« 新曲『Dog Walking』(仮ミックス) | Top Page新曲『Forced Tolerance』(仮ミックス) »

2019年3月27日 (水)

新曲『Heads Popping over the Fence』(仮ミックス)

以前の記事「The 6th Album 制作途中経過」で、次の6枚目のオリジナルアルバム用の新曲について、予定している全12曲のバッキング・トラックまで録り終えた分までブログにアップしました。

現在は各曲にギター・ソロやキーボード・ソロを入れていっている段階でして、今回また新たにギター・ソロやキーボード・ソロを録り終えた曲が一曲出来ましたので、ブログにアップします。
今回で8曲目です。

ミックスは仮のものです。
今後全曲のソロ・パートが録りが終わったところでやり直すでしょう。

外部スピーカーもしくはヘッドホンで聴いて頂ければと思います。
:この曲はフェードインして始まるため、最初に音が小さいと思ってボリュームを上げ過ぎてしまうと、スピーカーや耳を傷める恐れが有りますので、最初のボリューム設定に注意してください。)

どちらかのプレイヤーでどうぞ。

SoundCloud にアップした奴も・・・。
(ブラウザがIEですと上手く再生できないことが有ります。Chromeだと問題無いようです。)

Electic Guitars / Katze / Schecter HELLRAISER C-7 FR
Keyboards / Steinberg / Halion Sonic SE3
ProjectSAM / Orchestral Essentials
Soniccouture / Broken Wurli
Bass / Katze / Ibanez SDGR 5strings Bass
Drums / fxpansion / BFD3

今回のギター・ソロについては、ブレイク部分の歪系トーンのものはこれまでと同じで、完全に考えてから弾きました。ギターを一切触らず、キーボード・ソロと同じようにMIDIを打ち込みながら一旦フレーズを作った後、その出来上がったフレーズを今度は自分でギターで弾いて録りました。
一方、クリーントーンのものはアドリブです。今回のアルバムではここまで前述の通り、完全に考えて弾いていたので、気分転換的にたまには変えたくなり、バックの演奏を流しながら何テイクか分、垂れ流し式にアドリブで弾きました。結果、これまでの考えたものと違い、オンタイムのきっちりとした符割のソロにはならず、それはそれで良しというところです。
尚、スケールはクリーントーンのものも歪系のものもDドリアン(-5)なのですが(なのでアドリブで弾き易い)、前者はブルージィにし(やはりこれもアドリブで弾き易いから(^^ゞ)、後者は非・ブルージィを意識して違いを出してみました。

前述の通り、今は仮ミックスですが、今後マスタリングまでに改善を検討します。

以上です。

  にほんブログ村へ  人気ブログランキングへ 

|

 

« 新曲『Dog Walking』(仮ミックス) | Top Page新曲『Forced Tolerance』(仮ミックス) »

 

 

Comments