« Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix) | Top PageExpel the Scum (Gt Solo録り&仮mix) »

2014年11月27日 (木)

Harassment (Gt Solo録り&仮mix)

またまた次のアルバム用の7曲目の曲に Guitar Solo を入れましたので、ブログにアップしちゃいます。
Guitar Solo を入れるまで曲名は無く、「Tune_11」とナンバリングしていた曲です。今回新たに付けた曲のタイトルの意味は、曲とは何も関係無しwww

さて、曲のほうですが、
どちらかのプレイヤーでどうぞ。

プレイヤーから再生できない場合はこちらをクリックしてください。

7_Harassment_20141126 (仮 mix)

外部スピーカーもしくはヘッドホンで聴いて頂ければと思います。

20141127_1

今回の Guitar Solo は、Backing track だけを録り終えていた頃からは全く考えてもいないものになりました。
元々はダーク色の強いスケールで solo を弾こうとしていましたので、とりあえず Guitar を抱えて再生ボタンを押して適当に弾き始めましたが、前回投稿の 曲(「Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix)」参照)の solo 録りで久しぶりにペンタトニック・スケール一本やりで弾いた時から日が経っておらず、自然とまたペンタで弾いてしまい、結局それでも良いから録音ボタンを押してアドリブで弾いて録ってみようとしたら・・・・。このようになりましたwww
(前述の繰り返しなりますが)Backing track だけを録り終えていた時にはまさかここまでペンタしちゃうとは・・・全く思っていなかったです。サビは兎も角、A part なんて全然ペンタなんて考えもしなかったです。でも、ブルースからかけ離れた A part の リフにブルージィなペンタの solo が何か気持ち良く、これでOKテイクとしました。この手の solo は体に染みついているので 1 take でOK。

20141127_2

そうなるとサビもペンタで、・・・ということで80年代HR/HM 御用達のマイナーペンタ弾き倒しを、前回投稿の 曲(「Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix)」参照)に引き続きぶち込みました。この手のパターンも体に染みついていますので、こちらも 1 take でOK。

そんなこんなでブルージィなペンタ、マイナーペンタ、そしてペンタとはかけ離れたメインリフと曲展開・・・で何か良く分からない曲が出来ましたが、自分で聴いていてOKなのでこれで良し。素人の趣味の(自己満足の)オリジナル曲ですからね。

尚、Mix は仮ですので、全曲の Guitar Solo 録りが終わったらまとめて Mix down の際に修正する予定です。

さて、残りいよいよアルバム最後の曲の solo 録りです。
ちなみに、もうペンタは使いません(・・・のつもり)。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix) | Top PageExpel the Scum (Gt Solo録り&仮mix) »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/60718978

この記事へのトラックバック一覧です: Harassment (Gt Solo録り&仮mix):