« Hammer of Anger (Gt Solo録り&仮mix) | Top Page安定しない状態が安定形 »

2014年5月23日 (金)

おすすめインコ本⑨ 「だからやめられない『インコ生活』」

今日久しぶりにインコ本を買いました。
書店のペット本コーナーを何気に覗いたところ・・・否、鳥のコーナーを“意識的に”覗いたところ、これを見つけて衝動買いした次第です(^^ゞ

20140524

「だからやめらない『インコ生活』

著者:すずき莉萌
誠文堂新光社
2014年2月28日発行
定価:1300円+税

 

インコ本をたくさん持っている方なら、著者のお名前はご存知でしょう。
これまでたくさんのインコ本を出されている方で、僕も何冊かこの著者のインコ本を持っています。

これまでのインコ飼育本に見られるお世話の仕方、いわゆる初心者向けの内容の部分も有りますが、それらは具体的な方法だけでなくむしろ人間側の心の持ち方を大事にして書かれているように思います。
結果、全体的にインコの魅力を訴えるような方向性で書かれていると感じました。これからインコをお迎えしようと思う方がワクワクするような、一方インコ生活が長い方にとっては“インコあるある”みたいな感じで読めるのではないかと思います。

楽しい筈のインコ生活に潜む暗い側面についても色々書かれています。
「長生きできたコ、できなかったコ」「高齢期のケア」「脱走・事故を防止しよう」「思わぬ事故」「帰らぬ思い」等、見出しを見れば何について書いてあるのか想像できますが、これまでのインコ本ですと「何々に気をつけましょう」とか「これをしてはいけません。」とか何となく注意書きが冷たく書かれているような感じがして心に届かない感じがしていました。その結果自分の身には振りかからない感じになっていました。しかしこの本では著者自身が本当にインコ好きである故の思いが入っているようで、なんか親身に心配して言われているような気がしました。それ故、注意点が心に届くような気がします。

そして何と言ってもこの本の大きな特徴は漫画が多いことです。
冒頭ではインコのスナップ写真を使った実写風漫画が何ページか有ります。僕も昔ブログでよくやっていたパターンですが、インコのスナップショットに吹き出しで台詞を付けて漫画風にしています。面白&可愛いです。

中の本文にも四コマ漫画がたくさん載っています。
左右見開き2ページ分で一つの内容について書かれているのですが、その左側のページに内容に関係する四コマ漫画がちょっと面白くして描かれています。
本の終わりの方では、16歳まで生きたセキセイインコ「セキ二郎」に関する漫画が16ページに渡って描かれています(著者と実際に暮らした実在のインコだと思われます、・・・そう書かれている説明文は見つけられませんでしたが・・・)。出会いから別れとその後まで描かれています。セキ二郎は特別なセキセイインコではなく(とても長生きしたことと生まれつき片翼が曲がっていた以外は)、他のインコ飼いの方達から「我が家のセキセイもそう。」「そうそう、そういう子っているよね~。」って言われそうな感じですが、逆にこのことで、読んでいてこちらがセキ二郎との仮想インコ生活に浸れる、あるいは自分のインコ達に置き換えられる、著者の気持ちが自分の気持ちのように置き換わる、・・・といった具合に読んでいて引き込まれてしまいました。この本は仕事帰りに買って電車の中で読んでいたのですが、セキ二郎の永遠の旅立ち付近の描写では、感情が入ってしまって電車の中で泣きそうになりました(^^ゞ なので、サッと本を閉じて鞄にしまい、眠気の涙を拭くかのような振りをして目を拭い、続きは家で読みました(^^ゞ

さて・・・この本の良さについて僕のつたない作文力では上手く説明出来ませんでしたが(^^ゞ、初めのほうでも書いたように、インコ生活に興味が出始めてこれから始めようと思う方や初心者には優しい文体の参考本として、既にインコ生活にどっぷりとつかっている方には“インコあるある”的な楽しめる本として良いと思います。そしてセキ二郎の漫画を読んで良い余韻に浸ってください。

お薦めです。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« Hammer of Anger (Gt Solo録り&仮mix) | Top Page安定しない状態が安定形 »

 

 

Comments

インコ本、数々ありますが
内容の良さが十二分に伝わりました(゚ー゚)
暗い側面の書かれ方も、Katzeさんがおっしゃる意味が分かるような気がします。読んでみたいです^^
本屋さんにこの手の本があるって珍しいですね。
コンパニオンバードと、マニュアル的な「飼い方」本しかないイメージが・・

最近「漫画でわかるインコの気持ち」という本を買って読んだのですが、こちらも本当の意味で私たちがわからないといけないことに気づかせてもらったこともあります。

そしてKatzeさんの電車の中。見てるようにわかってしまった(笑

« 投稿: tomo  2014年5月26日 (月) 16時03分

tomoさん>
この本の雰囲気を何となく想像して頂けたら良いのですが。

「漫画でわかるインコの気持ち」って本、読んでみたいです。○マゾンで探してみようかな~~。

電車の中では、たぶん誰も僕のほうを見ていなかったでしょうが、小芝居していました(^^ゞ

« 投稿: Katze  2014年5月27日 (火) 20時27分

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/59693105

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめインコ本⑨ 「だからやめられない『インコ生活』」: