« Car Accident by DQN and Fool (Gt Solo録り&仮mix) | Top PageHarassment (Gt Solo録り&仮mix) »

2014年11月24日 (月)

Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix)

またまた次のアルバム用の4曲目の曲に Guitar Solo を入れましたので、ブログにアップしちゃいます。
Guitar Solo を入れるまで曲名は無く、「Tune_4」とナンバリングしていた曲です。曲のタイトルの意味は・・・どうでもいいですwww

さて、曲のほうですが、
どちらかのプレイヤーでどうぞ。
(注:フェードインかつ静かなアルペジオで始まります。最初にボリューム上げ過ぎると、耳やスピーカーを痛めますので、気を付けてください。)

プレイヤーから再生できない場合はこちらをクリックしてください。

4_Vain Airhead_20141124 (仮 mix)

外部スピーカーもしくはヘッドホンで聴いて頂ければと思います。

20141124

この曲の Guitar Solo は殆ど全てペンタトニック・スケール一本やり。何も考えなくてもとりあえず勝手に指が動いてくれるスケールなので楽です。
中間部前半に突然全然雰囲気の違う Break Part が入っています。Guitar Solo を入れる前の Backing だけの状態ではそれ程 Break in, out で“突然感”は無かったのですが、Clean な音の Solo を入れたらこうなってしまいました。まぁ、これはこれで面白いのでwww
短い Clean な Solo のあとの典型的なマイナーペンタの Solo もアドリブです。当初ここは予めフレーズを考えて楽譜にメモっておこうとしたのですが、これというのがすぐに思いつかなかったので(才能無し(-_-;))、アドリブで弾いちゃいました。印象的なフレーズが無いのがちょっと残念。あとチョーキングのピッチが甘いのがばれる(下手)。でも DAW でピッチをクオンタイズすると逆に何か気持ち悪かったので(何故だ?)そのままにしました。Picking Noise や 弦を擦る音、ミュートが甘くてミストーンが鳴ったかのような音とかも全てそのままです。
中間部後半の Solo にはこれでもかというタッピングだけのSoloが有ります。これでこのアルバムの残りの Guitar Solo 録りにはもうタッピングはしないです(飽きた)。

Mix は仮ですので、全曲の Guitar Solo 録りが終わったらまとめて Mix down の際に修正する予定です。
現時点で気にしている点は Guitar の Backing と Solo の両者の Reverb のかかり方に何か問題有りということ。Backing のほうが左右で前に出ているのか?どうなのか・・・?
あと、Drums の Kick がちょっとだけ強い感じもしないでもないような。強いというか痛いというか・・・。
そしてどの曲でも問題になる Bass のレベル。他の曲との統一感の兼ね合いが有るので、これこそ全曲まとめて修正しないと。最初の録りの頃はBass のライン録りの機材を決めていなくて曲ごとに毎回バラバラだったので、それがこれから難しいことを引き起こしそうですわ。

さて、次の曲の Guitar Solo 録りを・・・。
あと残り2曲までになった~~。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« Car Accident by DQN and Fool (Gt Solo録り&仮mix) | Top PageHarassment (Gt Solo録り&仮mix) »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/60706511

この記事へのトラックバック一覧です: Vain Airhead (Gt Solo録り&仮mix):