« 金剛山~中葛城山ハイキング 2013.05.02 | Top Pageチコ ありがとう 楽しかったよ »

2013年9月 1日 (日)

来日岳ハイキング 2013.05.05

年月日/2013年5月5日(日)

山地名・地域/但馬山地

天候/晴れ

目的/兵庫県北部の城崎に有る山、来日(くるひ)岳に登る。

内容/
今年のゴールデンウィークももうすぐ終わろうとしているこの日は、兵庫県北部の但馬地方、城崎温泉の傍に聳える山、「来日岳」に登ることにする。初めて登る山だ。
過去に城崎温泉には2回だけ行ったことが有る。最初は十何年か前に、来日岳の北東に位置するピークの大師山の山腹の有る温泉寺に寺社仏閣巡りとして訪れた。その時はロープウェイで寺と麓とを行き来した。2回目は「兵庫但馬サイクリング 2006.08.20」で、サイクリングのゴール地点としてだ。どちらも温泉には入っていない(温泉の趣味が無い)。今回も日帰りということもあり、入らずに帰る予定だ。
日帰りの場合の問題は、何せ大阪市内から行き来するのに結構な時間がかかること。特急を使わないと福知山駅まで軽く2時間以上はかかり、城崎温泉駅は更にその先で1時間以上もかかる。一番早い時刻に着くのは10:05。特急を使えば電車に乗っている時間は大幅に短縮されるが、出発時刻が遅くなるので到着は11:00ちょい前になる。で、結局当日朝に始発に間に合う時刻に起きられず、後者を採ることに・・・(^^ゞ

20130505hike_1s 5:45に出発。大阪からの最初の特急は“こうのとり号”で、新大阪駅が始発の発車時刻は8:12。ゴールデンウィークでも絶対に新大阪駅で指定席を確保出来るよう早く出かけ、指定席は余裕で確保できた。代わりにホームで随分待つ羽目になる。
で、特急に乗って城崎温泉へ・・・(右の写真は到着間近の車窓の向こうの円山川)。
城崎温泉駅に10:54に到着。大勢の人が降り、駅舎を出ていく(下の写真)。湯治客・観光客と旅館の出迎えのバスや大型ワゴン車やらタクシーで駅前はごった返している。

20130505hike_2

GPSやカメラやらを準備していると観光客らはどんどんクルマや歩きで駅から次の目的地へ向かい、結果少し空いてきた。その間、それらの人の中で一人ハイカーの格好をした僕は全く異世界の人間状態。完全に浮いている。たぶん殆どの人が来日岳を知らんだろうし、「あの人、何?あの格好。」的な感じか・・・(←自意識過剰)(下の写真は駅舎前)。

20130505hike_3

11:00に駅を出発。
駅前から左に線路と並行して走るr9を歩く(下の写真)。駅や温泉街からどんどん離れていく。

20130505hike_4

最初に左手に出くわす踏切で線路を横断する(下の写真の上段の黄色の矢印)。

20130505hike_5

踏切を渡ったら右折してr3に入り、豊岡駅方面へ向かう(上の写真の下段の黄色の矢印)。
r3は山陰線の線路と円山川との間を通っている。踏切の正面に円山川と対岸の低山(下の写真)。

20130505hike_6

豊岡方面へ向かって歩く。

20130505hike_7

踏切を渡った直後はガードレールが有るが(上の写真)、すぐに無くなり、狭い路側帯のみになる(下の写真)。

20130505hike_8

ゴールデンウィークということもあり、クルマの往来が多い。実際は写真に写っている以上だ。

20130505hike_9

上の写真はまだ路側が広いが、途中からは暫く下の写真のような狭い路側のみ。すぐ傍をクルマが通る。円山川が広くて眺めが良いので、本当は川に近い側を歩きたいところだが、あちらは写真のように路側が殆ど無いガードレール直の状態で逃げ場無し。ここは安全優先で線路側の路側を歩くしかない。これだけ見通しの良い道なので、円山川側を歩いてもクルマが“うっかり”でぶつかってくる可能性は低いが、クルマは歩行者の背後から接近することになるので警告のクラクションを鳴らしそうだし、車道自体もそれ程広くないので歩行者を避けるために対向車線側にはみ出すことがストレスとなり、幅寄せ的なことをされることも有りそう。ここは線路側を歩いたほうが無難だ。そうすると左側通行であるクルマとは対向することになるので、ドライバーは「あの歩行者はこちら(クルマ)の存在を絶対に気が付いている筈」と思っているので警告のクラクションを鳴らすことも無いだろう(実際全く鳴らされなかった)。加えて、出来るだけ道の端を歩き、肩をすぼめてわざと“ちょっとびくびく気味”をアピールする歩き方をしたりして・・・(^^ゞ。何にしてもここは集団でワイワイ騒ぎながらふらふらと歩くような道ではない。

20130505hike_10

言うまでも無く線路を挟んで反対側に道は無いので、ここを歩かざるを得ないということを付け加えておこう・・・。
そんな状態の道をずっと歩いていく。少し路側が広くなった(下の写真)。

20130505hike_11

線路に短いトンネルが見えてきた(下の写真)。路側も広くなった。地図によればもうすぐ登山口だ。

20130505hike_12

トンネルの横を通り過ぎると、遠くに来日の町が見えてきた(下の写真)。

20130505hike_13

その少し手前に短い橋が有り、それを渡らずに右折すると線路の下をくぐる道が有る(上の写真の下段と下の写真)。登山口を指す案内板も有る。

20130505hike_14

r3からこの道に入り、線路の下をくぐる(下の写真)。

20130505hike_15

くぐると左カーブをしてアスファルト舗装は終わり、ダートになる(下の写真)。

20130505hike_16

畑の畦道のような踏み跡をまっすぐ少し進むと、右手に下の写真のような案内板と扉に出くわす。

20130505hike_17

ここが登山口だ。

20130505hike_18

扉を開けて中に入り(入ったら扉を締めることを忘れずに~~)、ここからようやく登山開始。時刻は既に11:27。
先ずはいきなりの急斜面の九十九折れ。

20130505hike_19

事前のネット調査では来日岳の情報は少なかったせいで、こういう急斜面の登りだとは想定外。

20130505hike_20

写真では大したことは無く見えるが、結構な勾配だ。

20130505hike_21

多少緩い区間も有るが・・・。

20130505hike_22

基本的には急斜面を細かい九十九折れにして登っていくパターン。

20130505hike_23

5月とはいえ正午近く、しかも東南に面した斜面なので、暑い。

20130505hike_24

汗だく。

20130505hike_25

途中で下山して男性と出会って、すれ違いながら御挨拶。如何にもなハイカーというよりも、若干軽装感が有り、地元の方かも・・・。
それはそれとして、逆に下る方が厄介な位の急勾配だ。急いで下ると危険だな。

20130505hike_26

そんな登山道に石仏。

20130505hike_27

近くの温泉寺との絡みか?

20130505hike_28

・・・で、このあともたくさん・・・、た~~~くさんの石仏に出会うことになる。

20130505hike_29

急勾配の登りは続く。

20130505hike_30

暑い~~。けど歩かないと~~。

20130505hike_31

まだ展望は望めない。木々が遮っている。

20130505hike_32

下の写真の道標?案内板?頂上まであと86分ということか?時間で表現してもその数値に意味が有るかな~~?

20130505hike_33

まぁ、どうでも・・・www

20130505hike_34

ひたすら登る。

20130505hike_35

この先に有る304mの小ピークに辿りつけば稜線歩きになるので、今は辛抱。

20130505hike_36

近くでは昼間の温泉で汗を流している人もいるだろうに・・・。

20130505hike_37

僕は何をしているのか・・・と思わないでもないwww

20130505hike_38

少しフラットに近い区間も有るようになってくる(下の写真)。

20130505hike_39

・・・甘かったか・・・(下の写真)。

20130505hike_40

・・・と思うと、また緩い登り(下の写真)。

20130505hike_41

しかし歩いていくと・・・、また急勾配になる。

20130505hike_42

今のところ分岐らしい分岐は無い。分かり易いトレイルだな。

20130505hike_43

また石仏が置かれている。

20130505hike_44

このあともちょくちょくトレイル脇の石仏と出会うことになる。

20130505hike_45

斜面が明るくなってくる(下の写真)。

20130505hike_46

でもまだ見晴らしは良くない。木々の隙間から円山川と豊岡市街地方面(&玄武洞界隈)が垣間見える程度だ(下の写真)。

20130505hike_47

岩場の登りも有る。

20130505hike_48

ヤマツツジも咲いている(5月上旬のハイキングですので~~)。

20130505hike_49

20130505hike_50

お・・・円山川と丹後山地北部の山並みが見えてきた(下の写真)。山の向こうは京丹後市だ。

20130505hike_51

円山川右岸の戸島の集落が見える(下の写真)。

20130505hike_52

このチラ見展望場所を背にカーブを曲がると“展望”ならぬ“天望”の標柱が有る(下の写真)。

20130505hike_53

“天望”ですと~~? 岩が有る。

20130505hike_54

岩の上に首の無い石仏。

20130505hike_55

で・・・・。“天望”ってこれっすか~~?(下の写真) かつては木々が無くて見晴らしが良かったのかも知れないな。今は木々に遮られてよく見えない。

20130505hike_56

さて、登り再開。
岩場の間の切り通しのような狭い道(下の写真)。

20130505hike_57

抜けると・・・

20130505hike_58

目の前にヤマツツジ。

20130505hike_59

と共に、激急斜面の登り(下の写真)。

20130505hike_60

また岩場の登り(下の写真)。

20130505hike_61

この辺りは岩が多いな。

20130505hike_62

岩と木の根が混在。

20130505hike_63

今回のハイキングは序盤が厳しいですな。

20130505hike_64

まだ続くのか?急斜面・・・。

20130505hike_65

・・・と思ったら緩くなって・・・。

20130505hike_66

「304mの頭」に到着(下の写真)。時刻は11:56。
標高304mの小ピークだと思えば良い。

20130505hike_67

石仏が二体有る。

20130505hike_68

特に分岐は無く、左折するように進むと下り坂。

20130505hike_69

地図によればここからは少し下り中心になるようだ。

20130505hike_70

折角登ったのに~~。

20130505hike_71

尚、フラットや緩い登りも有る。

20130505hike_72

304mの頭までは急登なので、ちょっと暑い&しんどかったが、ここからは楽だ。

20130505hike_73

歩きながら一息つける感じ。
ちょっとした登りも有る(下の写真)。

20130505hike_74

稜線を辿るように進む。

20130505hike_75

ゆったりとした気分で歩けるトレイルだな。

20130505hike_76

ですよね~~、石仏さん。

20130505hike_77

明るいトレイルだな~~♪

20130505hike_78

フラットに近いが、地図では下り勾配のようだ。

20130505hike_79

蠅だかアブだか蜂だか分からんが、虫もそこそこ飛び回っている。周りをブンブン飛ぶ音がする。

20130505hike_80

急登の時のヤマツツジはゆったりとは見ている気分ではなかったが、今はノンビリ気分で見られる。

20130505hike_81

?・・・先のトレイルが見えない(下の写真)。

20130505hike_82

お・・・結構な下りだ。

20130505hike_83

折角登ったのに勿体無いな~と思いながら下る。

20130505hike_84

下った先はコルになっている(下の写真)。

20130505hike_85

まだ展望は殆ど無い。木々の間から近くの山が垣間見える程度。

20130505hike_86

コルを進む。

20130505hike_87

また石仏。そしてまた下りだ。

20130505hike_88

下るとまたフラット。これでまた少し標高を下げてしまった。

20130505hike_89

今度はごく緩い下り。

20130505hike_90

途中で何やらそれなりの大きさの獣らしい大量の糞とか・・・(勿論写真は無し)。熊でもいるのか?いてもおかしくはないけど。糞を踏まないように気をつけないと・・・。

20130505hike_91

良い感じのコルを進む。

20130505hike_92

石仏はちょくちょく有る。

20130505hike_93

ブログに載せている以上に有る。全部載せるとたいへんなので載せていないだけ。

20130505hike_94

石仏と下りとフラット・・・それが繰り返される。

20130505hike_95

木漏れ日が良い感じだし、歩いている僕は気分が良いが・・・。

20130505hike_96

ブログを見ている方はもういい加減同じ景色ばかりで飽きてグッタリしているだろうwww

20130505hike_97

まぁ、スクロールしてくださいな。

20130505hike_98

もっとも余りスクロールしちゃうとキーになるポイントをスルーしちゃいますがね。
そのキーポイントの一つである「来日岳来日口中間地点」に到着(下の写真)。時刻は12:09。

20130505hike_99

下の登山口は「来日口」という名まえが付けられているのか・・・。ここで山頂までの半分を歩いたわけだな。地図を見るとここは稜線の馬の背のような場所だ。ここからはまた登りのようだ。

20130505hike_100

写真では分かりにくいだろうが、登り勾配(下の写真)。

20130505hike_101

登山口付近の急登よりも勾配は緩い。九十九折れではなく比較的まっすぐ登っていく感じ。

20130505hike_102

登り勾配の稜線を進んでいる感じだ。

20130505hike_103

椿が咲きている(下の写真の赤色の花)。

20130505hike_104

写真では木々と木漏れ日と椿で綺麗なトレイルだが、周りを飛び交う虫とたまに出くわす何かの獣の糞で、現場はそれなりの“ウヘウヘ”状態(-_-)。

20130505hike_105

まぁ、それを差し引いてもトータルで快適なトレイルだが・・・。

20130505hike_106

・・・ん?ちょっと下りも有ったり、コルも有ったり・・・(下の写真)。

20130505hike_107

コルが続く。

20130505hike_108

また登り。今度はそこそこの勾配。

20130505hike_109

岩もゴロゴロ。

20130505hike_110

その下にも石仏。

20130505hike_111

先の方までずっと登りだ。

20130505hike_112

急登という程でもないが、しっかりと登っている感。

20130505hike_113

これ位の勾配になると写真でもその雰囲気が伝わるな。

20130505hike_114

石仏も(おそらく)一定の間隔で置かれている。

20130505hike_115

下の写真のような岩の間を登ることも有るが・・・。

20130505hike_116

全般的には幅広いトレイルの登りだ。

20130505hike_117

なので歩き易い。

20130505hike_118

幅が広いので、この勾配に疲れた人は、トレイルの幅をいっぱい使って少しジグザグ気味に歩くことで勾配を緩く感じるようにすることもできる。

20130505hike_119

まぁ、僕は一応まだ若いつもりなので、普通に登りますが~~。

20130505hike_120

登って…

20130505hike_121

登って・・・

20130505hike_122

登り続ける。
あとどのくらいですか~~?お地蔵様~~~。

20130505hike_123

GPSに尋ねてみよう。・・・標高420mくらいか・・・。あと150m位ってわけか・・・。

20130505hike_124

ひたすら登る。

20130505hike_125

フラット区間も下り区間も無く、ずっと登り。地図でもそうなっている。

20130505hike_126

トレイルには変化は無いので、変化を求める人にはちょっと退屈だろう。

20130505hike_127

ひたすらこのような登りが続く。

20130505hike_128

まぁ、何も考えないでボ~ッと登るには丁度良い、安全なトレイルと言える。

20130505hike_129

あと10分(下の写真)。あの~~、時間で言ってもあまり意味が無いと思いますが~~。

20130505hike_130

標高は500mまで達した。もうそろそろ山頂だな。

20130505hike_131

ですよね?お地蔵様。

20130505hike_132

ただ、山頂に到達する前にちょっと先に立ち寄りたい所が有るので・・・。それはまたあとで・・・。

20130505hike_133

トレイルのど真ん中に石仏。

20130505hike_134

このコース上で殆ど出くわさない倒木。

20130505hike_135

それだけよく整備された、かつよく使われるトレイルということだな。

20130505hike_136

分岐だ(下の写真)。このコース上で初めての分岐。

20130505hike_137

僕はCから来た。
ほぼ正面をそのままの勾配で登っていく道がA(上の写真の右下)。山頂へ繋がる道だ。
一方、左手にフラットに近い、山頂の下の山腹を巻いていくように伸びているBが有る(上の写真の左下)。Bは「八畳岩」に繋がる道だ。八畳岩は山頂の東のやや下辺りに有る。八畳岩に立ち寄って、更にその先を進んでも山頂には着く。今回は先に八畳岩に寄ることにする。
では、左のBへ・・・。トレイルの幅は狭くなり、ちょっとだけ荒れている(下の写真)。

20130505hike_138

まぁ、荒れているというのは言い過ぎか・・・。ここまでが綺麗だっただけで、普通のシングルトラックだ。

20130505hike_139

僅かに登り勾配だが、緩々。

20130505hike_140

トレイルが少し綺麗になったな。

20130505hike_141

すぐにまた分岐らしいちょっと広い場所が見えてきた(下の写真)。

20130505hike_142

いや・・・分岐ではなかった。トレイルはそのまま斜面を登る丸太階段として続いていて(下の写真の右上)、左手に大きな岩(下の写真の左上と下段)。

20130505hike_143

あの岩が「八畳岩」だ。時刻は12:41。
岩の上に登りましょう。

20130505hike_144

岩の向こうは崖(下の写真)。落ちたらアウト。

20130505hike_145

で、ここからの眺めが・・・良い!

20130505hike_146

晴れているけど、写真の通り少し霞んでいるのが残念。それでも良い眺めだ。
円山川が見え、下の写真左手の右岸に玄武洞の南辺りの田畑と集落が有る。その向こうの写真の右手の左岸が豊岡市街地だ。そう言えば昔この辺りを自転車でスタートして丹後半島の海沿いを走って舞鶴まで行ったな~~(「丹後半島サイクリング 2006.07.08」参照)。今思うとよくわざわざ豊岡から丹後半島を回ろうと思ったな~~。
遠くには京丹波~丹後の山並みが霞んで見える。

20130505hike_147

東の方角の近距離には円山川を挟んだ対岸の山が見える。「丹後半島サイクリング 2006.07.08」ではこの山を越えて京都府側の久美浜に向かったわけだ。

20130505hike_148

近い山は割と山肌がくっきりと見える。

20130505hike_149

円山川はここ下流でも結構川岸まで山が迫っているんだな。

20130505hike_150

結和橋が見える(下の写真)。橋の左岸側が来日の集落で、集落の下流側の端に今回の登山口が有る。

20130505hike_151

来日の集落はくっきり見える(下の写真)。

20130505hike_152

お、山陰線。特急列車だな。

20130505hike_153

さらにその下流側はあまり見えないな(下の写真)。下の写真の手前のピークが「304mの頭」だ。登山口からあそこまで急登して、そしてここまで来たわけだ。

20130505hike_154

304mの頭の向こうに右岸の戸島と楽々浦(ささうら)の集落がちょっと見える(下の写真)。その背後の山を越えていくと京都府京丹後市だ。ずっと遠くは左手に海が見えているようだ。

20130505hike_155

下の写真の山に入っていく道は飯谷峠と三原峠に通じていて、「丹後半島サイクリング 2006.07.08」ではあの道で山を越えて久美浜に降りたわけね。あの時、まさか7年後にここに立って上から眺めることになるとは全く想像していなかった。分からんもんだね~、未来ってwww

20130505hike_156

来日の集落には円山川に注ぐ支流の来日川が有り、その川沿いにも集落と田畑が有る(下の写真)。

20130505hike_157

すぐ目の前だからくっきり。

20130505hike_158

パノラマ写真を撮ってみた(下の写真)。繋ぎ目が悪いですが・・・(^_^;)
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)

20130505wide_1

この景色を眺めながら岩の上に座り込んで“おにぎりタイム”&休憩タイム。周りを虫が飛び回ってちょっと落ち着かないが・・・。
ところで“八畳岩”って名まえだが、実際は4畳半くらいで、更に乗っていられる場所は一坪程度だと思うんだがwww

20130505hike_159

で、少し休んだところでリスタート。岩から降りて先程の丸太階段を登る(下の写真)。

20130505hike_160

ここを進めば山頂はもうすぐだ。

20130505hike_161

山頂の南辺りを登っていく。

20130505hike_162

所々丸太階段状になっている。

20130505hike_163

右手上に鉄塔が見えてきた(下の写真)。山頂付近にはたくさんのアンテナが建っているらしいので、あの下辺りだな。

20130505hike_164

登っていくと・・・。

20130505hike_165

舗装路に出る(下の写真)。

20130505hike_166

来日岳の山頂へは、実は麓からずっとクルマで登っていける舗装路(たぶん舗装路・・・未確認)が通っている。来日の集落から来日川沿いに進み、山の南の斜面を九十九折れをしながら登って行けるようなのだ。基本的にはこのアンテナの保守としての道なのだろう。山頂まで舗装路の有る山・・・と思うとちょっと興醒めしちゃう山だが、まぁそれは置いておいて、但馬の山の中では気楽に登れる低山だという点で良い低山だと思うがね。
・・・で、舗装路に立つと右手に少し盛り上がった場所が見える(下の写真)。あそこが山頂だろう。

20130505hike_167

登っていくと・・・来日岳山頂に到着(下の写真)。時刻は13:00。
尚、先程の分岐で八畳岩をスルーして山頂に向かうと、下の写真の向こうの建屋の向かって左手辺りからここに着くことになるようだ。

20130505hike_168

山頂はちょっと広場っぽくなっている。その真ん中に一等三角点(下の写真)。

20130505hike_169

いつもの通りお約束の、登頂成功のイェ~~イ。

20130505hike_170

脇には石仏が並んでいる。

20130505hike_171

風雨にさらされ易いので、トレイル上の物よりもちょっと痛んでいる。

20130505hike_172

お出迎えされている感じ。

20130505hike_173

標柱が有る。標高は567mとのこと(下の写真)。

20130505hike_174

そして山頂からも円山川を中心とした山河の景色が望める。

20130505hike_175

豊岡市街地方面(下の写真)。八畳岩よりもちょっとは目線が高いのかもしれないが、まぁ殆ど先程と同じような景色だ。

20130505hike_176

八畳岩よりも遠景が見える角度は狭い。展望は八畳岩の方がbetter。
でもここも良い眺め。

20130505hike_177

程なくして、舗装路からクルマが登って来た(下の写真)。山頂のすぐ下にクルマを駐車。両親とその息子・娘の親子4人連れだ。

20130505hike_178

ここに登ってきて食事&休憩タイムを取るらしい。ゴールデンウィークの家族の行楽ってわけですな。子供連れでわざわざ遠くからここまでドライブすることはないだろうから、豊岡市在住の地元の方だろう。
さて・・・山頂は彼らに譲って、僕は下山モードに突入するとしよう。
舗装路に戻り、舗装路を少し進む(下の写真)。

20130505hike_179

山頂付近の舗装路沿いにはトイレらしき建屋が有るし、山頂よりも広い広場も有る。石仏もいるね。

20130505hike_180

舗装路はフラットに近い緩々の下り勾配で、ずっと先へ続いている。

20130505hike_181

程なくして下り勾配がはっきりと感じ取れるようになるヘアピンカーブのアウトに建屋が見え、その脇を歩けるようだ(下の写真の黄色の矢印)。

20130505hike_182

舗装路歩きを避け、そちらへ・・・。

20130505hike_183

アンテナ絡みの建屋の脇の道を進む。

20130505hike_184

下っていくと・・・。

20130505hike_185

またすぐに舗装路に合流。舗装路を避けようとしたのは悪あがきだったかwww

20130505hike_186

再び舗装路い降り立つ。僕は下の写真の左手の道から出てきた。

20130505hike_187

霞んで山並みが見える。

20130505hike_188

すぐ先に舗装路は左手に分岐しているが(下の写真の上段)、黄色の矢印のように綺麗なほうの舗装面の道をそのまま進む。

20130505hike_189

舗装路で麓に下るつもりではない。このあとで再び林に入れる場所が有る筈だ。

20130505hike_190

その入り口を見逃さないように歩いていく。

20130505hike_191

すると・・・、あぁ、あそこか・・・(下の写真)。舗装路が左ヘアピンカーブで下っていく場所(下の写真の右上)のアウト側にNTTの無線中継所が有り(下の写真の下段)、その門に向かって右手にトレイルへの突入口らしき場所が見える。あそこから林に入る。時刻は13:17。

20130505hike_192

道標は無いが、赤色のテープが巻かれている。間違いないだろう。

20130505hike_193

この登山道が通っている場所は「芝生平」と呼ばれているらしい。

20130505hike_194

シングルトラックですな。

20130505hike_195

ブナ林のようだ。

20130505hike_196

左手に無線中継所のアンテナや建屋が見える。

20130505hike_197

緩い下り坂で下っていく。

20130505hike_198

いい感じのトレイルだ。

20130505hike_199

ウハウハですな。

20130505hike_200

舗装路歩きよりも勿論こちらの方が良い。

20130505hike_201

ブナ林の中の穏やかな下りが続く。

20130505hike_202

来日岳の西側に南北に走る尾根のすぐ下辺りの山腹を下っているようだ。

20130505hike_203

二つ上の写真と山の斜面の位置が左右入れ替わっているのは、一旦稜線上を越えたからだろう。

20130505hike_204

ハイクだったら絶対こっちが正解だな。

20130505hike_205

舗装路しかないのなら別だが、折角こういうトレイルが有るのだから・・・。

20130505hike_206

写真には写っていないが、木の種類の名まえを書いたプレートが気に結ばれていたりして、自然歩道として扱われている感じ。

20130505hike_207

かと言って綺麗過ぎず、いい塩梅だ。

20130505hike_208

今は尾根上(下の写真)。

20130505hike_209

ここでもヤマツツジ(くどいようですが・・・5月5日のハイキングですので(^^ゞ)。

20130505hike_210

20130505hike_211

向かって右側に斜面が切り替わる。

20130505hike_212

今度は左。

20130505hike_213

また右。

20130505hike_214

“ほぼ”尾根上・・・、尾根から少し下がった位置を、斜面を入れ替えながら進んでいる次第。

20130505hike_215

どんどん下っていく。

20130505hike_216

左手に林道が見えてくる(下の写真)。舗装路ではなくてダートだ。

20130505hike_217

そしてその林道と合流する(下の写真)。

20130505hike_218

僕は下の写真のCから出てきた。

20130505hike_219

A⇔Bがダートのダブトラ林道。地図では舗装路から分岐したもので、舗装路の方は来日の集落に降りていくようだが、このダートの林道はAの先で城崎温泉街方面か、もっと西でr9と合流して竹野町方面へ行けるらしい。僕はAへ進み、そのあとの分岐から温泉寺経由で城崎温泉街へ下る予定だ。なので、Aへ進む。

20130505hike_220

林の中のトレイル歩きよりはいまいちだが、まぁ舗装路で延々下るよりは良いだろう。

20130505hike_221

路面は兎も角、クルマが通れる幅員は充分。轍らしき踏み跡も有る。ただ、すれ違いは難しいかも。場所によっては不可能。

20130505hike_222

空を背景に木が映える(下の写真)。紅葉の時期だったら綺麗だろう。

20130505hike_223

実は、この林道の東側に「紅葉平」と呼ばれる場所が有り、かつてはそこにもトレイルが通っていたらしいが、今は荒れ過ぎて通れないらしい(ベテランさんは歩けるかも??)。実際、そのトレイルの入り口も見つからなかった。
・・・ということで、そのまま林道を歩く。

20130505hike_224

フラットに近い感覚だが、僅かに下り勾配。

20130505hike_225

展望は無い。木々で遮られている。

20130505hike_226

どんどん進みます。

20130505hike_227

お気楽な林道のウォーキング。

20130505hike_228

クルマは通れると書いたが、実際にはクルマには出くわさない。

20130505hike_229

徐々に下り勾配を感じられるようになってきた。

20130505hike_230

ガードレールが有る区間。

20130505hike_231

日当たりの悪い所は数日前の雨でヌタっている。

20130505hike_232

最近クルマが通った感じ(上の写真)。

20130505hike_233

幅員が広くなった分、木漏れ日ではなくて結構モロに日差しを浴びる。真夏だったらキツイかも・・・。この界隈の夏って相当気温が高くなるしな。

20130505hike_234

今はまだ5月だから全然大丈夫。

20130505hike_235

ヤマツツジも思い出したかのように点在。

20130505hike_236

どんどん進むと・・・。

20130505hike_237

分岐だ(下の写真)。

20130505hike_238

ここが前述の分岐。僕はCから来た。

20130505hike_239

Bの「桑の木」方面の道は、城崎町の西でr9と合流する(下の写真)。

20130505hike_240

僕は大師山と温泉寺を経由して下るので、Aへ直進(下の写真)。

20130505hike_241

分岐までは下りだったが、ちょっと登り直す。

20130505hike_242

全体的には尾根道を通る。

20130505hike_243

尾根にそってちょっとアップダウンを繰り返しつつ、全体としては僅かに下っていくわけ。

20130505hike_244

ノンビリと・・・。

20130505hike_245

ダラダラと・・・。

20130505hike_246

ホゲ~~っと・・・。

20130505hike_247

歩き続ける。

20130505hike_248

またヤマツツジ・・・。

20130505hike_249

20130505hike_250

続くね~~。

20130505hike_251

長いね~。

20130505hike_252

ガイド本でも、この林道部分の歩きの部分を「延々と・・・」と表現している。

20130505hike_253

まさに・・・。

20130505hike_254

大師山山頂はまだですな~~。途中に距離を示す道標が有るので(写真は無し)、それを見るともうすぐだろうが・・・。

20130505hike_255

慰めのヤマツツジ。

20130505hike_256

・・・ん?先の方がやたら明るい(下の写真)。

20130505hike_257

広い所に出る(下の写真)。向こうの坂道を登った先が大師山山頂のようだ。

20130505hike_258

ふと左を見ると展望有り(下の写真)。

20130505hike_259

円山川と手前に温泉街。

20130505hike_260

20130505hike_261

あちらまで降りていくわけね。

20130505hike_262

そのまえに大師山に行こう。
先程の登り坂の手前に分岐が有る(下の写真)。

20130505hike_263

大師山に寄ったらここに戻って温泉寺へ向かうわけだ。
・・・で、コンクリート舗装の登り坂を登る(下の写真)。

20130505hike_264

大師山山頂に到着(下の写真)。時刻は14:16。

20130505hike_265

石仏がお出迎え。

20130505hike_266

20130505hike_267

その向かいに温泉寺の奥之院(下の写真)。

20130505hike_268

奥之院は古くは千手堂と呼ばれ、弘法大師作の千手観世音菩薩(現在は本坊の本尊)を祀っていたが、その後、石仏八十八ヶ所参りの奥の院「列仙閣」と名を変えた。長年の風雪に柱は朽ち屋根からは雨が漏り、平成19年に解体をしたとのこと。現在再建に向け計画中らしい。これは仮のお堂ということかな。
ここまでの無事と、これからの道中の安全を祈願。

20130505hike_269

写真には写っていないが、ロープウェイで行き来している観光客が結構いる。その中でハイカー姿の僕は異質な存在www。「何だろう?この人」って感じか・・・。
かわらけ投げをする場所が有る。

20130505hike_270

的に当たれば願いが叶うと・・・。

20130505hike_271

かわらけを投げる場所としてよりも、展望場所として良いな。

20130505hike_272

案内板に地図が載っている(下の写真)。
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)

20130505hike_273w

ロープウェイは勿論使わない。予定通り、麓までは「温泉寺コース」で下山する。
先程の分岐に戻って「温泉寺コース」に突入(下の写真)。初めは階段の下り。

20130505hike_274

程なくして緩い下りになって階段は無くなる。

20130505hike_275

急になると再び階段。

20130505hike_276

どんどん下る。

20130505hike_277

ここも途中に石仏。

20130505hike_278

20130505hike_279

光背だけが残った物かと思ったら・・・。

20130505hike_280

下の写真のように地蔵が彫られてあった。

20130505hike_281

どんどん下る。全体的にやや薄暗いトレイルだが・・・。

20130505hike_282

明るい所も有る。

20130505hike_283

ロープウェイだ(下の写真)。上にロープウェイが走っているのか~~。

20130505hike_284

大師山山頂に有った案内板の地図では、トレイルとロープウェイは交錯していなかったけどな~。
先へ・・・。

20130505hike_285

溝状の下り。

20130505hike_286

今のところこのコースで人には会わない。

20130505hike_287

どんどん下る。

20130505hike_288

下りきると沢を渡り・・・。

20130505hike_289

少し登り返すと・・・。

20130505hike_290

また頭上にロープウェイ(下の写真)。結構ロープウェイ沿いに下っているんだな。

20130505hike_291

手前に見えているのは途中の温泉寺駅だろう(下の写真)。温泉街を見る目線も低くなってきた。

20130505hike_292

温泉寺はロープウェイのすぐ目の前に有る。もうすぐだ。

20130505hike_293

下っていくと向こうにお墓が見えてくる(下の写真)。

20130505hike_294

そこを抜けると・・・。温泉寺境内に到着。時刻は14:35。
登山道から出る。

『温泉寺』
(公式HP→http://www.kinosaki-onsenji.jp/

城崎温泉を開いた道智上人が天平9年(737年)に創建したと伝わる真言宗の古刹。
山号は末代山。高野山真言宗別格本山。本尊は十一面観音。
山麓に運慶・湛慶作と伝わる仁王像を安置する山門と浴客守護の薬師如来像を安置する薬師堂が有る。椎の巨木の間に続く300mの石段を登った所に本堂が有る。
境内には「城崎町美術館」が有る。

登山道から一番近くに有るのは「多宝塔」(下の写真)。
江戸時代中期(1768年)の建立で、但馬地方唯一の多宝塔。金剛界大日如来が安置されている。

20130505hike_295

そして石段を下る。

20130505hike_296

目の前に「鐘楼」(下の写真)。江戸時代初期の建立だそうだ。

20130505hike_297

その右手に「本堂」(下の写真)。ここに来るのは10何年振りだ。
これは室町時代初期、至徳4年(1387年)頃に建立された。入母屋造、正面5間、和様・禅宗様・大仏様の三様式折衷で、本尊は十一面観音。

20130505hike_298

本堂の隣に「本坊」(下の写真)。

20130505hike_299

本坊のすぐ向かいにロープウェイの温泉寺駅が有る(下の写真)。殆どの観光客はこのロープウェイで麓~温泉寺~大師山山頂を往復する。僕以外のハイカーは見当たらず。

20130505hike_300

境内から円山川が少しだけ見える(下の写真)。広角な展望は無い。

20130505hike_301

先程の鐘楼の前に戻る。その横に石段が有る(下の写真)。これで麓の薬師堂境内まで降りられ、温泉街に入れる。

20130505hike_302

もう登山道ではなく、参道だな。

20130505hike_303

途中に歌碑が有る(下の写真)。加茂季鷹という歌人の歌が刻まれている。

20130505hike_304

加茂季鷹(1751~1842)
江戸時代の歌人、京都上賀茂の祠官となり居を「雲錦亭」と号し花,紅葉の折々に友を招いて歌会を催した。
初め有栖川職仁親王の門に入り歌を学び、致仕して江戸に下り加藤千陰をはじめ多くの歌人、文人と交わり歌名大いにあがり、人争ってその染筆を求めた。
また強化もよくした。

朝な夕な 末の世かけて 世の夢も 
うちおどろかす 鐘の声かも

(原文は温泉寺に所蔵)

(案内板より)

20130505hike_305

石段になる。

20130505hike_306

急階段を下っていく。

20130505hike_307

宝塔や・・・

20130505hike_308

石仏が階段の脇に置かれている。

20130505hike_309

もうすぐ階段は終わりだな(下の写真)。

20130505hike_310

階段から降り立つと急に周りが明るくなる。麓の温泉寺・薬師堂境内に到着。時刻は14:46。
すぐ目の前には山門(下の写真)。

20130505hike_311

右手に薬師堂が見える(下の写真)。

20130505hike_312

「薬師堂」(下の写真)。

20130505hike_313

江戸時代文化期(1804年-1818年)に建立。薬師如来像が安置されている。
山腹の本堂よりも時代は新しいが、豪華な感。

20130505hike_314

「山門」をくぐる(下の写真はくぐった後で振り返って撮影)。

20130505hike_315

山門(仁王門)は江戸時代明和期(1764年-1772年)建立で、八脚二重門。
運慶・湛慶作と伝わる阿吽の仁王像が安置されている(下の写真)。

20130505hike_316

温泉寺をあとにし、あとは温泉街を通って駅まで帰るだけ。

20130505hike_317

温泉街に入ると観光客がたくさん。
足湯ですな(下の写真)。

20130505hike_318

ハイカーなど全く辺りに見受けられず、完全に浮いた格好で温泉街を歩く。

20130505hike_319

駅まで幾つかのルートが有るが、分かり易いr9で帰ろう。

20130505hike_320

温泉旅館らしい建物が建ち並ぶ。

20130505hike_321

まるでお寺のお堂のような湯治場(下の写真)。

20130505hike_322

柳がかかる大谷川が良い。

20130505hike_323

写真にはあまり写っていないが、r9沿いでゴールデンウィークだし、クルマは多い。

20130505hike_324

地蔵湯前の交差点で右折。駅までもう少しだ(下の写真)。

20130505hike_325

そして・・・城崎温泉駅に到着(下の写真)。時刻は15:02。

20130505hike_326

往きとは反対の道から戻ってきた。駅から時計回りに周回したわけだ。

20130505hike_327s 早く帰りたいので、大阪市内までは特急を使うことにする。指定席は容易に取れ、15:30発の特急こうのとり号(右の写真)に乗車。終点の新大阪駅まで3時間だ。あとはハイキングの余韻に浸りながら大阪市内へ・・・。
そして18:56に無事に帰宅。

こうしてようやく初めて兵庫県但馬地方の山に登ったわけで、大阪市内在住者にとって但馬地方の山々のハイクの日帰りは公共交通機関利用では難しいが、この来日岳は行き来し易い山なので、先ずは但馬のハイクの“トップバッター”として良いと思う。
賑やかな温泉街のすぐ傍ながら来日登山口から山頂までは割と自然を味わえるトレイルだったし、ダート林道歩きもお気楽な下山という意味で悪くないと思う。また、八畳岩からの円山川沿いの眺めが良かった。
着替えも持って行って、下山後に温泉に入るというのも良いかも知れない。もっとも僕は入らなかったし、また登っても入らないだろうが・・・(家のシャワーの方が落ち着く)。
何にしても但馬進出の第一歩として満足出来るハイクとなった。いずれは鉢伏・ハチ北方面の山にも登ってみたいものだ。
(これでようやくゴールデンウィークのハイク記事が終わった・・・4か月遅れwww(^^ゞ)
 

コース概略/
(自宅(5:45)→○○線・△△駅→□□駅・◇◇線・▽▽駅→新大阪駅・JR東海道本線(特急こうのとり)→)
JR山陰本線・城崎温泉駅(11:00)→r9→r3→来日→来日岳登山口(11:27)→304mの頭(11:56)→来日岳中間地点(12:09)→八畳岩(12:41)→来日岳山頂(13:00)→舗装林道→NTT無線中継所前(13:17)→芝生平→ダート林道→大師山(14:16)→温泉寺コース→温泉寺本堂(14:35)→温泉寺薬師堂・薬師公園(14:46)→城崎温泉街(r9)→JR山陰本線・城崎温泉駅(15:02)
((特急こうのとり)→JR東海道本線・新大阪駅・◇◇線→▽▽駅・○○線・□□駅→△△駅→自宅(18:56))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20130505map

GPSデータ/
歩行距離/11.3km
歩行時間/2hr56min
停止時間/1hr07min
最高速度/10.4km/hr
移動平均速度/3.8km/hr
全体平均速度/2.8km/hr
標高差/565m
総上昇量/719m
最高標高/567m(来日岳山頂)
積算歩行距離/380km
積算総上昇量/19920m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130505graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20130505bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 金剛山~中葛城山ハイキング 2013.05.02 | Top Pageチコ ありがとう 楽しかったよ »

 

 

Comments

全体的にうっそうとした印象はありますね。
決して荒れているわけではないですが
ちょっとだけワイルドさを感じました。
でもちょっとくらい荒れてるくらいがちょうど
良いかなと思います。
下山道は舗装路など横切る箇所もあったものの
トレイルがあって良かったと思います。
やはり登山靴での舗装路を歩き続けるのは
重いですしね(^^;
そういう意味では行きの登山口までのアクセスは
ちょっと辛いところだと感じました。

展望は里山らしくのどかな雰囲気で好きですね。
街の展望も悪くはないのですが、やはり
ほのぼのとした景観の方が好きだったりします。

« 投稿: ikajyu  2013年9月 4日 (水) 22時50分

ikajyuさん>
(レス遅くなりました~m(_ _)m)
初めの急登部分がちょい荒れっぽかったです。トレイルがでこぼこして狭い分、そう感じました。そこを登ってしまうとあとはお気楽ハイキングコースです。
舗装路歩きは、下山後に最寄り駅までというのならまだしも、登る前に歩くのはあまり嬉しくないですね~。しかもここみたいにクルマの多い道だとなおさらです。
ここは玄武洞周辺が里山っぽいですね。

« 投稿: Katze  2013年9月11日 (水) 20時18分

この時期は最初の取りつきまでのあぜ道を歩くのは
怖いですね。マムシなど出てきそう。
それにしてもこの石仏の数はなんですか(笑)
メチャクチャ多いですね。歴史ある山なんでしょうか?
八畳岩からの眺めは最高です。 疲れがぶっ飛びますね。
僕も城崎からだと特急使ってしまいますね。
余韻に浸ってノンビリ特急で寝て帰りたいです。

« 投稿: 登山 好人  2013年9月30日 (月) 18時24分

登山好人さん>
マムシがいそうな草むら気味の畦道ですよね~。9月頃は一番毒が濃縮されているそうですから、今が一番怖いです。
石仏はすぐ傍の温泉寺絡みなのか、どうなのか・・・。
八畳岩に座って食事をしながら景色を眺めていた時がこのハイクの一番の時間でした。

昔輪行の時は城崎から鈍行で帰りましたが、帰宅がすごく遅くなりました。福知山までが思ったよりも時間がかかりますし、そのあとは言うまでもなく・・・。

« 投稿: Katze  2013年9月30日 (月) 20時46分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/57980633

この記事へのトラックバック一覧です: 来日岳ハイキング 2013.05.05: