« あけましておめでとうございます 2015 | Top PageThe 4th Album 『Anger』 完成 »

2015年2月 1日 (日)

4枚目のアルバム 『Anger』 暫定ミックスダウン&マスタリング

まだ問題点が有りますが(逆にそれを見つけるためのマスタリングのテスト版として作った)、4枚目のオリジナルアルバム 『Anger』 の仮ミックスダウン&マスタリング版をアップします。最近音楽ネタが止まっていたので無理やり投稿です。

YouTube にアップしたものの転載です。↓

https://www.youtube.com/watch?v=TVcJ6jYC6j0

↓このプレーヤーでも聴けます。

これから何度か聴いて修正していこうと思います。

追記>

尚、今回のアルバムを作る上で心に決めたことは、

  1. 一切鍵盤系で出来るパートを入れない。
    これまでギターソロやアレンジが手詰まりになると、キーボードソロで逃げたり、ストリングスで誤魔化したりしていたことが有ったので・・・。ギター,ベース,ドラム,パーカッションだけでやる。・・・あ・・・でもSEを何回か使って逃げたか・・・(^^ゞ
  2. アコースティックギターを使わない。
    メタル系の曲の中にアコースティックな曲を入れたり、ハードでヘビーな曲のブレイクとかでアコギを使うと効果的だか、言い換えるとこれは鉄板なやり口で、これまでこうした手を使っていた・・・ので、今回は使わないぞ・・・と
  3. リフに-5度の音を徹底的に使って統一感を出す。
    これまでは一つのアルバムにそういうことをするとワンパターンになると思っていたが、案外そうでもなく、むしろ統一感が有って良いかもと心変わりしたから
  4. 今回は曲によって色々なギターを使ったりしない。
    バッキングギターは同じIbanezの7弦だけ。ギターソロは普通の6弦ギター(これもIbanez)一本。
    音のほうはプラグインのアンプシュミレーターで変えていきましょう・・・と。ちなみに全てのギターソロは Guitar Rig の全く同じ設定でやった。
    あ・・・ベースもIbanezで、5弦ベース。気がついたら皆Ibanez・・・。

といったところです。

また、ここまで完成間近になって今更後悔していることは、

  1. ダーク系の曲とアメリカン系な曲の2タイプに分かれている。
    どちらかにより比重をかけ(出来れば前者)、統一感を強くしたほうが良かった。あるいは両者もう3曲ずつくらい足して二つのアルバムに分けても良かったかも。
  2. 初めに録った頃の曲で、ベースの録音方法が統一されていなかった。ベースはアルバムを通して全く同じセッティングでやるべきだった。
    後半からAI/F直挿しで統一したが、初めは外部マルチエフェクターからアナログ・ステレオ音→AI/Fとか、ラックのベース・プリアンプのアナログ・ステレオ音→AI/Fとか色々変えていた。あとで全曲同じ感じに揃えるのが大変(まだ完全に揃えられたと思えていない)。

といったところです。
次回作は気をつけよう。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« あけましておめでとうございます 2015 | Top PageThe 4th Album 『Anger』 完成 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/61067772

この記事へのトラックバック一覧です: 4枚目のアルバム 『Anger』 暫定ミックスダウン&マスタリング: