« Don't Make Light of Me! | Top PageBloody Teachers and Bullies »

2020年7月15日 (水)

チャズー 長い間ありがとう 楽しかったよ

2020年 7月15日(水曜日) 12時58分

チャズー がになりました。

今までありがとう
とても楽しかったよ

さようなら

 

 

チャズーは6年程前から消化器の動きが悪くて食滞気味で、換羽期直前になると度々というか殆ど毎回数日程体調があまりかんばしくなくなるという日々を送っていました。長期的にはそれは治癒出来ずに来ていて、反面、数日すると復調するということを繰り返していました。それが何年も毎回繰り返されると悪い意味でこちらも慣れてきてしまっていました。
 

2020年7月14日

前日14日からいつものように体調が悪そうになり、膨らみ気味になっていました。
一応餌を食べてはいましたが・・・。

20200715-1

また今回もいつもの時期が来たかと思っていました。
しかし、今回は違っていました。
 

2020年7月15日

翌日起床直後の6:30に急変し、脚に力が入らなくなってケージの底に下りてしまうようになりました。
ケージの底にも餌や水を置くと、食べはしましたが・・・。

20200715-2

結局上の写真が最後の食餌になってしまいました。
一旦は止まり木に戻ったものの・・・。

20200715-3

8:00頃からはまた底に下り、このように頭をうずめる感じ。脚を伸ばしてしまい、尾羽が持ち上がっていました。

20200715-4

今までの経験から、もうこの状態になると流石に病院へ連れて行くどころではありません。現実を考えると間に合いません。もう間違いなく今日が最期の日になると悟りました。
途中の電車内で息を引き取った子の経験も有り、異論も有るでしょうが・・・、人間側の都合ですが、それはとても嫌です。僕は最期を家で看取ることにしました。前日くらいの状態であれば病院へ行くべきだったでしょうが・・・。
そっと頭を撫でてあげました。

20200715-5

チャズーは手乗りですが体を触られるのは嫌なので、普段でしたら頭を触られると首を回して噛みにくるところですが、そんな力は全く残っていませんでした。撫でたのは久しぶりです。お迎え間もない幼鳥時代に1回だけです。
ありがとうとお礼を言いながら、数分程撫で続けました。
その後は何度か羽ばたくような痙攣をし、勢いで場所を移動し、そこでまたうずくまるといった状態が続きました。
下の写真が生前のチャズーの最後の写真です。最期の時を迎える20分程前。

20200715-6

餌を食べようと思ったのではなく、たまたまそこへ行ってしまったようです。もう食べる力など有りません。
そこのあとも何度か羽ばたくような痙攣をし、やがて僅かに上下動していた背中の動きも止まりました。
チャズーは天国へと飛び立ちました。12:58でした。

leaves

チャズーをケージから出し、羽を整えました。
瞼が少し開いていましたが、あまり弄るのはかわいそうなので、そのままにすることにしました。
そしてケージに戻しました。
火葬の日までチルに見守っていてもらいましょう。

20200715-9

その夜の放鳥時、チルはお別れの挨拶のために対面。

20200715-7

呼び鳴きしながら覗き込んでいました。

20200715-8

さようならだね。

leaves

2020年7月18日 10:00

チャズーを火葬しました。
チャラチッチを火葬したペット葬儀屋さんと同じところです。

あいにくの雨模様でしたが、煙と共に肉体も天に昇れたことでしょう。先に昇っていった魂に追いついたことでしょう。
骨は拾い上げて骨壺に入れ、自宅に一緒に帰りました。
今、リビングのインコマンションの横のサイドボードの上に有ります。

20200718-1

少なくとも向こう一年は、このままにするつもりです。

20200718-2

一周忌を過ぎたら、先に旅立っていたインコ達の骨が埋葬された、庭のインコ霊園に骨を埋めるつもりです。いつまでも現世に体の名残を残しておいたら逆に可哀想だと思いますので・・・。

 

leaves

 

チャズーはよく懐いてくれて、放鳥時では手のひらに乗ってくれましたし、ケージに顔を近づければ寄ってきてくれました。
何よりも僕が一緒に過ごしてきたインコ達の中で一番長生きしてくれました。それが有り難いです。誕生日は正確には不明ですが、2011年8月だとショップから知らされております。もうあとちょっとで9歳でした。お迎えしたのは2011年10月8日、一緒に暮らしたのは3204日、8年と約9ヶ月でした。ここまで来たら10歳以上へと頑張って欲しかったのですが・・・、残念です。
普段ブログに載せるような特別な出来事は少なくて記事数も少なかったですけれど、言い換えれば、チャズーとのインコ生活は平凡な日々の繰り返しだったからこそ、穏やかで癒されるものでした。いつもよく囀っていて、それはまるで部屋のBGMになっていました。

 

チャズーの遺影です。

20200715_chazu

大阪在住時2014年2月に撮影したものです。
2歳半ぐらいの頃です。
頬毛がちょっと膨らみ気味で可愛いものですから、この写真を選びました。

 

チャズー ありがとう。
一緒に過ごした9年間の日々はとても楽しかったよ。
天国でチッチや先輩インコ達とゆっくりと過ごしておくれ。
こちらはチルとしっかりやっていくからさ。

さようなら チャズー

 

leaves

 

チャズーの記事は、この記事で最後になりますが、
チャズーの想い出を綴ったものを、この記事に追加しました。
見て読んでいただけるとうれしいです。

 

leaves

 

想い出チャズー

 

2011年10月

「お迎え」

チャズーをお迎えしたのは2011年10月8日。その時のことは「インコの紹介⑩ チャズー」に詳しく書かれています。

チャラチコチッチと対面し、インコ会議。

皆を無視しているチャズー・・・・。

インコマンションでは空いている1階の奥。ちょっと隅に押し込められてた感じで可哀想でしたが~~。

20111011_2チッチとは隣同士。以降二羽はずっとお互いが見えるところに・・・。
離れ離れになった時は、お互いがそれぞれ病院に行った時と、後述する大阪から横浜への引っ越しの時くらい。それら以外はず~~~っと何年もすぐ傍にいました。
一度も喧嘩をしませんでしたし、食事のタイミング,毛繕いのタイミング,小松菜を齧るタイミング,遊ぶタイミング・・・、いつでも同じでした。親友なのでしょう。

 

「初放鳥」

初放鳥ではなかなかケージから出てこなかったので、鏡を使って誘い出しました。

口をパクパクさせて終始緊張気味でした。

 

2011年11月

「初カキカキ&初ナデナデ」

チャズーは、お迎え当初にはカキカキやナデナデをさせてくれました。
オカメインコみたいな髪型に挑戦。

でも暫くしてから絶対にさせてくれなくなりましたけど・・・。。

 

2011年12月

「鏡が大好き」

ケージの中には鏡を入れていなかったので、放鳥時にたまに鏡を見ると・・・。

鏡を追いかけていました。

 

2012年1月

「風きり羽根が揃い、大きなステンレスケージへ引っ越し」

チャズーはショップで風切り羽根が切られていましたが、換羽を経てようやく風切り羽根が揃いました。

これで飛べるようになりました。
大きな(高さの有る)ステンレスケージの中で飛び上がっても底に落下する恐れが無くなりましたので、ステンレスケージに引っ越しさせました。
チッチもです。

部屋が広くなって良かったね~~。

 

2012年5月

「ベランダデビュー&初日光浴」

日中なら十分に暖かくなったので、チッチと一緒にベランダで初めて日光浴をさせました。
外の空気をこれだけ吸ったのは生まれて初めてなのでは?

青い空にビックリしたかな??

 

2012年6月

「チッチとチャズーの初“同時”放鳥」

念のためずっとチッチチャズーは同時放鳥していませんでしたが、ついに初同時放鳥。

初めは警戒の間合いを取る。

お互いがケージにいる時と大違い。警戒とパニック。
今度は2羽を指に乗せて、無理やり接近。

次はケージの上で・・・。

ケージの中だとお互い接近して大人しいのに~~。ケージという隔たりが無いと怖いのか~~。

 

2012年10月

「誕生日(お迎え記念日)」

チャズーの誕生日は分かりませんので、ショップからお迎えした日を誕生日としています。
10月8日が誕生日になります。

1歳の誕生日おめでとう。
チッチの誕生日(お迎え記念日)の9月27日と近いので、我が家恒例のケーキによるお祝いパーティーはチッチとまとめてです。

ケーキをガン見する2羽。
食べさせませんけどね。彼らにはオーツ麦です。ケーキは僕の胃袋へ・・・。

 

2012年12月

「右手にだけ手乗り」

チャズーは早いうちから手乗りになってくれましたが、右手にしか乗りませんでした。

乗ってくれればそれで良し。

 

2013年4月

「肉食系お姉様チャラに迫られる」

チャズーチャラと同時放鳥すると大変なことに(^^ゞ

201304252 初めは萌えていて自分から迫っていこうとしていたチャズーでしたが、流石に三度目はチャズーも警戒して迂闊には近寄らず。
気配を感じると慌てて逃げました。
スロー再生や静止画でみると、肉食系お姉様のチャラの迫り具合が怖い∑(=゚ω゚=;)

201304253

 

2013年9月

「チコとのお別れ」

2013年9月15日、先輩インコのチコが☆になりました。
あまりチャズーと絡むことが有りませんでした。見直してみると・・・チャズーチコのツーショットは一枚も有りませんでした・・・。何という・・・。

 

2013年10月

「2歳の誕生日」

2013年10月8日、チャズーの2歳の誕生日でした。

今回は前月のチッチの誕生日にまとめてお祝いをしました。

 

2014年3月

「楽な『行ってらっしゃいんこ』と『お帰りんこ』」

チャズーの放鳥開始と終了はとても楽でしたね。手乗りで素直にケージから出て、素直にケージに戻る。良い子だ。
↓動画/1:48から

 

2014年6月

「3羽同時放鳥」

普段単独放鳥が殆どなので、3羽同時の放鳥は緊張感でいっぱいでしたね。

迫るチャラに、離れて傍観気味のチッチ
そして2羽に挟まれたチャズーがやはり被害者気味。

 

2014年7月

「体調不良で通院そして持病持ちに」

この頃から換羽期などで体力が低下気味の時に消化器不全の症状が出始めるようになりました。初めはメガバク“かもしれない”菌が数個見つかったので、メガバク用の治療が始まりましたが、数日すると回復し、結局最後まで原因はよく分かりませんでした。

 

2014年10月

「3歳の誕生日」

2014年10月8日、チャズーの3歳の誕生日でした。

今年も前月誕生日のチッチと合同。

今夏から厄介な持病を持つようになっちゃったけど長生きして欲しい・・・と思っていました。実際、今までの子達の中で一番長生きした子になりましたけどね・・・。

 

2015年4月

「横浜へ引っ越し」

大阪から横浜へ引っ越しました。
インコ3羽を一人で一度に移動させることが出来ないので、3日間を使い、毎日一羽ずつ横浜と大阪を往復して横浜へ移動させました。
チャズーは最後の3日目に移動。
door to dorr で4時間半。2時間強かかる新幹線の中でもじっと静かにしていてくれました。新横浜駅で中の様子を覗いてみたら毛繕いしていました。大物か!?

新居に到着。
お疲れ様~~。

三羽揃い踏みで、先輩インコ達のインコ霊園(花壇左端)を見る・・・、って見てないか。

 

2015年6月

「新入りさん」

チルをお迎えしました。
久しぶりに新入りさんです。

一斉放鳥で、男子コンビのチッチチャズーは逃げ腰。

暫くして隣に・・・。
久しぶりに4羽のインコ~~ズになりました。

 

2015年10月

「4歳の誕生日」

2015年10月8日、チャズーの4歳の誕生日です。

横浜に引っ越してきて初の誕生日でした。

今年のチッチチャズー合同誕生日会はチャズーの誕生日に合わせました。

まだまだこの先もよろしくね~。

 

2015年10月

「チャラとのお別れ」

2015年10月28日、先輩お姉さんのチャラが☆になりました。

あまり一緒に放鳥しませんでしたし、チャラの迫力にビビっていましたが、4年間一緒にいたので何かしらの想いは有ったことでしょう。
チャラの分まで長生きしようね。

 

2016年5月

「肩乗り強制中」

手だけでなく、腕・・・肩にまで乗るようになりましたよ。

無理やりですが~~。

 

2016年9月

「一斉放鳥は大騒ぎ」

3羽になっても一斉放鳥は稀で、殆ど単独放鳥でした。
そしてたまにやると大騒ぎ。

女子インコ、チルに翻弄される男子インコ2羽。

若い娘は元気だな~・・・とか。

 

2016年10月

「5歳の誕生日」

2016年10月8日、チャズーの5歳の誕生日です。

今回は前月のチッチの誕生日に合同で・・・。

毎年変わらない、恒例の光景。それが良い。

 

2017年10月

「6歳の誕生日」

2017年10月8日、チャズーの6歳の誕生日です。

今回も前月のチッチの誕生日に合同で・・・。

誕生日おめでとう。

この頃何年もインコ記事が少ないですが、それは特に変わったことが無かったため。でも、それこそが一番の幸せ。同じ一日の繰り返しが幸せで安心。

 

2018年10月

「7歳の誕生日」

2018年10月8日、チャズーの7歳の誕生日。

今回も前月のチッチの誕生日に合同で・・・。誕生日おめでとう!

誕生日ネタが続いているように、特に変わったことは起きませんでしたが、前述の通り、それが一番幸せなこと。
しかし、その幸せが崩れることが・・・。毎年のチッチチャズーの合同誕生会がこの年で最後になりました・・・。

 

2019年3月

「チッチとのお別れ」

2019年3月6日、お迎え以来ずっと一緒だったチッチが☆になりました。

7年半ずっと隣にいたチッチがいなくなって、チャズーはどう思っていたのでしょう。分かりませんが・・・。

 

「チルとお隣同士」

チャズーとチルと2羽だけになり、インコマンションではそれぞれ1階と2階に離れていたので、1階のチャズーのほうを2階の201号室に移動しました。チルの隣です。

これまで一番の年長者やリーダーが使ってきた201号室。長く空き部屋でしたが、チャズーが7年半かかって昇格です。

しかし、チルのほうが強い・・・。

距離を取る。

 

2019年5月

「チルとの微妙な関係」

この頃から、チルとの距離が少しづつ縮まっていきました。

ただし、この距離が大事。

 

2019年10月

「8歳の誕生日」

2019年10月8日、チャズーの8歳の誕生日です。

誕生日おめでとう!

もう8回目なのにビビり気味。

 

2020年5月

「チルとの微妙な関係(2)」

一年後のチルとの距離はこんな感じ。ソーシャル・ディスタンスが必要ですwww

お互い離れるのはちょっと心配みたいで、ケージ同士が離れると呼び鳴きもしますが、同時放鳥では微妙な距離感。不思議な仲間意識です。
特にチャズーチルのことは嫌いではなく、色々と気になるけど、チルの圧が強いので少し距離を置きたい・・・といった複雑な気持ちのようにも見えます。

 

「やっぱり一人が気楽?」

そういうわけで、やっぱり放鳥時は自分だけの時が一番気楽だったようですwww

チルが現れると帰りたくなるみたいな・・・。

何にしても、チャズーよく囀っていました。
放鳥時は勿論、ケージの中にいる時もよく囀っていましたね。前述のとおり、チャズーの囀りはまさに部屋のBGMになっていました。それが幸せな穏やかな時間でした。

 

2020年7月

「永遠の旅立ち」

2020年7月15日、チャズーが☆になりました。
その時のこと、それからのことは冒頭で書いた通りです。

20200715-1

いっぱいお礼を言いました。聞こえていたかな。↓生前の最後の写真です。

20200715-1

9年間ありがとうね。

 

もう一度載せます。チャズーの遺影です。
骨壺の後ろに飾られています。

20200715_chazu

最後にもう一度・・・

チャズー、ありがとう。
とても楽しかったよ。

こちらはチルと一緒にしっかりやっていくから、
チャズーは天国でゆっくりと過ごしておくれ。
ほかの皆にもよろしくな。

さようなら。

 

leaves

 

                                  ありがとうございました。

  にほんブログ村へ 

|

 

« Don't Make Light of Me! | Top PageBloody Teachers and Bullies »