« Long Distance Grudge | Top Page馬頭刈山ハイキング 2018.10.09 »

2020年8月 4日 (火)

『Grudge』  the 8th album

2020年8月、8枚目のオリジナル・アルバムが完成しました。

アルバム・タイトルはGrudgeです。

↓外部スピーカーもしくはヘッドホンで聴いて頂ければと思います。
↓mp3フォーマットでアップしたものです。

↓SoundCloud にもアップしております。
(↓https://soundcloud.com/user-641868991/sets/grudge)。

↓YouTube にもアップしております。
(↓https://youtu.be/zHQD8iaRGsw)。

 

Electric Guitar: Katze / Paul Reed Smith Custom 24
               → IK Muktimedia / AmpliTube 4
Acoustic Guitar: Katze / Takamine DMP516C
               → IK Muktimedia / Acoustic Stage
Bass: Katze / Ibanez 5strings Bass SDGR
               → IK Muktimedia / AmpliTube 4
Drums: FXpansion / BFD3

 

CDのジャケットも作りました。
尚、実際のジャケットには本名が記載されていますが、下の写真では本名の記載部分の全てを“Katze Tasteful Life"というネット上の名義に置き換えています。

↓ジャケットの表(クリックすると別ウィンドウで拡大されます)

Grudge_cover_front

↓ジャケットの中の見開き(クリックすると別ウィンドウで拡大されます)

Grudge_cover_inner

↓ジャケットの裏表紙(ケースを開けたら見える部分)(クリックすると別ウィンドウで拡大されます)

Grudge_cover_back

↓CDケースのマットの表(背表紙含む)(クリックすると別ウィンドウで拡大されます)

Grudge_cover_mat

 

自身のコメント:

今年2020年3月に8th アルバム『Nostalgia』を作り終えたばかりですが、半年も経たないうちに9th アルバムを作り終えました。
昨年2019年に『Nostalgia』を作っている頃からこの『Grudge』も作り始めていたことと、今年のコロナ禍の影響で家の中に籠っている時間が長かったことで、当初の予定よりもハイペースで制作が進んだ次第です。

今回はメタル調の曲が殆どですが、前アルバム『Nostalgia』がカントリー調のアルバムであり、同時進行で作っていたこのアルバムもその流れを意識的に受け、アメリカ的な・・・、ブルージィーかつ泥臭さを持たせました。
そのため、ギターは(特にソロで)ペンタトニック・スケール中心とし、ネオ・クラシカル系のスケールや妖しげなエスニック系スケールは使わないと決め(せいぜいナチュラルマイナースケールどまり)、全曲作りました。
そのため old school 的なハード・ロック系のリフをメタル寄りのヘビーなサウンドにしたような曲が多いです。メジャー調の曲は有りませんが、ちょっと明るめ(?)な感じの曲が多く、少なくともおどろおどろしい感じはあまりしないと思います(ジャケット・デザインは妖し気ですが)。ペンタ中心のということもあって、ギターソロでは50年程前に散々使われたような、ちょっと前でしたら古臭さ過ぎて弾くのが恥ずかしいと思っていたようなフレーズを躊躇無くどんどん入れました。子供の頃にコピーしていたようなフレーズも案外と新鮮な気持ちで弾けました。

また今回はキーボードを一切使わないと決めていました。ギター,ベース,ドラムだけのシンプルな編成にしました。

ミックスやマスタリングは相変わらずまだまだ未熟で、今回も色々と試したりやり直したりしました。が、いつまでも弄っていると次のアルバム制作に進めないので、自分の現段階で出来るレベルで妥協しました。
今回も一応 Ozone や Neutron を試しましたが、それは自分で行なったミックスやマスタリングの結果とAIによる結果が近くなるのか確認のため・・・、というか自分のミックスやマスタリングを自分自身に納得させるための材料として使いました。「AIのもこう言っていることだし(AIの結果とあまり変わらなかったり、AIが私の結果を大して補正してこなかったりということ)・・・、これでいいか・・・。」みたいな使い方でした。

以上です。
では、次の9枚目のアルバム制作に入ります。

Grudge_202008

(上記の写真のCDジャケットでは本名が記載されているため、そこはモザイクをかけています)

  にほんブログ村へ 

|

 

« Long Distance Grudge | Top Page馬頭刈山ハイキング 2018.10.09 »