしたけどbleah 

楊谷寺までのルートは知ってましたがその先の京青の森へと繋がるルートは知りませんでしたね~ 

このコースすごく良さげですね。後半も京青の森もとても歩きやすそうで初めてなので新鮮です。

十方山のコースも素晴らしいしこの繋ぎあわせはGOODですね♪気に入りました。

« 投稿: 登山 好人  2013年6月 6日 (木) 20時49分

ひっそりとそれでも美しく咲いている花に感動します。

すごい距離ですが、よいコースなのですねー^^
水無瀬にほんの十数年前(^^;)少しだけ仕事で行ってたので懐かしい気がしました。
長岡天神、ちょうどよい季節に行かれましたね^^

« 投稿: tomo  2013年6月 6日 (木) 22時55分

登山 好人さん>
あの分岐は謎ですが、地図を見ると、十方山山頂の尾根道に対して北に並行して走る谷のトレイル(←これも謎)に出そうな気がします。

駅や路線バスからのアプローチもし易く(むしろマイカーの方がキツイ)、ふらりと行ってサクッと楽しめるお手軽なコースだと思います。とりあえず何でもいいからトレイルを歩きたい時に丁度良いでしょう。

« 投稿: Katze  2013年6月 8日 (土) 00時49分

tomoさん>
山の中に自然に咲いている野の花っていいものだな~と思いました。決して綺麗でも鮮やかでもないのですが、そこがまた良い。勿論長岡天満宮の作られたツツジ園もそれはそれで良かったです。

水無瀬でお仕事をされていましたか~。
近隣の町と違ってゴミゴミしていないので僕は結構好きな場所です。

« 投稿: Katze  2013年6月 8日 (土) 00時52分

けっこう街中から近くにあって気軽にアクセス出来そうですね。
この界隈では天王山などが登られていますがそれほど
ボリュームがないのでなかなか穴場的だと思いました。
そして歩きやすそうなトレールですしね。

« 投稿: ikajyu  2013年6月 8日 (土) 23時43分

ikajyuさん>
天王山周辺は駅からすぐに山に突入できるので、あまり時間が取れない時とか、ふらりと行くには丁度良いです。
小塩山~天王山まで途中でやめられるポイントも幾つかあるので、ロング・コースでもショート・コースでもOKというところも良いですよ。

« 投稿: Katze  2013年6月12日 (水) 08時05分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/57492776

この記事へのトラックバック一覧です: 十方山~京青の森ハイキング 2013.04.20: