« ブランコでセルフカキカキ | Top Page高畑山~倉岳山ハイキング 2015.10.14 »

2017年2月11日 (土)

大丸山~円海山ハイキング 2015.10.09

年月日/2015年10月9日(金)

山地名・地域/三浦丘陵

天候/晴れ

目的/三浦丘陵の北端、横浜の南に位置する大丸山と円海山を繋ぐトレイルを歩く。

ポイント/ハイク用の服装や装備をせずに町散歩程度の服装。

内容/
3日前にハイクに出掛けた後(「岩殿山ハイキング 2015.10.06」参照)、洗ったトレッキングシューズの防水が完了していないのだが、天気が良いので、トレッキングシューズで無くても歩けそうな場所へでかけようと検討した。結果、横浜市最高峰の大丸山と近くの円海山を繋ぐトレイルを歩くことにした。大丸山~円海山辺りは複数の自然公園や緑地が密接していて、それを繋ぐようなトレイルになっているらしく、自然公園の遊歩道のようなので、トレッキングシューズでなくても大丈夫そうだ。
(注:大丸山は横浜市最高峰ではあるが、ピークとして最高峰であって、横浜市最高標高地点ではない。横浜市最高標高地点は大丸山から南西約2kmの、大平山(鎌倉市)に通じる尾根上「天園」に有る。)
そういうわけでシューズは街歩き用のハイカットブーツ、服装も街歩きの時の服装、リュックは担がずに小さなショルダーバッグという、ハイカーを感じさせない外見で出かけることにする。勿論GPSとカメラは持っていくが・・・。

自宅を10:15に出発。
最寄り駅から電車に乗ってJR根岸線・港南台駅に到着。時刻は11:17。
たぶん港南台駅に降りたのは初めてだと思う。

南口(下の写真)から出てGPSとカメラとドリンクを準備し、11:21にスタート。

20151009hike (1)

最初に大丸山に登るため、大丸山のある「金沢市民の森」へ向かう。
いつものハイキング記事であれば、大事な分岐に差し掛かる度にどの道へ入るのかを紹介するところだが、街中を歩く区間で同じように紹介しているとたいへんなので、省略。記事の最後のほうに軌跡を描いた地図をアップしているので、あちらを参照のこと。

20151009hike (2)

ひたすら南下して庄戸の住宅街を通過。

20151009hike (3)

ようやく「金沢市民の森」の入口に到着(下の写真)。時刻は12:16。

20151009hike (4)

横浜自然観察の森」の道標が立っている(下の写真)。この辺りは色々な自然公園が隣接していて「横浜自然観察の森」もその一つ。入口も共有化されているのだろう。

20151009hike (5)

ゲッ・・・、スズメバチですと!(下の写真)
今は10月上旬で、スズメバチが一番攻撃的な時期じゃんか~~(・。・;

20151009hike (6)

気を付けて進まないといけないな・・・。
階段を上る。

20151009hike (7)

結構長い。

20151009hike (8)

これで標高を稼げちゃうな。

20151009hike (9)

階段を上り切るとダートになり、左右に分岐(下の写真)。

20151009hike (10)

大丸山へは右のA10へちょっと進む。
すると、すぐに左手に手すりが見える(下の写真)。

20151009hike (11)

ここが大丸山への入口(下の写真)。

20151009hike (12)

階段を上る。

20151009hike (13)

丸太の土留め階段。

20151009hike (14)

階段を上り切ると先のほうが開けていて、人が大勢いる。

20151009hike (15)

ハイカー集団だな。鎌倉方面から歩いてきている人達かも。昼食中だ。
で、ここが大丸山山頂。時刻は12:22。

20151009hike (16)

山頂に標柱と三角点。
標柱には「横浜市最高峰 大丸山 156.8m」と書かれている。

20151009hike (17)

その傍らに四等三角点。

20151009hike (18)

登頂成功のイェ~~イwww
周りに人が多くて正直恥ずかしい(←自意識過剰・・・ホントは誰も気に留めていない)。

20151009hike (19)

ここから東京湾方面の眺望が有る。

20151009hike (20)

横須賀港や三浦半島観音崎方面(下の写真)。

20151009hike (21)

水平線の上にうっすらと房総半島が見える。

20151009hike (22)

八景島シーパラダイス方面(下の写真)。

20151009hike (23)

割れたピラミッドのような建物はアクアミュージアム。

20151009hike (24)

金沢区の住宅地が良く見える。

20151009hike (25)

三渓園が有る辺りの中区の臨海地区も見えるな(下の写真)。

20151009hike (26)

では、大丸山を降りましょう・・・。
先程の階段を降りて分岐に戻る(下の写真)。

20151009hike (27)

先程は上の写真の紫色のように折り返して登ったが、これを逆に黄色の矢印のように進む。
そのすぐ先が最初の長い階段の上の分岐(下の写真の左奥)で、階段を左手に流して進む。

20151009hike (28)

次は円海山のほうへ向かう。北進する感じ。

20151009hike (29)

お気楽な散策路風のトレイルが続く。

20151009hike (30)

路面よりもスズメバチに注意しながら進む。なにせ今日は黒っぽい色のジーパンとブーツだからな・・・。

20151009hike (31)

木々の間からちょっと麓が見える。

20151009hike (32)

20151009hike (33)

住宅が密集。

20151009hike (34)

木漏れ日の中を進んでいく。

20151009hike (35)

時々麓を見ながら・・・。

20151009hike (36)

フラットな道がずっと続く。

20151009hike (37)

写真には写っていないが、結構人に出会う。ハイカーらしい人もいれば散策風の人もいる。

20151009hike (38)

分岐か・・・(下の写真)。
円海山へは左のA。

20151009hike (39)

引き続きお気楽フラット・トレイルが続く。

20151009hike (40)

自分の住んでいる近くにこういう所が有ったら散歩に良いですな。

20151009hike (41)

でも、地元だと案外と歩かなかったりしてね。

20151009hike (42)

また分岐(下の写真)。
ここは円海山の有る「いっしんどう広場」方面のA6へ。

20151009hike (43)

先へ・・・。

20151009hike (44)

お・・・、ちょっと下り。

20151009hike (45)

でも普段の山道のような険しさとは無縁。

20151009hike (46)

アップダウンが急な所は木橋が架けられている。

20151009hike (47)

どんどん進みます。

20151009hike (48)

急ぐことは無いんだけどな。

20151009hike (49)

また分岐(下の写真)。ここはまっすぐA。

20151009hike (50)

ちょっとだけ木の根が這う部分も有るが・・・、相変わらずの整備充実のお気楽トレイルが続く。

20151009hike (51)

切り通しの登り。

20151009hike (52)

すぐに登り勾配は終わりそう。

20151009hike (53)

再びフラット。

20151009hike (54)

ボ~ッと歩けるのがいいね・・・と書きたいところだが、実はスズメバチにびくつきながら歩いている。今のところそれらしき物は見掛けないが・・・。

20151009hike (55)

切通しが終了して再び両側が木々の尾根道。

20151009hike (56)

ノンビリと進む。

20151009hike (57)

分岐ですな(下の写真)。ここも直進のA。

20151009hike (58)

もうすぐ「いっしんどう広場」だろう。

20151009hike (59)

先へ・・・。

20151009hike (60)

すると・・・。

20151009hike (61)

「いっしんどう広場」に到着。

20151009hike (62)

事前にネットで調査したところ、円海山の山頂には電波塔が有り、フェンスで囲まれていて対入り禁止になっているとのこと。立ち入り禁止になる前から有った展望台もフェンスの中に有って入れないとのこと。結果、“円海山に登った”=“いっしんどう広場に着いた”と置き換えられているようだ。また、円海山山頂に三角点が有り、これも当然フェンスの中らしい。
しかし少しでも山頂に近づいてみよう・・・、というわけで、広場から東へ抜ける道の途中が最も山頂に近くなるので行ってみることにする。下の写真の車止めの青色の策を抜ける。

20151009hike (63)

ダート林道風の道が伸びている。

20151009hike (64)

フラットな道だ。

20151009hike (65)

途中で舗装路になった(下の写真)。これ以上進むと山頂から離れてしまう。
円海山山頂は進行方向左手だ。

20151009hike (66)

左手の木々の間を探すと、下草に隠れた脇道を発見(下の写真)。ちょっと進んで見るとフェンスと施錠された門が有る。その奥は木々が生い茂っていてどうなっているのか分からない。結局フェンスから中を探ることは出来ず、諦めて「いっしんどう広場」に戻ることにする。時刻は13:05。

20151009hike (67)

「いっしんどう広場」まで戻り(下の写真)、港南台方面へ向かう。帰りましょう。

20151009hike (68)

広場から下る。

20151009hike (69)

少し歩くと・・・、車止め。

20151009hike (70)

ここから先は車も入ってこられる道だな。

20151009hike (71)

右手に円海山無線中継所(下の写真)。このフェンスがぐるりと円海山山頂を囲っているのだろう。門が開いているが、恐らく関係者が中に入っていると思われる。開いているからって、入ったら怒られるので入りません。

20151009hike (72)

ちょっと歩くと開けた三叉路に出る(下の写真)。時刻は13:16。

20151009hike (73)

港南台駅へは真っすぐAだ。

20151009hike (74)

左手が開けている。

20151009hike (75)

上郷町とその西の住宅地が広がっている。

20151009hike (76)

さて・・・港南台駅へ帰りましょう。

20151009hike (77)

フェンスと木々に挟まれた舗装路を進む。

20151009hike (78)

下草で結構幅員が狭くなっている所も・・・。車が来たら嫌だな。

20151009hike (79)

どんどん下っていくと・・・。

20151009hike (80)

街が見えた。
これでもうスズメバチの恐怖は無いでしょう。

20151009hike (81)

上郷町の高台の住宅地に出る(下の写真)。ここを右折。

20151009hike (82)

あとは港南台駅を目指して街歩き(もうこの先の道中は省略ということで・・・)。

20151009hike (83)

住宅街をひたすら歩き、港南台駅に着いてゴール。時刻は13:52。

20151009hike (84)

あとは電車に乗り込み、15:00に帰宅。

こうしてハイキングならぬウォーキングで緩い時間を過ごし、これはこれで満足。
今回のルートは鎌倉アルプス方面とも繋がっているので、繋げると結構充実したウォーキングになるだろう。また急にふらりとどこかを手軽に歩きたくなったら、やってみようと思う。
_

コース概略/
(自宅(10:15)→○○線・△△駅→□□駅・JR根岸線→)
JR根岸線・港南台駅(11:21)→ひばり団地前→めじろ団地前→神奈中車庫前→r23→庄戸郵便局前→庄戸小中学校入口→庄戸側登山口(12:15)→大丸山山頂(12:22)→尾根道→いっしんどう広場→円海山(山頂は閉鎖)(折り返し)(13:05)→いっしんどう広場→港南台側登山口(13:15)→港南台五丁目→めじろ団地入口→めじろ団地前→ひばり団地前→JR根岸線・港南台駅(13:52)
(→□□駅・○○線→△△駅→自宅(15:00))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20151009map

GPSデータ/
歩行距離/10.5km
歩行時間/2hr14min
停止時間/0hr17min
最高速度/14.6km/hr
移動平均速度/4.7km/hr
全体平均速度/4.2km/hr
標高差/109m
総上昇量/196m
最高標高/156m(大丸山山頂)
積算歩行距離/883km
積算総上昇量/46265m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20151009graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20151009bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« ブランコでセルフカキカキ | Top Page高畑山~倉岳山ハイキング 2015.10.14 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/64854358

この記事へのトラックバック一覧です: 大丸山~円海山ハイキング 2015.10.09: