« チャズー お誕生日おめでとう 2015.10.08 | Top Pageチルにはびっくりぽんや~ »

2015年10月10日 (土)

武奈ヶ岳ハイキング 2013.12.01

年月日/2013年12月1日(日)

山地名・地域/比良山地

天候/晴れ時々曇り

目的/比良山地の最高峰・武奈ヶ岳に登る。

ポイント/①計画では琵琶湖側からピストン。②山頂に到着した時刻から判断して復路で日没の危険性が有る場合は、歩行距離の短い鯖街道側に降りてバスで市街地に戻ることも想定。

内容/
この日はいよいよ比良山地の最高峰の武奈ヶ岳に登ることにする。
春~秋はハイカーで激混みのようだし(それに鯖街道側はヤマビルやスズメバチが結構見受けられるようだし)、真冬は当然雪が深く積もるため初めての武奈ヶ岳が雪山ハイクというのもちょっと不安ということで、紅葉が殆ど終わり、かつ雪が降る前の12月初旬の今日に狙いを定めていた次第。
コースは琵琶湖側からのピストンとする。ネットで調べる限り、鯖街道側のほうが雰囲気が良さそうだし、距離も短くて良さそうだ。しかし鯖街道側から登るにはバスで近くまで行く必要が有り、そのバスは週末になると激混みの様子。比良山地の山に登るハイカー達だけでなくて京都北山側に登るハイカー達も多いので混んでしまうようだ。混んでいるバスは嫌いなのでなるべく避けたくて琵琶湖側から登ることにした次第。JR湖西線の比良駅からスタートすることになる。そしてピストンでまた比良駅に戻ることにする。但し、距離が長いので万一何かトラブルが有って山頂到着が遅れたら、山中で日没は嫌なので歩行距離が短い鯖街道に降りてバスで帰るつもり(混むだろうがいたしかた無し)。尚、雰囲気が良さそうな鯖街道側からのハイクはまた次の機会にするつもり(もうこの時点で1年半後に横浜に引っ越す予定がはっきりしていたのでもうャンスは無いかもと思っていたが・・・結局その通りになったwww)。
また、琵琶湖側からピストンにするにしても今回は北比良峠まで往復共ダケ道を使うことにする。青ガレ経由のほうが楽しそうだが、ややリスキーのようだ(推奨はされていない)。でも人気は有るのでハイカーが多めのようだ。ダケ道はリスクの少ない下山用として使われることが多いみたい。しかし今回はリスクを極力少なくするため、かつ人が多いのは苦手なのでダケ道だけを使う。青ガレは武奈ヶ岳でなくても近くの他の山に登る際に使えるので、その時に取っておくことにする(その機会ももう有りそうになかったのだがねwww)。
そういうわけで、歩行距離は長いもののなるべくローリスクかつ人が少ない、琵琶湖側からダケ道経由でピストン・・・にする次第。

自宅をまだ暗い5:10に出発。
電車を乗り継いでJR湖西線で比良駅に向かう。
車窓に比良の山々(下の写真)。

20131201hike (1)

比良駅には8:08に到着。
一緒に降りるハイカーが10名程。武奈ヶ岳に登る感じではなく、どうやら堂満岳のほうみたい。

20131201hike (2)

比良駅からはその堂満岳を含めて山並みがよく見える。

20131201hike (3)

武奈ヶ岳山頂は西側の鯖街道側に近いので、最高峰ながら比良駅からは頂きがちょっと見えないようだ。

20131201hike (4)

釈迦岳のほうも見える。

20131201hike (5)

GPSやらドリンクやらを準備して8:16に駅を出発。
少しだけ下り方面(北)へ線路高架下を進む。

20131201hike (6)

最初に出くわす交差点を左折(下の写真の黄色の矢印)。

20131201hike (7)

比良の山に向かってまっすぐ進む。

20131201hike (8)

樹下神社前に突き当たると、そこは左右にR161が走っている。
ここを右折(下の写真のAへ)。

20131201hike (9)

少し歩いた所で道路を渡り、左の脇道へ入る(下の写真の黄色の矢印)。

20131201hike (10)

まずはイン谷口を目指す。
ちなみにほかにも幾つか道があるようで、これが最短ではないかも知れない。

20131201hike (11)

小道を進む。

20131201hike (12)

舗装路は左へカーブしているが(下の写真のB)、直進してダートへ入る(下の写真のA)。

20131201hike (13)

落ち葉を踏みながら進む。

20131201hike (14)

イン谷口までこんな感じなのかな~??

20131201hike (15)

いや、また舗装路に出た(下の写真)。
ここを直進。
別のルートと合流したのかも。

20131201hike (16)

舗装路を進むと滋賀バイパスの高架が見えてくる。

20131201hike (17)

ランプが近くに有って車が右から降りてくる。
注意しながら横断して高架下を抜ける。

20131201hike (18)

抜けたら突き当りを右へ(下の写真の黄色の矢印)。

20131201hike (19)

まだ舗装路。

20131201hike (20)

ちょっと登り勾配気味。

20131201hike (21)

舗装が少しずつ荒れてきた感じ。

20131201hike (22)

そしてダートへ・・・。

20131201hike (23)

トレイルっぽい。

20131201hike (24)

まだ山に入っていないのに。

20131201hike (25)

分岐だ(下の写真)。
なるほど、いつか堂満岳に登るときはここでBへ行けばよいのね。

20131201hike (26)

今回は直進してAへ。

20131201hike (27)

緩い登りを進むと、ガードレールが見えてくる。

20131201hike (28)

橋を渡る。
先は舗装路だ。

20131201hike (29)

なるほど、ここがイン谷口の前だな(上の写真)。時刻は8:46。
Bからも北比良峠,武奈ヶ岳へ登れるようだ。

20131201hike (30)

Cはどうでも良いwww
ちなみにB↔Cはr322として県道指定されている。

20131201hike (31)

大山口に向かうので左折してAへ(下の写真)。

20131201hike (32)

車も通れる舗装路を登る。

20131201hike (33)

まだ山の中に入った気がしない。

20131201hike (34)

右に駐車場、左にはトイレですな(下の写真)。

20131201hike (35)

駐車場を過ぎるとダート。

20131201hike (36)

否、一部舗装されている。

20131201hike (37)

それも無くなり・・・。

20131201hike (38)

落ち葉に埋もれているが、下はちょっとガレている感じ。

20131201hike (39)

緩い登りを進んでいく。

20131201hike (40)

まだ先が開けている。

20131201hike (41)

あれ、またちょっと一部が舗装されている。

20131201hike (42)

ん・・・、分岐っぽい(下の写真)。

20131201hike (43)

ここが大山口だな(下の写真)。時刻は9:10。

20131201hike (44)

魅力的な気がする左のAの青ガレ・・・(下の写真)。

20131201hike (45)

でもここは予定通りに右のBのダケ道へ向かう(下の写真)。

20131201hike (46)

川を渡る。

20131201hike (47)

この水は琵琶湖に注がれるわけね。

20131201hike (48)

比良の山も水源の一つか・・・。

20131201hike (49)

河原の向こうの木の幹に赤色のテープが見える(下の写真)。

20131201hike (50)

つられてあちらに行くと、いよいよ山の中へ入る。

20131201hike (51)

斜面をウネウネと登っていくようだ。

20131201hike (52)

そこそこ急登。

20131201hike (53)

ちょっとガレた感じになっていて、平らで分かりやすいトレイルという状態ではない。

20131201hike (54)

ルート・ファインディングにちょっと悩む。
こんな始まったばかりで悩むとは・・・。

20131201hike (55)

このまま行くんだな。

20131201hike (56)

分かりやすくなった。

20131201hike (57)

もう大丈夫。

20131201hike (58)

安堵。

20131201hike (59)

何度か折り返しながら登っていく。

20131201hike (60)

あそこがカモシカ台というちょっと広い所(下の写真)。
実はこの時には何も気づかずにスルーし、のちの下山の際にカモシカ台の場所に気づくことになる。

20131201hike (61)

そういうわけで、そそくさと先へ・・・。

20131201hike (62)

ガレが無くなって歩きやすくなった。

20131201hike (63)

でも必要以上には整えられていなので、丁度いい塩梅。

20131201hike (64)

朝の木漏れ日が射し込むようになってきた。

20131201hike (65)

どんどん登りまする。

20131201hike (66)

溝状のトレイルが続く。

20131201hike (67)

切通し気味だ。

20131201hike (68)

確かにあまり特徴出来ではない、どこにでも有るようなトレイルですな。

20131201hike (69)

故にあまり登りルートとしては人気が無いのかな。

20131201hike (70)

その代わり、下りは楽そうだけれども。

20131201hike (71)

切通しを突破。

20131201hike (72)

サクサク行かないとね。

20131201hike (73)

人と出くわさんな~。

20131201hike (74)

やっぱり皆、ダケ道はスルーか・・・。

20131201hike (75)

まぁ、でも僕は余計なことを考えずにただ歩くのが好きなので、単純なトレイルでも退屈はしないけど。

20131201hike (76)

むしろリラックスできるからいいよ。

20131201hike (77)

お!とうとうハイカー発見。

20131201hike (78)

写真の物差し代わりになっていただきましょう。

20131201hike (79)

人が写真に写っていると、トレイルの幅とか、距離感とか、勾配までぐっと分かりやすくなるんでね。

20131201hike (80)

たぶんあそこ(下の写真)、武奈ヶ岳じゃね?(間違っていたら失礼)

20131201hike (81)

途中で先行のハイカーさんに追いついてしまい、先を譲られてしまったwww
これでまた物差し・・・否、人がいない写真が続きそう。

20131201hike (82)

結構な急勾配だ。

20131201hike (83)

先を譲られた以上、追いつかれないように速めに登ったりしてwww

20131201hike (84)

サクサクと登る。

20131201hike (85)

転ばないようにしつつも、いつもよりはペース早め。

20131201hike (86)

なにせ駅↔山頂間で往復20km弱だからな。

20131201hike (87)

午前中に登頂したいところだ。

20131201hike (88)

サク・・・

20131201hike (89)

サクサク・・・

20131201hike (90)

サクサクサクと登っていく。

20131201hike (91)

かと言って、石がごろごろしている所も散見されるので、変に踏まないようにしないと。

20131201hike (92)

捻挫はしたくないし・・・。

20131201hike (93)

少し勾配が緩くなった。

20131201hike (94)

尾根道に上がったかのような感じ。

20131201hike (95)

勾配が緩々。

20131201hike (96)

もうすぐ北比良峠だな。
ダケ道も終わりになる。

20131201hike (97)

向かいの岩肌も垣間見える。

20131201hike (98)

思いっきりコル。

20131201hike (99)

コルになったり、切り通しになったり・・・。

20131201hike (100)

また少し登り勾配が出てきた。

20131201hike (101)

やっぱ長く感じるな~、ダケ道。

20131201hike (102)

帰りはもっとサクサクと下っちゃおう。
でもこういう場所は気を付けないとな。

20131201hike (103)

下りで石を踏んで、石が動いて足首をグキッ・・・なんて最悪だからな。

20131201hike (104)

逆に何もとっかかりがないざらざらした斜面は滑りそうだし。

20131201hike (105)

ま・・・あんまり下りのことを心配するよりも、今は登りだ。

20131201hike (106)

更に急勾配。

20131201hike (107)

ん?道標が見えてきた(下の写真)。

20131201hike (108)

神禰の滝経由のルートとここで合流するのか。

20131201hike (109)

初めのイン谷口でまっすぐBを進んでいたら神禰の滝経由でBからここに出てくることになるわけだ。
Bを覗くとあちらも急勾配だな(下の写真)。

20131201hike (110)

少し北西側が開けていて武奈ヶ岳が見える(下の写真の右手奥の山)。
まだ結構距離が有りますな~。

20131201hike (111)

で、ここの分岐でC→A。

20131201hike (112)

ここを登れば北比良峠までは割と平坦に近いようだ。

20131201hike (113)

あそこが北比良峠か・・・(下の写真)。

20131201hike (114)

その向こうが武奈ヶ岳か。

20131201hike (115)

下を覗くと・・・落ちたら終わりだな。

20131201hike (116)

尾根道を進む。

20131201hike (117)

細めのトレイルを抜けると・・・。

20131201hike (118)

整備されたトレイルに・・・。

20131201hike (119)

ようやくダケ道も終わりだ。

20131201hike (120)

なかなか長かったな。
この先もまだ長いがな・・・。

20131201hike (121)

お・・・あそこだな。

20131201hike (122)

北比良峠に到着(下の写真)。

20131201hike (123)

時刻は10:23。悪くないペースだ。

20131201hike (124)

この峠は広いな~。

20131201hike (125)

琵琶湖を見下ろせる。

20131201hike (126)

近江舞子付近が見える。

20131201hike (127)

雄松崎と内湖ですな。

20131201hike (128)

対岸もうっすらと見える。

20131201hike (129)

振り返れば目的の武奈ヶ岳が遠くに見える。

20131201hike (130)

さて・・・どっちへ行くんでしょうね。

20131201hike (131)

あっちじゃない(下の写真)。

20131201hike (132)

あっちかな(下の写真)。

20131201hike (133)

ケルンの横を通り・・・。

20131201hike (134)

あそこだ(下の写真)。
次は八雲ヶ原を目指す。

20131201hike (135)

小高い丘の横を通る。

20131201hike (136)

平坦から下りに変わる。

20131201hike (137)

登ったのに勿体無いが、峠なので致し方無しwww

20131201hike (138)

下り勾配が急になってきた。

20131201hike (139)

なんか歩きにくい道になった。
一番底を歩くと足が嵌る。股を少し開いて歩く。

20131201hike (140)

急カーブ&急下り。

20131201hike (141)

雨水で出来た溝かな~??

20131201hike (142)

復路で登るときにもちょっと大変そう。

20131201hike (143)

ただガレてはいないので歩みは速い。

20131201hike (144)

もうすぐ下りが終わるな。

20131201hike (145)

平坦になった。

20131201hike (146)

板が敷かれている。

20131201hike (147)

ヌタり易いのかな?

20131201hike (148)

平坦は続く。

20131201hike (149)

と思ったら、ちょっと下り勾配。

20131201hike (150)

道標だ(下の写真)。
金糞峠との分岐か・・・。

20131201hike (151)

武奈ヶ岳方面へ少し進むと・・・。
八雲が原湿原を指す道標(下の写真)。

20131201hike (152)

左手の道に入る。

20131201hike (153)

この辺に来るとハイカーさんも散見されてくる。

20131201hike (154)

ここは堂満岳~釈迦岳間の尾根と武奈ヶ岳~釣瓶岳間の尾根との間に存在するちょっと広い谷間ってところだな。

20131201hike (155)

道標が壊れているし・・・。

20131201hike (156)

八雲ヶ原湿原に到着。時刻は10:36。

20131201hike (157)

板で通路が作られている。

20131201hike (158)

湿原らしいね。

20131201hike (159)

結構広いので、一本道ではなくて散策路が巡らされているようだ。

20131201hike (160)

でも時間が心配なので、さっさと抜けていこう。

20131201hike (161)

ススキの間のトレイルを進む。

20131201hike (162)

この後はまた尾根に上がるまで登りメインになりそうだな。

20131201hike (163)

道標を発見(下の写真)。

20131201hike (164)

このススキの斜面(下の写真)を登るわけではなく、その下を左手に斜面を見ながら林の中に入っていく。

20131201hike (165)

湿原から離れてまた林の中へ。

20131201hike (166)

ちょっとジメッとしたトレイルだな。

20131201hike (167)

日差しもあまり射さない。

20131201hike (168)

まだ登り一辺倒というわけではないのね。

20131201hike (169)

とりあえず、次の目的地はイブルキノコバという場所らしい。

20131201hike (170)

イブルキノコバ・・・ってどういう名前の意味?

20131201hike (171)

などと考えながら先へ・・・。

20131201hike (172)

あとで調べればいいでしょう(結局調べないwww)。

20131201hike (173)

細い沢をさっきから何回か渡っている。
いや・・・沢という程でもない、少し水が流れた跡が有るくらい。

20131201hike (174)

ボロボロですな(下の写真)。

20131201hike (175)

まだ登りにならない。
イブルキノコバまでこんな感じか?

20131201hike (176)

ヌタってますな。

20131201hike (177)

アップダウンを繰り返しながらもあまり上がっていない状態で・・・、

20131201hike (178)

イブルキノコバに到着(下の写真)。時刻は10:50。

20131201hike (179)

武奈ヶ岳方面と広谷方面に分かれる。
イブルキノコバと登山本には書かれていたが、“イブルキ”の“コバ”なんですな。

20131201hike (180)

さて・・・武奈ヶ岳は沢沿いに登っていくようですな(下の写真)。

20131201hike (181)

沢を渡ると、沢を上がっていくように道標が置かれている(下の写真)。

20131201hike (182)

何度か沢を渡り返さないといけないようだ。

20131201hike (183)

沢からちょっと離れたり・・・。

20131201hike (184)

またくっついたり・・・。

20131201hike (185)

また離れたりを繰り返しながら登っていく。

20131201hike (186)

そしてトレイルが途切れたら沢の対岸を見ると続きを発見できる。それで沢を渡る・・・という具合。

20131201hike (187)

いつまでも沢を登るようではないので、その離れるポイントを見落とさないようにしないとな。

20131201hike (188)

まぁ、道標が有るので大丈夫でしょう。何よりも無敵のGPSも有るし。

20131201hike (189)

赤色のテープも有るし・・・。

20131201hike (190)

足元に気を付けながら登っていく。

20131201hike (191)

八雲ヶ原を離れたらまたハイカーに会わなくなったな。

20131201hike (192)

武奈ヶ岳ではなくて広谷方面に行く人も多いのかな?

20131201hike (193)

歩きやすい区間も有る。

20131201hike (194)

こういうところはペースが速まる。

20131201hike (195)

と思っていると、また石ゴロゴロ。

20131201hike (196)

ひたすら沢沿いに登る。

20131201hike (197)

そろそろ沢から離れるとは思うのだが・・・と、ちょっと不安になっていると矢印を発見(下の写真)。

20131201hike (198)

安心して先へ・・・。

20131201hike (199)

薄暗い沢歩きだったのが、ここに来て陽が当たって明るくなってきた。
ん?道標(下の写真)。

20131201hike (200)

傾いてはいるが・・・。

20131201hike (201)

ここで沢から離れるようだ。
傾いていても方角は合っていると信じよう。

20131201hike (202)

一応ちゃんとトレイルもはっきりしているしな。

20131201hike (203)

下の写真ではちょっと分かりにくいが、崩落しかけている場所も有る。
ロープが張られている。

20131201hike (204)

慎重に通り越して先へ・・・。

20131201hike (205)

もう水の気配が無くなり、沢から完全に脱出。

20131201hike (206)

緩い登り勾配が続く。

20131201hike (207)

沢の有る谷から脱し、緩めの斜面を峠を目指して登っているような感じだ。

20131201hike (208)

すると・・・沢歩きでは全く人の声が聞こえていなかったが、後ろから集団の声が・・・。

20131201hike (209)

子供がたくさんいるみたい。凄いスピードで上がってきたので先を譲ることにし、挨拶しながらスルー。
挨拶はしていても、内心、武奈ヶ岳山頂でこの集団とまた出くわして・・・山頂の写真とか撮れるかな~と心配し、嫌~な気持ちになっている・・・というのが正直なところwww
複数の比較的若い大人が引率して合わせて20人くらいいるのではないかと・・・。
子供も年齢層が広いようで、小中高と万遍無くいそう。男女混合。大人も20歳~40歳台くらいまで幅広く、こちらも男女混合。複数の家族が集まって登っているのか・・・???

20131201hike (210)

後を追うように先へ・・・。あんまり彼らにぴったりくっつくと、彼らの登頂直後にこちらが着くことになって山頂での撮影が難しくなりそう。なので少し間を開けるように進む。

20131201hike (211)

消えた・・・。

20131201hike (212)

あれ・・・あのハイペースについていけなかったような人も・・・。

20131201hike (213)

あんなに急いだらそりゃこの辺で疲れる人もいるわな。

20131201hike (214)

リーダー、ちゃんと気配りしなさいよ。

20131201hike (215)

などと突っ込んでいると、トレイルが随分と整備された感じに・・・。

20131201hike (216)

ほら、女子・・・置いていかれたみたいですな。

20131201hike (217)

女子のペースが戻るまで僕は更にペースダウン。彼ら全員を早く先に行かせてしまいたい。
コヤマノ岳分岐に到着(下の写真)。時刻は11:18。

20131201hike (218)

だいぶ近づいたぞ、武奈ヶ岳(下の写真)。
北比良峠辺りでは随分と遠くに見えたものだがな。ちゃんと進んでいるんだな(当たり前)。

20131201hike (219)

ん・・・いるいる。山頂に人がいる(下の写真)。
あのくらいの人数ならまだ良いが、さっきの大集団があそこに現れるのか・・・。

20131201hike (220)

山頂にはちょうど昼食のタイミングで着きそうだから、こりゃ~混むな。
やっぱりいつ来ても混みそうだな、武奈ヶ岳は・・・。
先へ・・・。

20131201hike (221)

“急がずに”先へ・・・。
本当は急ぎたいけどね。

20131201hike (222)

歩きやすい平坦なトレイルが続く・・・。

20131201hike (223)

やがて急な登りに差し掛かる。

20131201hike (224)

おそらく最後の一登りだな。

20131201hike (225)

溝状の急勾配をウネウネと登っていく。

20131201hike (226)

また別のハイカーさんに追いついた。

20131201hike (227)

抜かすべきところではないので後ろについて上がる。
鎖が有る。

20131201hike (228)

鎖をちょっと触りながら登っていく。

20131201hike (229)

写真でも伝わる急勾配だ。

20131201hike (230)

あ・・・あの大集団に追いついちゃう。

20131201hike (231)

しゃぁないな、尾根に出たらまた差を広げるかwww

20131201hike (232)

もうすぐ尾根だな。

20131201hike (233)

周りも一気に開けた。

20131201hike (234)

おぉ・・・。写真ではこんなものだが、肉眼ではもっと良い。

20131201hike (235)

尾根に出た。西南稜と合流。

20131201hike (236)

時間稼ぎのつもりでのんびりと西南稜の遠くを見る(下の写真)。
この高さまで来ると、なかなかいい眺めだ。
くどいようだが、肉眼ではもっとくっきりと綺麗で広大ですよ。

20131201hike (237)

山頂のほうを見る(下の写真)。

20131201hike (238)

いるいる・・・あの大集団が山頂で記念撮影をしているみたい。

20131201hike (239)

僕が山頂に着くまでに彼らが散らばってくれることを望みながら、とってもゆっくりとあと少しの斜面を登っていくwww

20131201hike (240)

もう山頂に着くぞ・・・散らばり始めたか?(頼む)

20131201hike (241)

そして・・・
武奈ヶ岳山頂に到着。時刻は11:27。

20131201hike (242)

標高1214mか~~。
登頂成功のイェ~イ。周りにたくさん人がいるけどなwww

20131201hike (243)

そのすぐ傍らに三角点。

20131201hike (244)

はい、お約束のイェ~イ。
他にも撮影したい人がいそうなので瞬撮気味www

20131201hike (245)

石仏も有るね。

20131201hike (246)

さて、あまり山頂でウロウロできる雰囲気ではないので、ちょっと離れるか・・・。

20131201hike (247)

ちょっとだけ釣瓶岳方面へ向かう北稜に入る。

20131201hike (248)

比良の最高峰だけに360度展望が望める。

20131201hike (249)

この写真では伝わらない広さ。

20131201hike (250)

皆が惹かれるわけだ。

20131201hike (251)

京都北山方面も凄いな(下の写真)。

20131201hike (252)

比良山地は南北に長いけど、京都北山は広がりが凄いな。

20131201hike (253)

この景色を眺めながら昼食タイム。

20131201hike (254)

展望重視派ではないが、これは流石になかなか感動ものですな。

20131201hike (255)

1000mちょっとでこれだけ見られるんだからいいよな。

20131201hike (256)

登ってよかった~。

20131201hike (257)

あちらの山にもいつか行きたいな~。

20131201hike (258)

さて、食べ終わって一休みしたのでそろそろ下山するか・・・。
まだ周りが昼食タイムのうちに下山を開始したほうが良さそうだ。

20131201hike (259)

山頂も入れ代わり立ち代わりハイカーが来るね。

20131201hike (260)

ちょっと名残惜しい場所だが・・・。

20131201hike (261)

目に焼き付けておこう。

20131201hike (262)

↓京都北山方面だけパノラマ写真(クリックすると別ウィンドウで拡大されます)。
↓360度パノラマは山頂に立たないと無理だった。どうしても人が写っちゃうんで・・・。

20131201hike_wide_1

では、下山。
西南稜から急下りへ・・・。

20131201hike (263)

3人くらいの若者が先行している。

20131201hike (264)

彼らのペースが速いので追いつかず離れずで丁度良さそうだな。
先ほどの急斜面(下の写真)。ここは慎重に下る。

20131201hike (265)

なんにしても下りだから慎重に進まないと。
まだ正午前だから全然余裕で駅に着けるしな。

20131201hike (266)

思ったよりハイペースで余裕だったぜ~。

20131201hike (267)

おっと・・・まだ下り始めたばかりなのでそういうことは言わないでおこう。そういう発言は事故フラグを立てるwww
コヤマノ岳分岐に戻ってきた(下の写真)。時刻は11:49。

20131201hike (268)

沢までは歩きやすい。

20131201hike (269)

その沢下りに突入(下の写真)。

20131201hike (270)

ここは慎重に・・・。
先ほどの若者達もペースダウンして慎重に下っているようだ。

20131201hike (271)

一度でも通るとすんなりとルートが見つかるな。

20131201hike (272)

イブルキノコバまで戻った(下の写真)。時刻は12:11。

20131201hike (273)

平坦に近くなったが、ヌタっているので滑らないように慌てず進む。

20131201hike (274)

時間には余裕が有るからな。

20131201hike (275)

八雲ヶ原まで戻ってきた。時刻は12:22。

20131201hike (276)

まだ先は有るのに、なんか落ち着いちゃう気分になるススキの原っぱ。

20131201hike (277)

少し回り道して散策。

20131201hike (278)

往路ではそそくさと通過しちゃったからね。

20131201hike (279)

湿原を渡る。

20131201hike (280)

では、続きへ・・・。
北比良峠へ向かう。今度は登りだ。

20131201hike (281)

登りでもここはやっぱり歩きにくいな。

20131201hike (282)

そして・・・北比良峠が見えてきた。

20131201hike (283)

北比良峠まで帰ってきた(下の写真)。時刻はまだ12:37。

20131201hike (284)

どこからかオカリナの音が聞こえるな・・・。

20131201hike (285)

こういう所で吹くと気持ち良さそう。

20131201hike (286)

復路でもう一度近江舞子を見下ろす。

20131201hike (287)

20131201hike (288)

では、長いダケ道へ・・・。

20131201hike (289)

振り返ると武奈ヶ岳(下の写真)。
随分と離れたな。

20131201hike (290)

先へ・・・。

20131201hike (291)

気持ち良いコルを通り・・・。

20131201hike (292)

ダケ道に突入。

20131201hike (293)

やっぱり下りのほうが足元の影響大。

20131201hike (294)

長い距離だが、時間に余裕が有る(有り過ぎる)ので慌てずに下る。

20131201hike (295)

カモシカ台まで下った(下の写真)。
往路の際に書いたが、ここがカモシカ台とは帰りに気が付いた。
名前からすると展望が良さそうだが、別にさほどでもという感じ。なので、写真は無し。

20131201hike (296)

引き続き下り。

20131201hike (297)

途中で下山中の父娘連れ三人を追い抜いてご挨拶。

20131201hike (298)

抜いちゃうと結構ペースを上げちゃう。
また追いつかれるとなんか恥ずかしいからwww

20131201hike (299)

どんどん下っていくと何となく水の音が聞こえてくる。

20131201hike (300)

大山口が近いな。

20131201hike (301)

意外と転倒のリスクが有りそうな場所だ。

20131201hike (302)

そして急下りが終わり、朝に見たような景色が・・・・。

20131201hike (303)

川を渡ると・・・。

20131201hike (304)

向こうの道標の有る場所が・・・(下の写真)。

20131201hike (305)

大山口まで帰還(下の写真)。時刻は13:31。
ダケ道の下りは1時間近くかかった。やっぱり長いわ。

20131201hike (306)

もうここまで来れば安心。

20131201hike (307)

あとは普通の町歩きレベルの道。

20131201hike (308)

紅葉が残っている。

20131201hike (309)

朝も通ったが、紅葉を見る気持ちの余裕は無かったなwww

20131201hike (310)

緩い下りを進む。

20131201hike (311)

時々上のほうを見ながらね・・・。

20131201hike (312)

20131201hike (313)

どんどん勾配が緩くなる。

20131201hike (314)

舗装路に入る。

20131201hike (315)

イン谷口の前まで来た(下の写真)。時刻は13:50。
往路ではD→A(紫色の矢印)。この復路ではA→D(黄色の矢印)。

20131201hike (316)

ダートへ。

20131201hike (317)

おまけのダート歩きって感じ。

20131201hike (318)

いったん舗装路に出て・・・。

20131201hike (319)

滋賀バイパスまで見えてきた。

20131201hike (320)

滋賀バイパスをくぐって先へ・・・。
同じく駅へ帰るハイカーさんが前に見える。

20131201hike (321)

R161に出る(下の写真)。

20131201hike (322)

手前に田畑。向こうにJR湖西線の高架と琵琶湖が見える。

20131201hike (323)

比良駅が見える(下の写真)。あそこがゴール。

20131201hike (324)

R161を離れて駅へ・・・。

20131201hike (325)

振り返ると、比良の山。
また来るよ~~。

20131201hike (326)

そして・・・比良駅に帰還。ここでゴール。
時刻は14:23。

20131201hike (327)

比良駅帰還は16:00を回るだろうと思っていたのに、断然早く着いた。

あとは電車に乗り込み、一路大阪市内へ・・・。
16:30に無事帰宅。まだ明るいうちに帰ってこられた。

こうして比良山地最高峰の関西低山屈指の人気の山、武奈ヶ岳ハイクを終え、兎に角大満足。
コースは本来あまり面白くないと思われる琵琶湖側からダケ道経由のピストンだったが、歩く行為そのものを重視している僕としては充分。そして本来展望重視派ではない僕も感動できる武奈ヶ岳の山頂の展望も素晴らしかった。
またいつか登る機会が有れば今度は鯖街道側から登ってみたいと思う(実際には今はもう横浜に引っ越したのでほぼ無理になったが・・・)。

初めての武奈ヶ岳・・・とっても良かった~。
_

コース概略/
(自宅(5:10)→○○線・△△駅→□□駅→(徒歩)→JR京都線・▽▽駅→京都駅→)
JR湖西線・比良駅(8:16)→樹下神社前→R161→未舗装路→滋賀バイパス高架下→イン谷口(8:46)→大山口(9:10)→ダケ道→北比良峠(10:23)→八雲ヶ原(10:36)→イブルキノコバ(10:50)→コヤマノ岳分岐(11:18)→東斜面分岐→武奈ヶ岳山頂(11:27)→東斜面分岐→コヤマノ岳分岐(11:49)→イブルキノコバ(12:11)→八雲ヶ原(12:22)→北比良峠(12:37)→ダケ道→大山口(13:31)→イン谷口(13:50)→滋賀バイパス高架下→未舗装路→R161→樹下神社前→JR湖西線・比良駅(14:23)
(→JR湖西線・比良駅→京都駅・JR京都線→▽▽駅→(徒歩)→○○線・□□駅→△△駅→自宅(16:30))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20131201map

GPSデータ/
歩行距離/19.7km
歩行時間/4hr54min
停止時間/1hr13min
最高速度/12.2km/hr
移動平均速度/4.0km/hr
全体平均速度/3.2km/hr
標高差/1126m
総上昇量/1359m
最高標高/1214m(武奈ヶ岳山頂)
積算歩行距離/568km
積算総上昇量/28559m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20131201graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20131201bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« チャズー お誕生日おめでとう 2015.10.08 | Top Pageチルにはびっくりぽんや~ »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/62223291

この記事へのトラックバック一覧です: 武奈ヶ岳ハイキング 2013.12.01: