« コンパニオンバードNo.23 を購入 | Top Pageインコ会議への初参加は不発 »

2015年6月15日 (月)

インコの紹介⑪ チル

名まえ(英語名)/チル(Chilu)

20150615_7

種類/オパーリン・コバルトブルー

性別/女の子

誕生日/2014年11月22日

出身/静岡県浜松市内の某ブリーダー
                     →神奈川県横浜市内の某ペットショップ(2014.12.27到着)

家にお迎えした日/2015年6月8日(月)

年齢/7ヶ月(2015年6月現在)

性格/まだ不明

特技・癖/まだ特に無し。

好きなもの・こと・仲間/鏡付のおもちゃ

嫌いなもの・こと・仲間/今のところ Katze

病歴/メガバク(2015年7月29日に治療完了)

出会いから今日まで/

チャラチッチチャズーの三羽になっていた2014年の初め頃、もう既に横浜に引っ越すことは決まっていまして、引っ越しが済んで落ち着いたら新しい子をお迎えしようと思っていました。
男の子二羽、女の子一羽でしたので、新しい子は女の子にして2対2にしようと思っていました。もっともペアにするつもりは無いのですが・・・。

しかし横浜に引っ越してすぐにチャラが卵詰まりを再発して手術をすることになり、一旦お迎え計画は延期。チャラの術後が落ち着いてからにするにことにしました。
そして6月早々にそのチャラの術後の通院が終了しましたので、いよいよ新入りさんをお迎えすることにしました。

それまでにネットで横浜界隈のペットショップについて検索していましたし、下見を兼ねてショップ巡りもちょっとだけしていて、“このショップから”というのは決めておりました。
お迎えする気満々で、そのショップ行ってみると生後半年くらいの女の子が2羽いました。雛や幼鳥は大勢いましたが、幼過ぎて性別が分からないですし、重篤な病気を持っていてもまだ発症していないこともありますので、これまでお迎えした時と同様、生後半年以上の子にすることにしました。半年経つと何か病気を持っていれば外観に出ることも有りますし、病気が隠れていても半年ぐらいまで外観に異常無くて生き延びていれば、すぐに治療をして治る可能性も高いと思いますので・・・。もっともその位まで経つとだんだん人を怖がるようになって手乗り率は下がってくるのですが、それよりも健康優先ということです。

その女の子2羽のうち1羽はひょっとしたら疥癬?というような様相でしたので(鼻の蝋膜の端がちょっとガサガサで足の指をずっとピクピク・もじもじと痒そうに動かし続けていましたので)、もう一羽の子に絞られました。それがチルです。
チルとその疥癬疑惑の女の子は別ケージでしたし、更にケージ自体も離れていましたので大丈夫だろうということで・・・。
チル自身も“見た目では”特に問題は無さそうで、普通に動いて囀っていましたし(ヘッドバングもしていましたwww)、同じケージにいる男の子達も問題無さそうなので・・・、お迎え決定!
色とか品種については今回あまりこだわりは有りませんでした。今までお迎えしたことの無い品種とか色だとより良いでしょうが、別にそこではないので・・・。チルはノーマル・コバルトブルーのようです。 
追記 2015.10.10>お迎え半年後までに頭~背中の縞模様が消えました。オパーリンでした。

20150615_1

ちなみに・・・ショップの店員さんにチルを連れて帰る箱に移してもらっているのを待っている間、ちょっと離れた別の場所にもう一羽、生後半年くらいのオパーリン・コバルトブルーの女の子がいることに気が付きました。しかもチルよりも綺麗で元気でした。正直「あ・・・・」と思ったのですが、変な考えを振り払い(考えただけで罪悪感が・・・('◇')ゞ)、程なくして現れた“箱入り娘”を連れて帰りました。

leaves

名まえは今まで通り「チ」で始まる名前にしようと、ショップに向かう途中、電車に乗っている間とかに「チ」のあとに色々な五十音を繋げながら考え、結局ショップまであと10m位というところで決めました。ちょっと笑える名前も出てきたりして、もしかしたら電車内でニヤニヤしていたかも(;^ω^)
チュラちゃん(←NHK朝ドラか!?),チベットちゃん(←なんで?),チナちゃん(←従妹の子の名前に近過ぎる・・・),チビちゃん(←でかくなったらどうする?),チュベラスカちゃん(←何でロシア的な?),チェベスちゃん(←何で中年米的な?しかも男的),チャリちゃん(←わざとらしい自転車関係),チェンバロちゃん(←チェロのようにはしっくりいかんね),チカちゃん(←人間の名前過ぎる),チワワ(←鳥なのに),チス・・・血ぃ吸うたろか~by間寛平(←もはや名前を考えることを放棄?)等々・・・。
チルというのは、「チ」+ラ行を繋げているときに出てきただけなんですけどね。
でもシンプルで悪くないな~と思いまして・・・。

leaves

20150615_2

で・・・、家に到着して初めて箱からケージに移動したら暫くケージの中で飛び回り、そして疲れてハァハァwww

20150615_3

20150615_4

当初はインコマンションのチャラのケージの隣にチルのケージを置きました。

20150615_5

でも病気を持っているかも知れないので、ほどなくして別室へ移動・・・。
まぁ、でも餌は何とか食べてくれました。
ただ、人間は(僕は)とても怖いみたいです。

leaves

早速動物病院に予約を入れて二日後に健康診断。チャラのかかりつけの病院です。
結果、メガバクテリア陽性となりました。もうこれは・・・メガバクはお迎え前から覚悟していたので、あまり驚きもせず、動揺もせずといったところでした。昨今、ショップやブリーダーからお迎えしたインコは高い確率でメガバク保菌鳥ですからね・・・。やっぱりかという感想です。
早速治療開始。飲水投薬治療です。インコマンションにも入居できません。別室もしくは他のインコから離れた場所にケージを置いています。
あと、現時点で他の重篤な感染症(PBFDとかBFDとか)は検査中ですので、まだ分かりません。
まぁ、メガバクだけで済めば何とかなるでしょう。てか、早く治ってもらいたいです。

20150615_6

そんなこんなでまだお迎え初めのバタバタ状態ですが、
これから、チルをよろしくお願いいたします。

写真や不明であった点は、今後変更したり、書き加えたりします。

leaves

追記 2015.06.17>
投薬1週間でメガバクは消えました。もう一週間続けて出なければこのまま完治できそうです。
他の感染症は陰性との結果も出ました。
良い方向に向かっています。

 

追記 2015.07.29>
メガバクはその後も検出されない状態が続き、治療は完了しました。
今後は定期健診でチェックです。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« コンパニオンバードNo.23 を購入 | Top Pageインコ会議への初参加は不発 »