« 金比羅山~麻生山ハイキング 2016.10.14 | Top Page高川山ハイキング 2016.11.04 »

2018年1月28日 (日)

青梅丘陵ハイキング 2016.10.20

年月日/2016年10月20日(木)

山地名・地域/奥多摩

天候/晴れ

目的/青梅丘陵を歩く。

内容/
この日は多摩川左岸のJR軍畑駅辺りから青梅駅・永山公園辺りに広がる丘陵地帯、多摩丘陵を歩くことにする。丘陵の名の通り標高の低い山が連なっているので、ピークハント気分ではなく、まさにハイキング気分で歩くことになりそうだ。
コースはJR軍畑駅側から東へ。永山公園・JR青梅駅でゴールという定番コースをとる。

自宅を8:15に出発。
最寄り駅から電車に乗り込み、何度も乗り換えしつつJR青梅線・軍畑駅に10:28に到着(下の写真)。
結構人が降りたが、明らかにハイカーに見える人は数人程度。

20161020hike (1)

GPSやカメラ等を準備し、10:29に軍畑駅からスタート。
線路に沿って上り方面へちょっと進むと・・・。

20161020hike (2)

踏切を渡る。

20161020hike (3)

道なりに坂を下っていくとr193に出合う。r193に入って左折(下の写真の下段)。

20161020hike (4)

登山口が有る榎峠を目指して登る。

20161020hike (5)

程無くして平溝通りの分岐に到着(下の写真)。平溝通りは高水三山へのハイキングコースに繋がっている。前を歩いていたハイカーさんは平溝通りに入っていった。
僕はそのままr193を進む。

20161020hike (6)

引き続き舗装路の登り。車はそこそこ通る。

20161020hike (7)

また前方にハイカー発見。5~6人のおじさんおばさんハイカーグループだ。
もうすぐ榎峠というところの手前でハイカーグループは右手の側道へ入っていく。側道をちょっと歩いてから、榎峠の青梅丘陵ハイキングコースの登山口に入るのかも知れない。

20161020hike (8)

僕はそのままr193を進む。

20161020hike (9)

榎峠に到着。時刻は10:52。
ここに青梅丘陵ハイキングコースの登山口が有る(下の写真)。

20161020hike (10)

では、青梅丘陵ハイキングを開始。

20161020hike (11)

斜面を登っていく。

20161020hike (12)

斜面自体は急。そこを九十九折れ気味に何度か折り返しながら登っていく。

20161020hike (13)

階段になっている所も有れば、そうでないところも有る。

20161020hike (14)

杉木立の中をどんどん進んでいく。

20161020hike (15)

ここはまた木階段。

20161020hike (16)

少しずつ木漏れ日の量が多くなってくる感。

20161020hike (17)

徐々に尾根に近づいているということか。

20161020hike (18)

もう先に登りが見えない。

20161020hike (19)

次は下り。尾根に着いたということだな。
ここから尾根歩きのアップダウン連続が続くということ。

20161020hike (20)

ぐ~~んと下るとフラットになり、すぐ先に登りが見える。

20161020hike (21)

尾根の登り。

20161020hike (22)

すぐにフラット。

20161020hike (23)

また登りが見える。

20161020hike (24)

登るとまたまたフラット。

20161020hike (25)

またまた・・・また登り。
木階段が無い方が自然で良いな。

20161020hike (26)

そう思っていると、木階段が見えてきたwww

20161020hike (27)

土留め状の木階段を上る。

20161020hike (28)

今度は木の根がウジャウジャ。

20161020hike (29)

また木階段。

20161020hike (30)

木の根が土の表面で密な所はそのままで、疎になると木階段を作るといった感じ。

20161020hike (31)

こういう密な所では木階段も作れんだろうしな。

20161020hike (32)

登り切った。
ハイカーおじさんが何やらリュックをごそごそ中。

20161020hike (33)

すぐに急下り。結構登っておいて、少し下る・・・下らされる。

20161020hike (34)

フラットになる。

20161020hike (35)

フラット区間は綺麗な路面ですな。

20161020hike (36)

先のほうに登りが見える。

20161020hike (37)

木階段の登り。

20161020hike (38)

木々の間をぬって上る。

20161020hike (39)

両サイドにはロープ。意図的にコースアウトしてやたら林に踏み込むことが無いにしているような感じ。直登をさせたくないという意思だな。

20161020hike (40)

フェンスのような土留めのような物も建てられている。

20161020hike (41)

ちょっとフラット区間。すぐ先にちょい登り。

20161020hike (42)

ポールとロープも張られている。

20161020hike (43)

ちょい登りを進むと・・・。

20161020hike (44)

分岐・・・というより、雷電山山頂へ立ち寄るための場所に到着(下の写真)。
コースは雷電山山頂からちょっと離れて通っているのだ。
当然雷電山山頂へ寄るのでBへ進む。

20161020hike (45)

ちょっと登っただけで山頂だ。

20161020hike (46)

雷電山山頂に到着(下の写真)。時刻は11:12。

20161020hike (47)

標高は494m。今日の予定コースの最高標高地点。
三角点は無い。

20161020hike (48)

登頂成功のイェ~~イwww

20161020hike (49)

雷電山山頂から、先程の分岐に戻らずにコースに戻るトレイルは作られていない。
「この先行き止まり」の注意書きが立てられている。無理やりコースに戻ることを許さない。

20161020hike (50)

展望は北の方角にちょっとだけ。木々の間から垣間見える。

20161020hike (51)

入間方面の尾根筋が幾つか左右に走っている。

20161020hike (52)

採石場がすぐ下に見える。

20161020hike (53)

では、ハイキングコースに戻る。
先程の分岐に戻ってAへ(下の写真の黄色の矢印)。

20161020hike (54)

Aへフラットな道が伸びている。

20161020hike (55)

次の中間目的地は辛垣城跡で、1.1kmくらい先のようだ。

20161020hike (56)

程無くして下り。

20161020hike (57)

急な下り。

20161020hike (58)

尾根筋からちょっと下をトラバース気味に進む。

20161020hike (59)

右手が尾根筋だ。

20161020hike (60)

杉木立の中を進む。

20161020hike (61)

徐々に尾根筋が近くなってきた。

20161020hike (62)

そしてもうすぐ尾根筋に合流。

20161020hike (63)

ここを登って・・・。

20161020hike (64)

尾根筋に復活。

20161020hike (65)

と思ったら、また尾根筋からちょっと低い所を進む(下の写真)。尾根筋は左手。

20161020hike (66)

緩い下り。尾根筋はもう少し急な下りのようだ。

20161020hike (67)

尾根筋とまたまた合流。そして下り勾配もきつくなる。

20161020hike (68)

どんどん下る。

20161020hike (69)

すると・・・。

20161020hike (70)

別の巻き道と合流(下の写真のB)。僕はCから来た。
しかし道標にはBがどこと通じているのか書かれていない。

20161020hike (71)

何にしてもここはAへ。

20161020hike (72)

ほぼフラットの道を進む。

20161020hike (73)

尾根筋はまた左手に走っている。

20161020hike (74)

ここで分岐(下の写真)。
僕はCから来た。
Bは辛垣城跡を通る道で、Aはそれをスルーする巻き道のようだ。
ここはBへ進み、辛垣城跡を通過することにする。

20161020hike (75)

道標に急坂と書かれているが、まだ入ったばかリの所は特に急ではない。

20161020hike (76)

登り勾配であるが、まだどうってことも・・・。

20161020hike (77)

どんどん進んでいく。

20161020hike (78)

トレイルの右脇にこんもりとした盛り土が有る。何かの建物が有った跡か?

20161020hike (79)

よく分からないまま進むと、急下り。

20161020hike (80)

下り切ると、フラットな尾根道。

20161020hike (81)

少しずつ登り勾配に・・・。

20161020hike (82)

岩の間を抜け・・・。

20161020hike (83)

先へ進んでいく。

20161020hike (84)

ちょっと急な勾配の登り。

20161020hike (85)

木の間をぬって進む。

20161020hike (86)

この登りですな。道標に有った急坂というのは・・・。

20161020hike (87)

登り切ると・・・。

20161020hike (88)

ここが辛垣山山頂。時刻は11:41。

20161020hike (89)

標高は457m。
登頂成功のイェ~イ。
三角点は無い。山頂は広くない。

20161020hike (90)

で、そのまますぐに通過。緩い下りだ。

20161020hike (91)

辛垣城跡ということだが、城については何も知識が無いので、こういった地形を見ても何も想像できない。

20161020hike (92)

なので、ただのトレイル歩きでしかないというwww

20161020hike (93)

また少し下ると・・・。

20161020hike (94)

立札が・・・。

20161020hike (95)

この先、行き止まり・・・ですか。
“左へ下る”と手書きされていて、左のBを見るとトレイルの続きが有る。

20161020hike (96)

Bへちょっと下ると少し広い所に出る(下の写真)。

20161020hike (97)

辛垣城跡の説明文が書かれている(下の写真)。
なるほど・・・。でも見ても堀切りとか堅堀りとか分からなかった・・・。

20161020hike (98)

で、トレイルの続きへwww。

20161020hike (99)

フラットな道を進む・・・。

20161020hike (100)

徐々に下り勾配に・・・。

20161020hike (101)

そして急な下りになる。

20161020hike (102)

ドンドン下っていく。

20161020hike (103)

下り切った。

20161020hike (104)

ちょっとの間、フラットなトレイル。

20161020hike (105)

また少し下って・・・。

20161020hike (106)

また登って・・・、と・・・。

20161020hike (107)

そして急下り。

20161020hike (108)

下のほうにフラットな道が見える。

20161020hike (109)

ここでトラバースしているトレイルA↔Bと合流。ここで辛垣城跡経由の道と巻き道Bとが合流したわけだ。

20161020hike (110)

で、Aへ。

20161020hike (111)

杉の木の間をフラットに進む道。

20161020hike (112)

尾根筋とちょっと分かれてトラバース&緩い下り。

20161020hike (113)

程無くして十字路の分岐に到着(下の写真)。ここが名郷峠。時刻は11:53。
僕はCから来た。

20161020hike (114)

ケルンのように石が積まれた所に祠が有る。

20161020hike (115)

さて、Dは成木8丁目正沢,北小曾木バス停へ繋がる道。

20161020hike (116)

BはJR二俣尾駅へ通じる道。

20161020hike (117)

勿論僕はそのまま青梅丘陵ハイクを続けるので、真っすぐ尾根筋のAへ。

20161020hike (118)

木の根が這う急斜面を登る。

20161020hike (119)

どんどん登っていく。

20161020hike (120)

勾配が少し緩くなった。

20161020hike (121)

上のほうがちょっと明るい。

20161020hike (122)

突然分岐(下の写真)。なんとなくAへ。

20161020hike (123)

すぐにピークらしき場所に出る。

20161020hike (124)

特にピークに名まえが有るわけではなさそう。右に曲がるように道標が指示。

20161020hike (125)

ピークから降りる。

20161020hike (126)

なんかあまり意味の無い分岐だったな・・・。
鉄塔の横を抜けていく。

20161020hike (127)

鉄塔越しにちょっと展望。西の方角だ。

20161020hike (128)

多摩川を挟んで対岸の右岸の町が下に見える。左岸にJR二俣尾駅が有るので、その反対岸側だ。

20161020hike (129)

そして山並み。日の出山や大岳山、御前山といった奥多摩の代表的な山が見えている筈。おそらく、中央の一番遠くの山が大岳山だろう。いつかあそこに行ってみたい。

20161020hike (130)

少しアップ(下の写真)。
大岳山は中央やや左の奥の山。その手前が日の出山だろう。
中央右寄りの奥の山は鍋割山だと思う。

20161020hike (132)

上の写真はこちらから見ると多摩川を挟んだ対岸(右岸)のほうだが、同じ左岸側の尾根も見える(下の写真)。

20161020hike (131)

では、先へ。

20161020hike (133)

鉄塔は林の外に有ったが、鉄塔を過ぎるとまた林の中へ・・・。
その手前で分岐(下の写真)。ここはそのまま真っすぐAへ。
BはJR二俣尾駅へ下る道だ。

20161020hike (134)

ではAへ。

20161020hike (135)

フラットな道が続く。
実はこの右手の尾根筋のピークが物見山という名の山らしいのだが、気づかずにそのまま巻くようにして通過してしまっている。あとでスルーしたことに気が付いた次第。

20161020hike (136)

緩く登り。既に物見山は背後。

20161020hike (137)

登りだ。

20161020hike (138)

そしてフラットのあと・・・。

20161020hike (139)

また登り。

20161020hike (140)

ここの登りも短い。

20161020hike (141)

すぐに下りになる。

20161020hike (142)

下り切って、また先に登りが見える。

20161020hike (143)

鞍部に分岐(下の写真)。ここは勿論Aへ。

20161020hike (144)

で、登り。

20161020hike (145)

やや急な斜面をほぼ直登。

20161020hike (146)

どんどん登る。

20161020hike (147)

あの上がピークだな。

20161020hike (148)

もうすぐだ。

20161020hike (149)

ピークに到着。ここがマスガタ山山頂。時刻は12:10。

20161020hike (150)

山頂は狭からず、広からず。
三角点は無い。
先客は一人。

20161020hike (151)

北東の方角にちょっと展望。

20161020hike (152)

木々が高くて、その間から垣間見える程度。

20161020hike (153)

では、先へ・・・。
ピークから降りる。

20161020hike (154)

杉林ではなく、雑木林になった。

20161020hike (155)

杉ばかりではなく、多少変化が有ったほうが良いしな。

20161020hike (156)

などと言っていたら、また杉林というwww

20161020hike (157)

変わらずまた杉林の中を進んでいく。

20161020hike (158)

登りが続く。

20161020hike (159)

フラットになった。

20161020hike (160)

このピークは名前が有るのか?無いのか?分からん・・・。

20161020hike (161)

そうこうしている間に、下り。

20161020hike (162)

割と短めの下り。

20161020hike (163)

気持ち良い尾根道。

20161020hike (164)

こういう場所は好きです。

20161020hike (165)

尾根は左に登っていくが、トレイルは右にトラバースしてフラットのまま進んでいく。

20161020hike (166)

たんたんと進んでいく。

20161020hike (167)

また尾根と合流。

20161020hike (168)

緩く登り・・・。

20161020hike (169)

今度は緩く下って、また先のほうに登り。

20161020hike (170)

たんたんと進む。

20161020hike (171)

少しずつ登り勾配が強くなってきた。

20161020hike (172)

どんどん急になる。

20161020hike (173)

もう結構急。

20161020hike (174)

長いな。

20161020hike (175)

途中で分岐(下の写真)。
Bが青梅丘陵ハイキングコースのようだが、道標に手書きでAが三方山に通じていることが書かれている。ならばここは一旦Aへ・・・。

20161020hike (176)

Bはフラットな巻き道だが、Aは登りの続きになっている。

20161020hike (177)

急斜面を直登。

20161020hike (178)

どんどん登る。

20161020hike (179)

あそこが三方山だな。

20161020hike (180)

見えた。

20161020hike (181)

三方山山頂に到着。時刻は12:29。

20161020hike (182)

周りは木々に囲まれて展望は無し。

20161020hike (183)

登頂成功のイェ~~イwww
標高は454.3m。

20161020hike (184)

三角点が有る。

20161020hike (185)

三角点ゲットのイェ~~イwww

20161020hike (186)

さて・・・・、下るか(早!)。

20161020hike (187)

そのまま山頂を抜けるようにして先へ下る。

20161020hike (188)

林の中を下っていくと・・・。

20161020hike (189)

途中で左手が開けて展望。

20161020hike (190)

北東の方角、飯能市や入間市方面が見える。

20161020hike (191)

20161020hike (192)

すぐ手前に幾つか尾根筋が見えるが、あの辺りは行ったことが無いし、計画したり調べたりしたことが無い。

20161020hike (193)

マイナーな山かも知れないが、ハイクを出来るかちょっと調べてみよう。

20161020hike (194)

下っていくと、下にフラットなトレイルが見えてきて合流。

20161020hike (195)

先程の三方山をスルーする巻き道のBと合流するわけだ(下の写真)。

20161020hike (196)

で、右折してAへ。
ハイキングコースに戻った。

20161020hike (197)

右手に杉林。

20161020hike (198)

左手は斜面で所々開けているフラットな道。

20161020hike (199)

こんな展望が見られる。

20161020hike (200)

先程、三方山から下る途中で見た景色と同等。

20161020hike (201)

砕石された跡のような断面が見えますな。

20161020hike (202)

フラットからちょっと下りに変わる。

20161020hike (203)

東の方角に展望。

20161020hike (204)

下り切った。

20161020hike (205)

先へ・・・。

20161020hike (206)

またちょっと広い場所。

20161020hike (207)

展望場所とされているようだ。
写真が掲げられていて、遠く北のほうに高い山が見えるようだが・・・。

20161020hike (208)

写真通りには見えません。冬にならないと見えないかもな。

20161020hike (209)

では先へ・・・。
下りだ。

20161020hike (210)

林の中へ入った所で分岐(下の写真)。Aは登り。Bは下り。
特に道標が無く・・・。Aへ行ってみるか・・・。

20161020hike (211)

少し登る。

20161020hike (212)

道標が無いというのは、すぐに合流するからだろう。

20161020hike (213)

登り切ると正面は通行止め(下の写真)。
ハイキングコースの案内板が掲げられていて、手書きで通行止めの先に繋がる場所が書かれているが、勿論コースを外さず、右に曲がる。

20161020hike (214)

で、下る。

20161020hike (215)

下っている途中で先程の巻き道が右から来て合流。
そのまま下る。

20161020hike (216)

緩い下り。

20161020hike (217)

どんどん下る。

20161020hike (218)

すると今度は左から栗平方面と繋がるトレイルBが来て合流(下の写真)。
僕はCから下ってきた。

20161020hike (219)

で、Aへ・・・。

20161020hike (220)

フラットなトレイルを進む。幅もちょっと広くなった感。

20161020hike (221)

分岐だ(下の写真)。右のBにJR石神前駅へ通じる道が分岐している。

20161020hike (222)

勿論、Aへ。

20161020hike (223)

少し登る。

20161020hike (225)

すぐに下り。

20161020hike (226)

緩めの下り。

20161020hike (227)

またフラットな快適トレイル。

20161020hike (228)

また分岐だ(下の写真)。
ここは右のA。Aがハイキングコースだ。

20161020hike (229)

フラットな道が続く。

20161020hike (230)

先のほうに登りが見えるが・・・。

20161020hike (231)

ちょっと登るだけみたいだ。

20161020hike (232)

その通りだ。

20161020hike (233)

そして下り。

20161020hike (234)

すぐにフラットになった。ピークという程でもなかった。

20161020hike (235)

少し歩くと・・・。

20161020hike (236)

また下り。

20161020hike (237)

今度は長め。

20161020hike (238)

先のほうがフラット。
どうやら先程の分岐で尾根が二つに分かれ、今、多摩川により近いほうの尾根へ移ったようだ。

20161020hike (239)

下り切った所でまた分岐(下の写真)。

20161020hike (240)

真っすぐAへ。

20161020hike (241)

尾根道は続く。

20161020hike (242)

ちょっと緩めの登り。

20161020hike (243)

所々に木階段が有る。

20161020hike (244)

方角としては今、南下している。

20161020hike (245)

緩い登りが見える。

20161020hike (246)

先のほうが明るいな。

20161020hike (247)

近づく・・・。

20161020hike (248)

特に何ということも無かったか。

20161020hike (249)

ハイキングコースの地図が掲げられている。永山公園がコースの終点で、今そこを目指している次第。
この先にJR日向和田駅へ下る分岐が右手に来るのだな。

20161020hike (250)

下りだ。

20161020hike (251)

またフラット。

20161020hike (252)

分岐だ(下の写真)。先程の地図通りだ。
ここはAへ。

20161020hike (253)

かなり整備されたトレイルになった。
公園の散策路レベルだ。でもまだ永山公園の敷地内ではないようだが・・・。

20161020hike (254)

林道並みだな。

20161020hike (255)

尾根を強引に歩くシングルトラックのAが分かれているが、そのままBで下る(下の写真)。

20161020hike (256)

ジョギングをする人も出てきた。ちなみに外人さんでした。

20161020hike (257)

もはや木の根ウジャウジャとか、そういうトレイルはこの先無さそうですな。

20161020hike (258)

右に少し高くなった場所が有る(下の写真)。

20161020hike (259)

立ち寄ってみる。

20161020hike (260)

東屋が見える。

20161020hike (261)

あぁ、ここが矢倉台だな。時刻は13:24。

20161020hike (262)

説明書きが掲げられている(下の写真)。

20161020hike (263)

“物見”してみるか・・・。

20161020hike (264)

木々が多いので見える範囲は狭い。昔は結構広角だったのかもしれないが・・・。

20161020hike (265)

立ち位置を変えて少しでも広角にしてみよう。

20161020hike (266)

東南の方角が見える。
麓の日の出町(下の写真)。多摩川を挟んで対岸に有る。

20161020hike (267)

八王子市、日野市、立川市辺りの街の方角が見えている。

20161020hike (268)

西の方角を見てみると、ちらりと大岳山(←たぶん)が見えている(下の写真の一番奥のピーク)。

20161020hike (269)

これね。

20161020hike (270)

では、矢倉台から降りる。

20161020hike (271)

まだここは永山公園の敷地ではないらしい。
ひたすら下る。

20161020hike (272)

途中で右手後ろから来る、宮ノ平駅と繋がる道Bと合流(下の写真)。

20161020hike (273)

そのままAへ。

20161020hike (274)

たんたんと・・・。

20161020hike (275)

長閑な道を進んでいく。

20161020hike (276)

明るい道が続く。

20161020hike (277)

展望も有る。

20161020hike (278)

多摩川が見える。

20161020hike (279)

麓の多摩川沿いの街並み。

20161020hike (280)

20161020hike (281)

先へ・・・。

20161020hike (282)

木々が多くなり、再び林の中を進んでいる。

20161020hike (283)

時折、木々の間から麓の様子が見える。

20161020hike (284)

だいぶ目線が下がってきた感。

20161020hike (285)

どんどん下る。

20161020hike (286)

分岐だ(下の写真)。
この辺りはずっと尾根筋状を辿るコースを無視していたが、ここは歩いてみるか・・・。
Aへ進む。

20161020hike (287)

シングルトラックを進む。

20161020hike (288)

休憩の東屋が有ったが・・・。

20161020hike (289)

スルーして下るwww

20161020hike (290)

どんどん下る。

20161020hike (291)

先程別れたダブトラと合流。何のために登ったのかwww

20161020hike (292)

再びダブトラ林道を歩く。

20161020hike (293)

たんたんと進む。

20161020hike (294)

分岐だ(下の写真)。勿論Aへ。

20161020hike (295)

分岐に大乗寺の仏舎利塔が見える(下の写真)。時刻は13:56。
寺社仏閣関係に興味は有るが、ここはスルー。

20161020hike (296)

先へ・・・。

20161020hike (297)

橋が有る。

20161020hike (298)

橋を渡ると永山公園の敷地内のようである。

20161020hike (299)

引き続き緩い下りを進む。

20161020hike (300)

休憩場所らしき物が見えるが、スルー。

20161020hike (301)

舗装路になった。

20161020hike (302)

木々の間から麓を見ると・・・。

20161020hike (303)

もうだいぶ下ってきたことが分かる。建物がくっきり。

20161020hike (304)

アスファルト舗装路を下る。

20161020hike (305)

車止めだ。

20161020hike (306)

公園の出口は・・・。

20161020hike (307)

車止めのすぐ先に十字路(下の写真)。

20161020hike (308)

僕はDから出てきた。JR青梅駅へは右折してAだ。
BとCの間に青梅鉄道公園が有るが、パス。山歩きの格好だし、子供が多そうだったので・・・。
ではAへ。

20161020hike (309)

舗装路を下っていく。

20161020hike (310)

実はまだ永山公園の敷地内にいるらしい。
道沿いに永山公園の運動場が有る。

20161020hike (311)

下り終えってフラットに・・・。
民家や並ぶ道に出る。ここはもう公園外だ。

20161020hike (312)

JR青梅線の線路を橋で越える。右手に線路が4本くらいに分かれている場所が見える(下の写真)。あの辺りがJR青梅駅のホームだろう。

20161020hike (313)

あの駅を目指して・・・。

20161020hike (314)

JR青梅線・青梅駅にゴール。時刻は14:45。

20161020hike (315)

電車に乗り込んで、一路横浜市内へ。
何度も乗り換え、17:40にようやく帰宅。相変わらず、奥多摩⇔横浜は時間がかかるな~。

こうして青梅丘陵を歩いたわけだが、お気楽なまさに“ハイキング”らしいコースだった。僕のようにたんたんとトレイルを歩くことだけで満足できるタイプにとっては、良いコースだと思う。
その中で、榎峠~三方山辺りまでの尾根道のアップダウンは結構良い疲労感を与えてくれる区間だと思う。その辺りは山行らしい区間と言えよう。
またこの日は、この時期なのに東京都心で最高気温27℃に達しており、ここでもちょっと暑かった。こういう標高が低いコースは冬の晴れ間の緩々ハイキングとして歩くほうが向いているだろう。
さて、10月は結局三本ともリハビリっぽいハイキングになったので、11月からはもう少し負荷を上げるようにしますか・・・。
_

コース概略/
(自宅(8:15)→○○線・△△駅→□□駅・▽▽線→◇◇線・◎◎駅・■■線→◆◆駅・●●線→拝島駅・JR青梅線→)
JR青梅線・軍畑駅(10:29)→r193→榎峠登山口(10:52)→雷電山山頂(11:12)→辛垣山山頂(11:41)→辛垣城跡→名郷峠(11:53)→マスガタ山山頂(12:10)→ノスザワ峠(12:22)→三方山山頂(12:29)→矢倉台(13:24)→大乗寺(13:56)→永山公園登山口→青梅鉄道公園(14:14)→JR青梅線・青梅駅(14:25)
(→拝島駅・●●線→◆◆駅・■■線→◎◎駅・◇◇線→▲▲駅・▽▽線→□□駅・○○線→△△駅→自宅(17:40))

(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示できます。)
20161020map

GPSデータ/
歩行距離/11.1km
歩行時間/2hr51min
停止時間/1hr06min
最高速度/10.1km/hr
移動平均速度/3.9km/hr
全体平均速度/2.8km/hr
標高差/248m
総上昇量/618m
最高標高/494m(雷電山山頂)
積算歩行距離/1077km
積算総上昇量/61139m

ガーミングラフ/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20161020graph

ルート鳥瞰図/
(↓クリックすると別ウィンドウで拡大表示出来ます。)
20161020bird

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 金比羅山~麻生山ハイキング 2016.10.14 | Top Page高川山ハイキング 2016.11.04 »

 

 

Comments

 






 

Trackback

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213815/66301661

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅丘陵ハイキング 2016.10.20: